お詫び

                     〓 お詫び 〓
1週間程お休みを頂きました。郷里の姪が富山から都内のS病院に救急転院になり入院・手術で目が離せない状態でした。お陰様にて無事手術が成功し肩の荷がおろせました。優秀な執刀医と最新医療で助けて頂きました。有り難いことです。
この1・2年は病院とは、なぜか仲良しに・・・。長い人生こういう期間もありでしょう。
幸運なことに結果は全て良好回復ですので幸せなことです。

1週間はブログ更新どころではなく長い休暇でご心配をおかけ致しました。休暇中、毎日たくさんの方々にご訪問頂きましたこと、心より感謝申し上げます

留守中我が家ではイカリソウ・ぐみ・楓・ライラック・ヒトリシズカ・舞ズルソウ・シャクナゲ・芍薬などなど、沢山の花が満開になりましたが・・・。当分は滞りがちになる更新が続くと思いますが、どうぞ宜しくお付き合い下さいますようお願い申し上げます。

           ☆…ジャンヌ・ダルク(エラチオールベコニア)…☆
神の啓示を受けたと自称し、少女の身でありながら「愛情」「慈悲」「平和」を心がけ戦場で顕著な活動を果たした女性の名が付けられております。
e0039703_23591596.jpg

by hime-teru | 2008-05-20 00:02 | 時事日記コーナー | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://yasounikki.exblog.jp/tb/7971294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 蘭翁 at 2008-05-20 22:14 x
大変だったようで、心からお見舞を申し上げます。人生、いつ何があるかは本当に分かりません。神のみぞ知る、、ですね。
Commented by hime-teru at 2008-05-21 22:04
蘭翁さま。
いつもご心配を頂きましてありがとう御座います。
富山医科薬科からの転院でしたが、適切な対応には頭が下がります。優秀な医師ほど謙虚な方が多いですね。日本一の先生に恵まれた姪は幸せ者です。
》人生、いつ何があるかは本当に分かりません。
本当に実感しています。4月末に帰省致しました時は問題なかったのですが・・・。1ヶ月ほどで富山に帰れるような気が致します。


<< 【石川県・輪島市の白米千枚田】 砺波平野の美しい散居村 >>