ブログトップ | ログイン

【躍動の春】 我が家の庭の花・桜草

            ★… 【 躍動の春 】 我が家の庭の花・桜草 …★
                    2014.04.15
春の暖かさが一斉に庭の花々が咲き始めました。今が一番華やかな庭の佇まいです。
【桜草】
双子葉植物サクラソウ科の一年草または多年草は、世界の温帯に約25属1000種ほどあり特に北半球に多い。葉は互生または対生しロゼット状の根生葉と花茎をもつ場合も多い。花は両性花で浅い皿状に癒合した花冠をもち5数性で、おしべは花冠の裂片と向い合う。
e0039703_1031433.jpg

e0039703_1034788.jpg

e0039703_1042078.jpg

e0039703_1045178.jpg

サクラソウ科の多年草。東シベリアなど東北アジアの冷温帯にも分布する。
日本各地の山野の湿地に自生し、観賞用に広く栽培される。地下の根茎から長い葉柄のある4~10cmの長楕円形の葉を多数出す。
e0039703_1053385.jpg

4月頃、葉間から直立する長い花茎を出し、その先に数個のピンクの花を散形状につける。
花冠は直径約2cmで5つに裂けサクラの花のように展開し、基部は筒状になる。おしべ5本、めしべの花柱は短いものと長いものがある。花色は白色、紅色、紅紫色などいろいろ、大きさにも変化が非常に多い。日本では江戸時代から盛んに栽培さ、園芸品種の数は200~300もある。
e0039703_106376.jpg

e0039703_1063155.jpg

サクラソウは万葉・平安の書物には顔を出さない。その栽培は江戸時代に盛んになり、後期に多数の品種が出てきました.
e0039703_1074268.jpg

e0039703_2254786.jpg

私が住んでいる埼玉県浦和市の田島ヶ原(たじま はら)は、1952年(昭和27)に特別天然記念物に指定された.
e0039703_22522460.jpg

花弁の形や花色に変異が出やすく、選抜された園芸品種が多数ある。サクラに似た花形からサクラソウの名がある。
e0039703_22515523.jpg

日本産の同属のものには湿地に生じる大型のクリンソウ(九輪草)をはじめ,高山性のヒナザクラ,ハクサンコザクラ(白山小桜),ユキワリソウ(雪割草)などがある。
トラックバックURL : https://yasounikki.exblog.jp/tb/21945171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hime-teru | 2014-04-30 10:08 | 【さ】行の花 | Trackback | Comments(0)