ブログトップ | ログイン

2008【世界らん展 】   会場の風景 

             ★… 【 2008 世界らん展  会場の風景 】 …★
会場中央のメインゾーンの日本大賞花の展示台を取り囲み4つのブロックに、自然の構成要素である「太陽」「水」「風」「土」を数十万輪の蘭の花で表現し未来を生きる子供たちに伝えるメッセージを伝えているディスプレーが並んでいました。
e0039703_2135598.jpg

「太陽」はエネルギーの源。その光は美しさと力強さを強調し、暖かさは他に類を見ません。
太陽のエネルギーを象徴する色鮮やかなオンシジュームとエピデンドラムで構成しています。
e0039703_20591571.jpg

「水」は人間の命であり、すべての生命に必要不可欠なもの。水の惑星と呼ばれる地球上での、水の循環を表現しています。シンビジューム、ファレノプシスを中心に構成しています。
e0039703_20595258.jpg

奇跡的に地球に存在した酸素、空気を呼吸して生命はあるのです。この大切な空気を「風」に焦点を変えて展示してあります。
e0039703_21194121.jpg

e0039703_2121264.jpg

すべての生命は成長し、やがて死を迎え「土」に帰ります。この母なる大地を、私たちは守り受け継がなくてはなりません。展示では、土から生まれる生命(緑)の美しさを表現しています。使われている花は華やかなオドントグロッサム、ファレノプシスです。また日本に自生している春蘭も飾られています。
e0039703_2124521.jpg

以下、ほんの一部ですが・・・
☆東洋蘭
e0039703_21724100.jpg

☆水が流れています。
e0039703_2181033.jpg

e0039703_2191498.jpg

e0039703_2194353.jpg

日本の洋ラン栽培は第二次世界大戦後の室内暖房の普及とメリクロンの栽培技術によって大衆化した。1962年(昭和37)日本洋ラン市場が開設され、昭和40年代のメリクロンの採用で大量生産が確立し、近年は東洋ランをはるかにしのぐ勢いで栽培が普及している。

★一齣写真(ズーム‐アップ)は西洋蘭・東洋蘭と共にアップの予定でいます。★次回は東洋蘭をアップします。
トラックバックURL : https://yasounikki.exblog.jp/tb/7429009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 蘭翁 at 2008-03-04 23:44 x
大変綺麗な写真のUP,流石です。有り難うございました。次回の「東洋蘭」に期待が膨らみます。香子様の眼を通すと「東洋蘭」がどんな風に捉えられるのか非常に興味があります。ゴメンなさいね。
Commented by hime-teru at 2008-03-06 00:12
蘭翁様のようには参りませんが、短時間での撮影でしたので、そこをお汲み取り下さいましてご覧頂けましたら幸いです。
照明が行き届かない会場の撮影は少々疲れましたが。
by hime-teru | 2008-03-04 21:40 | 世界らん展 | Trackback | Comments(2)