ブログトップ | ログイン

                                 ★…【 百合 】 (6)- カサブランカ …★
                                        2013.08月 我が家にて
【カサブランカ】
オリエンタルハイブリッドと呼ばれるユリ目ユリ科ユリ属の落葉多年草(球根)。花弁は芳香があり純白で大輪の花を咲かせるので、ユリの女王と称えられる。
e0039703_1962672.jpg

オリエンタルハイブリッドは、日本に自生する山百合と鹿の子百合等を交配して育種された百合の品種群に分類されます。
e0039703_1964530.jpg

e0039703_197378.jpg


〔参考文〕
・古代のギリシア、フェニキア、エジプトでは、油とユリの花から香油をつくり、皮膚病などの治療に使った。古代ローマでもそれは受け継がれ花は花輪にされた。
・クレタ島のミノア文明では、宮殿などの壁画にマドンナリリーが描かれている。

ユリはキリスト教では純潔や処女のシンボルとされるがこれは、レオナルド・ダ・ビンチやグレコをはじめルネサンスの画家たちが、題材にした聖母マリアの受胎告知の場面で、天使ガブリエルにマドンナリリーを持たせたことの影響がある。

中国でのユリは薬として扱われ、滋養強壮の働きが載る。

日本では上代から花が観賞された。『万葉集』には10首詠まれている。
吾妹子(わぎもこ)が 家の垣内(かきつ)の 小百合花(さゆりばな) ……(巻8)庭で栽培されるユリを取り上げた歌。

ユリは室内で飾られた記録の残る日本最初の花、宴の席で頭に巻かれたようです。
あぶら火の 光に見ゆる わが蘰(かずら) 小百合の花の 笑まはしきかも ……大伴家持

ユリは江戸時代に栽培品種が増え、貝原益軒は百種に及ぶと書いている。また、19世紀に日本のユリはヨーロッパに渡り注目を浴びる。1862年に導入してロンドンのフラワーショーに出品したヤマユリは絶賛され、1873年のオーストリア万国博で商談が進み、翌々年から球根の輸出が始まった。明治末にはその数が2000万球にも達し外貨を稼いだのだそうです。
by hime-teru | 2013-08-31 20:09 | 【や】行の花 | Trackback | Comments(0)

                                   ★…【 百合 】 (5) - 高砂百合 …★
                                          2013.08月 我が家にて
【高砂百合】
ユリ科の多年草。葉は細長く8月ころ、弁の外側に淡褐色の筋が入った白い花をつける。
e0039703_1924239.jpg


e0039703_1931097.jpg

花容はテッポウユリに似ているが種子が出来て繁殖が容易である。
e0039703_1934281.jpg

台湾に分布するので台湾ユリとも言われている。
e0039703_1941539.jpg

by hime-teru | 2013-08-31 19:03 | 【や】行の花 | Trackback | Comments(0)

                                    ★… 【 百合 】 (4) - 鹿の子百合 …★
                                          2013.08月 我が家にて
【鹿の子百合】
ユリ科の多年草。四国および九州の崖地に自生するが観賞用としてよく栽培される代表的なユリの1種。鱗茎は大型で径10cmに近く黄色ないし黄褐色。
e0039703_1858186.jpg

茎は長さ1~1.5mで斜めに立つ傾向がある。葉は柄があってやや革質、広披針形または楕円状で長さ15cmほどあり鋭尖頭で基部は丸い。
e0039703_18583535.jpg

夏に茎の上部にまばらに枝が出て1個ずつ花をつける。花被片は白く根もとから強く外にそり返り内面が淡紅色を帯び、その上に鮮紅色の斑点がある。これを鹿の子絞りに見立ててこの名がつけられた。
e0039703_1859584.jpg

by hime-teru | 2013-08-31 00:49 | 【や】行の花 | Trackback | Comments(0)

                                    ★… 【 百合 】 (3)-スカシユリ …★
                                        2013.07月 我が家にて
【スカシユリ】
ユリ科の多年草。本州の温帯に分布し、海岸の砂浜や山地の崖に生える。高さ30~60cmのユリの1種で古くから栽培もされており園芸品種が多い。今年は黄色の花が撮影できず・・・。
e0039703_0454990.jpg

鱗茎は地中に深く埋り鱗片は白色でとがる。花をつける茎は鱗茎から直立し、夏、その頂部に1~3個の花を上向きにつける。花被片は6枚で各花被片の間にすきまができるので”スカシユリ”という。
e0039703_046474.jpg

園芸品種のナツスカシユリは関西に多くみられ花被が濃紅色ハルスカシユリは関東に多く黄紅色である。北海道の海岸には変種であるエゾスカシユリがしばしば群生している。
e0039703_0462596.jpg

by hime-teru | 2013-08-31 00:47 | 【や】行の花 | Trackback | Comments(0)

                                     ★…【 百合 】 (1)-鬼百合 …★
                                       1013.08月撮影 我が家にて
ユリ科ユリ属の総称。北半球の温帯に130種分布する。その内訳はアジア71種、北アメリカ37種、ヨーロッパ12種、ユーラシア大陸10種である。日本には15種分布し7種が日本特産種である。多くは園芸種で秋植え球根草として栽培される。我が家で咲いた百合の花は今年は7種。
【鬼百合】
鬼百合は子供の頃から見ている懐かしい花。このゆりは太陽色で夏の到来を教えてくれた花であり、暑い夏の花といった風情です。反り返る柔軟さがとても大好きです。毎年あちこちから芽が出てきます。
e0039703_0185255.jpg

e0039703_019525.jpg

鬼百合はユリ科の多年草でアジア東部の温帯に広く分布する。日本では北海道を除く各地に自生し、観賞用や食用に栽培される。直径10cmほどのタマネギ形の球根(鱗茎)があり、黄白色で多肉の幅広い鱗片が多数縦に並ぶ。この鱗茎を食用とする。
e0039703_0185239.jpg

雨上がりの水滴がマクロの世界を映し出しています。
e0039703_0191693.jpg

茎は高さ1~1.5mに達し、太くがんじょう、緑色であるが紫黒色の斑点がある。茎の下部には広線形の葉がやや密に互生し上半部は毛が多くほぼ水平に枝を分つ。
e0039703_0203188.jpg

夏に径10cmほどの橙赤色の美花を数個下向きにつける。花は6枚の花被があって外側に反転しまりのような形に咲く。花被片には紫褐色の斑点が散在し、おしべの葯も紫褐色である。
e0039703_0205718.jpg

3倍体のため、ほとんど結実せず、鱗茎でふえるほか、茎の上部の葉腋に褐色球形の珠芽(むかご)を生じ、これでも繁殖する。

鬼百合が咲くとクロアゲハなど夏の蝶が集まる。クロアゲハは忙しなく花の蜜を吸いながら、のべつまくなし、羽根を羽ばたいてカメラに収まってくれません。飛ぶ姿は優雅ではありますが・・・。
今年はペンタスの花に群がっていました。
by hime-teru | 2013-08-31 00:22 | 【や】行の花 | Trackback | Comments(0)

                                     ★… 【 百合 】 (2) 山百合 …★
                                           2013.07月
【山百合】
私の一番大好きな花です。友人から頂いた山百合が2年越しに花を付けてくれましたが・・・小旅行中に開花してしまい、充分な撮影が出来ませんでしたが、花を見られて幸せです。家で咲いたことに感動しています。
e0039703_037404.jpg

山百合はユリ科の多年草。本州中部以北の丘陵地山地に自生し特に火山地帯に多い。ときには観賞用に栽培され、九州や北海道では栽培品から逸出して帰化している。鱗茎は大型で地上部は高さ1~1.5mもあり全草無毛。葉は卵状披針形先はとがり革質で短柄がある。
e0039703_038693.jpg

7~8月、茎の先に数個から多いときには数十個の花を総状花序につける。花は6弁で広い漏斗状をなし白色で赤褐色の斑点があり強い芳香がある。鱗茎を食用にする。別名ヨシノユリ,エイザンユリ,ホウライジユリなどと産地にちなんでいう。しかし、ヤマユリはウイルス病に弱い欠点がありますので、来年は咲いてくれますか?どうか?心配です。
by hime-teru | 2013-08-30 22:38 | 【や】行の花 | Trackback | Comments(0)

【 エキナセア 】

                                  ★… 【 エキナセア 】 …★
                                      2013.08月 家庭菜園にて
【エキナセア】 
キク科の宿根草で北アメリカ原産。和名は『ムラサキバレンギク』高さは1メートルくらい、葉は無毛、卵状披針形で鋸歯がある。大きく育ちますので、家庭菜園で育てています。
e0039703_0354468.jpg

e0039703_036621.jpg

花色は桃紫色または深紅色。花期は長く6~9月頃まで咲いています。花径5、6センチでは水平に開くが、10センチ以上に開くと下垂する。
e0039703_0362653.jpg

e0039703_036543.jpg

e0039703_0371243.jpg

茎もしっかりしていて花芯は黒褐色で金属性の光沢がある。花弁を除去して花芯だけ切り花にすることもある。寒さに強く、毎年増えて大きな株になりつつある。
e0039703_0373136.jpg

エキナセアは北アメリカの先住民によく用いられたハーブです。効能としては、抗菌作用や傷を癒すとされています。ハーブティーの他、ハーブチンキとしても利用されます。
e0039703_037567.jpg

畑の傍に電車が走っています。
e0039703_0384476.jpg

by hime-teru | 2013-08-28 23:38 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

【 岡虎の尾  】

                                        ★… 【 岡虎の尾  】 …★
                                             2013.07.18 我が家にて。
【オカトラノオ】日当たりの良い草原に生育する多年生草本。日本全土の野山で咲き、地下茎で増えるので、しばしば群落を作る。
e0039703_0294988.jpg

名前の由来は、長く伸びた花序をトラのシッポに例えたもの。初夏に白い花を咲かせる。全体としての姿も美しく咲き方が清楚で目を引きます。
e0039703_0313789.jpg

高さが60~80センチ程になるが、古くから茶花として、又、一輪挿しで好まれる花である。
e0039703_0311842.jpg

茎先に長い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)白い小さな花をたくさんつけ、白い花びらは5枚、花の根元でつながった合弁花である。花びらの先は丸みがあり、中央には雄しべは5本と雌しべは1本がある。
花は茎に近いところから咲き始め、長期間咲き続ける。花穂は途中で曲がり先で反転するような感じになる。
e0039703_0315477.jpg

by hime-teru | 2013-08-27 10:32 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

                                     ★… 【 紅葉葵 】 (紅蜀葵 こうしょつき) …★
                                           2013.08.18 我が家にて。
【紅葉葵】
アオイ科フヨウ属、 宿根草。原産地は北アメリカ。ハイビスカスのような花であるが、花びらの間が開いているのが特徴。
e0039703_755553.jpg

栽培がやさしく、古くから庭に植えられている。開花期は8~9月。草丈は2mほど、株も大きくなりますので植木鉢に植えています。1㍍程で花が咲きました。花は花径15cm程。
e0039703_7561947.jpg


e0039703_7583025.jpg
5弁の花は緋紅色は目を奪われる鮮やかさ。際だって美しい。
e0039703_757513.jpg

e0039703_7572197.jpg

e0039703_7574138.jpg

伸びた雄花、雌花をズームアップ。
e0039703_7553175.jpg

五列に深く裂けた赤い色のモミジアオイ花は夕方にはしぼんでしまう1日花です。
e0039703_7563652.jpg

名は、葉がモミジの葉のように深く切れ込んでいるとこらからついたようです。
e0039703_758325.jpg

種が可愛らしい姿で出来てきました。
e0039703_824635.jpg

耐寒性、耐暑性ともに高く育て安い。
e0039703_7584872.jpg

by hime-teru | 2013-08-24 07:59 | 【ま】行の花 | Trackback | Comments(0)

【草花火】 夏はなび

                                    ★… 【 草花火 】 夏花火 …★
                                      2013.8.10 我が家にて
マクロレンズ撮影に最適な小さい花は、レンズのボケの綺麗さが一際美しい。
【草花火】
スベリヒユ科  夏緑多年草  中央アメリカ原産背丈10~25cm、横幅15~30cm、赤紫の花は5㍉~1㌢程、初夏~秋まで咲いてくれます。葉の印象はマツバボタンやマツバギクに似ていますが、花は多肉質の葉から伸びる細い針金のような茎、その頂きの先に咲く小さな花。
e0039703_22131417.jpg

名は、短い命だからでしょうか?線香花火のような姿からか?高い茎の上で咲く鮮やかで小さい花が花火のように見えるから名付けられたのでしょうか?
e0039703_22134190.jpg

e0039703_22165489.jpg

黄色の雄蕊も日本の花火の伝統的な「菊先黄」に見えますよね。
e0039703_22141520.jpg

e0039703_221663.jpg

夕方に咲く一日花。可愛い花ですが、昼過ぎから夕方5時頃までの短い命の花です
e0039703_221441100.jpg

花は午後3時頃が一番綺麗。短い命に「夏花火」の別名があります。
e0039703_22152726.jpg

by hime-teru | 2013-08-22 22:18 | 【か】行の花 | Trackback | Comments(0)