ブログトップ | ログイン

          ★… 【世界らん展】 大使夫人のディスプレイ … ★
                     撮影 2011.02.21 東京ドームにて
テーブル・ディスプレイ】それぞれのお国柄が出ていました。
e0039703_1716562.jpg

e0039703_17164671.jpg

e0039703_1717153.jpg

e0039703_17174418.jpg

e0039703_1718597.jpg

※目にとまった日本の寄せ植え
e0039703_1722168.jpg

e0039703_17202262.jpg

e0039703_17204589.jpg

by hime-teru | 2011-02-28 17:24 | 世界らん展 | Trackback | Comments(0)

         ★… 【世界らん展2011】 入賞作品 … ★
                    撮影 2011.02.21 東京ドームにて
日本大賞をはじめ個別審査部門の作品(撮影出来ました者のみ)
【日本大賞】
『セロジネ クリスタータ,ホロレウカ ‘ピュア ホワイト’』 須和田農園 / 江尻 光一氏の作品です。
e0039703_14393474.jpg

【優秀賞】
『カトレア メロディフェア ‘サチ’』
e0039703_14421646.jpg

【優良賞】
e0039703_14433679.jpg

【トロフィ-賞】
e0039703_14452462.jpg

e0039703_14465968.jpg

e0039703_14483384.jpg

e0039703_14503997.jpg

e0039703_14521298.jpg

e0039703_14525049.jpg

【奨励賞】
e0039703_1455175.jpg

e0039703_14554210.jpg

by hime-teru | 2011-02-27 21:40 | 世界らん展 | Trackback | Comments(0)

         ★… 【世界らん蘭展2011】 特別展 … ★
          撮影 2011.02.21 東京ドームにて
       【あなたの知らない蘭との出会い】 
e0039703_2358100.jpg

                         「クモ・へび・蝶」◆世にも不思議な秘境に咲く蘭です。
◆バタフライオーキッド
華やかな模様、触覚のように伸びた萼片。草原に吹く風に舞う「蝶」のような姿です。
原産地―中南米
e0039703_2305330.jpg

e0039703_23113100.jpg

e0039703_2312958.jpg

e0039703_2314589.jpg

◆コブラオーキッド平べったい花茎、中央の筋に小花が着いた姿は、「毒蛇コブラ」が頭をもたげている様な姿です。
原産地―アフリカ
e0039703_232973.jpg

e0039703_2322765.jpg

◆タランチュラオーキッド
細い毛に覆われた黒色の花は、まさに毒蜘蛛「タランチェラ」大きな葉に隠れて身を潜めているかのような姿です。小さい花なので、レンズ拡大(レンズ越しの花ですので写真はピンが止まりません。大勢の人が並んでの見学でしたので、ゆっくり撮影出来ませんでした。
原産地―コロンビア・エクアドル
e0039703_2331986.jpg

by hime-teru | 2011-02-26 23:07 | 世界らん展 | Trackback | Comments(2)

        ★…  【世界らん展 2011】  会場風景 …★
           撮影は2011、2、21東京ドームにて
[世界らん展]は、洋蘭、東洋蘭、日本の蘭など世界各地のさまざまなジャンルのランを一堂に集めた “世界を代表する蘭の祭典”です。今年も出かけることが出来ました。
日本大賞をはじめ、個別審査部門の作品が展示してありました。
e0039703_23503218.jpg

まずは会場の風景から。
e0039703_23521810.jpg

e0039703_0225275.jpg

e0039703_0232187.jpg

e0039703_0235551.jpg

e0039703_0242253.jpg

e0039703_024491.jpg

e0039703_235112.jpg

今年の「蘭」をこれから順次にアップしていきますが、2010年,2008年もご覧くださいまし。
【2010世界蘭展】 
【2008世界蘭展】 

以下右下の「タグ」世界蘭展、2010.2008をクリックしてご覧下さいませ。
by hime-teru | 2011-02-25 23:54 | 世界らん展 | Trackback | Comments(0)

雪化粧

                                ★… 【 雪化粧 】 …★
14日深夜から降り出した雪は今年1番の積雪でした。10㎝ほどでしょうか?春の淡雪は儚く、束の間の雪化粧に心が弾みました。
溶け始めた道路。
e0039703_012260.jpg

綿帽子でおめかしです。
e0039703_0124956.jpg

淡雪の儚い命。
e0039703_0131317.jpg

実生から今年始めて花を持ち実をつけたびわの木が雪の重みで今にも折れそうになりました。折れなくて”ホッ”(^^)
e0039703_0155178.jpg

by hime-teru | 2011-02-15 23:59 | 一期一会 | Trackback | Comments(4)

                            ★… 【筑波山ハイク】 歌垣(嬥歌)の 筑波山 …★
『筑波山』"筑波嶺"の異称を持ち、古くは『万葉集』に詠まれてきました。中でも求愛の歌謡を掛け合う呪的信仰の習俗は、この筑波山の風習として存在したことが『万葉集』などで伺うことができます。
万葉集は7世紀後半から8世紀後半ころにかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集である。天皇、貴族、下級官人、防人など、身分は様々で4500首以上も集めたものであるが、中でも短歌230余首の巻14は東歌(あずまうた)の名をもっている。筑波で歌われた和歌は大量の方言が出てくる防人や民衆の歌、地方の農民の素朴な感情をあらわし、派手な技巧等なくて素朴で率直な歌いぶりに特徴がある。
【女体山から男体山の眺望】
e0039703_19522985.jpg

 雲の上の高根をよそにみなの川 落ちて下りて淵となるらむ(清水の滴る處、これ有名なるみなの川の源なり)
【男女川】の源流は・・・・
男体山からは男川、女体山からは女川が流れ羽鳥の上方で合流し男女川となる。筑波山のケーブルカーの中腹から神社付近を通り、鳥居近くを過ぎ下へ流れます。晴天が続く時は水が少なく急な雨があると多く流れるそうです。つくば市の男女川・桜川市の男女川がありますがどちらも源は筑波山です。
e0039703_19542999.jpg

【万葉集十四巻】
★妹が門いや遠そきぬ筑波山隠れぬほとに袖は振りてな
(あの娘の家がますます遠く離れてしまいました。筑波山(つくばさん)が隠れずに見えているうちは袖を振ろう。
 『袖振る』文字通り袖を振ることですが、人の魂を鎮(しず)めたり親しい人に自分の気持ちを伝えることができると信じられていました。
【東歌】筑波嶺の 岩もとどろに 落つる水 よにもたゆらに 吾が思はなくに 
(筑波嶺の岩に轟く落ちる水、その滝壺の水のように、あなたを思う気持ちは代々にも絶えるなどとは思っていません。

異性を称えそれを歌にし詠んで聴かせるというロマンティックな時代だったようです。詠めば脳裏に浮かぶ当時の日本の風景、鮮明な映像として空想に耽ることができますね。
【女体山のロープウエィの駅が彼方に】
e0039703_19552046.jpg

小倉百人一首】のこの歌も浮かんできますね。
陽成天皇の歌
筑波嶺の峰より落つるみなの川恋ぞ積もりて淵となりぬる〓
意) 筑波山の峰から流れ落ちるみなの川の水が、積もりに積もって深い淵となるように、あなたへの恋心も、今では淵のように深いものになってしまった。

『陽成院はふられてもなお相手の女性のことを想い続けたのである。精神に異常があったと云われる陽成院の、一女性を一生愛し続けた心情がなんとも切ない歌である。
陽成天皇は生後3ヶ月足らずで立太子。9歳で清和天皇から譲位され帝位に就くが、在位中、一人も正式な妃は入内していないのである。陽成天皇の暴君説については「乱行がたたって」僅か八年の在位であった。退位時の年齢が17歳(満15歳)であり、 退位後に幾度か歌合を催す、歌才はあったようだが、自身の歌として伝わるのは『後撰和歌集』に入撰し、のちに『小倉百人一首』にも採録された上記の一首のみである。』歌は宇多天皇の妹にあたる妃の一人、釣殿宮綏子内親王にあてた歌である。八十二歳の長寿を全うしている
e0039703_19575851.jpg

百人一首にも43首の恋歌が詠まれている。当時の人は恋愛に病み、恋愛に夢中になり、恋愛に生きた時代です。
e0039703_1958176.jpg

by hime-teru | 2011-02-13 20:01 | 旅の情景 | Trackback | Comments(0)

                             ★… 【 筑波山ハイク 奇岩(石) …★
慶長時代秀吉の天下の時、筑波山は佐竹の領分であった。家康は関ヶ原の戦いに勝ち天下を取ると筑波山を徳川家の祈願所と定め、慶長7年11月(1602)寺領500石を知足院中禅寺に寄付をした。家康は奈良から宥俊という僧を連れてきて中善寺の住職にしたが、その後、慶長16年に光誉(こうよ)上人が変わって住職になった。その後大阪冬の陣、夏の陣に光誉上人も従軍した。光誉上人は戦いで傷ついた人々をこう薬で救った。ガマ上人として親しまれた。その後、江戸の芝白金に家康が寺院を建てて上人を住まわせた。代々の住職はみな江戸に住み筑波山には院代において社務を執らせる事になった。筑波山は江戸時代大繁栄をした所のようです。(参照:木村繁・筑波山)
【ガマ石】
四六のガマの伝説を生んだ「ガマ石」  〓雲を吐く口つきしたりひきがえる〓 一茶
お口の中に石を放り込めると幸運に恵まれます。
がまの油売り〓 サアーサアー お立合ご用とお急ぎのない方はゆっくりと聞いておいで・・・・。
e0039703_1531411.jpg

【大仏石】
e0039703_15312574.jpg

【胎内潜り】ふくよかな人は少々困難かも知れません。
e0039703_15314250.jpg

【出船入船石】ー幅の広い板状の岩が2枚、船が港に出入りするように立って見えることからこの名がついた。
e0039703_1532489.jpg

【天空の北斗星】
e0039703_15331012.jpg

【高天原】
狭く切り立つ石の間を登ると小さなお社が鎮座しています。
e0039703_15333510.jpg

【屏風岩】
立ち入り禁止区域になっていました。
e0039703_15335926.jpg

【大黒様の背中】
e0039703_15341911.jpg

【弁慶七戻り】さすがの弁慶も恐怖の余り7回後戻りしたという伝説が残る。今にも落ちそうな大きな石が頭上に・・・。
e0039703_15344438.jpg

自然の芸術・・・ネーミングも苦労がにじみ出ていますね。四季折々の季節に石の芸術がロマンを呼びます。
by hime-teru | 2011-02-11 15:42 | 旅の情景 | Trackback | Comments(0)

【筑波山ハイク】

                          ★… 【 筑波山ハイク 山頂へ …★
空気の澄んだ日を選んで広々とした関東平野と富士山が見たくてハイキング仲間4人で念願の筑波山へ出かけられたのですが・・・富士山は薄雲の中に。こんなに空は澄み渡っていますのに~~。
男体山頂から富士山が見えるはずですが・・・。(友人には見えるらしいが・・。私には雲との判別がつきませんでした)でも、この素晴らしい風景に感動です。関東平野はひろ~い!↓眼下は学園都市
e0039703_23103424.jpg

e0039703_23112275.jpg

e0039703_23115451.jpg

ケーブルカー】で登りました。
筑波山神社裏から8分で筑波山頂駅までケーブルカーに乗り、男体山から女体山、下りは徒歩にてハイキングでした。(日帰りハイキングなので当地からは友人の車で筑波まで)運転ありがとう♪
e0039703_22584656.jpg

男体山及び女体山山頂にはそれぞれの筑波山神社本殿があります。
男体山頂(871m)の磐座に 【筑波男大神】(伊弉諾尊を祀る
e0039703_23375817.jpg

NHKの電波塔
e0039703_2302712.jpg

【御幸ヶ原】
e0039703_23213082.jpg

何処までも青く・・・。
e0039703_2322244.jpg

女体山頂(877m)の磐座に【筑波女大神】(伊弉冊尊)を祀る。
e0039703_23123578.jpg

女体山頂の三角点と案内盤
e0039703_2312597.jpg

せり出した大きな石に腰を下ろしてパノラマを満喫【筑波山頂から加波山・霞ヶ浦方面を望む】
e0039703_23184893.jpg

e0039703_23415562.jpg

【眼下にはロープウエィ】
e0039703_23201100.jpg

by hime-teru | 2011-02-10 23:32 | 旅の情景 | Trackback | Comments(0)

【筑波山ハイク】

                               ★… 【筑波山ハイク】…★
【筑波山】
関東地方東部の茨城県つくば市北端にある標高877mの山。西側に位置する男体山(標高871m)と東側に位置する女体山(標高877m)からなる。雅称は紫峰(しほう)。筑波嶺(つくばね)という異称も持っています。
古くは『万葉集』にも詠まれ日本百名山、日本百景の一つに挙げられている。百名山のなかでは最も標高が低い山です。関東一園どこからでも望め、山頂からは関東平野の雄大なパノラマを満喫できます。筑波山は火山ではなく深成岩(花崗岩)が隆起して風雨で削られたため現在のような形になったとのこと。山頂部分は斑れい岩からなる。
【筑波山神社拝殿】
筑波山は、お山そのものがご神体で、中腹にあるのが拝殿です。
e0039703_22535825.jpg

e0039703_22562667.jpg

【神橋】
筑波山神社の入口付近にある。普段は保存のため通行できないが、御座替祭の際には、神社側の御輿はここより出発する。切妻屋根を載せた太鼓橋。春と秋に催される「御座替祭」には古式ゆかしいこの橋を渡ることができる。
e0039703_22543549.jpg

【門】
e0039703_22555529.jpg

【境内】
e0039703_2257152.jpg

【将門嬥歌の地】このあたりは平国香‐平将門の乱の戦場となったところゆえ、将門嬥歌の地の史跡なっています。
e0039703_22595766.jpg

【歌垣(うたがき)】とは?
特定の日時に若い男女が集まり、相互に求愛の歌謡を掛け合う呪的信仰に立つ習俗。常陸筑波山などおいて、歌垣の風習が存在したことが『万葉集』などによりうかがうことができます。語源は「歌掛き(懸き)」であり、東国方言「かがい(嬥歌)」も「懸け合い」に由来すると考えられている。時期は春秋に行われ、生産の予祝・感謝としての性格を持っていたとされる。歌垣はその後の歌合、連歌に影響を及ぼしたとされている。
by hime-teru | 2011-02-09 22:15 | 旅の情景 | Trackback | Comments(0)

春の香り

我が家では福寿草が蕾を膨らませ紅梅は満開、白梅が寒さに耐えて、今日1輪開きました。春はそこまで来ています。
e0039703_23431348.jpg

寒い1月は大事を取って外出は極力控えておりました。季節は過ぎてしまいましたが次回から昨年のたまりたまっている撮影写真を少し更新させて頂きますことお許し下さいませ。
                       
by hime-teru | 2011-02-08 23:49 | 一期一会 | Trackback | Comments(0)