ブログトップ | ログイン

【1月・2月のお点前】

              ★… H20年 【1月・2月のお点前】 …★
◆【1月31日】「お茶碗荘
☆茶碗荘には(薄・濃) があります。茶碗に由緒がある場合や目上の方から戴いたものや連客の方から戴いたもので、その茶碗をお客に披露するための点前です。
e0039703_1881014.jpg

その他
●茶筅荘(薄・濃) 水指し等が由緒・伝来のある場合の点前です。風炉と炉の点前があります。
●茶杓荘(薄・濃) 茶杓に由緒がある場合、目上の方から戴いたもの、連客の方から戴いたもので、その茶杓をお客に披露するための点前です。風炉と炉の点前があります。
●茶入荘 茶入に由緒がある場合、拝領品、連客の方から戴いたもので、その茶入をお客に披露するための点前です。茶入には濃茶を入れますので、薄茶の点前はなく、濃茶点前のみです。風炉と炉の点前があります。
                        ★……………★
◆【2月07日】「盆点と長緒」
平成19年 4/5 お点前 【盆点】をご覧下さいませ。
盆点とは四ケ伝の一つ。唐物茶入れ・拝領物を盆に載せて扱う点前です。
『決まり事』
  ・曲げの水差し
  ・象牙の茶杓
  ・唐金の建水
  ・竹の蓋置き
  ・唐物の茶入れ
  ・四方盆
e0039703_18271555.jpg

長緒とは茶入れ・茶碗んの袋の緒が長い仕覆(長緒)を使います。。
茶入れでは主として大海・内海などの胴の平たい茶入れを入れます。
長緒仕覆と内海茶入れの扱いです。濃茶手前となります。扱いは小習い事の一つです。
                       ★……………★
◆【2月21日】「和巾・流し点
和巾』和巾に仕覆に入れた中次を水指正面に置きます。
決まり事
 ・中次ぎ→淡々齋このみの「桑中次」
 ・建水→唐金
 ・水指一重口塗り蓋
 ・蓋置き→竹
 ・茶杓→中節
 ・茶碗→楽茶碗(当代でも)
 ・唐物扱いの小帛紗→有栖川きれ(仕服 共布・古い物を頂いて大切に小帛紗に仕立てた物)
e0039703_1825376.jpg

●『流し点』 侘びた趣きのある点前で薄茶に限られ、特に親しい方、一人か二人と少人数の客と語り合いながら茶を点てるといった、ごく打ちとけたものです。 炉・風炉共に点前があります。四畳半より小さいお部屋でのお点前です。
☆ H19,5、10 【基本濃い茶・流し点】 『風炉』参照下さい。
トラックバックURL : https://yasounikki.exblog.jp/tb/7406986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hime-teru | 2008-03-02 14:51 | お茶会の記録 | Trackback | Comments(0)