ブログトップ | ログイン

【 萩 】 秋の七草 ⑦ 

              ★…【  】 秋の七草 ⑦ …★
                 2014.9/15
【萩】 マメ科の落葉低木で『ヤマハギ』ともいう。各地の山野に普通に生える。細い枝を多数分枝し高さ2mほどになる枝には細毛、葉は長い葉柄をもつ3出複葉。小枝の葉腋から多数の総状花序を出し紅紫色の蝶形花をつける。
e0039703_12164521.jpg

果実は平たい楕円形の莢果で中に種子1個を生じる。
e0039703_12171837.jpg

ハギ属はアジア、オーストラリアおよびアメリカ大陸に分布し数十種が知られる。
日本にも10種以上あり、ミヤギノハギ(宮城野萩),マルバハギ、ネコハギ(猫萩)、イヌハギ、メドハギ(目処萩)などはよく知られている。
盗人はぎもアップすれば・・・・・こんなに愛らしい花です。
e0039703_12201240.jpg

e0039703_2328273.jpg

e0039703_2329064.jpg

萩は古くから日本人に親しまれている植物の一つで「秋の七草」にも数えられている。
萩という字は本種が秋に花を咲かせる代表的なものを示すため、秋の字の上に草冠をつけたもので中国の萩という漢字とはまったく別の意味である。
e0039703_23292278.jpg

日本は世界でもっともハギの種類が多く、万葉時代にすでに栽培されていた。その多くは野外で観賞されているが、手折られた一部は男性の挿頭華(かざし)に使われた。手折った花を持ち帰り、室内でいけたりと観賞する習慣はなかった。
e0039703_23294980.jpg


源氏物語の「桐壺の巻」には「小萩がもと」の段などにみられる。枕草子の「草の花の段、「萩、いと色深う枝たをやかに咲きたるが、朝露に濡(ぬ)れてなよなよと広ごり伏したる……」その風情が記されている。
トラックバックURL : https://yasounikki.exblog.jp/tb/22420440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hime-teru | 2014-09-26 12:20 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(0)