ブログトップ | ログイン

ウツボ草の白い花に想う

                 〓 【ウツボ草の白い花に想う】 〓
ウツボ草の白い花に ”何かいいことありそうな!” 日常の小さな出来事を吉事の前兆と結びつけてしまう癖が私にはあるのです(笑) 予感通り今日は嬉しい出来事がありました。

都内のS病院に転院した姪も、今日で1ヶ月を迎えました。手術の成功・順調な回復(姪の手術は特殊で難しく、100例、全て成功の経緯あるこのS病院を手配して下さった富大の先生にも感謝の気持ちでいっぱいです)神の手?をお持ちの執刀医S先生に出会えました姪は果報者です。
経過良好にてS先生が、地元(富山)で旦那様や双方のご両親、姉弟のもとで赤ちゃん誕生がベストでしょうと、粋な計らいをしてくださり、今週末には富大の病院に帰れる(転院)事と相成りました。S教授、看護師さん達、医療関係の皆様に心よりお礼を申し上げます。

転院に際し、思いますことは、最新医療やスタッフの整っているこのような病院が、各県に1院あればと、つくづく感じました。ヘリや民間救急車での転院は思うほど楽ではありません(費用も含めて)ましてや沖縄・九州、北海道と遠方からいらしている方のお話しを伺うと身につまされます。患者さんも寂しい思いを強いられます(完全看護とはいえ、面会や身の回りのお世話が出来る親姉弟や親戚があれば問題ないのですが、遠方からの面会などは想像以上で大変なことです)

お世話になって初めて知る医療技術最先端の病院。欧米に劣らず、この日本にも素晴らしい病院がある事を知り感動致しました。病院とは思えないほど綺麗で室内は広く明るく自然光を取り入れ、患者さんが過ごしやすいよう工夫がなされています。
庭はボランテァの手で毎日手入れをされて、季節の花が次々と咲きほころび、患者さんの心を癒しています。近所の小学生がザリガニを捕りに小川で遊ぶ姿も印象に残っています。
面会のチエックは厳しいが、それは当然のこと。何よりも、医療スタッフの教育がすばらしいと感じました。

そんなわけでご心配をおかけ致しました。撮りためていた写真の画像処理をしながら、また、お花と向き合っていきたいと思います。今後とも宜しくお願い申し上げます。
トラックバックURL : https://yasounikki.exblog.jp/tb/8112727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hime-teru | 2008-06-11 23:03 | 時事日記コーナー | Trackback | Comments(0)