ブログトップ | ログイン

【 十五夜 】 中秋の名月 9/8

               ★…【 十五夜 】 中秋の名月 …★
                 2014.9月8日

今宵は旧暦の「中秋の名月」の8月15日雲がなければ、日没前に山吹色の月が昇り始めるのですが・・・、午後4時の時点で空は厚い雲です。日本の言い習わしの「餅をつくうさぎ」に夢を馳せたいのですが・・・?。はてさて・・・。

豪雨が続いた今年の夏、いつの間にか涼しい風が頬をなでる初秋、今年は早い名月です。
満月は10月になってやっと巡って来る年もあれば、今年のように9月初旬に早々と訪れる年もある。今年の9月8日の名月は38年ぶりという。昨年は9月19日、一昨年は9月30日でした。

しかし、十五夜が必ずしも満月とは限らないそうです。今夜はやや欠けて明日の夜には満月が見られるようですが、明日のお天気もなんだか怪しそうですね。今年は軌道を回る月の位置が地球に近いため、「大きなスーパームーン」が見られるようですが・・・・?はてさて、雲の間から顔を出してくれれば良いが・・・。

資源への関心から月の探査が熱を帯びている今日、人類で初めて月面着陸に成功した宇宙飛行士の、ニール・アームストロング船長「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」という言葉を残しました。45年前のことです。

着陸したのは月の「静かの海」と呼ばれている。日本人が月にうさぎを見立てているうさぎの顔にあたる部分だそうです。静かの海の近くの小さなクレーターを「アームストロング」と名付けられています。(月の姿は、本を読む女性、かに、ライオンに見える国もありで様々、面白いですね)

そもそも、「月見」は旧暦の8月15日の晩にめでる習わしで(旧暦は7月~9月の間の秋8月は秋の真ん中なので、「中秋の名月」という呼び方が生まれたようです。文献上では平安時代、宮中の「観月の宴」から始まりました。

新月から満月には2日ほど幅があり厳密に言えば今年は9月9日が満月になるのです。秋は空気が澄み気温が下がり水蒸気が少なく澄んでいるので、綺麗な月が見られる。9月8日の夜中の11時8分が最も高くなる。雲の切れ間から少しの時間でも見られたら・・・良いのですが・・・?

科学の進歩で、うさぎのいる月ではなくなったが、自然を愛でる心は今も昔も変わりません、風情を楽しむススキを活けて、里芋を備えて待ちましょうか?

**1日遅れの十五夜」? 9月9日 PM10:30分の月の撮影が出来ましたのでアップします。
肉眼では満月に見えますが・・・地球からちょっと離れてスーパームーンではありませんが、明るく夜空を照らしています。昨日の日没前は山吹色のお月様だったのでしょうね~!。
e0039703_22343866.jpg


2年前撮影の「スーパームーン」も見て下さい。我が家のベランダ、同じところで撮影しています。
山吹色でクレーターの模様も違いますね。
  【スーパームーン】
トラックバックURL : https://yasounikki.exblog.jp/tb/22369154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hime-teru | 2014-09-08 17:14 | サイエンス | Trackback | Comments(0)