タグ:御所 ( 4 ) タグの人気記事

京都御所と平安神宮

    ★…【京都御所と平安神宮】…★
                         2016.11.22
『おまけ』

【京都御所の通年公開】
2016年7月から京都御所が一年中、一般に公開されることになりました。
何度も訪れている所ですが、帰宅時間に少し余裕が出来て、少しだけ寄ってみることに致しました。
e0039703_151331100.jpg

土日祝日も参観可能になった御所の見学は西側の清所門から入場し、南側の建礼門のそばを通り、庭園を抜けて退場するコースです。
e0039703_1514960.jpg

平安京の内裏を再現した建物、正殿の紫宸殿、清涼殿、小御所、御学問所などが建ち並んでます。
しかしながら、一般公開は内部の貴重な屏風や襖絵などは閉ざされたまま、残念で御座いました。
e0039703_15143326.jpg

「清涼殿」
e0039703_151577.jpg

小池庭・・中央に池を配した回遊式庭園(紅葉が色づいておりました)
e0039703_15161157.jpg

e0039703_1518842.jpg

   丸い「欅橋」
e0039703_15165578.jpg

御座所・・(様々な儀式がここで行われ、武家との対面も行われました。寝殿造りと書院造りの両要素が混合した様式の建物)
e0039703_15174338.jpg

【平安神宮】
タクシーで降りたのですが、あまりにも広いため、見学は通過です。(内縁の紅葉は綺麗だったかも知れませんね)疲れと時間に追われて・・・、次回のお楽しみに致しました。
e0039703_15212780.jpg

が・・先2010年にアップの一般公開時の御所、下記をクリックしてご覧下さいませ。

★2010の御所の秋の光景です。
【京都御所-1】
【京都御所-2】
【京都御所-3】
【京都御所-4】
by hime-teru | 2016-12-01 12:00 | 旅の情景(京都) | Trackback | Comments(0)

 【京都御所 秋の一般公開 】-(3) 御所の紅葉

                        ★… 【京都御所 秋の一般公開 】-(3) 御所の紅葉 …★
                                    2010.11.17
【御常御殿前の秋紅葉】
e0039703_22412453.jpg

【御池庭(おいけにわ)】
e0039703_22414424.jpg

御池庭の紅葉は、松の緑とのコントラストが特に美しい。
e0039703_22514867.jpg

よく手入れされた庭は見事である。
e0039703_22522862.jpg

【 御内庭(ごないてい)】
e0039703_22482196.jpg

     〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓御所内に見事な生け花〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
御室流(おむろりゅう)月輪未生流(つきのわみしょうりゅう)
e0039703_22594975.jpg

嵯峨御流(さがごりゅう))
e0039703_2302842.jpg

見事な秋
e0039703_2304989.jpg

by hime-teru | 2010-12-13 23:02 | 旅の情景(京都) | Trackback | Comments(0)

【京都御所 秋の一般公開 】 

                            ★… 【京都御所 秋の一般公開 】-(2) …★
                                    2010.11.17
【御所内をズームアップ】 〓門〓
【建礼門】
御所正面入口の正門。素木、切妻造、桧皮葺(ひわだぶき)、柱間1間の四脚門である。
e0039703_1620398.jpg

【建春門】
向唐波風の屋根をもつ美しい茅葺きの四脚門である。もともと勅使の出入り口として使用されていたが、明治維新以来は皇太子や皇后の出入り口としても用いられるようになった。また、外国の元首が内裏を訪れる際にも使用されている。
e0039703_1621222.jpg

【春興殿】舞楽台
e0039703_16244667.jpg

【清涼殿】
紫宸殿の背後西側にあり東を正面とした建物。入母屋造、桧皮葺の寝殿造の建物で、建具に蔀戸(しとみど)を使う点などは紫宸殿と共通する。本来は天皇の居所兼執務所であったが、天皇が常御殿に居住するようになってからは、清涼殿も儀式の場として使われるようになっている。
e0039703_1628429.jpg

【清涼殿】 と【小御所】の間には蹴鞠の庭
e0039703_16293420.jpg

e0039703_1630178.jpg

【御常御殿】〓お仕えしていた女房(にょうぼう)の人形2体。
e0039703_16312999.jpg

【御涼所】〓天皇の夏季の納涼所 【迎春】の時は光明天皇の御書見の間として使われていました。
e0039703_23362556.jpg

【清涼殿】 【小御所】【御常御殿】のパネル・襖絵(かなりくらい室内でした。ISO感度1600.F4,4.画像処理で益々画質が・・・・。劣化。最新のカメラの技術に驚くばかりです(^_^)。手ぶれ防止宜しく、押せばそれなりに・・・・??。
e0039703_1654579.jpg

e0039703_16542231.jpg

e0039703_16543958.jpg

【御学問所】
e0039703_16554853.jpg

by hime-teru | 2010-12-10 17:06 | 旅の情景(京都) | Trackback | Comments(2)

【京都御所 秋の一般公開】

                             ★… 【京都御所 秋の一般公開 】 …★
                                    2010.11.17
【長い期間のお休みにもかかわらず、沢山の方々のお立ち寄りを心より御礼申し上げます。ありがとう御座いました】
体調がいまいちの11月、気分転換すれば少しは元気になるだろうと毎年出かけている京都の宿を夫が取ってくれてました。当日の朝まで遠方への外出は不安でしたが、関西はお天気が良さそうと言うことで、大変迷いましたが、処方された沢山の薬と血圧計持参と夫の付き添いで4日間、ユッタリと時間を使い、体力の消耗を考えて新規に小型のデジカメを買って紅葉見学をして参りました。行きたかった源氏ゆかりの場所は断念しましたが、撮影はお天気に恵まれ何とか・・・。撮影は出来ましたが、パソコンに向かうと目が疲れて中々、アップまで直ぐには漕ぎ着けませんでした。体調の良いときに少しずつ画像処理が出来た写真をアップしていきたいと思います。
【京都御所】
京都府京都市上京区にある皇居。鎌倉時代中期から明治時代初期まで天皇が住んでいた宮殿です。 紫宸殿・清涼殿・御学問所・小御所・庭園があり敷地面積11万㎡。
【車寄(おくるまよせ)】
e0039703_23262220.jpg

賀茂祭「進発の儀」の(人形3体)が飾られていました
e0039703_23272629.jpg

【紫宸殿(ししんでん) 】から・・・。
e0039703_23275687.jpg

【回廊(かいろう)】玉砂利は綺麗に清められて
e0039703_23314271.jpg

御所の正殿で天皇の即位式、立太子礼などの最重要儀式が執り行われた最も格式の高い建物である。
e0039703_23311549.jpg

入母屋造、桧皮葺の高床式宮殿建築の建物。建具は蔀戸が使われている。規模は大きいが華美な装飾のない簡素な建物である。
e0039703_2330386.jpg

中央に高御座(たかみくら、天皇の座)、その東に御帳台(みちょうだい、皇后の座)が置かれている
e0039703_2329938.jpg

前庭に陽の光が・・・。
e0039703_233726100.jpg

建物正面の階段の左右には「左近桜」と「右近橘」の木がある。桜は紅葉し始めていました。
e0039703_15594341.jpg


【京都御所は、明治2年の東京行幸まで歴代天皇の居所・執務所でした。現在の京都御所は国有財産で宮内庁が管轄する「皇室用財産」に分類されています。隣接の京都大宮御所、仙洞御所も現在は宮内庁が管理しています。その周囲の国民公園である京都御苑を環境省が管理している。】

【現存の京都御所はもとは里内裏の一つで、土御門東洞院殿と言い、1331年(元弘元年、元徳3年)北朝の光厳天皇が最初に使用した内裏である。一町四方の敷地であったが、ここにあった内裏は江戸時代だけで8回再建されており(うち6回は火災焼失による再建)、現存する建物は江戸末期の1855年(安政2年)、平安様式にならって再建されたもので安政内裏と呼ばれるものである。】
by hime-teru | 2010-12-09 23:55 | 旅の情景(京都) | Trackback | Comments(0)