ブログトップ | ログイン

2014【世界らん展】特別展(知られざる胡蝶蘭の世界)

       ★…【 世界らん展 2014 】 2014年度  (3) 特別展  【知られざる胡蝶蘭の世界】  …★
                                 2014.2/21 東京ドームにて
本邦初公開の胡蝶蘭の原種の展示と、Elephant ears orchid(象耳蘭)の名をもつとても大きな葉の「ギガンテア」、小さい葉の胡蝶蘭、香る胡蝶蘭など、普段目にする機会の少ない原種を多数展示されていました。
また、今もって進化を続けている胡蝶蘭交配種の最新交配種の展示など、科学の力から生まれた「青いコチョウラン」と、世界最大の葉を持つ胡蝶蘭「ファレノプシス ギガンテア」 Elephant ears orchid(象耳蘭)を撮影してきました。

◆【青いコチョウラン】 今回の話題作です。
2013年1月に発表された、世界初となる遺伝子組み換えにより誕生した「青いコチョウラン」です。
e0039703_1475519.jpg

e0039703_1483257.jpg

e0039703_149360.jpg

e0039703_1492852.jpg

e0039703_14105292.jpg

深い海の碧色ですね。藍より青し・・・出藍しゆつらんの誉れなり・・・”青い花”は理想へのあこがれの象徴でしょうか?
e0039703_141044.jpg

e0039703_14103242.jpg

◆【世界最大の葉を持つ胡蝶蘭「ファレノプシス ギガンテア」】 Elephant ears orchid(象耳蘭)
これが、世界最大の葉を持つ胡蝶蘭「ファレノプシス ギガンテア」 Elephant ears orchid(象耳蘭)の異名を持つ胡蝶蘭の中で最大の葉を持つ種です。長さ50~60cmくらいの葉を5、6枚下垂してつけ、長いものは葉長1mにも達します。花茎は下垂し長さ約40cm、密に20~40輪付けます。
種名は「巨大な」を意味するギガンテア。ボルネオ原産の希少種です。

e0039703_23403491.jpg

大きな葉です
e0039703_2341270.jpg

花をアップ
e0039703_23423034.jpg

e0039703_2343928.jpg

トラックバックURL : https://yasounikki.exblog.jp/tb/21728580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hime-teru | 2014-02-27 00:27 | 世界らん展 | Trackback | Comments(0)