タグ:旅の情景 ( 14 ) タグの人気記事

名もなき池(モネの池)岐阜

                        ★… 【根道神社 名もなき池(モネの池)…★
                              2016.07/12
【名もなき池】
岐阜県関市は根道神社にある名もなき貯水池は、睡蓮のモチーフになった池と似ていることから「モネの池」と呼ばれており睡蓮好き、モネ好きの人が訪れる観光名所となっている様です。透明度が高く、睡蓮やコオホネの根元を錦鯉が優雅に泳ぎます。
e0039703_22525784.jpg

モネの絵画に似てはいないが、素晴らしい景観であることは、この写真で納得されると思います。浅く透明度の高い池は幻想的で、目が点になります。とにかく美しい。睡蓮の季節には少々早かったのですが、一見の価値ありでした。
e0039703_22542057.jpg

季節(四季)や日差しの傾き、池の水量によって池の水の色も刻々と変化しそうですね。
e0039703_22545899.jpg

根道神社は村社、村の氏神様です。池は、雑草が生い茂っていたようで、近くで花苗の生産販売をする「フラワーパーク板取」を経営する小林佐富朗氏が除草を行い、スイレンやコウホネを植えた。
e0039703_22552087.jpg

池で泳ぐコイは地元住民が自宅で飼えなくなって持ち込んだものであり、観光目的で作られた池では無く、偶然が積み重なってクロード・モネの後期の睡蓮連作群と似た池となったようです。
e0039703_23221510.jpg

名もなき池は、テニスコートよりやや大きめで、常に湧き水が流れ込み湧水池となっている。年間水温がおよそ14°C。池の透明度が高い理由は、高賀山の山体が流紋岩類で構成されており、そこからの湧き水には養分が含まれず、微生物が育たないことが原因なのだそうです。
e0039703_232084.jpg

写真雑誌「風景写真 」栄馬智太郎氏が投稿して、最優秀作品賞、フォトコンテストグランプリ受賞が、きっかけでテレビ放映やインターネット(SNS)で有名になり、モネの池と呼ばれる命名の経緯のようです。
e0039703_23192463.jpg

「えさやり禁止」の看板、しかし、ファインダーを通してこの釣り竿は?観光客の仕業か?
水質保護のため、お掃除をされているというのに、心ない人の行為に怒りを覚えます。
e0039703_2257694.jpg

それにしても冬に咲く「コオホネ」は黄色→オレンジ色→赤色と色が変化するとは始めて知りました。
e0039703_22573470.jpg

紫陽花も綺麗に咲いていました。
e0039703_2333047.jpg


~~~~~~~~~~~~
『準備中です』
【郡上八幡】
【白川郷】
【飛騨の高山】
【上高地】
※と順にアップの予定です。
by hime-teru | 2016-07-30 00:04 | 旅の情景(岐阜) | Trackback | Comments(2)

【 越後の秘境・奥只見の旅 】

暫く、ご無沙汰いたしました。(体調不良に加えて、私的な用事が続いて更新をお休みをしておりました。申し訳ありません。撮りためた写真ですが・・・アップいたします。


              ★… 【 越後の秘境・奥只見の旅 】 …★
                     2014.10/28
朝日新聞主催の奥只見の旅、1ヶ月前に申し込みをしてましたので、ちょっと体調が悪かったのですが、バスは家の傍から出発、夫同伴だったので、思い切って行ってきました。なかなか、個人では行けそうもないところですから・・・!。関東 は晴天、しかし・・・、長い長いトンネルを抜けると雨だった。紅葉がしっとりと優しい風情で迎えてくれました。(船からの撮影を主にアップします)
e0039703_18502616.jpg

e0039703_18512035.jpg
 
奥只見シルバーラインの長いトンネルを抜けた先は、ブナ林が広がり、湖畔に聳える切り立った2,000m級の山々は錦の着物をまとい素晴らしい景色でした。
【山が燃える】雨の景色は殊の外、鮮やか。
e0039703_19153473.jpg

e0039703_18521555.jpg

スロープカー標高差50mを片道3分で上り下りする。定員40名。片道100円。その隣には遊歩道がついていますが、今日は雨のため遊歩道を断念、全員がスロープカーに乗りました。
e0039703_18525537.jpg

観光船に乗りました】
e0039703_18535514.jpg

【船からの光景】
e0039703_18554842.jpg

e0039703_18571599.jpg

【全山錦】雨が・・・・!
e0039703_1858190.jpg

【雨脚が強くなってきました】
e0039703_18594646.jpg

虹が・・・一瞬?】
e0039703_1904091.jpg

晴れ間が・・・
e0039703_19102424.jpg

e0039703_19133477.jpg

船着き場】楽しい船旅でした
e0039703_19143942.jpg


『参考までに』
【奥只見シルバーライン】
狭く暗いトンネルで撮影は出来ませんでしたが・・。トンネルは資材運搬用道路、昭和28年着工、昭和32年完成。全長22kmのうち18kmがトンネルで、国内でも稀なトンネル道路。銀山平~奥只見までは、3つのトンネルが10km以上つながっています。
昭和46年からは新潟県に譲渡され有料道路として一般車の通行が開始。昭和52年に無料化。二輪車、歩行者は通行できません。

19のトンネルが続くこの道「一度は通ってみたい道路」ですが、ゴツゴツした壁面は往時の姿を未だ残し薄暗く狭く、バスのすり替えは困難を極めます。ドライバーは緊張の連続だと想像します。
バスに乗っているだけでも、地震が来たらどうなる?壁面が崩れるのではと、いらぬ心配をして、不安に駆られます。私はほとんと、目を閉じていました。

三島由紀夫 「沈める滝」奥只見。ダム建設を背景にした男女を描いた作品があるようですが、帰ったら即、図書館へと思っています。
by hime-teru | 2014-12-01 19:22 | 旅の情景 | Trackback | Comments(0)

【 日光白根山】-(1) 風景 

                                   ★…【 日光白根山 】-(1) 風景 …★
                                    2011.06.22 日光白根山にて撮影
(日光クリンソウの撮影の後に足をのばして白根葵を訪ねました)
                                    【 日光白根山 2578㍍ 】
e0039703_040320.jpg

山麓の丸沼からロープウエイで一気に600㍍登ります(距離-2500㍍)ー山頂駅は2000㍍ロックガーデンが迎えてくれました。
e0039703_041466.jpg

待望のシラネアオイと対面しました。
e0039703_0485859.jpg

e0039703_049549.jpg

山頂駅から見る奥白根山は凛々しい。
e0039703_0425894.jpg

日光白根山は、栃木県日光市と群馬県利根郡片品村の境界にある標高2,578mの山。日光白根山の山体は成層火山。最高峰の奥白根は安山岩のみから成る溶岩円頂丘である。関東地方の最高峰で、国内ではこれより北や東に日光白根山より高い山はない。「深田久弥の日本百名山」参照
e0039703_0435774.jpg

『白根山』とは、古来より峯が雪で白く染まる様を形容した名称。同名の山が日本各地にあるため区別するため『日光白根山』と呼ばれる。
e0039703_048054.jpg

遠くに至仏山、燧ヶ岳。
e0039703_0464376.jpg

晴天に恵まれて武尊山、谷川連峰等も見えました。
e0039703_13583164.jpg

白根火山群周辺には五色沼や湯ノ湖、湯滝、戦場ヶ原、小田代ヶ原など自然の造形物が在り、また貴重な高山植物の植生も見られるため、山域は日光国立公園に指定され保護されている。
e0039703_0513913.jpg

※※◆しかしながら、この山に多く自生することから名付けられた植物のシラネアオイも現在ではほとんど見ることはできず、また周辺山域には立ち枯れが多く見られ、その原因を首都圏からの大気汚染物質の飛来とする研究もあるなど、自然環境の変化が進んでいる。
by hime-teru | 2011-06-28 00:36 | 旅の情景(日光) | Trackback | Comments(1)

【紅葉の奥日光】 NO-6 戦場ヶ原・光徳沼(牧場)

       ★… 【 紅葉の奥日光 】 NO-6 戦場ヶ原・光徳沼(牧場) …★
★【戦場ヶ原】
中禅寺湖の北、男体山の西に広がり標高1,400メートル。湿原が乾燥し草原化したもので湿原植物、高山植物、鳥類に富み、紅葉が特に美しい戦場ヶ原の三本松付近では、ヤナギとカラマツの黄葉 夏の間ピンクの花をつけるホザキシモツケも紅葉から霜枯れて冬眠の準備を始めていました。
e0039703_20422575.jpg

e0039703_20462337.jpg

『名前の由来』 伝承は「戦場ヶ原神戦譚」による。
アカギの神(赤城山)とニッコウの神(二荒山(男体山))がそれぞれ大ムカデと大蛇に化けて戦った戦場であるという伝説に基づくもの。なお、この伝説で勝ったのはニッコウの神のようです。
e0039703_20452272.jpg

e0039703_20431444.jpg

◇『ズミ・桷・酸実』
バラ科のリンゴ属の落葉低木。山地に自生し荒地や湿地に群落をなす。6月、白色で赤いぼかしのある5弁花(林檎や海棠に似た花)が咲く。果実は黄または紅熟。材は緻密で堅く家具・細工物などにする。別名、ヒメカイドウ・コリンゴ・コナシとも。漢名は棠梨。樹皮は煮出して黄色の染料になり、また明礬を加えて黄色絵具を製する。
e0039703_2050137.jpg

名は樹皮を染料に用いるので染(す)みがずみになったとする説と、果実が酸っぱいので酸(す)実がずみになったとする説がある。ハナカイドウやリンゴの台木として使われる。
e0039703_20502079.jpg

★【光徳沼】
奥日光の三岳(1945㍍)の南東麓にある小沼。周囲約100メートル、水深は0.3メートル。
e0039703_20514243.jpg

隣接して観光用の光徳牧場がある。湯ノ湖北岸の日光湯元温泉から引き湯した温泉もある。ここから奥鬼怒にスーパー林道が通じ、涸沼・切込湖・刈込湖を回って湯元に至る家族向きのハイキングコースは道路がよく整備されている。
e0039703_20572532.jpg

e0039703_20521232.jpg

        ↑【夏】   草を食む乳牛、光徳牧場の夏と秋 【秋】↓
e0039703_2103144.jpg

by hime-teru | 2008-10-26 21:00 | 旅の情景(日光) | Trackback | Comments(4)

【紅葉の奥日光】NO-5 唐松・落葉松‐寂しかりけれ・・

        ★… 【紅葉の奥日光】 NO-5 唐松・落葉松‐寂しかりけれ・・ …★
秋が深まり山々も美しく色づくと、円錐型に整った木姿のカラマツは黄金一色に山を染めて秋の風景を一変させます。からまつの林の道は、われのみか、ひともかよひぬ。ほそぼそと通ふ道なり。さびさびといそぐ道なり。
e0039703_18151397.jpg

カラマツは日本原産ですが「唐松」と書くのは唐絵に描かれた松に喩えてこのように呼ばれたそうです。ですが、針葉樹としては珍しく落葉するので「落葉松」とも最近では書くようです。
e0039703_17512093.jpg

「松なのに落葉する?」意外ですが黄葉のあと葉を落として冬を迎えるのです。本州中部の山岳地方、北海道などに自生しますが人工林も全国に数多く見られます。カラマツ林の名所といえば八ヶ岳、軽井沢、浅間山、北海道の大雪山は有名ですが、奥日光にも素晴らしい唐松が群生しています。
カラマツは高さが20~30メートルにも達する大木に育ちますが風の強いところでは地面を這って蛇がのたうつような凄まじい樹形となるそうです。私はスマートで美しい落葉松しかお目にかかったこと御座いませんのですが・・・。黄葉するのは“カロチノイド”という黄色の色素成分が相対的に強まるというメカニズムのためのようです。↓男体山
e0039703_1752312.jpg

【カラマツ】
マツ科の落葉針葉高木。別名フジマツ(富士松)ラクヨウショウ(落葉松)ニッコウマツ(日光松)といい大きいものは樹高50㍍に達する。日本特産種で樹皮は暗褐色で裂け目ができ跡は赤みを帯びる。長枝と短枝がある。葉は線形で先は鋭くとがり長さ2~4㌢長枝では互生し短枝ではキク花状に束生し鮮緑色、雌雄同株、5月に開花。10月ころ黄褐色に熟す。
e0039703_17524747.jpg

種子は三角形で長い翼がある。水中での耐久性が高く、材は坑木、枕木、建築、器具、船、パルプ、とくに丸太での利用が広い。寒冷地、高地で広く植林され防風・防雪樹として賞用され、庭園樹や生け垣や盆栽などにされる。陽樹で常に陽光を要求し日陰では育たない。寒気に耐える力が強く主として安山岩よりなる寒冷地に自生する。
e0039703_1754252.jpg

戦場ヶ原や光徳周辺はカラマツの黄葉が始まり見頃を迎えていました。落葉松の林を見ますと何故か北原白秋の「落葉松」の詩を無意識のうちに朗詠?しています。そして、お口の回りにあぶくを出して情景豊かに朗読された中学の国語の女の先生を思い出すのです。カラタチの花と、この落葉松。1時間の朗読、あまりにもインパクトが強かったからでしょうか(笑)
八連からなる長い詩は”カラマツ”の名称が繰り返えされ五七調のゆったりとしたリズムを作り出しています。
e0039703_1754143.jpg

☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
            ◆〔落葉松〕 ‐ 北原白秋
      からまつの林を過ぎて
         からまつをしみじみと見き
           からまつはさびしかりけり
              たびゆくはさびしかりけり
         ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・     
      世の中よ、あはれなりけり
         常なれど、うれしかりけり
            山川に、山がはの音、
               からまつに、からまつのかぜ
☆∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽☆
秋の夕日を浴びて黄金色に輝くからまつの林。輝く時は、ほんの短い期間。やがてセピア色になり落ちてゆきます。人の一生にも見えて・・・。人生の秋に輝やける人は羨ましいかな?
by hime-teru | 2008-10-24 18:04 | 旅の情景(日光) | Trackback | Comments(0)

【紅葉の奥日光】 NO-4  湯滝秋色

             ★… 【紅葉の奥日光】 NO-4  湯滝秋色 …★
【湯滝】
「日光白根山」の麓にある湯の湖から落ちる湯滝は迫力満天です。瀧を見守る落葉樹の紅葉は一際、瀧の迫力を美しく演出しています。
落差50m、幅25m。華厳滝、竜頭の滝と並んで奥日光三名瀑の一つ。瀧上から・・。
e0039703_2123697.jpg

湯の湖のほとりには日光湯元温泉があり、湯の湖一帯もあちこちからお湯が湧きでていますが、滝を流れ落ちるのはお湯ではなく水なのである。湯の湖のほとりにお湯が湧き出ているので湯ノ湖。その湖から水が流れ落ちているのでこの名前がついています。
e0039703_2124670.jpg

湯滝を流れ落ちた水は、高層湿原『戦場ヶ原』を流れ、湯川となり竜頭の滝を下って中禅寺湖へ流入する。
e0039703_21255191.jpg

湯滝周辺はツツジやシャクナゲなどの名所で、ミズナラやアズキナシ黄葉、ヤマブドウ紅葉 赤や黄色そして緑が混ざりとても綺麗です。
e0039703_21244973.jpg
このあたりはノリウツギ、オオカメノキ、ウダイカンバなどの広葉樹と、コメツガ、ウラジロモミなどの針葉樹の原生林があり、変化に富んだ手つかずの自然を満喫できる。
e0039703_21262542.jpg

滝壺の傍の真っ赤な紅葉が鮮やかに瀧の迫力に華を添えて観光客を迎えています。
e0039703_21264758.jpg

ドウザンツツジ(満点星)の名残り葉
e0039703_21272190.jpg

by hime-teru | 2008-10-23 21:39 | 旅の情景(日光) | Trackback | Comments(0)

【紅葉の奥日光】 NO-3 紅葉のカンバス・湯の湖

        ★… 【紅葉の奥日光】 NO-3 紅葉のカンバス・湯の湖 …★ 
【湯の湖】
湯ノ湖は三岳火山の噴火によってつくられた堰止湖。贅沢な風景と共に野鳥も見られる景色も多種多様で新鮮です。釣りのメッカーでもあり、ヤマメ、イワナ、ニジマスが釣れます。赤や黄色そして緑が混ざりとても綺麗です。
e0039703_22545552.jpg

「湯の湖」の周辺の山々の木々が湖面に映える風景は何とも言えません。この日は風もなく湖に遊ぶマガモの遊泳の後には小さなさざ波が立ち、湖の息遣いが1枚のカンバスの中に趣を添えてくれました。
e0039703_22562659.jpg

奥日光は華厳滝から西の地域。特に戦場ヶ原を中心とする高原地帯をさし、中禅寺(立木観音)二荒山神社、中宮祠、菖蒲ヶ浜の養魚場、キャンプ場などがあり、戦場ヶ原は散策に最高のロケーション。その北には湯元温泉、湯ノ湖、切込・刈込湖、丸沼、蓼ノ湖などがあり、白根山への登山の入り口など観光や保養の地として老若男女が訪れます。最近は外国の人が多く目立つようになりました。
e0039703_2257058.jpg

◆遠くにウサギ島
e0039703_22582564.jpg

湯ノ湖周辺は野鳥も多く、冬は湖面にマガモ、キンクロハジロ、ミコアイサ、ヒドリガモなどの姿
e0039703_2259131.jpg

秋は紅葉が湖面に映り美しさを際立たせる
e0039703_2315565.jpg

このあたりから湯瀧へとつながります
e0039703_233252.jpg

by hime-teru | 2008-10-22 23:06 | 旅の情景(日光) | Trackback | Comments(0)

【紅葉の奥日光】 NO-2  湯元‐秋色

        ★… 【紅葉の奥日光】 NO-2 〔湯元‐秋色〕 …★
奥日光は男体山の噴火活動により劇的に地形を変えてきたエリアである。湖や滝、草原や湿原などさまざまな顔が箱庭のようです。昭和9年に、いち早く国立公園に指定され、手つかずの自然が今も多く残り動植物の宝庫でもある。
e0039703_18314142.jpg

奥日光の歴史は奈良朝末期から平安朝初期にかけて活躍した僧侶、勝道上人が二荒山(男体山)登頂に成功したことに始まる。以来、江戸時代までは修験の地として、明治以降はリゾート地として発展する。気候的には冬は寒く夏は過ごしやすい、避暑には最適な土地柄。植物も四季折々の姿を見せてくれます。このような素晴らしい環境の地に車でも電車でも日帰りが出来ると言うことは有り難い事です。夏の暑いときは宿泊してしまいますが・・・。1年にふらりと2,3度は出かけて、「私の木」と勝手に名付けた白樺の木に会いに行きます。
e0039703_1995070.jpg

奥日光は白根山への登山やハイキングも盛んです。湯ノ湖北岸に湯元温泉(イオウ泉45℃。)が沸き旅の疲れを癒してくれます。子供が小さかった頃、スキーも楽しみました。湖畔は秋色まっただ中、ナナカマドの赤が青空にまぶしい。
◆【七竈・ナナカマド】
バラ科の落葉小高木。日本全土の山地にみられ高さ10mに達する。樹皮は帯灰暗褐色、枝は紫紅色で光沢がある。葉は互生し9~15の小葉から成る奇数羽状複葉で長さ20cmほどになる。
e0039703_18331927.jpg

5月から7月に小枝の先端に複散房花序をつけ、多数の白花を咲かせる。花は白色5弁で径7~8mm。果実は径5~6mmの球形のナシ状果で赤く熟する。秋の紅葉と赤い実の美しいところから庭木、生け花の材料にされる。
材が堅く燃えにくく竈に七度入れても灰にならないといわれこの名がある。良質の薪炭材として知られる。北海道ではこの木を街路樹としている街も多い。ナナカマド属は北半球、おもに温帯に約100種分布する。
e0039703_18481374.jpg

◆【山法師・ヤマボウシ】
ミズキ科の落葉高木でヤマグワともいう。北海道を除く日本各地の山野に普通にみられる。幹は直立し高さ10mに達し多数分枝する。葉は対生し楕円形ないし卵円形。初夏から夏に短枝の先端に短い柄のある頭状花序をつけ4枚の大きな白色の包葉が包み花弁のようにみえる。
本来の花は小さく淡黄色の目立たない花弁4枚とおしべ4本めしべ1本です。果実は球形の集合果となり秋に赤熟して食べられる。
e0039703_18352159.jpg

名は頭状花序を僧兵の頭に見立て白い総包片を頭巾に見立てたもの。果実が食用となるため山に生える桑という意味からヤマグワともいわれるが、同名のクワ科のヤマグワとはまったくの別種である。
◆【白樺】
カバノキ科の落葉高木。シラカンバまたはカバノキとも呼ぶ。北半球冷温帯に広い分布をもつ母種(オウシュウシラカバ)の日本における変種とされる。日本では北海道、本州、九州などの山地にブナ帯に混って生じ、本州中部では標高1000~1200mあたりに自生する。幹は高さ約14m、径60cmにも達し樹皮が白くて美しいので有名である。これは外皮に白いろう質を分泌するためである。雌雄同株。樹皮をつけたまま山小屋などの建築材にするほか細工物などに用いる。僅かに残る名残の紅葉風景が私は大好きなのです。
e0039703_18362276.jpg

◆【桜】
e0039703_1837171.jpg

逆光で透かしてみると・・・・優しい色合いですね。
e0039703_1954521.jpg

◆【オニウコギ】本州に野生化したものと思われますが・・・原産地は中国。五加木(ウコギ)はゆでて浸し物や和え物などにできるとおもいますが・・・一般的なヒメウコギの事で、このオニウコギの詳細は?ちょっと判りません。
e0039703_18372324.jpg

by hime-teru | 2008-10-21 18:33 | 旅の情景(日光) | Trackback | Comments(0)

【紅葉の奥日光】 NO-1 金精峠

★… 【 紅葉の奥日光 】 NO-1  〔金精峠〕  …★                   
                 撮影はH20,10,17
奥日光の紅葉見頃のニュースを見て、早朝5時前に出かけましたが、朝日に輝く朝靄や霜の風景は30分程、到着が遅くなり、撮影出来ず・・・残念でしたが、お天気に恵まれて、高原の秋風は心地よかったです。上空には新聞社のヘリ。道路は11時頃には大渋滞。人出は銀座なみ、平日だというのに・・・。
金精峠の旧名は、こむら峠といい、標高2024m。峠には金精権現がまつられ、峠の名はこの金精神社に由来する。晴れた日の奥日光方面の眺望はすばらしい。日光国立公園に属する。栃木県日光市と群馬県利根郡片品(かたしな)村との境、温泉(ゆぜん)ヶ岳と金精山との鞍部の峠。
e0039703_23445624.jpg

岳樺の白い幹が目立ちます。
e0039703_23452061.jpg

岳樺はカバノキ科の落葉高木。ソウシカンバ(草紙樺)ともいう。アジア北東部に広く分布し日本では四国以北の亜高山帯にオオシラビソやコメツガに混って生える。シラカバ(白樺)よりも高所に生え本州中部では標高1400mあたりから上部にみられる。樹皮は灰白色または淡褐色で紙状にはげるがシラカバのように白くならない。葉は三角状卵形ないし広卵形で基部はやや心臓形をなし、不規則な二重鋸歯縁をもつ。雌雄同株で初夏に開花し、雄花も雌花も穂状花序をなして枝先につく。
和名は高山に生えるカバノキの意でソウシカンバは樹皮に字を書けることによる。
e0039703_23454991.jpg

金精山から白根山への登山路などが通じている。峠の下を長さ755メートルの金精トンネルで日光湯元と菅沼を結ぶ8.14キロの金精道路は冬は雪のため閉鎖になる。
e0039703_23461987.jpg

e0039703_23513464.jpg

★[紅葉前線]湯元・湯瀧・光徳牧場・戦場ヶ原・中禅寺とアップしていきます。
by hime-teru | 2008-10-20 23:51 | 旅の情景(日光) | Trackback | Comments(0)

【 東尋坊 】 奇勝 海食崖

                ★… 【 東尋坊 】 ー1 奇勝 海食崖
                   撮影はH20,6,25福井にて
福井県北部、九頭竜川河口北側にある景勝地。安山岩の柱状節理から成る険しい海食崖。
遠くに見えるのが雄島(神の島)朱塗りの大橋で渡れます。
e0039703_23521775.jpg

日本海の海食を受けて海面上25m、海面下45mに及ぶ断崖絶壁を形成。
e0039703_0163374.jpg

日本海の荒波の侵食による奇観で国の名勝・天然記念物に指定されている。日本随一の奇勝として名高い東尋坊。間近にみる断崖は迫力満点です。
e0039703_093861.jpg

東尋坊という地名は平泉(へいせん)寺(勝山市)の悪僧の名に由来するという伝説がある。
e0039703_0184747.jpg

★東尋坊の名は・・・。
時は寿永、民に巨悪の限りをつくした東尋坊という名の怪力の悪僧。在所の美しい姫君に心を奪われた東尋坊は、恋敵である真柄覚念という僧と激しくいがみ合い、ある時、岩場の上で酒宴を催した真柄覚念は、すきを見て東尋坊を断崖絶壁から突き落とす。天候はにわかに崩れ、雷と暴風雨が四十九日続いたそうな?。
毎年命日にあたる四月五日は、東尋坊の怨霊が大波と化し、岩壁を激しく打ち殴り続けたことから、怪力の悪僧名「東尋坊」と呼ばれることになったとか。
無骨な男のはかなく切ない悲恋物語の逸話です。
e0039703_01287.jpg

遊歩道では潮風が心地よさそうに紫陽花や虎の尾、野バラの花たちが、松林を通して行き交う船をうっとりと眺めている。
e0039703_0111993.jpg

虎の尾、野バラ
e0039703_0123735.jpg

京福電気鉄道三国芦原線(優先座席シート地、判りやすい)
e0039703_0203550.jpg

by hime-teru | 2008-07-19 23:52 | 旅の情景(北陸編)福井・石川 | Trackback | Comments(2)