ブログトップ | ログイン

<   2006年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

【捩花】 ネジバナ

ラン科の多年草。別名モジズリともいう。根茎は短く肥厚した根が数本束生し葉は大部分が根生する。4~8月、高さ10~40センチの花茎の先に毛のある花序を作り小花が螺旋状に密に並んで咲く。花は紅紫色で唇弁は白色。距はない。日本全土の草地や崖などに生え都市の芝生にも多い。熱帯から温帯に約100種ほど分布する。
           撮影はH18,6,26 我が家にて
e0039703_22511116.jpg

ネジバナがねじれるのはつぼみが後ろ側に反転するからで左巻きと右巻きがある。その比率は地域によって異なる。地方によっては「ヒダリマキさん!」と呼んでいるところもあるようです。あなた様のところは?如何ですか?写真は五分五分ですね (*⌒ー⌒)
e0039703_22552396.jpg

小さいながらもランの一種で、ラセン状に並んだ小さな花は下から上へ咲き登り、「頂上に達する頃に梅雨があける」と言われています。人知れず、ひっそり咲いている姿に風情を感じます。
e0039703_2257474.jpg

この花には熱い思いが広がります。私が大好きな花だと聞いてプレゼントされた花なのです。1輪1輪、芝生の中から採集して下さっている姿を想像致しますと愛おしく感じます。花の自然のさりげない姿はささやかな燈、趣があって非凡な輝きを放ちます。
e0039703_2385460.jpg

江戸時代はモジズリの名でよばれていました。モジズリの名は『伊勢物語』の
★ 「みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑに乱れそめにしわれならなくに」の歌に名が出て来ます。由来する信夫綟摺(しのぶもじずり)というのは陸奥国信夫郡(現在の福島市あたり)でかつて作られた捩れて絡まったような文様の染め物のことです。
e0039703_23133530.jpg

 英語では”淑女の巻き毛”だそうです
by hime-teru | 2006-06-30 23:16 | 【な】行の花 | Trackback(1) | Comments(10)

シソ科の草状小低木。日当りのよい山の岩場や草地、石灰岩地帯に多く、まれに海岸近くにも生えていることがある。茎は地表をはって所々に根を出し枝は斜め上に伸び、高さ3~15センチ。葉はごく短い柄があり対生し卵形。2~3対の羽状脈があり両面に腺点がある。6~7月、枝先に短い花穂をつくり淡紅紫色で小形の唇形花を密に数段つける。花冠は7~8ミリ。日本、中国、ヒマラヤに分布する。
         東京大学付属植物園日光分園で撮影したものです
e0039703_0265576.jpg

全体にチモールを含みよい香りがあり伊吹山に多いのでこの名がある。山草として鉢植えにしたり薬用とすることもある。イブキジャコウソウ属は約35種ありアジア、アフリカ、ヨーロッパに分布する。乾燥したものを薬用,香料になる。葉は浴湯料、カレー料理香料に。タイムの原料植物であるタチジャコウソウの代用とし薬用にする。
e0039703_0283117.jpg

by hime-teru | 2006-06-29 23:54 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

             ★… 【源氏物語巻名の花】 巻6 『末摘花』 紅花(ベニバナ) …★
                   撮影はH18,6,21  我が町の新しい村にて
末摘花は末摘花と蓬生の巻に登場します。空蝉にふられ夕顔に死なれて落ち込んでいる源氏の君によい話が飛び込んできます。源氏の君、十八歳の春です。『源氏物語』で鼻の赤い常陸宮の姫君を紅花にしゃれて末摘花と名づけたことはよく知られる。
e0039703_23395686.jpg

源氏は末摘花のことを嗅ぎつけ頭中将と競い合うように手紙を出します。引っ込み思案な末摘花は返事を書かないので源氏の君は気が気ではありません。源氏の君に好意的な命婦は姫君にあれこれアドバイスをしますが、姫君はおっとりおおらか、源氏の君は理想に胸をふくらましはらはらどきどき、三者三様の喜劇を見ている巻です。
e0039703_23415496.jpg

★なつかしき色ともなしに何にこの末摘花を袖に触れけむ……源氏の独詠歌
意)心引かれるという色でもないのに、なぜ末摘花(紅花=赤い鼻)に触れてしまったのだろう

末摘花は茎の末を摘み取って赤い色素を作り出せることから「紅花」とも呼ばれています。和歌の中では「紅い花」と「赤い鼻」の意味が含まれています。『花』と『鼻』の掛詞。姫君の容貌と掛けています。姫君を末摘花と呼ぶのはこの歌によるのです
e0039703_23453030.jpg

源氏の君が須磨で侘び住いをしていた間、都では悲しみに沈んで暮らす女君たちがたくさんいた。常陸宮の姫君〔末摘花〕は窮乏生活を続けていました。源氏の君は末摘花の寂しい暮らしぶりが気の毒に思えてなりません。末摘花」はあわれな姫君という位置づけではなく道化役になっています。末摘花は「若菜上」の巻で病床に伏している旨が記されているがこの巻で寂しく姿を消します。
e0039703_23482383.jpg

【紅花】ベニバナ
キク科の二年草。英名のサフラワーの名でよばれることもある。茎は直立して高さ0.6~1メートル。葉は長さ5~10㎝、浅く裂けあるいは鋸歯があり先は鋭い刺となり、全体が硬質で互生する。夏に茎頂にアザミに似た形の頭花をつける。頭花は管状花が多数集まり花弁は初め鮮黄色、やがて赤色に変わる。種子は白色原産地はエチオピアといわれエジプトでは紀元前2500年ころから栽培されていたようです。
日本への渡来は飛鳥時代以前と推定され現在は山形県が主産地であるが江戸時代は紅用として山形県が特産地だった。その名残で山形県の県花になっている。栽培は主に生花、ドライ・フラワー用である。現在は染料としてよりも油料としてアメリカから輸入している。
e0039703_23515137.jpg
 
頭花を構成する管状小花を早朝に集めて乾燥したものを紅花または紅藍花といい漢方では通経、鎮痛剤として月経不順、月経痛、打撲症、腫(は)れ物などの治療に用いる。脂肪油はリノール酸を多く含有するためコレステロール過多による動脈硬化症の予防に有効とされている。
※紅花を水に浸して黄色色素を溶かし出しよく水洗いしてから水をきり灰汁に浸すと紅色色素が溶けて出る。伝統的な口紅は沈殿したカーサミンからつくったものである。ベニバナに含まれるこれらの色素は布や紙の染色、食品着色料としても用いられてきた。白色の果実から脂肪油をとり食用油としたり燃やして出る煤から紅花墨を製する。
e0039703_024141.jpg

by hime-teru | 2006-06-28 23:52 | 源氏物語(巻1~巻10) | Trackback | Comments(0)

【擬宝珠】  ギボウシ

ユリ科のギボウシ属、耐寒性多年草。東アジアの特産であるが、特に日本に多く自生しています。江戸時代より鑑賞用に植えられシーボルトがヨーロッパへ持ち帰り以来多くの品種が生まれました。欧から米に渡り特にアメリカで多くの品種が作り出されたようです。
       撮影はH,18,6,18我が家にて  雨にぬれて・・・。
e0039703_22114872.jpg

夏から秋に株の中心から花茎を伸ばし多数の白または紫系の小百合のような花を咲かせる。花はおのおの包葉があり下から次々とうつむき加減に咲きます。昼咲きの一日花です。
e0039703_22141258.jpg

葉に斑入りのものもあり東北地方では若い葉柄を「うるい」と呼び食用とする。花も葉も美しいので昔から庭園で観賞されてきた。
e0039703_2215125.jpg

ギボウシ(犠宝珠)の名は蕾の形が橋の欄干の飾りの擬宝珠に似ていることから付けられました。犠宝珠の形→葱坊主(ネギの花)
e0039703_22174844.jpg

蜂が蜜を吸いに来ています。
e0039703_22184618.jpg

頭花が葱坊主(ネギの花)
e0039703_2220378.jpg

by hime-teru | 2006-06-27 22:25 | 【か】行の花 | Trackback | Comments(6)

         ★… 【 源氏物語文中の花 】  巻21 少女の巻 (1)  浜木綿 (ハマユウ) …★
                            撮影はH18,6,22 我が家にて
源氏の君、二十五歳の夏、京に居づらくなった頃に慎ましい花散里が登場してきます。花散里は源氏の君にとって重要な人となって行きます。花散里の容貌はこれといって書かれていませんし、君が熱心になるという話も出て来ませんが、愚痴を言うこともなく自慢話をするでもなく、しんみりと昔の話ができる相手として花散里が語られています。以後、花散里は源氏の君の良きカウンセラー的存在になる。源氏は花散里に夕霧のお世話を依頼する場面に浜木綿が出て来ます。
e0039703_21582044.jpg

 「み熊野の浦の浜木綿百重なる心は思へどただにあはぬかも」 ……柿本人麿
意) 熊野の浦の浜木綿の葉が幾重にも重なっているように、幾重にも幾重にも百重にもあなたのことを思っていますが、直接には会えないことだ。を引用して・・
▼ 浜木綿ばかりの隔てさし隠しつつ、何くれともてなし紛らはしたまふめるもむべなりけり・・・・
源氏物語に浜木綿の名が登場するのはこの1カ所だけですが夕霧の心の中の表現として書かれています。
(器量はさほどすぐれていない、こののような方も父はお捨てにならなかったのだ。自分も気立ての良い柔和な方と愛し合いたいものだと。夕霧は源氏の君の息子だけあって観察が鋭い(^_^;。 花散里は気立てが良く源氏の君は安心して任せています。
e0039703_2225844.jpg

花散里は家事に長ずる女性として登場しますが、染色の方面では紫の上と肩を並べる実力の持ち主だったようです。
【浜木綿】  はまゆう
ヒガンバナ科の海浜生の多年草。植物学上の和名はハマオモト(浜万年青)偽茎は直立し高さ30~50センチ、葉は鱗茎状に重なり合い内部は白く木綿(白い幣)を思わせるのでハマユウの名がついた。花は7~9月、花茎の先に十数花集まって開き芳香がある。白色で花筒は長さ5~6センチ花被片は長さ7~9センチ。果実は球形で種子は大きく種皮が海綿質で海水に浮いて広がる。
e0039703_229405.jpg

古代から目をひいたらしく柿本人麻呂が『万葉集』、『枕草子』は「草は」の中浜木綿が四番目に名を連ねる。
平安時代、大臣の大宴にはハマユウの葉で鳥料理を包んだようです。また、葉柄は乾かすと粗いが強い紐になるので台湾のヤミ族は石灰を入れた壺をハマユウの紐でぶら下げ、バタン島では葉をいぶして蚊遣に使ったようです。
e0039703_22162681.jpg

by hime-teru | 2006-06-26 22:23 | 源氏物語(巻21~巻30) | Trackback | Comments(2)

小皿各種

【足つき角皿】 (1) ★土…大道★板作り厚さ5ミリ縦10㎝横16㎝★釉薬…透明釉・織部釉
e0039703_015336.jpg

【角皿】 (2) ★土…益子★板作り厚さ5ミリ縦12㎝横20㎝ ★釉薬…益子黒・織部・白萩釉 
e0039703_022534.jpg

【足つき丸小皿】 (3) ★土…練り込み(クロミカゲ・益子)★釉薬…透明釉 径…7㎝
e0039703_042357.jpg

【丸小皿】 (4)★土…並赤 ★釉薬…透明釉・織部釉 径…12,5㎝
e0039703_031728.jpg

by hime-teru | 2006-06-26 00:03 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

【紫陽花】  あじさい

【紫陽花】
ユキノシタ科の落葉低木。株立ちになり若枝は緑色で太い。7月ころ枝先に球状で大形の集散花序に淡青紫色の装飾花からなる花を多数つける。花弁は小さい。雄しべと雌しべは退化して小さく果実ができない。紫陽花は「水の容器」という意味があり原産地は日本。ガクアジサイを母種として奈良時代からあったようです。
e0039703_23522887.jpg

「あじさい」の名は藍色が集まったもの」を意味する集真藍(あづさい)が訛ったものと言われます。
紫陽花と書かれるようになったのは平安時代の学者、源順が中国唐の詩人白楽天の詩の中にあった紫陽花をあじさいだと紹介したことによるといわれています。実は全くの別物で誤って広まったと言われている。
 ★ 【万葉集】
『言問わぬ木すら味狭藍諸弟らが 練の村戸にあざむかえけり』 … (大伴 家持)
奈良時代から人々に愛されていた紫陽花ですが「万葉集」に紫陽花を詠んだ歌が2首ありますが平安文学に名は出てきません。
e0039703_2228153.jpg

紫陽花の別名オタクサといいます。有名なシーボルトが深く関わっています。日本の紫陽花に魅せられヨーロッパに始めて紹介したのがシーボルトでした。シーボルトは紫陽花の学名をつけるにあたって夫人となった長崎丸山の遊女で「お滝さん」と呼ばれた楠本滝にちなんでつけたと言われております。

また、花色が青から赤紫に変化するところから「七変化」の名もある。
e0039703_22312565.jpg

日本では色が変わることが心の変節と結び付けられ道徳的でないとみられて近世までは注目されない花であった。逆に西洋では色変わりが珍しがられて改良が進んでいったようです。一度外国に観賞用として輸出されたものが改良されセイヨウアジサイ、ハイドランジアなどと呼ばれて逆輸入されるようになりました。白、桃、紅、赤、青などの花色や大きさに変化があり矮生で花が咲く品種も多く、逆輸入された花は鉢植えや公園等広く植えられるようになり各地に「紫陽花の名所」たくさん見られるようになりました。
e0039703_22351986.jpg

一般に花と言われている部分は装飾花で本来の花は中心部で写真のような小さくて目立たない。花びらに見えるものは萼である。
◇ 【本来の花】
e0039703_22382573.jpg

セイヨウアジサイではすべてが装飾花に変化している。
e0039703_2243135.jpg
 
アジサイの花色は土壌の酸性度によって変わり酸性土壌では青みが強くアルカリ性土壌では紅色が強くなる。これにはアルミニウムが深く関係しており土壌に含まれる肥料要素の差異も影響があるといわれている。
e0039703_22403411.jpg

日本に自生するエゾアジサイの他のアマチャ、ガクアジサイ、ヤマアジサイ、同属にのタマアジサイ、コアジサイ、ノリウツギ、ツルアジサイは次の機会にと思います。
by hime-teru | 2006-06-23 22:52 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(2)

       ☆・*∴★'・: Happy birthday :.¨★:∴*・.☆
”誕生日おめでとう” もしかして自分の誕生日等、忘れているのでは?と思うが・・・。日頃の健康を祈って・・・貴方の幼い頃の記憶の花、心の中に咲いているという「あさがお」の花をプレゼントします。私のこのページを覗いていてくれればいいが・・・。

今まで大病もなく健康で来られたことは神に感謝し感慨深いものがあります。今年は母を黄泉の国へ見送り本当の意味で第2?の人生のスタートラインに立ちました。これからも幾久しく宜しくでございます。とりわけ優しい息子夫婦や天使のような孫は私達の宝物。今日まで恙なく過ごして来られたのも貴方の優しさと感謝しております。  ”ありがとう”
e0039703_182126.jpg

                    【 あさがお 】
ヒルガオ科の不耐冬性一年草。広い意味でアサガオは熱帯アジア原産のニホンアサガオと、熱帯アメリカ原産のアメリカアサガオとに分けられ多くはつる性である。
漢名の牽牛(けんご)はアサガオとウシが取引されたという故事に由来する。種子の牽牛子は古くから薬用とされ日本への伝来も薬用として伝えられたのが始まりのようです。
万葉の時代にはアサガオはまだ観賞用ではなかったようです。
観賞用として栽培するようになったのは平安時代と推察されるが一般に広まったのは江戸時代に入ってからである。渡来当初のアサガオは青色であったと思われ平安末期の絵巻には青花が描かれている。18世紀以降の花色は爆発的に増え園芸植物として急速に発達した。
東京都台東区入谷の鬼子母神の縁日に立つアサガオの市が盛んになったのは明治に入ってからで、現在も7月6日から3日間、早朝4時ごろから夜遅くまで行われる。浅草観音のほおずき市駒込の富士神社の植木市等とともに東京の風物詩になっています。
by hime-teru | 2006-06-22 18:42 | 時事日記コーナー | Trackback | Comments(0)

キク科アザミ属の多年草。別名「ハナアザミ」とも呼ばれている。ドイツアザミの名があるがドイツ原産ではなく我が国の本州から九州に自生する「ノアザミ」を品種改良したものです。ドイツアザミの名前は大正時代につけられました。ノアザミの花色は紫色で稀に白色があるくらいですが、園芸種では白色やピンク、紅色や紫色などがあります。
            撮影はH18、5,8 足利フラワーパークにて
e0039703_224772.jpg

他にもスズランやアヤメなど原産地に関係なく「ドイツ」と名がつく花がありますが、昔は優れたものに「ドイツ」とつける傾向があり、その名残りのようです。
e0039703_22474377.jpg

                  ★ アーリーピンク
e0039703_22495876.jpg

                  ★テマリ・レッド
e0039703_22513457.jpg

 日本国内には、およそ60種ものアザミが自生するといわれています。
e0039703_23394726.jpg
     
by hime-teru | 2006-06-21 22:54 | 【た】行の花 | Trackback(1) | Comments(5)

【キルタンサス】

ヒガンバナ科の球根草。南アフリカを中心に熱帯アフリカも含めて約50種が分布する。英名はファイアリリー fire lilyは、南アフリカの春に多い野火のあとの原野に忽然(こつぜん)と咲くことによる。半耐寒性の鱗茎の球根で、春咲きが多いが夏・秋咲きもあり休眠期なしに咲く。
             撮影はH18,3,30 我が家にて
e0039703_032065.jpg

芳香があるので人気がある。葉は長さ18センチ幅0.5センチくらい。花は小さく白、桃、淡黄色の種類があります。我が家の花は休眠しないで今日も咲いています。お花の少ない冬は特に目立ち目を見張る可愛さです。
e0039703_032287.jpg

by hime-teru | 2006-06-21 00:38 | 【か】行の花 | Trackback | Comments(2)