ブログトップ | ログイン

大円の草(風炉)

                平成17、10、27、お点前
e0039703_231438100.jpg

☆床 萬里無片雲(ばんりへんうんなし)全大徳寺 福本 積応師
すみからすみまで雲一つない綺麗に晴れ渡った日本晴れの青空を叙したもの。爽やかな秋の茶席にに相応しく心にかかる浮き雲もなし。

万里とは万里の天,片雲一片の浮き雲のことで心中に沸雑念妄想のこと、座禅に入り今まで黙々と雲のように沸き起こっていた雑念妄想が次第に消え、さらに猛烈座禅修行の結果、微細な偸心もなくなり、心の隅々まで正念、正想で満たされるようになった状態を日本晴れの「空」に例えた一行。  
 ☆花、藤袴、貴船菊、水引草、秋海棠、たかのはススキ
 ☆花入れ 宗全籠
 ☆香    芝舟 
 ☆お茶銘 初昔(かんばやし) 後昔(武田)
 ☆菓子   栗蒸しようかん
e0039703_937043.jpg

このお点前は引次のお免除を頂かなければ出来ないお点前なので、公開出来ませんが、決まり事だけ書き留めておきます。
 ★お茶入れ 和物、唐物は中興名物に限る
 ★茶碗 天目茶碗 由緒ある物
 ★茶杓 元節(円能斎お好み)
 ★建水 唐金
 ★蓋置き 竹
 ★お盆 真塗り盆(淡々斎お好み)
トラックバックURL : https://yasounikki.exblog.jp/tb/1762798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hime-teru | 2005-11-07 09:39 | お茶会の記録 | Trackback | Comments(0)