初詣【鳩森八幡神社】千駄ヶ谷

             ★… 【鳩森八幡神社】 千駄ヶ谷…★
                 2018年1月6日 初詣
今年の年末年始は家族で恙なく新年を迎える事が出来ました(^_^)
ですが・・・?、暮れに孫の弟君が熱(軽いインフルエンザだったようだが)弟から兄がインフルエンザを貰い数日間熱、運良く大晦日に完治して1月元旦は家族皆で神社に初詣、お屠蘇とおせちで今年の健康と幸せを祝う事が出来ましたのもつかの間、元日の夜からママが高熱、インフルエンザで寝込む。幸い息子と私共夫婦は予防接種の効力??異状なし。
寝正月を終えて息子達は帰る。七草には皆、元気に回復(休みになると寝込む?サラリーマン、学生の鏡の様な日常が始まりました)今年も沢山良いことがありますように。

新年の初詣は当地の神社に家族で1年のお願い事をするのですが・・・。
松の内に毎年、ご縁のある千駄ヶ谷の「鳩森八幡様」に詣でることにしています。
今年も出掛ける事が出来て幸いでした。
e0039703_22185011.jpg

夫が幼いときの遊び場だった境内の冨士塚、戦争で焼けてしまった大銀杏、焼け残った銀杏は神木に。そういう思い出の神社で息子達が結婚式を挙げた。ゆかりの神社故、家族にとって「思い入れの場所」脳学者が言われる「アハ体験」の場所になっていけばと思います。
e0039703_22194097.jpg

e0039703_2220235.jpg

【富士塚】
江戸中期、庶民の間で信仰をされた富士信仰、遠くて登れない方達の為に富士講の方々の手で作られたミニ富士、現在、東京都内には50箇所の富士塚があるといわれます。その中でも最も古いのが、この鳩森神社の富士塚だとといわれます。
e0039703_22204589.jpg

黒ボク(富士山の溶岩)は頂上近くに配置。円墳状の盛りに前方に池は江戸の富士塚の基本様式だそうです。
e0039703_22212733.jpg

【甲賀稲荷】
江戸幕府を守る鉄砲隊(甲賀組)の人たちが信仰していたお稲荷さんだというので甲賀稲荷。
e0039703_22241166.jpg


【将棋堂】
六角形の形をしたお堂 中は大きな「王将」駒、裏には八幡神が祀られているそうです。
将棋を目指す人の守護神とされています。
e0039703_222219.jpg

【庚申塚】
八幡様の裏手に庚申塚があります。「足の神様」といわれ、草鞋を奉納すると、足腰の痛みが和らぐと伝えられている。安置された六手合掌青面金剛像に手を合わせ、安全を祈願し、歩くことの大切さを祈願します。
e0039703_22231074.jpg

【将棋会館】
神社の裏手には有名な「将棋会館」があります。
今年は、将棋界で初の7タイトル独占羽生棋士の国民栄誉賞受賞が決まり、若手藤井棋士の活躍で今年も将棋ブームが起こることでしょうね。
e0039703_22234039.jpg

by hime-teru | 2018-01-10 22:25 | 時事日記コーナー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yasounikki.exblog.jp/tb/26549961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< オリンピックスタジアム 2018年 お正月 >>