タグ:白馬の花 ( 31 ) タグの人気記事

白馬最終版  小さな秋の気配の風景と共に

☆…白馬の花写真はこのあたりで(秋の花が出番を待ち望んでいますから)…☆
登山者のために木道の修理の材木やトイレの汚物などを運んでいました。美しい自然を壊さぬよう最前のマナーを忘れずに、来年も、又、白馬を訪ねたいと心から思います。
e0039703_17351324.jpg

          ☆… 七竈のわくら葉と小さな秋を前に …☆
e0039703_17363272.jpg

e0039703_17383954.jpg

e0039703_2342245.jpg

自分では動くことのできない植物はいろいろな方法で種族を広げます。風に乗って飛ぶ綿毛や羽のついた種。水に浮かんで流される実。動物や人の体にくっついて運ばれる種などなど。実のなる木は鳥やけものに食べ物というごほうびを与え種を運んでもらうことを選択、鳥や動物のお腹を通過しなければ発芽しない植物も多々ありますね。
              ★… 深山樒(しきみ)の実 …★
ミヤマシキミ(深山樒)は背の低い常緑の木で葉が有毒で特に秋に赤くなる実を食べたりすると激しい痙攣を起こすとか。 シキミと同じく悪しき実の意味の、アがとれて「シキミ」という名が付いたという説があります。
e0039703_2375360.jpg

     ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
                   ★〓 花も数枚・・・〓★
            ★… 【姥百合】ウバユリ と 【笹百合】ササユリ …★
                     【姥百合】ウバユリ 
ユリ科の大型多年草。夏に茎の上部が花序となり数個の花を横向きにつける。花は緑白色。6枚の花被片から成るらっぱ形。花盛りのころには根元の葉が枯れてなくなることから「葉のないユリ→歯のない姥ゆり」という駄洒落でつけられたような名です。しっとりとした落ち着きのある品の良いユリですのに・・・・。
e0039703_23183365.jpg

※ちなみに、似たような名前の「姥桜」本当の意味は娘盛りの年頃を過ぎても、尚美しい器量を保っている女性のことを言うのですが。なんとも可哀相な名前を頂いたものですね。
              ……………………………………………
                     【笹百合】 ササユリ 
ユリ科の多年草。本州中部以西の山地に生える。葉は幅が狭く長くササの葉に似ているところからこの名がある。夏、茎の先に数個の花を横向きに開く。花は大きく径10㌢内外の漏斗状。花被片は淡紅色。番茶も出花?純情なユリというイメージです。おしべの葯も濃い赤褐色をしていて美しい。
e0039703_23205160.jpg

                     【山荷葉】 サンカヨウ
メギ科の多年草。夏に茎頂に白い6弁花を数個,散状につける。荷葉とは、ハスの葉を意味するそうですが、大きさ以外は似ていません。漢名からきたもののようです。
e0039703_23251889.jpg

                   【猩々袴】 ショウジョウバカマ  
葉は横に広がってロゼット状。花は広い鐘形で淡紅色から紫色までいろいろある。名は、赤い花を猩々(想像上の動物でサルの1種である)の顔に、下に広がった葉を袴(はかま)に見立ててつけられたようです。
e0039703_23255356.jpg
 
                   【白山千鳥】 ハクサンチドリ
白山に数多く生息することから「ハクサン」花の形が千鳥の飛翔する姿を連想させることから「チドリ」と付きました。千鳥とは、数多くの鳥を意味します。
e0039703_23262980.jpg

                 【伊吹麝香草】 イブキジャコウソウ
葉はハーブの1種に似た香りがある。小低木で茎は地を這うように広がる。
e0039703_2326576.jpg
    
※白馬岳(しろうまだけ)
後立山連峰の主峰。この山と南の杓子岳、舶ヶ岳を合わせて白馬三山(はくばさんざん)という。標高は2,933mで飛舞山脈北部では立山、劔岳に次ぐ高峰。長野、富山の県境に位置し頂上北方1kmの三国境で新潟県とも接している。古くは周囲の山々を含めて蓮華(れんげ)山、白馬岳は大蓮華山とよばれ、山頂北東の小蓮華山(2,769m)や北東麓の蓮華温泉(新潟県糸魚川市)にそのなごりがみられる。白馬岳は残雪が多く北東斜面に白馬沢雪渓、南東斜面に大雪渓があり頂上付近にも大小の雪田が散在し融雪水が高山植物の繁茂をささえているのである。
by hime-teru | 2006-09-24 23:29 | 白馬の花・風景 | Trackback | Comments(4)

白馬の花 … (31)  【高灯台】  【白山大戟】 【駒草】

                 ★… 【高灯台】 タカトウダイ …★
トウダイグサ科の多年草。アジア東部の温帯に分布し日本では本州、四国、九州の山野に生える。茎は直立し高さ70㌢内外に達し細かい毛がある。全草に白い乳液を含み傷つけると分泌する。葉は互生し長さ3~8㌢の披針形。茎の先に披針形の葉を5枚輪生しその基部から各1本の枝が傘形に出る。
e0039703_23431130.jpg

6~7月頃、茎の頂部に黄緑色の杯状花序をつける。小総包は癒合して壺状となり内部に数個の雄花と1個の雌花がある。雄花はおしべ1本、雌花はめしべ1本でできていて花被にあたるものはない。
e0039703_23434147.jpg

        ★∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽★
              ★… 【白山大戟】 ハクサンダイゲキ …★
花序は七ミリほどのつぼ形で花弁はない。茎や葉の白い乳液は有毒。漢方ではこの根茎を干したものを大戟(たいげき)と呼び利尿剤に用いるが毒性で強い。
e0039703_2347416.jpg

       ★∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽★
                 ★… 【駒草】 コマクサ …★
ケシ科の多年草。高山植物として珍重される。本州中部以北の高山砂礫地に生える。全体は粉白を帯びた緑色で葉はすべて根生し細かく裂けている。
e0039703_23524621.jpg

夏に高さ10㌢ぐらいの花茎を出し数個の紅紫色と白色の花をつける。白色のコマクサもあります。
e0039703_23532164.jpg

e0039703_23535950.jpg

コマクサという名は細長い花冠の形が馬の顔に似ているためという。
e0039703_2355136.jpg

e0039703_23555119.jpg

 
by hime-teru | 2006-09-23 23:53 | 白馬の花・風景 | Trackback | Comments(4)

白馬の花 … (30) 【小梅恵草】 【田村草】 【黒唐飛廉】

            ★… 【小梅恵草】 コバイケイソウ …★
本州中~北部の高山の湿った草地に群生するユリ科の多年草。茎は太く高さ1㍍に達し、葉は長楕円形、縦じわがあり基部は鞘(サヤ)となって茎を包む。夏に茎頂に長さ20㌢内外の花穂を総状につける。花序は密につき花が純白で美しい。花被片は6枚で雄しべより短い。
e0039703_0513734.jpg

近縁のバイケイソウは山中にはえ前者より大きい。花被片は白淡緑色で雄しべより長い。ともに有毒植物で根が殺虫剤になる。
e0039703_035821.jpg

    ★∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽★

               ★… 【田村草】 タムラソウ …★
キク科の多年草。根茎はやや太い木質で茎は直立し高さ1.5㍍に達する。葉は大形で羽状に切れ込み質が薄く刺はない。8~11月、茎の上部に枝を分けその先に大きな赤紫色の頭花をつける。
e0039703_0335990.jpg

頭花は中性の細い管状花と両性の太い管状花からなり花柱の先は2分して開出する。
アザミの類に似るが葉に刺がなく花柱分枝が開出し冠毛が羽毛状でないなどので異なる。山地の開けた草地や高原に生え本州から九州に分布する。
e0039703_0345033.jpg

    ★∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽★

          ★…【黒唐飛廉】 クロトウヒレン(シラネアザミ) …★
 キク科の多年草。8~9月、アザミの花に似た花をつける。本州中央部の高山の海抜1500~2500㍍の日当りのよい草原に生育する。
e0039703_0381669.jpg

 花柄はほとんどなく花は茎の先に1~3個付く茎葉は卵形で先は尖る。
e0039703_057189.jpg

    
by hime-teru | 2006-09-22 23:53 | 白馬の花・風景 | Trackback | Comments(2)

白馬の花 … (29) 【 黒豆の木】 【綿菅】 【四葉鵯】 【深山飯子菜】

                ★… 【 黒豆の木】 クロマメノキ …★
ツツジ科の落葉低木。北半球の冷温帯や高山に広く分布し日本では北海道,本州中部以北の高山に自生する。高さ約1㍍に達し多くの小枝を出し葉を密につける。葉は小さく倒卵形で面は白色を帯びる。夏に枝先に数個の花をつける。花冠は淡紅白色、壺形で先が浅く5裂し中におしべ10本,めしべ1本がある。果実は球形で熟すると黒紫色になる。果実は生で食べたりジャムや果実酒の原料にする。浅間山の近くではアサマブドウと呼ばれている。ブルーベリーの仲間。
e0039703_2346676.jpg

        ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
              ★… 【 綿菅】  ワタスゲ …★
カヤツリグサ科の多年草。北半球の冷温帯に広く分布し、日本では本州中部以北の湿原にしばしば群生する。大きな株をつくり茎は円柱状、高さ40㌢。葉は線形で茎の下部から上向きに出る。
e0039703_23491884.jpg

夏に1花穂を出し多数の花をつける。子房の下に白くて長いひげ状の毛があり花後に伸長して綿のようになる。サギスゲによく似ていて混同されるがサギスゲは地下茎が長くはい花穂も多数出る点で区別できる。
e0039703_0502354.jpg

       ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
              ★… 【四葉鵯】 ヨツバヒヨドリ …★
キク科の多年草。北半球北部の温帯に広く分布する。北海道と本州北部、四国の山地に生える。茎は直立して分枝せず数本が叢生し高さ1㍍内外となる。葉は3~4枚が輪生し長さ10~15cmの披針形。8~9月に散房花序を頂生し頭花は少数の淡紫色の管状花から成る。痩果の冠毛は白色。
e0039703_23513474.jpg

          ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
              ★… 深山飯子菜】 ミヤマママコナ …★
ゴマノハグサ科の半寄生の一年草。ママコナに似るが包葉の先端はやや丸みを帯び、葉腋に花を1個ずつつける。花冠は下唇(かしん)の基部に黄色の斑点(はんてん)がある。深山の疎林下に生え北海道西南部、中部地方以北の本州、中国地方に分布する。
e0039703_23553182.jpg

by hime-teru | 2006-09-21 23:52 | 白馬の花・風景 | Trackback | Comments(0)

白馬の花 … (28)  黄色の花々 【深山秋の麒麟草】 他  

 黄色の花々6種…… 【深山秋の麒麟草】 【反魂草】 【立金花】 【玉川不如帰・杜鵑】 【深山金鳳花】 【金黄花、金光花】
      ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆ 
          ★… 【深山秋の麒麟草】 ミヤマアキノキリンソウ …★
キク科の多年草。高山の礫混じりの草地に生える。低地に多いアキノキリンソウの高山型で茎は直立、上部は分枝して花序となり黄色の頭花は舌状花と筒状花からなる。丈は20-30㌢アキノキリンソウより小さい。日本全土および東アジアの暖~温帯に分布し日当りのよい山地にはえる。基部の葉はスプーン形であるが中部から上部になるにつれ柄が短く卵形披針形となる。
e0039703_2330413.jpg

8~10月、分枝した枝に多数の頭花をつけ開く。頭花は数個の舌状花と筒状花からなる。花は直径1.5㎝ほどで大きく、やや少ないが茎頂に密につき華やかな感じがある。ただし中間型もありどちらとも区別の付けにくいものもある。
e0039703_2332636.jpg

和名は花の美しさをベンケイソウ科のキリンソウに例えたもので秋に咲くところから秋の麒麟草の名がある。別名アワダチソウ(泡立草)。花の集まったようすを酒をつくるときに出る泡に例えたもの。
         ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
                ★… 【反魂草】 ハンゴンソウ …★
キク科の多年草。茎は直立し高さ2㍍に達する。茎葉は柄があって互生し7~9月、茎頂に大形の散房状花序をつくり径約2センチの黄色の頭花を多数つける。頭花は舌状花が5~7個と多数の管状花からなる。高原や深山の湿った草地に生え中部地方以北の本州北海道に分布する。
e0039703_2337239.jpg

若い茎はフキのような風味があり食用となる。春菊のようで野趣あふれる香りです。
e0039703_23372615.jpg

反魂とは死者の魂を呼び返す意味。江戸時代は薬として栽培されたらしい。焼いてその灰を湿疹の治療に使い根を煎じて性病や関節炎の患部を洗った。北海道のアイヌはオオウバユリの鱗茎をつぶしてどろどろにした中にハンゴンソウの葉を入れ粘りをとったという。
         ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
                ★… 【立金花】 リュウキンカ …★
キンポウゲ科の多年草。エンコウソウとも。北半球冷温帯の湿地や流水中に生じる。地下に短い根茎があり太い根を出す。茎は太く多肉質で下半部は地面をはうように伸びる。各節から根をおろす。根出葉には長い柄があって葉は径4~8cmの腎円形で縁に低い波状の鋸歯がある。
e0039703_23473743.jpg

湿原の植物としては、やや富栄養な場所に生育しているが、昔は山の田の畦などにもよく見られたそうです。ミズバショウやザゼンソウを除くと湿原の植物としてはもっとも早い季節に花を咲かせる植物であり湿原の春を彩る植物である。夏には他の植物に覆われて見えなくなってしまうが、緑葉は維持している。短い春に一年の栄養分を蓄えるものと思われる。寒冷な地方では夏にも開花がみられます。
e0039703_23492340.jpg

立金花とは花茎が立っていて黄金色の花をつけるところから名付けられました。
         ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
           ★… 【玉川不如帰・杜鵑】 タマガワホトトギス …★
ユリ科・亜高山~高山に生える多年草。山地の樹下や谷筋の湿った岩場や渓流沿いに生えて最も冷涼な地域にも分布する。高さは100㌢前後で6~7月に黄色い派手な花を咲かせます。平らに開かず斜め咲きで花柱が3つに裂けさらに二股になる。庭に植えられるホトトギスの植物の仲間です。
e0039703_2354573.jpg

以前は手を伸ばせばすぐ届くようなところにたくさん生育していましたが、最近ではあまり見られなくなりました。花色は黄色で紅色の斑点が花の中にあり花柱が特徴です。
e0039703_23562526.jpg

名は京都府井手の玉川の名をとってつけられました 。ホトトギスは通常秋に咲きますがタマガワホトトギスは初夏に開花する事があります。
          ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
              ★… 【深山金鳳花】 ミヤマキンポウゲ …★
キンポウゲ科の多年草。中部地方や北海道のお花畑を彩る代表的な高山植物でより低所に生育するキンポウゲに似るが茎に伏した毛がある。根茎は太くて短く直立し上部は枯れた葉柄におおわれる。茎は高さ10~50㌢葉は単葉で深く3~5裂する。
7~8月、径約2センチで光沢のある黄色花を開く、おしべは多数、集合果は球形。
e0039703_061049.jpg

          ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
              ★… 【金黄花、金光花】 キンコウカ…★
ユリ科の多年草。中部以北の山中で多湿の草原に群生する。根茎は細く地下をはう。葉は根生し剣状。夏に20~35㌢の花茎をぬき出し総状花序に鮮黄色の花を多数つける。個々の花は小さく径6~8mmで6枚の花被片が星形に平開する。
e0039703_024275.jpg

花の色がわずかにオレンジがかった黄色の黄金色なのでこの名前が付いている。時には群落を作るため一帯が黄色に染まる。
        
by hime-teru | 2006-09-20 23:50 | 白馬の花・風景 | Trackback | Comments(0)

白馬の花 … (27)  【高嶺伊吹防風】 【大葉擬宝珠】

           ★… 【 高嶺伊吹防風】  タケネイブキボウフウ …★
セリ科の多年草。地下茎は太い。茎は高さ30~120㌢上部で枝分れする。葉は2、3回羽状複葉、小葉は細かく切れ込む。茎や葉に白色の毛が生える。
e0039703_018237.jpg

8、9月、径約5センチの小形の複散形花序に白色花を開く。蕾は紅紫色で開花すると白くなる。
e0039703_0183343.jpg

近畿地方以北の本州、北海道の山地の草原に生え中国産の薬用植物ボウフウに似て滋賀県伊吹山に生えることからこの名がある。
e0039703_01974.jpg

かつてボウフウの代用として感冒薬の処方に用いられたことがある。 

        ☆………………………………………………………………☆
             ★… 【大葉擬宝珠】 オオバギボウシ  …★
花は大きく一方向にさく、葉はコバイケイソウに似る。ユリ科の多年草。唐擬宝珠(トウギボウシ)ともいう。
e0039703_0225947.jpg

本州の山地に自生するが、最近は観賞用として庭園に栽培されることが多い。長い柄のある大型の葉をもち若い葉柄は食用とされることもある。
e0039703_0433197.jpg

上から見ると・・・宝珠の飾りそのもの。
e0039703_024628.jpg

夏に長い花茎を出し淡紫色のらっぱ形の花を多数総状につける。各花の基部に三角形の包葉が目立つ。
e0039703_0441237.jpg

by hime-teru | 2006-09-20 00:20 | 白馬の花・風景 | Trackback | Comments(0)

白馬の花 … (26)  【6種】 … 『岩赤花‥褄取草‥紅花苺‥旗竿‥雪割草‥深山小米草』

               ★… 【岩赤花】 イワアカバナ …★
アカバナ科の多年草。茎は高さ15~60㌢多く分枝し全面に細かい屈毛がある。葉は長楕円状披針形で先はとがり基部はくさび形で短い柄がある。花期は7~8月で淡紅色、花弁は4枚で先が2浅裂している。ケゴンアカバナに似るが茎の全面に毛のあることで区別できる。北海道から九州にかけての山地の水湿地に生える。
e0039703_2282597.jpg

          ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
               ★… 【褄取草】 ツマトリソウ …★
サクラソウ科多年草。林内の半樹陰地に生え、北海道、中部地方以北の本州、四国の亜高山帯、北半球の寒冷地に広く分布する。細い地下茎を伸ばして繁殖し多くは群生する。茎は高さ10~15㌢葉は細長く長さ約5㌢初夏に一株に2、3個の花が上向きに開く花の先が7つに細くとがっているのが特徴です。
e0039703_22164264.jpg

先端の周辺がやや淡紅色に縁どられることがあるのでツマトリソウの名がついた。(つまどるとは鎧の端を別色の糸や皮で継ぎ合わせること)残念ながら白馬には薄いにピンク色に縁取られた花は見つかりませんでした。草姿と花がかわいらしく山草愛好者に好まれる花です。
           ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
                ★… 【紅花苺】 ベニバナイチゴ …★
バラ科の落葉低木。茎は分枝して高さ1~1.5㍍刺はない。古い茎は黄色を帯びた褐表面ははがれる。中部地方以北の本州、北海道南西部、おもに日本海側の亜高山帯に分布する。7~8月、新枝の先に紫紅色の五弁花を1個下向きに開く。集合果は球状で黄赤色に熟し食用となるが美味ではない。
e0039703_2219771.jpg

           ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
                  ★… 【旗竿】 ハタザオ …★
アブラナ科の越年草。北半球の温帯から暖帯にかけて広く分布する。日本各地の山野の日当りのよいところや海岸の砂地に生える。主根は白色で細長く地中にまっすぐに入る。茎は1本だけが竿のように直立し下部だけに毛が生え分枝しない。初夏に茎頂に総状花序をなして黄白色で小型の十字花を多数つける。は、直立する花茎を旗竿(はたざお)に見立てていう。ハタザオ属は世界に約120種、日本に10種分布する。
e0039703_22233486.jpg

           ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
                ★… 【雪割草】 ユキワリソウ …★
サクラソウ科の多年草。ユキワリコザクラともいう。本州中部以北の高山の日当りが良いやや湿った岩場などに生える。小さな草で葉は楕円形で葉縁に波状の低鋸歯があり下面には淡黄色の粉(フラボノイド)が一面についている。夏に高さ7~15㌢の花茎を伸ばし茎頂に散形花序をなして多数の淡紅紫色の小花を1~15個程かんざし状につける。雪解けと共に咲くのでこのがある。
e0039703_2226173.jpg

※霧がはれた後の、みずみずしい雪割草です。
e0039703_2082743.jpg

※別植物(キンポウゲ科)のスハマソウ(州浜草)やミスミソウの別名としてユキワリソウの名が使われることもある。
           ☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆    
             ★… 【深山小米草】 ミヤマコゴメグサ …★
ゴマノハグサ科の半寄生の一年草。近縁種のタチコゴメグサに似るが花は長さ8~9ミリと大きく萼は広鐘形で裂片は三角状披針形なので区別できる。高山の草地に生え北アルプスから白山(はくさん)(富山県内)に分布する。花期は7~8月。花冠は唇形で白に紫色のスジが入り中裂片に黄色の斑点がある。
e0039703_22292089.jpg

        
by hime-teru | 2006-09-18 22:39 | 白馬の花・風景 | Trackback | Comments(2)

白馬の花 … (25) 【矢車草】  【花乳茸刺】 【高嶺棕櫚草】 【高嶺青柳走草】

              ★…  【矢車草】  ヤグルマソウ  …★
e0039703_2358382.jpg

キノシタ科の多年草。北海道,本州および朝鮮半島に分布する。亜高山帯や深山の日陰にしばしば大群落をつくる。
e0039703_044377.jpg

6~7月頃,大きい集散円錐花序をなして白色の細かな花を密につける。花柄に鱗片状の毛があり花弁はなく萼片が緑白色をしている。
             ★…  【花乳茸刺】  ハナチダケサシ  …★
e0039703_072278.jpg

トリアシショウマに似ているが葉の幅が狭く丈も低い。
e0039703_091532.jpg

             ★…  【高嶺棕櫚草】 タカネシュロソウ  …★
e0039703_0105573.jpg

亜高山帯~高山帯の草地生える高さ20~40㌢の多年草。根元の葉鞘がシュロ毛状の繊維に覆われる。葉は根生または茎の下部に集まり葉身は細長く基部は葉鞘に続く。花序には短毛があり花は直径1~1.2㌢。
e0039703_0133070.jpg

           ★… 【高嶺青柳走草】  タカネアオヤギソウ …★
高山帯の草地に生える多年草。花は円錐状、多数の黄緑色の花をつける。シュロソウより葉の幅が少し広く互生し上部の葉は細く小さい。(タカネシュロソウに似ている)
e0039703_01532100.jpg

※青柳草と棕櫚草は似ているが花の色が異なる。違いが色のみなので同種とする見解もある。
by hime-teru | 2006-09-17 23:58 | 白馬の花・風景 | Trackback | Comments(0)

白馬の花 … (24)   【鳥脚升麻】  【山吹升麻】  

            ★… 【鳥脚升麻】  トリアシショウマ …★
e0039703_23195788.jpg

ユキノシタ科の多年草。アカショウマの北方型の変種とされ中部地方より北の本州と北海道の山地に多い。温帯山地の林床や草原に生える。根茎は太く直立する。
e0039703_23124012.jpg

7~8月、高さ0.4~1㍍の直立した花茎を伸ばし上部に大形の円錐花序をつくって多数の白花をつける。花弁は五枚、へら状さじ形で、長さ4~6㍉雄しべは10本、花弁より短い。
e0039703_23132862.jpg

はじょうぶで直立した茎のようすを鳥の足に例えてつけられたという
e0039703_064715.jpg

  ★…………………………………………………………………………………………★
           ★… 【山吹升麻】  ヤマブキショウマ …★
バラ科の多年草。北半球の温帯から亜寒帯にかけて広く分布し、日本では各地の山地に普通にみられる。根茎は木化し茎は高さ1mに達し平滑で毛はない。葉は大型で長い柄がある。小葉は卵形、膜質で縁に重鋸歯があり光沢があるものが多い。
e0039703_14474393.jpg

小葉の感じがヤマブキの葉に似ているところからこのがある。
雌雄異株。夏に,茎頂に円錐状の総状花序をなして多数の小さな白色花をつける。萼は5裂し花弁は5枚でへら形をしている。
         ★…  【鳥脚升麻】 と 【山吹升麻】 の群落 …★
e0039703_23274713.jpg
 
     ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
               升麻 ( ショウマ ) の種類
・ 【[犬升麻]】 イヌショウマ 薬用の晒菜升麻に対し薬用にならないので付けられた。
・ 【類葉升麻】 ルイヨウショウマ サラシナショウマの葉に似ているところから。
・ 【山吹升麻】 ヤマブキショウマ 葉がヤマブキに似ていることによる
・ 【深山山吹升麻】 ミヤマヤマブキショウマ 早池峰山の岩礫地に生えヤマブキショウマに似ているが、全体に小さく葉は暗緑色で光沢があり、葉の先が尾状に伸びない。
・ 【鳥足升麻】 トリアシショウマ  丈夫でまっすぐな茎を鳥の足にたとえ草の形が升麻に似ていることからこの名がある.
・ 【曙升麻】 アケボノショウマ アスチルベ園芸種ヒトツバショウマ一葉升麻の仲間の植物には複葉のものが多いが、これは単葉なのでこのような和名がつきました。
・ 【泡盛升麻】 アワモリショウマ 別名泡盛草、白い花序を泡が盛り集まったように見立てた。
・ 【赤升麻】アカショウマ 地下茎が赤く花の沢山付く花序の形がサラシナショウマに似ていることから。
・ 【戸隠升麻】 トガクシショウマ 戸隠で発見され升麻とはルイヨウショウマやサラシナショウマなどの根茎の漢方名でそれらの葉に似ているため。
・ 【蓮華升麻】レンゲショウマ 花がハスに似ており葉を含めた全体のようすがサラシナショウ マに似ることによる。      
by hime-teru | 2006-09-16 23:50 | 白馬の花・風景 | Trackback | Comments(0)

白馬の花 … (23)   【日光黄萓】  ニッコウキスゲ  

              ★… 【日光黄萓】  ニッコウキスゲ …★
ユリ科の多年草でゼンテイカともいい、山地や高山の草原に群生することが多い。亜高山~高山帯の草原や湿地に群生する多年草。
e0039703_21545725.jpg

地下茎は短く根は赤褐色で強い。ところどころに肥大部をもつ。葉は叢生し2列に並んでつく。夏に葉心より1本の長い花茎を直立し、上部は2分岐して先端に3~4個の花を総状につける。
e0039703_21555461.jpg

花被は濃い橙黄色で朝咲いた花は夕方にはしぼんでしまう1日花。しかし、次々に別の花が開くので全体としての花期は長く群落全体がオレンジ色に遠望できる。果実は楕円形で黒い種子を多数生じる。
e0039703_21565132.jpg

「日光」の地名に基づいたもの。花が黄色く葉がスゲの仲間に似ていることからつけられた。
e0039703_21581758.jpg

※日本では本州中部以北北海道に分布する。尾瀬ヶ原や日光霧降、霧ヶ峰連山などの大群落は有名である。花茎は50~80㌢先端に橙黄色の花を3~4個つける。漏斗状鐘形の花は花被片6個で下半分が合着して長さ1~2㌢の花筒になる。雄しべは6個で花被片より短く葯は黒紫色。花柱は雄しべよりやや長い。
by hime-teru | 2006-08-31 22:01 | 白馬の花・風景 | Trackback | Comments(2)