<   2006年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

【46椎本・12須磨・49宿木・51浮舟】 〔萱草〕 かんぞう  忘れ草  

★… 【 源氏物語文中の花 】 巻46(椎本)・巻12(須磨)・巻49(宿木)・巻51(浮舟)  『萱草・かんぞう』 …★ 
             撮影はH18.7.22  目黒自然教育園にて  
【椎本の巻】 萱草
宇治を訪れた薫は喪服姿の姉妹を垣間見て、とりわけ大君への思慕の情を深める場面で、「濃き 鈍色の単衣に、萱草の袴もてはやしたる、なかなかさま変はりてはなやかなりと見ゆるは、着なしたまへる人からなめり。
意)濃い鈍色の単衣に、萱草の袴が引き立っていて、かえって様子が違って華やかであると見えるのは、着ていらっしゃる人のせいのようである。
★ヤブカンゾウ(薮萱草) 
e0039703_23444863.jpg

ユリ科の多年草。ワスレグサ(忘草)ともいう。花は八重咲きで大陸産のホンカンゾウの品種とされているが、その起源については不明の点も多い。根は先端部が紡錘状に肥厚する。葉は根生し左右二列に並び、長さ40~6㌢花茎は高さ0.7~1㍍数枚の小さな包葉があり茎頂は典型的な二又分枝を示し、黄褐色で赤色の斑紋がある花を数個つける。7~8月に開花するが結実はしない。
e0039703_23462531.jpg

《萱草色の服》萱草色(かんぞういろ)→赤みが少なく黄色みの強い橙色。
萱草は身につけると、憂い(うれい/悲しいこと)を忘れるということから「忘れ草(わすれぐさ)」「忘憂(ぼうゆう)」とも呼ばれます。
平安時代の宮廷では喪に服するときに、紅色の代わりに萱草色の服を着ました。
『源氏物語』にも喪中に着る服の色として登場します。喪中の服の色ということで「萱草色」は縁起の悪い色、凶色と扱われました。
e0039703_23493044.jpg

ヤブカンゾウ またの名前を忘れ草。毛詩に「能忘憂」とあるように、憂いを忘れる花だったようです。平安時代より人や物事を忘れる場合にも用いられました。花の写実描写というよりも、おまじないや伝説に心情を重ねて出てきます。
e0039703_23521388.jpg

この花がどうして忘れ草と呼ばれるようになったのでしょう。
◎忘れ草の花の美しさを見ていると憂いを忘れる」という中国の伝説からつけられたようです。
でも、ユリ科の山ユリや姫ユリなどと比べると悲しい思いを打ち消すほどの美しさには見えませんが・・・。
むしろ、橙赤色は妖艶に見えますね。
ちなみに、中国でいうカンゾウ(漢方のカンゾウとはべつのもの)は日本では自生せず、日本でカンゾウというと変種のヤブカンゾウかノカンゾウのことだそうです。
カンゾウとノカンゾウは、一重の花びらでニッコウキスゲのように凛としている美しいユリのようです。
【野萱草・ノカンゾウ】
e0039703_23404264.jpg

ユリ科の多年草。日本各地の野原や溝辺にみられる。地上部は毎年枯れるが地下茎は古い葉で包まれて残る。7~9月に高さ70㌢mあまりの花茎が直立し上部で二叉に分枝し総状に花をつける。6個の花被片は長さ7~8㌢で橙赤色、下部は3cm前後の花筒となる。普通結実しない。春に若葉をゆで、浸し物、あえ物などにして食べる
e0039703_23424978.jpg

★巻12「須磨の巻」
ひたすら世になくなりなむは言はむ方なくて、やうやう忘れ草も生ひやすらん、聞くほどは近けれど、いつまでと限りある御別れにもあらで、おぼすに尽きせずなむ。
e0039703_043323.jpg

★巻49「宿木の巻」
さて中中みな荒らしはて、忘れ草生ふして後なん、この右のおとゞも渡り住み宮たちなども方方ものし給へば、むかしに返たるやうにはべめる
e0039703_053793.jpg

★巻51「浮舟の巻」
親もしばしこそ嘆きまどひ給はめ、あまたの子どもあつかひて、おのづから忘れ草摘みてん、ありながらもてそこなひ、人笑へなるさまにてさすらへむは、まさる物思ひなるべし、など思ひなる。
e0039703_06550.jpg

by hime-teru | 2006-07-30 23:56 | 源氏物語(巻41~巻50) | Trackback | Comments(0)

【法磨之式】  風炉  花月式の1種。7月のお稽古ー2

◆この式は亭主の点前に客が批評をする式ですが、茶道とは修練の場であり、常に禅の境地を極める事を目標に修業の上に修行を怠ることのないようにと戒しめる点前でもあります。
                   H18,7,13
e0039703_2182870.jpg

1)最初にお花を客に所望します。2)亭主が炭点前を致します。3)折据を回し点前をする人を定めます。4)七事式中の一二三之式を致します。
e0039703_22405979.jpg

★花…ススキ、木槿
★軸…「瀧」涼風来(たき、りょうふうきたる
瀧から涼風が吹き渡って来る自然の雄大な光景を絵画的な軸物に。
典拠のある禅語ではないが夏の涼しさを呼ぶ掛け軸です。
e0039703_22435142.jpg

★茶碗…赤楽茶碗 ★お茶入れ…大海。ここまで亭主が準備致します。
e0039703_22462822.jpg

花札で「花」をひいた人がお茶を点てます。公開できないお点前ですのでアップはこの4枚に致します。
法磨之式は人数に制限はありませんが亭主と客4人の五人が適当かと思われます
【参考】大切な親指
点前における親指の重要さはいうまでもない。親指は道具の正面をとる。袱紗ならば表をとる。道具を扱う時、親指と残りの指(人差し指、中指、薬指、小指)2本で扱うつもりで、お点前の指の動きに注意しなければなりません。親指の扱いを間違えると乱れた点前になってしまいます。

「書の十二則」に、脳皮質の一次運動野は体の位置に対応した規則的な地図を持っていて、その中でも親指が占める体部位局在の領域は非常に大きい。科学的にも書も茶道も上達の近道は親指が鍵を握っているのである。との記述です。
by hime-teru | 2006-07-28 23:01 | お茶会の記録 | Trackback | Comments(0)

【茶箱点前】  色紙点(しきしだて)  7月のお稽古ー1

「色紙点」とは,御所篭を用いた点前、茶巾箱と四枚の古帛紗を使う。
裏千家の14世家元が創案された点前です。御所籠に四枚の古帛紗・茶巾箱・二個の茶碗その他茶箱点前に必要な道具を入れてするお点前。道具はすべて大津袋・網袋・袋・仕服に収められています。大変難しいお点前です。
※大津袋→利休居士の室、宗恩が大津から京都に米を運ぶ米袋から考案されたもので大津袋と呼ばれています。
                  H18,7,6
e0039703_21535252.jpg

◆必要な道具
 御所籠…・茶巾箱…・三点セット(振出・筒・棗)…・振出網…・仕服(棗・巾箱・茶杓)…古帛紗「古帛紗3枚・紫帛紗1枚」…・相生袋「ヘダテ付」…・茶碗、黒楽、松楽 茶碗 三島、宋絢…・茶筅 茶箱用…・茶巾…・茶杓・建水
e0039703_2234996.jpg

箱に点前道具一式を仕組んだ携帯用もので、旅先でお茶を一服いただけるようにしたお点前ですが、今ではちょっとした趣向で座敷や庭などでされるようになりました。
箱の中には茶せんに茶せん筒、茶巾に茶巾筒、ふりだし(コンペイ糖や 甘納豆等を入れる、干菓子入れ)茶碗 、小ぶりの棗、茶杓、古袱紗、 袱紗を入れます。
点前座前には鉄瓶を置いておきます。
e0039703_2157768.jpg

色紙点前御所籠を用いて古袱紗が最大限に活用されており、四枚の古袱紗と茶巾箱を置き合わせた道具の配置が、ちょうど色紙を散らしたように見える所から、色紙点前と名付けられました。 胴の平たい内海(大海)の茶入を使う時は緒が長い仕覆(長緒)を使います。長緒仕覆と内海茶入れの扱いですので濃茶手前となります。お茶碗は大津袋に入れます。
e0039703_221892.jpg

色紙点前は円能斎好みの御所籠を用いて淡々斎が創案された点前です。
この点前はとても優雅で、お茶を心から楽しむと言う感がありとても楽しいお点前の一つです。
e0039703_2263362.jpg

渋い色合いの小粋な御所籠はなんとも渋い色つや均整のとれたフォルム、アジロ編みも申し分ない、籐巻きも四隅にしっかり巻かれています。この御所籠を眺めているだけでも楽しくなる。
「色紙点」は大人のおままごとの様な楽しいお点前で御座います。
by hime-teru | 2006-07-28 22:23 | お茶会の記録 | Trackback | Comments(0)

【山百合】  ヤマユリ

                      ★  … 【 山百合 】  ヤマユリ …★
                      撮影はH18.7.25 国営武蔵丘陵 森林公園にて
【山百合】 
ユリ科の多年草。日本の代表的な山ユリは花は6弁で黄い筋が入る白色の花で斑点があり漏斗状で横向きに開き強い芳香がある。花期は7月頃。東北、関東、東海地方、特に関東地方に自生していますので(関東百合)(鎌倉百合)(箱根百合)とも言われ神奈川県の県花に指定されているようですね。九州や北海道では栽培品から逸出して帰化しているとのこと。高さ1~1.5㍍。茎の先につける花は数個から多いときには数十個、それは見事です。
山野草の花の中で私がもっとも大好きな花は「山ゆり」です。今年は開花時期が遅れて6月末の日光では堅いつぼみでした。その後、雨が続き出掛ける機会を逸しました。
昨日の雨上がり、埼玉の森林公園でヤマユリ満開と聞いて、この時期を逃しては?と車で1時間少々の「森林公園」へ会いに行って来ました。まさに甘い香りを漂わせ、色濃くなった夏草の間から目を見張るような美しい姿のヤマユリを見ることができました。感動です。
e0039703_23524583.jpg

「ゆり」は大輪の花が長い花茎とともに「ゆり動く」ことに由来するという。 白い百合は純潔の象徴。「聖母マリアの花」でもある。
e0039703_0415513.jpg

山百合は夏に咲く大型の日本特産の百合です、年に1つずつ花が増えていく。人の背丈を越える高さで、花も大きく香りも強い日本特産のユリです。世界のユリの中でも最も大きな花の種類のようです。
e0039703_0104394.jpg

見る人の少ない山の中に、どうしてこのような美しい百合の花が咲くのだろう!!!。
夏の暑い日、野山に楚々として、なよやかな白い花を咲かせるヤマユリは林の中のお姫様。今にも折れそうな細身の身体(茎)で、しなやかにたち、奥ゆかしく、恥じらいながら咲いている姿は何とも言えません。強さと美しさと優しさを持ち合わせ、慈悲に満ちているようで・・・深い緑に輝いています。幸せを運ぶ私のお気に入りのお花です。
私のヤマユリ好きは有名!で、友人達はこの花を見ると私を思い出すと言ってくれるほどに。
e0039703_0251087.jpg

源氏物語の中に1カ所、万葉集でも「ゆり」の表記がありますがヤマユリに当てる説もあるが「さゆり」のことのように思えますが・・・。
e0039703_0305477.jpg

近年、環境破壊や球根の乱獲などにより野山から姿を消しつつある「やまゆり」の現状を聞いてやるせなく思います。初夏の野山で一際目立つ山百合は古くから日本人の心に愛されてきた優雅な花ですのに。 このやまゆりによって文化と自然を愛する心を育んで来られた様な気がします。さわやかな環境を育むとともに長い将来にの為に咲き続けて欲しいと願わずにはいられません。
e0039703_036783.jpg

e0039703_18349.jpg

by hime-teru | 2006-07-26 23:52 | 【や】行の花 | Trackback | Comments(2)

【烏瓜】   カラスウリ

                                 ★… 【 烏瓜 】 からすうり …★
                                       2006.7月 我が家にて撮影
ウリ科の多年草。根は紡錘状で茎はつる性、山野に多く北海道南部以南の日本全土に分布する。巻きひげで他物に絡んで伸び、全体に粗い毛がある。花は単性で雌雄異株。花期は8、9月。開花は夕方から開き裂片の先はレースの糸状に細く裂けて房状に垂れる。雄花は短い総状となり雌花は単生で花序をつくらない。果実は長楕円形、長さ5~7㌢で赤く熟す。種子は黒褐色で帯のお太鼓結び状をしています結文(むすびぶみ)に似ているのでタマズサ(玉章)の名もある。 
                 『写真の花は雄花だと思います』
e0039703_23225132.jpg

一度は見てみたいと思いながら・・・。昨日、散歩の途中で雑草の中に絡まっていたこのカラスウリの蔓を一蔓持ち帰り、花瓶にさしておき、もしかしたら?と、期待に胸を躍らせながら花の開花を夢見ていました。願いが叶い今日の夕刻6時頃から少しずつ開花し始め、2時間かけて、それはそれは麗美な姿を見せてくれました。
白い花は清楚そのもの花弁の先端が細い糸状レースのように見え幽玄にして麗美な花姿です。夕方から夜間に咲くこの花の姿は、この世のものとは思えない美しさです。見た人は必ず魅了されると思います。
e0039703_941295.jpg

花には微かですが甘い芳香がある。説明するには難しい魅惑の香りです。花粉を供給するオシベは円形咲き方はダイナミック!、美しい花は一夜の命です。明日の朝にはしぼんでしまいます。
e0039703_9493816.jpg

漢方では根を土瓜根、果実を土瓜実、種子を土瓜仁と呼び、根は通経、利尿、排膿剤として用い、果肉は民間でヤケドやシモヤケに用いる。種子は去痰、鎮咳、鎮痛、消炎剤として用いる。これを用いた小陥胸湯という処方は湿性肋膜炎を治すので有名だそうです。根は純白できめの細かいデンプンを天瓜粉(天花粉)といいあせもよけの「汗知らず」である。 (大図鑑参照)
e0039703_1004668.jpg

カラスが好んで食べるから烏瓜ではありません名称の由来は”唐朱瓜”朱墨の原料である辰砂の鮮やかな緋色に実の色が似ているから唐朱瓜と呼ばれるようになったそうです。
e0039703_1025141.jpg

撮影には苦労致しました。家の中で撮影しました。ホワイトバランスをマニアルで、露出を16くらいに絞り、もちろん三脚なしではぶれてしまいます。何とかとまりました。写真に詳しい方ですと私の苦労を判って頂けるのでは・・?と。
                     ………☆………
★★この中には無数の黒い種があります。変わった形をしてますでしょう。
唐朱瓜の種が打ち出の小槌の形をしているので、種をお財布の中に入れておくとお金が貯まるおまじないと、我が家のお嫁さんのお母上から送って頂きました。半分はお財布の中にしっかり入れております。、1粒ずつ友人にも分けてあげました。『お金にご縁がありますように!贅沢は申しません。日々恙なく暮らせるだけのお金で充分でございます。健康に勝る物はありませんもの。
e0039703_23405353.jpg

冬枯れの雑木林には真っ赤な可愛い実が残ります。私が作った陶器(入れ物)に熟れたカラスウリを入れて・・昨年秋の写真を絵画風に悪戯してみました。
e0039703_23452557.jpg

by hime-teru | 2006-07-24 23:45 | 【か】行の花 | Trackback | Comments(4)

【源氏物語巻名の花】ー(巻2) 帚木の巻 (ははきぎ)

              ★… 【源氏物語巻名の花】ー(巻2) 帚木の巻 (ははきぎ) …★
桐壺の巻は源氏の生い立ちの巻ですが、この巻は源氏が青年になり実質的に物語が始まります。雨が降る宿直の晩、源氏のところへ親しくしている源氏の義兄の「頭の中将」や友人が集まり、さまざまな女性との体験談や打ち明け話に花を咲かせている。いわゆる「雨夜の品定め」と言われている部分です。これが後の展開の伏線になっていきます。 
           撮影はH18年7.17と昨年の秋(9月)  自宅近くの農家の畑にて
e0039703_0254288.jpg

〓【簡単に物語】〓
打ち明け話に花を咲かせた翌日、源氏はある女性と出会います。地方官の妻(空蝉)です。源氏は空蝉の弟に手引きをたのんで言い寄りますが、空蝉は自分の置かれた立場、夫婦の関係や地方官の妻という社会的な地位も十分に承知している人でした。この時代の地方官という中流貴族には一夫多妻という上流貴族とは違った夫婦の関係があったようです。空蝉は我が身のほどを思い、涙にむせびながら源氏を拒み続けます。源氏の君はお坊ちゃま育ち、初めて自分を拒否する女性を知ることとなりますが、懲りずに空蝉に手紙を出し始めます。しかし、空蝉は決して返事を書きませんでした。
e0039703_0293188.jpg

【和歌】
帚木の心を知らで園原の道にあやなく惑ひぬるかな……光源氏
◎【掛詞】…光源氏は「あやなく」という詞に「文(あや)無し=道理が通らない」と「文無し=アナタと交わす文(ふみ)無し」の2つの意味を含めています。
意)遠くからは見えるのに近くに寄ると見つけることはできないという伝説の帚木で、あったとは知らずに私は野原で道に迷ってしまいました。
空蝉の返事はこうでした。
数ならぬ伏屋に生ふる名の憂さに有るにもあらず消ゆる帚木 … 空蝉
意)粗末な小屋に生えた雑草は身分の高い人のそばに寄って人から変に噂されるのを恐れてそこに居るにも居られず姿を消してしまい帚木となりました。
状況
自分の求愛を無視し続ける空蝉の態度が理解できない光源氏、家に押し掛けたにも関わらず姿を隠してしまった空蝉に宛てて 「せっかく私が貴女の所へ来たというのに、また消えてしまわれた。もう貴女の本心が分からない…」 まるで帚木のような方だ!」と、嫌味っぽく詠んだ和歌です。誰からもチヤホヤされ、優しくしてもらうのに慣れっこになっている源氏の君は、空蝉の冷たい仕打ちにがっくりきています。
                       少し紅葉し始めました
e0039703_038248.jpg

この時代に華やかな源氏の君のような暮らしとは違う中流の人々の生活がすでにしっかり出来ていたことが分かります。この中流の人々が藤原氏の政治を倒し、中世の武士の時代へと道が開かれていきます。
                   秋にはこんなに綺麗な色に
e0039703_0411162.jpg

帚木とは長野県の園原にあり、遠くからは見えても近くに寄ってみると形が見えなくなるという伝説の木です。信濃国伊那郡園原の伏屋というところで、『箒』を逆さにしたような木だそうです。
源氏の君は空蝉を帚木にたとえて、歌を詠みこの巻になったようです。
e0039703_0444573.jpg

「帚木」は、ふりがなが、ないと正しく読めないのではと思いますが・・・。「帚」を漢和辞典で引くと「ソウ、シュウ」と読み、ほうきの形と、ほうきかけの形を、合わせた合字で、ほうきをたてかけておく意と記してあります。「帚」に竹かんむりをつけると「箒」ほうきになりテヘンをつけると「掃」はくになる。ここまでは納得出来るが・・・。女へんをつけると・・・「婦」家内をおさめる女性。はて!さて1!これは???。
この箒草は、箒として今でも使われている。実は「とんぶり」と言って食します
e0039703_122080.jpg

by hime-teru | 2006-07-24 00:25 | 源氏物語(巻1~巻10) | Trackback | Comments(0)

【八代草】 やつしろそう

キキョウ科の多年草。九州地方の原野に自生。高さ約60㌢ほどになる。梅雨の頃から秋にかけてキキョウに似て先端が五裂した紫色の鐘形の花が集まって咲く。
                 撮影はH18.5.28 我が家にて
e0039703_2355326.jpg

最初に発見された熊本県の八代市に因んで八代草と名付けられています。
e0039703_053946.jpg

園芸用として身近に見る機会は多いが自生は九州の一部の高原だけとのこと
生育環境の悪化で「環境省レッドデータブック」で絶滅危惧IB類に指定されています。
e0039703_016821.jpg

この花が「絶滅危惧」に指定されたのは H17.5.20、昨年のようです。我が家では毎年5輪ほど咲いてくれますが、貴重なお花だったとは・・・ネットで調べて初めて知りました。絶やさないよう大事に育てたいと認識致しました。
e0039703_027830.jpg

by hime-teru | 2006-07-22 23:55 | 【や】行の花 | Trackback | Comments(0)

【風蘭】 フウラン

                            ★… 【 風蘭 】 フウラン   …★
                             撮影はH18.7.16  我が家にて
【風蘭】 ラン科の常緑多年草。樹上に着生する。茎は短く基部は葉鞘となって茎を覆い質は厚い。、下方の葉腋から径約1㌢で香りのある白色花を3~5個開く。花柄は5㌢ほどで萼片は三枚、花弁は二枚、線状披針形で長さ約1㌢、唇弁は厚肉舌状で浅く三裂し、距は長線形で湾曲し花柄と同じ長さである。中部地方南部以西の本州から沖縄に分布する。軽石などを中空にした鉢にミズゴケで植える。冬は灌水は控える。
e0039703_21174894.jpg

江戸前期から栽培下にあり栽培法の記述もある。江戸後期には富貴蘭(ふうきらん)とよばれ大名、武士、富豪が好んで栽培した。参勤交代の道中に大名は防臭を兼ね籠に吊るしたという。葉の形や斑入りなどには名前がつけられ200を超える種類があったようです。
e0039703_21193070.jpg

フウランの花の魅力はなんと言ってもこの可愛らしい花姿ですが、加えて強く甘い香りは格別で御座います。特に夕方になると濃厚な匂いがあたりに漂よいます。
e0039703_222168.jpg

風を好むことからフウラン(風蘭)という名前がつきましたそうです。甘い匂いがその風にのり昆虫をおびきよせ、花粉を運んでもらう役割をはたしています。フウランは香りや花姿も葉も根も美しく、まさに株全体が観賞の対象となる植物です。
e0039703_2123620.jpg

花は小振りで軽くカールする距が垂れ下がり可憐な妖精のようですね。
e0039703_21241919.jpg

我が家のフウランは私の作った素焼き鉢にミズゴケだけで満開になりました。優しい香りが幸せを運んできます。風蘭は年月が経つほど殖える植物です。今年で15
年は経っていると思います。
e0039703_21275136.jpg

※昭和60年に和歌山から黄花が発表され、ほかに赤桃色の赤花系や黄緑色を帯びた緑花も近年注目を浴びているようですが、私はまだお目にかかったことがありません。
by hime-teru | 2006-07-21 21:37 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(0)

【アッツ桜】   ドフィアラロードヒポクシス

                     ★… 【 アッツ桜 】 ドフィアラロードヒポクシス …★
ロードヒポクシスヒガンバナ科の秋植え球根草。白く毛羽立った細い葉の間から花茎を出し赤や白の可愛らしい花が咲きます。根出葉は群出して細長く5~6月に細い花茎を次々と出し頂に星形で径約2センチの花を咲かせる。雄しべ雌しべはほとんど見えないほど小さい。
                  撮影はH18,5,26 我が家にて
e0039703_23324987.jpg

冬は葉が枯れて休眠するが4月には新葉が出てくる。南アフリカ原産でアッツザクラの名で売られる園芸種は鉢植えにして促成されたもの。白、桃、濃紅色など花色も豊富である。寒さにやや弱いが霜立ちを防ぐと露地で越冬する。鉢植えのものはフレームや温室に入れるか鉢のまま乾燥して凍らない程度に越冬させる。
e0039703_23343178.jpg

アッツザクラは南アフリカのドラケンスバーグ山脈に分布するコキンバイザサ科の多年性球根植物で4月~6月にかけて紅色、桃色、白色などの花を開きます。
e0039703_23363333.jpg

名は花の形がサクラに似ていることから「アッツ桜」と名づけられました
e0039703_23385072.jpg

日本には鈴木吉五郎氏が1935年にイギリスから導入し東京山草会の山野草愛好家の間で栽培され続け、現在では様々な品種がイギリスや国内で育種されており園芸化されています。
e0039703_2340110.jpg

by hime-teru | 2006-07-20 23:40 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

【河骨】  コウホネ

                       ★… 【 河骨 】  コウホネ …★
           撮影はH18,6,29 「東京大学理学部付属植物園日光分園」にて
【河骨】コウホネ
日本原産で北海道から九州まで広い地域にわたって自生し浮葉を持つスイレン科の多年生宿根生草本の水草です。北半球に約十種分布し、日本には変種も含め七種分布。川ホネともい日本各地の池や沼に生じる。根茎は水底の泥中を横走し先端部から葉が出る。葉は円柱形で水面上に突き抜けて基部は鏃形をしている。稀に細長い沈水葉も生じる。夏に円柱形の黄色の花が咲く。花は萼片5枚と多数の小型の花弁、おしべが螺旋状に並び中心に広卵形の子房がある。頂部は盤状をなし放射上に柱頭が並ぶ。
植物園には二輪しか花がなくて・・・写真は鮮明ではありませんが・・・。       
e0039703_23133717.jpg

根茎が白色で肥大しこれが白骨のように見えるところから和名になりました。
コウホネは湖沼や小川などが減少するとともに、ほかの水生植物同様に自生が減り近畿と九州の一部の地域だけに分布している日本の固有種でもあるオグラコウホネは絶滅の危機に。
e0039703_22544914.jpg

環境の変化に少しずつ姿を消し現在では日本にみられる水草の内約1/3が絶滅の危機にさらされている事態になっています。コウホネとその仲間は自生地である沼や小川などの水辺環境が変化してきて絶滅状態の植物群の一つなのです。自然破壊が進み、実態がつかめないまま減少している植物は他にもまだまだあるように思います。
by hime-teru | 2006-07-19 23:01 | 【か】行の花 | Trackback | Comments(0)