ブログトップ | ログイン

                        ★… 【 孫からの可愛いプレゼント・アンパンマン 】 …★
                              感動にシャッター・一押し(*^_^*)
月刊絵本、キンダーブックのお話し絵本がデビユーと言う「アンパンマン」思えば孫のパパ(息子)が幼稚園の時、愛読した絵本である。当時の「キンダーブック」は今も我が家の物置にしまい込んである。創刊82周年を迎えるているのだそうです。今だに、幼児に優しさと思いやりの心と好奇心と夢を届けているのですね。

写真のパンの数々、アンパンマン・ショップに行ってきたからと、3才になったばかりの孫が選んでくれたというプレゼントです。一つ頬張りながら、顔がほころび、電話の向こうで一生懸命歌ってくれる可愛い声を聞きながら、マシュマロの様な柔らかい顔や手、天使の笑顔、2年前の大手術が夢の中の出来事であったように思えます。元気になってくれて感慨深い。孫がいなければ体験できない幸せを味わっています。
e0039703_22591467.jpg

ジャムおじさんが作ったあんパンの種に空から降ってきたとても綺麗な命の星が落ち、命が宿って誕生したそうです。キャラクターの頭が食べ物であることが面白い。孫達が嫌いな食べ物もアンパンマンが後押ししてくれる。テレビアニメ、映画にと優しさや勇気、正義、愛をもって子供達を魅了してやまないアンパンマン。孫が今一番大好きなキャラクターのようです。

プレ幼稚園で犬やネコちゃんに変身してあそうぼうと言う時間に、Rちゃんは、アンパンマン以外は変身したくないと、頑固一徹な様は、誰かさん?に似ていて思わずニヤリ♪。本人の容姿もだんだん「アンパンマン」に似てくるのは何とも微笑ましいものです。Rちゃんアンパンマンは最近、バイオリンを習い始めました。マントを靡かせながら・・・。夢はバイオリンで夢を運ぶアンパンマン?と興味は果てしなく・・・。
e0039703_17522364.jpg

アンパンマンの登場人物?の、ばいきんまん・ドキンちゃん・食パンマンは『風と共に去りぬ』???。ドキンちゃんはスカーレット・オハラ、ばいきんまんはレット・バトラー、食パンマンはアシュリーを下敷きにしているとのことには驚かされます。少々違うところは、ドキンちゃんが食パンマンを一方的に恋い慕う点は、原典とは異なるようですが・・・。

そのうちアンパンマンがきっけで『風と共に去りぬ』も愛読書になるやも。兄はアンパンマンはとうに卒業して、本の虫?に変身。ハリポッターは既に読破、今は江戸川乱歩、天文学、メカニカルな本が大好き、夢はどの方向に~~~。

【笑点の人形焼き】もおまけでした。
落語好きな二人の孫のお気に入りの落語家は???。
e0039703_22544112.jpg

兄は「木久翁」 弟は「昇太」と「楽太郎」 ( ̄0 ̄;)うむ・・・・。キャラクターとしては逆のように見えるのですが・・・面白いですね~。 ” 美味しかったです♪、ご馳走様 ”
by hime-teru | 2010-01-31 22:56 | 時事日記コーナー | Trackback | Comments(0)

【枇杷・ビワ】

                           ★… 【 枇杷・ビワ 】 …★
冬の寒空の下でしなやかに咲く強靱な花、梅雨時にビワの実は色好き始めます。そして、初夏、太陽のようなオレンジ色に熟します。実はやわらかでジューシーです。ゆえにビワは、非常にデリケートです。ぶつかると黒ずんでしまいます。収穫から4.5日が食べ頃のようです。
e0039703_22113190.jpg

バラ科の常緑中高木。中国の中・南部地方に原生する。日本では大分、山口、福井県などで野生がみられる。葉は濃緑色で浅い鋸歯をもち、長さ20センチ、幅10センチで短い葉柄がある。表面は革質、裏面には灰白色の短毛が密生する。花は枝の先端にできる円錐花序に密につき、晩秋から初冬に開花し淡い黄白色がかった白色で五弁。径1センチほど、芳香がある。
e0039703_2212106.jpg

果実は房状につき、球形または倒卵形で綿毛に覆われ、宿存萼をもち、初夏に黄色に熟す。熟果は二心室で各室に1、2個の大きな種子がある。種子は外面は黒褐色で光沢があり、内に肉質の白い子葉がある。
e0039703_22125158.jpg

写真のビワは近所の大学の中庭で(捨てられたビワの種から自然にに育った物のようです)花の間引きも無く鈴なりになり、市販されているビワの3ぶんの1ですが・・・。どうして!どうして!立派なビワの美味しさです。太陽をいっぱい浴びているからでしょうか?(高木、花は上向きに咲きますので撮影は鮮明ではありませんが・・・。)
e0039703_22131627.jpg

毎年、季節の味覚だと送って下さるお嫁さんの実家から千葉産の「ビワ」を頂戴します。宮内庁御用達のびわ農家産の大きなビワです。ジューシーで甘酸っぱくとても美味です。
この種を植木鉢に植えて成長を楽しみにしているのですが、今年も花が咲きませんでした。葉は青々と元気ですが、今は3メートルほどに成長、観葉植物の様な綺麗な姿です。地植えで根を伸ばしてあげないと花や実は無理なのでしょうか?楽しみにしているんのですが・・。
e0039703_2214247.jpg

「桃栗3年、柿8年、枇杷(は早くて)13年 」だそうですので、あと?年の辛抱です。期待しながら・・・・。それまでは観葉植物として楽しむことに致しましょう。
e0039703_22172783.jpg

材は折れにくく粘り強いので 木刀、杖、くし、印材など小道具類の材となり種子にはアミグダリンがあり、杏仁の代用となる。
e0039703_22145123.jpg

名は、果実の形が琵琶(びわ)に似ているから転用されたとも。
by hime-teru | 2010-01-29 22:20 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(0)

               ★… 【ぼたん雪舞う 銀山温泉】 回顧記録 a photo …★                                           〔2004年2月〕           
NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことで一躍脚光を浴び全国的にその名を知られることになった事はもう遠い昔のような?ここにアップの写真は、私がデジカメ3台目にして一眼デジカメを使い始めた初期の写真です。ブログ発進前の写真の書庫(パソコン)にしまい込んで出番がありませんでした。もう一度、銀山温泉に出かけたいと思いながら、雑多な忙しさに、なかなか実現がかないません。写真の整理をして今頃は6年前と同じ白銀の銀山でしょう。
 回顧 photo です・・・幻想的な大正ロマンをご紹介します。
【銀山側下流側から温泉街を眺めた大正ロマン漂う光景は、温泉のシンボル的な風景である】
e0039703_23151141.jpg

銀山温泉は開湯は寛永年間、銀鉱が発見され、延沢銀山の工夫が発見。江戸時代には公儀山として栄えました。1689年に銀山が閉山した後は湯治場としてさかえました。当時は幅狭い悪路で、尾花沢からは難路で1日かかったといいます。延沢銀山の衰退後、人口は激減しましたが、世間とは遮断された仙境で人々は湯治客相手の湯端宿屋や小商いを行って生活していました。
e0039703_23162231.jpg

大正末期から昭和初期に建てられた洋風木造多層の旅館が銀山川の両岸に沿って軒を並べ、昔ながらの独特な景観を味わうことができました。
大正10年に銀山川の水を利用した発電所が作られ、地元財界の力でその後の復興の足掛かりとなっていきました。昭和元年に源泉のボーリングで高温多量の湯が湧出し、各旅館は一斉に洋風の三~四層、木造構造に建て替えを行いました。戦後は温泉街の洋風化も落ち着き、外観は和風に近づいてきました。延沢銀山遺跡は昭和60年に国の史跡に指定された事により、風情ある旅館の保存と観光復興に力を注いでいます。
e0039703_23181284.jpg

大洪水により温泉街は一時壊滅したりいたしましたが、風格ある能登屋旅館は国の登録文化材に指定された建物です。夢を求めて人々の熱い心が大正ロマン漂う光景から伺えます。
e0039703_23191291.jpg

銀山温泉は、かつて江戸時代初期の大銀山として栄えた「延沢銀山」の名称に由来しています。
現在は木造三層四層の旅館が軒を並べる温泉街として注目を集めています。風格のある落ち着いた町並みは見どころも多く、雪が優しい演出を醸し出し幻想的な風情は何とも言えません
e0039703_23204847.jpg

銀山川の両岸に大正から昭和初期にかけての建築の旅館の多くは、建築された当時としては非常にモダンな三層四層の木造バルコニー建築であり、外装には鏝絵が施されている。川には橋が多くかかり歩道にはガス灯が並んでいる。ガス燈に照らされた町並みも情緒豊かで暖かい。大正時代にタイムスリップでした。
e0039703_23211692.jpg

旅館「藤屋」の白人女将で有名になりました。(お客様の接客中でした)
e0039703_2322528.jpg

白銀の滝の氷のハーモニー(宿泊した旅館の露天風呂から)
e0039703_23273089.jpg

e0039703_2328244.jpg

金沢の人儀賀市郎左衛門銀山を発見以来、仙台藩キリスト教を弾圧により宣教師が銀山に入りキリスト教布教の主力を延沢銀山にそそがれたからでしょうか?モダンな建物は隠れた文明開化ですね。

大正末期から作られはじめとしたおかっぱ頭と愛らしい大きな目の銀山こけしは、赤ちゃんの身長・体重に合わせて作る「誕生こけし」と共に「おしんこけし」もおみやげ屋に並んでいました。
e0039703_23294581.jpg

山形新幹線大石田駅より送迎用バスが出ています。 銀鉱洞は冬季間閉鎖でありました。
〔おまけ〕花笠踊り 旅館のサービス
e0039703_23313793.jpg

by hime-teru | 2010-01-25 23:34 | 旅の情景(東北編) | Trackback | Comments(2)

                      ★… 【 子宝弁慶・コダカラベンケイ 】 …★
                              撮影は我が家にて
マダガスカル原産のベンケイソウ科の常緑多年草(多肉植物)。高さ約60~100センチ程になる。多肉質で不規則な暗紫色の斑紋のある長三角形の葉を対生。葉縁の鋸歯(キョシ)のくぼみに不定芽を生じ、葉が動くと落下して発根する。栽培は容易。
e0039703_21201091.jpg

別名 = 錣弁慶(シコロベンケイ)& 子宝草(コダカラソウ)とも。
e0039703_21204046.jpg

葉の周囲の欠刻部分(葉の縁)に不定芽がたくさん出て、これが新しい株に成長する。ゆえに、コダカラベンケイの名が付いてます。茎は直立して分枝しません。幼芽は自然に落ちても株元などに広がり増えていく。
e0039703_21211686.jpg

冬には茎頂より高さは1m程の花茎を伸ばし冬に咲くのです。花は淡桃色で下向き、茎頭に散形花序をつくります。
e0039703_21213924.jpg

ズームで撮影しますと・・・。
e0039703_21223557.jpg

日本へは1931年に渡来。温室内で栽培のようですが、我が家では玄関や軒下、室内で年越しを致します。自然に落ちた幼芽は実に健常、空気中の水分を取り込んで数ヶ月枯れることはありません。
e0039703_212349.jpg

シコロベンケイは園芸名で錣弁慶と書き、錣(しころ)は、兜の鉢につけて頸から襟を防御する物の事で、シコロに似た葉を持ったベンケイソウの意味である。
by hime-teru | 2010-01-19 21:24 | 【か】行の花 | Trackback | Comments(0)

                            ★… 【 新年を彩る花 … (千両&臘梅) 】 …★
                                   = 今年も咲きました =
【千両】
真っ赤な実は幸せを運びます。
e0039703_23543565.jpg

e0039703_23545574.jpg

e0039703_23551699.jpg

詳細はアップ済みの 【千両】参照下さい

【臘梅】
艶やかな花弁は蝋の光沢、甘い香りが漂います。
e0039703_23555739.jpg

e0039703_23562225.jpg

e0039703_23564230.jpg

アップ済みの 【臘梅】
【臘梅】参照下さい
by hime-teru | 2010-01-16 00:02 | 花日記(マクロの世界) | Trackback | Comments(2)

                            ★… 【 極楽鳥花・ストレチア 】 …★
                                 H22,1,自宅にて
極楽鳥花はバショウ科の多年草。ストレリッチアともいう。原産は南アフリカのケープ地方。切り花や鉢植など観賞用に温室で栽培される。地下に太い根茎があり、直接根生する葉は高さ1mほどでバショウの葉に似ている。
e0039703_21323376.jpg

お正月は、このストレチアとストックは思い入れがあって、毎年必ず買い求める花。今年は松、ロウバイと床に飾りました。ストレチアは朝日のようなオレンジ色と凛とした花の姿が優雅で、ストックは(20輪)大きな花瓶に投げ入れるだけで豪華、玄関が華やぎます。春一番に咲くロウバイやストックが優しい春の香りを運んでくれるが如く。
e0039703_21332519.jpg

花茎は高さ1~2m、先端に大きな包葉を斜上してつける。この包葉は質が硬く長さ15cmほどで緑色、基部は紫色を帯び緑の部分は赤や黄を帯びて美しい。この包葉の中には6~8個の花があり次々と花を付けてくれます。
e0039703_21342542.jpg

外花被片3枚は黄色、内花被片は舌状で明るい青色をし、包葉とともにはなやかな色彩である。
e0039703_2135072.jpg

日本へは1872年(明治5)以前に導入された。現在は切り花として一般に普及している。葉は根生し葉身は革質長形で長い葉柄をもつ。花茎は葉と同長で直立し先端に硬い多肉質で鳥のくちばし状の仏炎苞(ぶつえんほう)をつける。全体で1つの花のようにみえるが、苞内に6~8花がある。
e0039703_21361024.jpg

花は短命、買い求めたら、枯れた花を取り除き、苞内を開いて花を引き出して活けるが、だんだんと花の色は薄くなる。魔法のように花を引き出せる過程が楽しくとても魅力的な花です。
e0039703_21365584.jpg

e0039703_21381580.jpg

外花被(かひ)は橙黄(とうこう)色、内花被は青紫色の舌状で、雄しべと雌しべを包む。秋から冬にかけてよく花を開く。ストレリチアは多肉根で乾燥に強く、水やりを控えれば5℃で越冬する。
e0039703_21371630.jpg

by hime-teru | 2010-01-14 21:41 | 【さ】行の花 | Trackback | Comments(0)

浅草 初釜

                         ★… 平成22年度 新年を祝うお茶会 (初釜) …★
                         〓今年も茶花は床柱から床に垂れる長い結び柳です〓
                            撮影はH、22、1、8 浅草東本願寺にて
[aa#IMAGE|e0039703_2315448.jpg|201001/12/03/|mid|640|369#]
[bb#IMAGE|e0039703_2316471.jpg|201001/12/03/|mid|459|640#]
[cc#IMAGE|e0039703_2318890.jpg|201001/12/03/|mid|640|452#]
[dd#IMAGE|e0039703_22505926.jpg|201001/11/03/|mid|640|452#]
[ee#IMAGE|e0039703_22511510.jpg|201001/11/03/|mid|640|465#]
[ff#IMAGE|e0039703_2320147.jpg|201001/11/03/|mid|640|459#]
[gg#IMAGE|e0039703_22515977.jpg|201001/11/03/|mid|640|452#]
[hh#IMAGE|e0039703_22503928.jpg|201001/12/03/|mid|452|640#]
[ii#IMAGE|e0039703_22524075.jpg|201001/11/03/|mid|452|640#]

写真の公開をOFに致します
by hime-teru | 2010-01-11 16:00 | お茶会の記録 | Trackback | Comments(2)

【12月 の お点前】

                        ★… 【 12月 の お点前 】 …★
【真の行台子】 12月10日
e0039703_22274320.jpg

e0039703_22282257.jpg

e0039703_2352390.jpg

e0039703_22285722.jpg

【真のお炭】 12月17日
e0039703_2229591.jpg

e0039703_22304051.jpg

【重ね茶碗】 12月17日
e0039703_22315399.jpg

e0039703_22322273.jpg

by hime-teru | 2010-01-11 15:54 | お茶会の記録 | Trackback | Comments(0)

                    ★… 【 柴又七福神  】 一陽来復 (1) …★
                      撮影は H22,1.4 柴又
暗い世相も宝船に乗って福々しい姿にあやかり健康と平穏を願って・・・。今年は寅さんで有名な「柴又七福神」詣でをして参りました。
                     【七福神】   中村 元『佛教語大辞典』より。
インド・中国・日本の神仙を七人組み合わせて、人々に福・徳・寿を与える神として崇められる民族信仰の対象。室町末期に成立し多少内容の違いはあるが仏教の影響があったことが知られる。
大黒天は変形されて用いられ、恵比寿は中世西ノ宮信仰から福神となり、仏教の守護神であった毘沙門天は施福の神と解釈され、本来インドのヴェーダ時代の河川の女神で、後にことばの女神と同一視され、その後日本に移入された芸術の神弁才天は財宝・芸術の神弁財天と改められ、福禄寿と寿老人はもとは同じ南極星の神格であったが、寿命の長いのにあやかる意味をもつ。布袋和尚は実在人物であるが、その福徳円満な風貌のゆえに加えられたとも考えられる。
e0039703_19224029.jpg

題経寺 [帝釈天・毘沙門天] 威光 
毘沙門天…インドの神様で右手に宝棒(鉾)を持ち、左手に宝塔を捧げ、足下に悪行煩悩の天邪鬼をふみつけている。仏教の教えを守るとともに、招福・財福を授けてくれる神様である。、別称多聞天といいます。
e0039703_18505047.jpg

『題経寺』は総欅造りの帝釈堂は昭和4年に完成。この堂をめぐる外壁の木彫は法華経説話より取材し、当時の名人により彫られ、重要文化財的価値がある。昭和10年に完成した大客殿は、建坪150坪、総桧造りで、材料を厳選し造営したものである。客殿の床の間には日本一を誇る南天の床柱がある。ちなみに樹齢は1,500年と伝えられている。
e0039703_18512787.jpg

又、彫刻の寺といわれるほどで、山門、鐘楼、御神水、瑞龍松、浄行菩薩(童子像)など見て楽しいものが多くあります。
e0039703_18515221.jpg

3ケ日は過ぎたというのに、この賑わい。
e0039703_18522122.jpg

寅さん人気は永遠に続くでしょう。
e0039703_18524398.jpg

医王寺 [恵比寿天] 清廉
恵比寿天 …右手に釣竿を持ち、左手に鯛を抱えている狩衣姿の恵比寿天は、日本古来の神様で、もともとは航海と漁業の守り神で、商売繁盛の神様でもあります。
e0039703_1913872.jpg

ガード脇にある小さなお寺、奈良県桜井市の『長谷寺』にゆかりのお寺のようです。
経済成長の時流に乗って急激に市街化が進み山門の直前を北総公団線が横切り横は巨大なマンションに遮られ、かつての風情溢れる情景は無くなってしまったそうです。
e0039703_193086.jpg

本堂には飛天、山門には仁王様がおられました。山門の四隅に四天王でしょうか?こじんまりとして、とても素晴らしいお寺さんでした。
e0039703_1933454.jpg

立て札の「恵比寿天の由来文は、中興祖源珍の蕎麦供養恵比寿天勧進伝が原文ですが、誤った印象を与える表現となっていますのでご注意下さい。」とお寺のHPに書いて御座いました。
e0039703_194525.jpg

観蔵寺 [寿老人] 寿命
寿老人…杖をつき、長い頭の寿老人は、中国の神様で、七福神の第一におかれる長寿延命の神様です。そばにいる鹿は長寿の使い。
e0039703_1985618.jpg

小さなお寺さんですが、綺麗に掃き清めてありました。
e0039703_1994430.jpg


【日本橋七福神】
【深川七福神】
【恵比寿天】 から
【寿老人】 ご覧下さい。
by hime-teru | 2010-01-06 19:14 | 七福神めぐり | Trackback | Comments(6)

            ★… 【 柴又七福神 】 (2)  …★
【全国各地に福の神はおられます】
一般的な七福神が定まったのは江戸時代から、天海僧正は徳川家康に天下泰平の基として恵比寿は律儀、大黒は有福、毘沙門は威光、弁才天は愛嬌、布袋は大量、福禄寿は人望、寿老人は寿命を与えるとして、七福神のおのおのの徳を示した。それぞれの神様にはな意味があると伝えられています。

◆宝生院 [大黒天] 有福
大黒天 …米俵に乗っている大黒天は、インドの神様と大国主命の習合。大きな袋と打ち出の小槌で、多くの人々を救済する、出世財福の神様です。また、宝生院の不動明王は葛飾区の文化財となっています。
e0039703_1833454.jpg

本堂は小さいが、境内はとても広々、水仙の花が咲いておりました。
当寺に安置する大黒天は、将軍家にも信仰が深く大きな袋と打ち出の小槌で多くの人々を救済する「出世財福」の御利益で有名だそうですが・・・、ガラス戸が締めてあり大黒天を目の当たりに拝見できず、とても残念に思いました。せめてお正月の7日間だけでも、ご開帳(ガラス戸を開けて)くだされば嬉しいのですが。
e0039703_18333132.jpg

◆万福寺  [福禄寿] 人望 
福禄寿 …短身長頭で白い髪の福禄寿は、中国の神様で、南極老人星の化身です。福(幸福)、禄(高給)、寿(長命)の三徳を授ける神様です。
e0039703_18341385.jpg

狭い境内の中は中国風の雰囲気のお寺です。安置の福禄寿は年代不明であるが、宍戸家に伝えられた家宝仏であったものを奉納され、以来このお寺に祀られている。赤い門柱の中に入ると、右手に赤い頭巾をかぶった沢山のお大師さんが並んでいます。
e0039703_18343513.jpg

◆真勝院 [弁財天] 愛敬
弁財天 …ヒンズー教の代表的女神サラスバーティを由来としている。水の神様。また、音楽・弁舌の能力も与えてくれる神様であり、知恵と財宝の神様です。
e0039703_183511100.jpg

当山の弁財天の由来・年代等は不明であるが、弁天供養に使われる六器(仏具)が保存されていることから
、古くから近郷近在の人々より信仰されていたものとおもわれる。
e0039703_18355240.jpg

⑦◆良観寺 [宝袋尊] 大量
宝袋尊(布袋尊)…袋を携えて笑っている宝袋尊は、中国の禅僧で実在の人物。弥勒の化身の宝袋尊は、全て輪包容する和合成功の神様です。
e0039703_18364241.jpg

当山の布袋尊は、江戸時代初期に商人が都からの帰りに、山中で日が暮れ、民家の宿を借り一夜を明かしたが、民家と思ったのは大木のうろの中で、驚いてうろの中を見渡すと布袋尊がおられた。尊像を店に持ち帰りお祀りしたところ、商いは大いに繁盛した。この御利益を大勢の人々のお役に立てたいと発願し、布袋尊と称して当良観寺に奉納せられるに至った。
e0039703_1837655.jpg

【朝日新聞の紙面によれば】
七福神が成立したのは室町時代の京都らしいようです。大きな鯛を抱え、いかにも福々しい様子の「恵比寿様」は唯一日本生まれの神様で、毘沙門天、大黒天、弁財天のルーツはインド福禄寿、寿老人、布袋尊は中国から伝わる。祀られているところは神社、お寺、その宗派も様々。一神教文化から見れば不可解な習慣である。作り出したのは京の町衆だったそうです。「まとめて拝めばそれだけご利益もあるだろう」町衆らしい素朴なアイデア。専門家のお話とは発想が違うと京都恵比寿神社の宮司様のお話です。政治が混乱し、戦乱が広がる室町の不安な時代、闇雲に多くの神仏にすがろうとした民衆、自然な人情かもしれません。次ぎ時代元禄の好況から低成長にはいる時、時代の節目に七福神詣でが盛んになる。

なにやら、不景気が続いている近年、今年は七福神巡りが盛んになりそうな気配です。時代の表層が混乱しても庶民は苦しい中、楽しみを見つけて自由闊達な文化活動を見いだした逞しい先達に頭が下がります。

   ☆………【今年も多くの幸せがおとずれますように♪ 】……☆
by hime-teru | 2010-01-06 18:38 | 七福神めぐり | Trackback | Comments(0)