ブログトップ | ログイン

【 花梨・カリン 】

                                 ★… 【 花梨 ・ カリン 】 …★
                                撮影はH22.4月近所の遊歩道
ソメイヨシノの花が散り、八重桜が満開を迎えました。遊歩道の桜並木の中に1本、カリンがあるのです。元々この土手にあったものなのか?何故、桜と一緒に植えられたのか?理由は分かりませんが!!!。散歩をしていると、木瓜の花!桃の花!に似た、この可憐な花が一際目立ちます。
『カリン』
バラ科の落葉高木で中国原産。耐寒性がある。高さ6~8mぐらいになり樹皮は緑褐色、滑らか春に枝端にモモに似た紅色の花をつけ秋には黄色の液果が熟する。(ボケもカリンに似た黄色の大きな実をつけます)
e0039703_2244513.jpg

芳香が強いが石細胞が多く硬くて食用にはならない。砂糖漬などにするのは別種のマルメロ(セイヨウカリン)である。材は美しい光沢があり細工ものに用いる。心材が暗紅褐色で美しく堅くて粘り強いので、床柱、家具、彫刻などに使われる。
e0039703_22452156.jpg

4、5月、淡紅色で径3~3.5センチの五弁花を枝先に単生する。花弁は楕円形、萼筒は倒円錐形で毛がなく萼裂片は五枚で反り返り内面に綿毛がある。
e0039703_22463214.jpg

雄しべは約20本で花弁より短い。花柱は3~5本あり基部は合着して毛がある。葉は互生し倒卵形ないし楕円(だえん)状、先はとがり基部は円い、縁に細鋸歯がある。裏面は主脈に軟毛があり葉質はやや堅い。
e0039703_22465334.jpg

中国中部原産で平安時代には日本に渡来していたという。適湿地でよく育ち、耐寒性があり、剪定もでき、盆栽、庭園樹にする。繁殖は実生、挿し木、取り木もするが、実生台に接ぎ木すると開花、結実するのが早いとのこと。
e0039703_22471656.jpg

果実は楕円形ないし倒卵形、長さ約10センチのなし状果。秋に黄色に熟し平滑で芳香がある。果肉は堅くて酸味と渋味があって生食はできないが、氷砂糖を入れた焼酎漬けてカリン酒をつくり、砂糖と生薑(ショウガ)をともに煮つめた汁を固めて「かせいた」という菓子にする。秋になると・・・黄色に熟します。↓↓
e0039703_22504555.jpg

また、輪切りにして砂糖とともに煎じて、鎮咳(ちんがい)、利尿の薬にする。成分は咳や痰など喉の炎症に効くとされ、のど飴に配合されていることが多い。
e0039703_22474262.jpg

名は、材の木目が東南アジアに産するマメ科のカリン(花櫚)に似ているからという。長野県などでカリンと称して生食したり、菓子、ジャムなどにするものは、果実の表面に綿毛のあるマルメロのようです。
別名、安蘭樹(アンランジュ)。中国では「木瓜」と書く。ギリシャ語の「chaino(開ける)+melon(リンゴ)」が語源で、「裂けたリンゴ」の意味。果実は生薬名を和木瓜(わもっか)という(但し和木瓜をボケやクサボケとする人もあるし、カリンを木瓜(もっか)とする人もいる。カリン、ボケ、クサボケは互いに近縁の植物である)。
e0039703_22484567.jpg

花・果実とも楽しめ、さらに新緑・紅葉が非常に美しいため家庭果樹として最適である。語呂合わせで「金は貸すが借りない」の縁起を担ぎ庭の表にカリンを植え、裏にカシノキを植えると商売繁盛に良いと昔の方から言い伝えられているようです。
e0039703_22511088.jpg

by hime-teru | 2010-04-26 22:52 | 【か】行の花 | Trackback | Comments(1)

                            ★… 【 ツバキ・椿・山茶 】 その1 …★
                                撮影はH22,4月我が家にて
その1
季節はずれの冷え込みで、先週の土曜日、まさかの雪景色になった関東地方、自然の気まぐれに椿の花がまだ咲き続けています。我が家の4種類の椿をご紹介します。ワビ助、黒椿以外の椿の名前は良く判りませんのでご了承くださいませ。色別にアップします。これらは、私が挿し芽をして花を咲かせたものです。
その1〓黒椿
黒椿も挿し芽から今は70㎝ほどに成長しました。今年の花は30輪ほどたわわに咲いてくれました。葉も黒椿の名に違わず黒くなっています。
e0039703_17214982.jpg
e0039703_17283177.jpg

文学の文献や文学作品には数多く椿がみられ重要な植物であったことが判る。『古事記』仁徳天皇条の「葉広 斎(ゆ)つ真椿(まつばき) 其が花の 照り坐(いま)し 其(し)が葉の 広り坐すは 大君ろかも」は、天皇の勢威を賛美したもの。『日本書紀』では景行天皇12年条には海石榴(つばき)を椎という武器につくり逆賊を征伐したとある。『万葉集』に「巨勢山のつらつら椿つらつらに見つつ偲(しの)はな巨勢の春野を」…坂門人足などなど。
e0039703_17224624.jpg

e0039703_17231248.jpg

椿の灰は紫草で染める媒染剤に用いられ、「紫は灰さすものぞ海石榴市(つばきち)の八十(やそ)の衢(ちまた)に逢(あ)へる子や誰(たれ)」と詠まれている。
e0039703_17235017.jpg

平安時代には万葉歌が「椿」の項目に四首、また誤読されて「ざくろ(石榴)」の項目に一首収められているが、和歌にはほとんど詠まれず、『栄花物語』「ゆふしで」や『新古今集』「賀」にわずかの例がある。椿の葉で餅(もち)を包んだ椿餅(つばいもち)は、『うつほ物語』や『源氏物語』などにみられます。(大図鑑参照)
e0039703_1724225.jpg

e0039703_17252160.jpg
e0039703_17284966.jpg

e0039703_17261631.jpg

余談になりますが、私の故郷、富山にはユキツバキの自生地があり、変化に富んだ選抜品種、ヤブツバキとの交配によるユキツバキ系の品種が古くから栽培され、氷見市老谷の「さしまたの椿」巨木が多いようですが、私はとうとう見ず仕舞いでした。代表的な品種に「大日の暁」「雪白唐子」「栃姫」「千羽鶴」などがあるようです。椿咲く季節に里帰り出来たら訪ねてみたいと思っています。
by hime-teru | 2010-04-21 17:29 | 【た】行の花 | Trackback | Comments(2)

                            ★… 【 ツバキ・椿・山茶 】 その2 …★
                                撮影はH22,4月我が家にて
その2
一般にツバキの木は神意の現れるものと信じられ、神聖な木として崇(あが)められている。もともとは暖地の植物であったが、はるか奥羽の海岸にも茂って、神の杜(もり)(森)をなしている。
e0039703_16594078.jpg
e0039703_16571961.jpg

柳田国男の説によると、ツバキのような木は、なにか人の力が加わらない限り、とうてい雪国には入りえなかったであろうとされる。若狭の八百比丘尼(はつぴやくびくに)という者は、八百歳の長寿を保ったというが・・・。ツバキの枝を持って日本各地を巡ったと伝えられており、宗教家のそのような巡歴が、ツバキの分布にかかわったものと考えられる。
e0039703_16575198.jpg

江戸初期には貴紳の間にツバキの変種がもてはやされ、それに関する図譜もまとめられている。それにもかかわらず、庶民の間では今日まで屋敷にツバキを植えるのは不吉なこととして忌まれがちである。そのいわれについては、人の首が落ちるように花が散るからだというが確かなこととはいえない。
e0039703_1702750.jpg

神聖なツバキの木は、神の社だけではなくて寺や墓にもみられるので屋敷に植えるのが忌まれたものであろう。また、病人の見舞いにツバキの花を持って行くことが忌まれ、身辺の道具にもこの木を用いることが忌まれている。土地によってはツバキの木は化けて出るとも伝えられる。化物寺(ばけものでら)の昔話では、ツバキの床柱が化物となって現れたとも語られている。
e0039703_1742268.jpg

ツバキのつぼみが上に向いてつくと、大雪あるいは小雪のしるしともいい、秋や寒中に咲くと豊作のしるしなどというように、多くの俗信とも結び付けられている。
e0039703_1712979.jpg

元来「椿」という漢字はわが国のツバキをさすものではなかったが、同じ国字がツバキにあてられたというのも、春の喜びを伝えるふさわしい木と認められたからであろうと。また、腫れ物などを治すのにツバキの葉をあぶって貼ったり、火傷などを治すのにツバキの油を塗ったりするというようにさまざまな民間療法にも用いられている。
e0039703_1721595.jpg

by hime-teru | 2010-04-21 17:05 | 【た】行の花 | Trackback | Comments(0)

                            ★… 【 ツバキ・椿・山茶 】 その3 …★
                                撮影はH22,4月我が家にて
その3
ツバキの亜種にはユキツバキとホウザンツバキがあり、前者は東北・中部地方の日本海側に、後者は沖縄、台湾に分布する。変種にはツバキとユキツバキの中間型のユキバタツバキがある。また屋久島には果実が大きく径5~7センチになるリンゴツバキがある。↓この花は関東の椿でしょうか?経10㎝と大輪です。
e0039703_16403781.jpg

東京、名古屋、京都、奈良、肥後ツバキで代表される熊本などの地方の品種が多いが、最近では北陸、四国地方からも多くの品種が出始めている。これまではツバキとユキツバキを主体とした園芸品種が多かったが、最近はトウツバキ、サルウィンツバキその他と交雑した品種も多くなり1000品種以上あるそうです。
e0039703_16424226.jpg

 蕾↑ 紅野菊??緋色綺麗な赤です
e0039703_1643719.jpg

また最近は、中国広西チワン族自治区で発見された黄色で小輪のツバキ金花茶(きんかちや)を交雑親とする黄色ツバキの育成が盛んになって、アメリカをはじめ海外で新品種が多数つくられている。日本に輸入されるものも多く花は大輪、多花弁で花色ははでなものが多い。 
  ワビ助は楚々として・・・・。
e0039703_16473948.jpg

e0039703_1648338.jpg

花形、花色は変化に富み、一重咲き、八重咲き、唐子(からこ)咲き、二段咲き、牡丹(ぼたん)咲き、獅子(しし)咲きのほかに、淡桃色重弁のオトメツバキ(乙女椿)のような千重(ちえ)咲きなどがあり、黒紅色から濃紅、紅、淡紅、白色のほか、絞り、覆輪もある。
e0039703_16483090.jpg

e0039703_16484664.jpg

by hime-teru | 2010-04-21 16:50 | 【た】行の花 | Trackback | Comments(0)

                            ★… 【 ツバキ・椿・山茶 】 その4 …★
                                撮影はH22,4月我が家にて
その4
大輪ですが、ワビ助のように半開き、あくまでも慎ましく咲くのです。挿し芽5年目の去年から咲き始めました。
e0039703_163468.jpg

椿はツバキ科の常緑高木。ツバキ属の他の種類と区別してヤブツバキと称することもある。高さ5~15メートル。樹皮は平滑で灰白色をしている。葉は互生し楕円形5~12センチ質は厚くて堅く表面は光沢があり。2~4月、赤色または紅紫色の花を半開して枝先に単生する。花冠は広鐘形で径4~8センチ、花弁は5、6枚で下部は合生する。
e0039703_16342927.jpg

雄しべは多数あり、白色の花糸は合着して筒状の単体雄しべとなり上部3分の1が離生する。雌しべは子房は無毛、花柱の先は3裂する。果実は球形のさく果で径4~5センチ。果皮は厚く秋に熟すと3裂して暗褐色の大形の種子が2、3個現れる。
e0039703_1634441.jpg

暖帯の海岸や山林に広く生え本州から九州および朝鮮半島南部に分布する。日本における北限は青森県東津軽郡平内町の椿山で、東北地方では海岸の暖地に局地的にみられるが北海道には自生しない。
e0039703_16351094.jpg

ツバキ属はアジア東部と南東部に約100種分布し、日本にはツバキのほかに、花弁はばらばらに散るサザンカとヒメサザンカが自生。
e0039703_16353175.jpg

by hime-teru | 2010-04-21 16:36 | 【た】行の花 | Trackback | Comments(0)

アネモネプランダ

                            ★… 【 アネモネプランダ 】 …★
                              撮影はH22、4、1我が家にて、
アネモネキンポウゲ科アネモネ属の総称。北半球に約90種の原種があり日本には16種ある。園芸上は、秋植え球根として出回っている。早春の庭にミスミソウと同時期に咲きはじめる。草丈10~15cmと小さい。
e0039703_2151745.jpg

ブルー紫の小さな花ですが、山野草の様な趣がありイチゲ類によく似ています。
e0039703_21514663.jpg

ブランダ種は白、青、桃色の一重咲きの矮性(わいせい)種である。繁殖は塊茎の分球または実生によるが、実生球のほうが花つきがよい。鉢植え、花壇に適するが矮性種は切り花には向かない
e0039703_2152588.jpg

肥沃な中性の深い土を好み、日当り、排水風通しのよい所を好む。我が家ではサツキについてきたのでしょうか?球根を買い求めた記憶はないのですが、サツキの根本で育って切れています。花が咲いたときは宝くじに当たったような気分で心が弾みました。以後、毎年花が咲き株も増えてきました。
e0039703_21522917.jpg

e0039703_21534138.jpg

アネモネの名はギリシア語のアネモスAnemos(風)に由来する。
e0039703_21525916.jpg

毎年早春にツツジの根元で咲く宿根草、今年は突然変異?イチゲの様な花が1輪咲きました。とてもかわいい花です。
e0039703_21532098.jpg

by hime-teru | 2010-04-13 21:55 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(2)

貝母・バイモ

                          ★… 【 貝母・バイモ 】 …★
                           撮影はH22.4月 我が家にて
ユリ科の多年草で中国原産。日本でもしばしば栽培される。地下に鱗茎があり茎は高さ50cm内外、葉は多数無柄3~4枚がやや輪生葉をなし広線形で先がとがって反巻する。
e0039703_19505375.jpg

早春に茎の上部の葉腋に鐘形の淡黄緑花を1花ずつ下垂する。長さ2~3cm、6枚の花被をもち内面に紫色の網状紋があるので、アミガサユリ、テンガイユリともいう。種子には扁平の丸い翼がある。
e0039703_19514647.jpg

球根は薬用になる。アルカロイドのfritillineなどを含み去痰・催乳・排膿薬になるとのこと。
e0039703_1952546.jpg

別名『フリティラリア』と言いユリ科フリティラリア属の総称でもある。北半球の温帯に約85種分布する。
日本の野生種にコバイモがあるが、全体に小さく巻きひげはない。
e0039703_19523699.jpg

和の別名、アミガサユリ(編笠百合)は、花形に由来する。茶花として大変好まれます。私も大好きです。
e0039703_19532291.jpg

写真の花は今年頂いたものですが、クロユリ(黒百合)もバイモ(貝母)も耐寒性は強いが暑さには弱いものですから、鉢植えにしたり、庭植えにするのですが、2.3年は咲いてくれるのですが、夏の暑さで水をやりすぎて消滅させてしまいます。今度こそは反日陰を探して地植で育ててみたいと思います。
e0039703_19535658.jpg

by hime-teru | 2010-04-11 19:54 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(0)

【 アネモネ 】

                                  ★… 【 アネモネ 】 …★
                                 撮影は H22,04 我が家にて
大図鑑によれば、キンポウゲ科アネモネ属の総称。北半球に約90種の原種があり、日本には16種ある。園芸上は、秋植え球根として扱う。代表種はコロナリアでボタンイチゲともいう。
e0039703_19165833.jpg

園芸界で一般にアネモネと呼ばれるのは地中海産の種類である。地中海沿岸原産で、英名のウィンドフラワーの名のとおり、風通しのよい所でよく育つ。秋植えですぐ発芽し、早春に15~20センチの花茎を出し、径6、7センチの花をつけ、3月下旬から5月上旬まで咲き続ける。
e0039703_19175469.jpg

地下に不定形の塊茎をもち細かく裂けた葉をつける。花はヒナゲシに似て赤、青、紫などの花弁状の萼片があり、濃紫色の葯をもった多数のおしべとともに美しい。花の直径は4~5cm。日本には明治の初めに渡来し花壇や鉢植などに普及した。
e0039703_19183914.jpg

花色は赤、紫、青、白で覆輪やぼかし咲もあり花型には一重のほかに八重、菊咲、丁字咲などがある。一重のものは実生で、不捻性の八重咲種は分球によってふやすようです。葉はパセリに似ています。
e0039703_1919614.jpg

切り花、鉢植え、花壇に適するが、矮性種は切り花には向かない。交雑種の代表はフルゲンスで、鮮紅色のもののほかに、セント・ボバというパステルカラーの珍色種があるとのこと。このほか、日本では原名不詳の吹詰咲きと称し、雌雄ずいが弁化して種子がつかない真紅色のものがあるようです。セント・ブリッド種は花茎30~40センチで早春の八重咲き、デ・カン種は花茎40~50センチで丸弁一重の早生種。また、ブランダ種は白、青、桃色の一重咲きの矮性種だそうです。
e0039703_19193031.jpg

アネモネの名はギリシア語のアネモスAnemos(風)に由来する。風に吹かれて飛び散る花びらや綿毛のある種子からの結び付きであろうかと。ギリシア神話ではアネモネは美の女神アフロディテが愛したアドニスが、不慮の事故で死ぬときに流す血から誕生する。
e0039703_19195247.jpg

イギリスやドイツの俗信では、十字軍の史実が絡んでキリストの血と置き換わる。つまり、第2回十字軍遠征(1147)のころ、イタリアのピサ大聖堂のウンベルト僧正が運ばせた聖地からの土の中にアネモネの球根が混じっており、その土を使った十字軍殉教者の墓地から見慣れない血のような赤い花が咲いたという。これを殉教者の血のよみがえりと信じ、アネモネは「奇跡の花」としてヨーロッパに広がっていったそうです。
e0039703_19202155.jpg

我が家のアネモネは『アネモネ・モナリザ』耐寒性が強く平地や植木鉢でも次から次と咲き続けます。花色に透明感があり冬花壇の立役者でしょうか?。
e0039703_19223057.jpg

by hime-teru | 2010-04-05 19:23 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(2)

木五倍子・木付子

                             ★… 【木五倍子・木付子】 …★
                            撮影は H22.04.01我が家にて
今年も咲いてくれました(*^_^*)。
キブシ科の落葉低木。山地に広くみられる。高さ2~3m。褐色の樹皮で、先がとがった鋭い鋸歯のある葉が互生する。春に若葉が伸びる前に枝に穂状花序が並んで垂れ下がる。雌雄異株。
e0039703_1413371.jpg

花は黄色の6弁で4本のおしべがある。雌木に球形の果実を生じる。
e0039703_1422999.jpg

果実を粉とし付子(ふし)の代用品とするので「木ぶし」の名がつけられたという。マメブシの別名もある。タンニンを含み黒色染料になる。材は杖・柄・楊枝など。北海道から九州に分布する。
e0039703_1425073.jpg

花枝はいけ花に用います。茶花としても春を床に運んでくれます。早春の山で奥ゆかしく咲く花の微かに春風に揺れる様は風情があり私はこのお花に魅せられます。変種のナンバンキブシは葉の裏面が粉白色で果実も大形。
e0039703_1433184.jpg

我が家の木五倍子はハイキングの折、10㎝ほどの枝を持ち帰り、挿し芽をして育てたものです(奇跡に近い)今では1、5メートル程に育ち、春先に可憐な花を見せてくれるのです。
e0039703_1435182.jpg

e0039703_1442338.jpg

by hime-teru | 2010-04-03 14:05 | 【か】行の花 | Trackback | Comments(0)

今年の桜

                             ★… 【 今年の桜 】 …★
今日も寒い1日でした。強風で電車は乱れ、1日中、冷たい雨模様でした。今年の桜の開花は?平年より早いと開花宣言がありましてから早10日、枝垂れ桜や大島桜は8分咲き、ソメイヨシノに至っては、まだ蕾、暖かい春の日差しを待ち続けています。1昨日の暖かさで千鳥ヶ淵(皇居)5分咲き 。火曜日の横浜の桜はまだ2分咲きでした。埼玉も3分咲きでしょうか?日中の風も冷たく朝晩の寒さに桜も震えているようです。4月とは思えない天候が続いています。来週は見頃になるでしょう♪。
e0039703_223294.jpg

by hime-teru | 2010-04-02 22:36 | 一期一会 | Trackback | Comments(2)