タグ:富山 ( 15 ) タグの人気記事

【彫刻の町-井波】 クラス会に参加して

            ★… 【彫刻の町-井波】 クラス会に参加して …★
               2017.06.16 富山にて
還暦は生まれ年と同じ干支に還る。一巡りして立ち止まり、また歩き出し、ちょうど小学校から中学校に上がる年齢を迎えて、感慨深い想い出の小中学校のクラス会開催、出席のため富山入り、一泊の温泉旅館でのクラス会、楽しい時間を共有して帰る事が出来ました。歴史に息づく彫刻の町を訪ねて誇らしく感慨深い旅になりました。

帰宅早々、出席下さった先生から【謹呈】富山県における学童集団疎開の著書が届きました。疎開の年齢では御座いませんが、改めて学童を受け入れた「瑞泉寺」の写真を眺めて物思いにふけっております。
[富山における学童集団疎開]
戦争と子供達、私達が生まれる2年前、東京都から沢山の子供達が「皇国少年、少女」を目指せと富山に疎開をしてきた時の記録を詳細に書かれた著書です。
その中にこの瑞泉寺での子供達の作文など当時の生活が生々しく記録記載してあります。極度の耐乏生活を強いられた幼い子供達を想像すると胸が張り裂けそうになってきます。
この地を観光している私達の世代はなんと幸せな時代を過ごしてきたか?得も言われぬ感謝の気持ちに浸ります。
この本に記してあります「戦争の不条理」「平和の大切さ」に感銘を受け心より未来の平和を祈らずにはいられません。当時の大変さに涙しながら...!熟読いたしました。

【瑞泉寺】 井波別院 
浄土真宗本願寺の別院として格式のあるこの寺は全国にも数少ない太子様を祀る太子堂が本堂とともに立ち並びます。またこの山門は緻密で精巧な彫刻が施された井波彫刻の起源とされています。
e0039703_2159529.jpg

e0039703_2212055.jpg

e0039703_2202614.jpg

e0039703_226353.jpg

e0039703_222051.jpg

e0039703_2222349.jpg

南砺市(ナント市)井波は歴史と文化が今なお色濃く残り、自然と人が共存して育まれた豊かな土地です。八日町通り(職人の町)
e0039703_2157169.jpg

瑞泉寺の門前町として栄えた今も風情残る通りです。お店や、井波彫刻の工房が立ち並び訪れた人を楽しませます。
e0039703_222482.jpg

【閑乗寺公園】
標高300メートルの高台にあるこの公園は砺波平野を見下ろす最高のスポットであり、奥深い山々との自然と調和した公園です。かつてはファミリースキー場でもあったこともあり高低差を活かし楽しめます。
e0039703_2234685.jpg

「閑乗寺」その名の由来は、平安末期天台宗・止観寺の末寺として開かれた寺の名が地名となっている。
e0039703_2244538.jpg


おまけ
e0039703_2251853.jpg

by hime-teru | 2017-07-24 22:05 | 故郷の情景(富山) | Trackback | Comments(0)

【里の風景】 追憶 椿の実

                       ★… 【里の風景】  椿の実 …★
                           2009.11.19
私が子供の頃、家から4.5キロ離れた所にも梨畑と葡萄畑、タケの子の山や田畑があり、父の長兄は馬車を引き馬も3頭おりました。父の長兄は大の馬好き、毎朝、黒いマントをはおり、馬でお散歩が日課のようでした。明治から昭和初期の映画に出てくる様相です。車のない時代、今で言う運送業と果樹園や農業を生業にしていたのです。子供に恵まれず、 20歳離れている末っ子の父が後を継ぎ私達は大変可愛がって貰ったものです。
e0039703_1943529.jpg

それが時代と共に開発の波に押されて山はゴルフ場になってしまいました。会員である弟たちは良く大会を開いてプレーしているようですが、私は手放してから一度も訪ねたことは無かったのです。先日、行ってみたくなり連れて行って貰いました。
e0039703_19441125.jpg

景色は様変わりしていましたが、山裾にあった「堤」はそのまま、赤い橋が架けてあり、その池(堤)の方向から当時の様子を思い出し、思い出が沸々と沸いてきました。馬車に乗せて貰ったこと、野いちごやイタドリを食べたこと、前を横切った蛇を見て立ちすくみ脂汗を流し身体が硬直し動けなかったこと。(その時から今だに蛇は苦手です) 清水が沸いていた所はどうなったのでしょうか?ちょっと気になる。手入れされているゴルフ場はとても綺麗ですが、一緒に遊べる暖かい自然が何故か恋しい。
e0039703_19444928.jpg

孟宗竹や杉で見えなかった隣の村が一望出来、驚きです。
e0039703_1946511.jpg


ゴルフ場を散策しながら、赤い椿の実を見つけました。記憶は曖昧ですが・・・・。我が家の山に咲いていたのは確か?一重のヤブツバキ?その子孫かも?いや、ゴルフ場が整備されてから植えられたものでしょう。しかし、この赤い実は何故か遠き昔を思い出させてくれました。今頃は固い蕾を着けていると頃と思う。
e0039703_194714100.jpg

【椿・山茶】
ツバキ科の常緑高木。ツバキ属の他の種類と区別してヤブツバキと称することもある。東京、名古屋、京都、奈良、肥後ツバキで代表される熊本などの地方の品種が多い中、最近では北陸、四国地方から多くの品種も見つかり、これまではツバキとユキツバキを主体とした園芸品種が多かったのですが、最近はトウツバキ、サルウィンツバキその他と交雑した品種も多くなり1000品種以上あるようです。
e0039703_19475757.jpg

上代の文献や文学作品に椿は数多くみられ重要な植物である。中国の椿とは別種といわれる。古くは常緑で生命力が盛んであることから呪性があると考えられたようです。『古事記』には、天皇の勢威を賛美したものであり、『日本書紀』では海石榴(つばき)が椎という武器になり逆賊を征伐したとある。椿の葉で餅を包んだ椿餅は『うつほ物語』や『源氏物語』などに出て参ります。
e0039703_19483938.jpg

次の朝・・・・・。姉の家の庭先から幻想的な風景(朝日が昇り始めた頃) 杉山の向こうが、ゴルフ場です。
e0039703_1952209.jpg

そして・・・、遠くに鎮守様。庭から眺む。朝焼けに染まり佇む。
e0039703_19555343.jpg

by hime-teru | 2009-11-19 20:11 | 故郷の情景(富山) | Trackback | Comments(0)

里の風景

                      ★… 【 里の風景 】 朝焼け …★
                           高岡のホテルにて
山から登る朝日、数秒のドラマを撮影してみました。白みはじめました。
e0039703_23193287.jpg

だんだんとオレンジ色に染まります。
e0039703_23213824.jpg

雲がかかり残念です。
e0039703_23224255.jpg

太陽が顔を出しました。
e0039703_23235850.jpg

数秒間の沈黙でした。高岡の町並みです。
e0039703_10535466.jpg

by hime-teru | 2009-11-18 23:27 | 故郷の情景(富山) | Trackback | Comments(0)

【合掌造り集落と共に】 庭前の花たち 

                   ★… 【 合掌造り集落と共に 】 庭前の花たち …★
                        丹誠込めて育てられた集落の花
【鶏頭】
ヒユ科の一年草。熱帯インドの原産。観賞用に植えられる。茎は赤く高さ約90cmほどで質が木質化して硬い、縦に何本もの稜がある。秋に帯化して扁平に発達した花軸上に多数の小花をつける。その形がニワトリの鶏冠に似ているのでこの名がつきました。花は赤、黄、白など種々の色がある。花弁はなく萼片が5個、おしべ5本、萼は花後も宿存する。果実は熟すると帽子のようにふたの取れる蓋果で中に3~5個の黒い種子が入っている。
e0039703_1811886.jpg

日本には古く中国から渡来し、『万葉集』にも詠まれている。属名のセロシアの名で多くの園芸品種がある。トサカケイトウ、ウモウケイトウ、ヤリゲイトウがある。トサカケイトウは、花冠がニワトリのとさか状を呈し、ウモウケイトウ(フサゲイトウ)は、基部から多く分枝し茎頂に羽毛状の花冠をつける花期の長い系統である。ヤリゲイトウは、花穂がとさか状とならず長くとがる種類である。
e0039703_23351780.jpg

『万葉集』の「韓藍(からあい)」をケイトウとする見方に従えば、渡来は古い。江戸時代にはまだ食用の名残があり、貝原益軒は『菜譜(さいふ)』で「若葉をゆでて、しょうゆにひたして食べるとヒユよりうまいが、和(あ)え物としてはヒユに劣る」と述べている。
e0039703_1832933.jpg

【百日草】
キク科の不耐寒性一年草。属名のジニアの名でよばれることもある。メキシコ原産で江戸時代末期に日本に渡来した。盛夏期から秋にかけて次々と花を開く。原種は一重咲きであるが改良された園芸種は花弁が重なった重弁花で花弁はじょうぶで散ることはなく百日草の名のとおり長い間観賞に堪える。
e0039703_183587.jpg

〓参照下さい〓【百日草】
【蓼】

e0039703_1842431.jpg

〓参照下さい〓】【蓼】

【睡連】
e0039703_1852224.jpg

〓参照下さい〓【睡連】

【溝蕎麦】
e0039703_1854854.jpg

〓参照下さい〓【溝蕎麦】

【釣船草】
e0039703_2340725.jpg

〓参照下さい〓【釣船草】

【イヌサフラン】
ヨーロッパ中南部~北アフリカ原産。葉を出す前に紫色の花を咲かせます。八重咲のようです。大変丈夫で耐寒性も強く何年も植えたままで開花します。又、室内に放置した球根からも開花するほどです。
なお、名前に「サフラン」と付き見た目も良く似ているがアヤメ科のサフランとは全く別の植物です。
e0039703_1864736.jpg

by hime-teru | 2009-11-11 18:10 | 故郷の情景(富山) | Trackback | Comments(2)

【小さな世界遺産の村】 相倉合掌造り集落

                    ★… 【小さな世界遺産の村】 相倉合掌造り集落  …★
のどかな田園風景の中に時間の流れが止まっているような歴史が生きています。
e0039703_2335228.jpg

国道304号より少しはいったところに現存する20棟の合掌造り集落があります。古い物は400年前の建造と言われています。
e0039703_23365489.jpg

日本の原風景、長閑な山村風景です。菅沼と共に世界文化遺産に登録されました。
e0039703_2340244.jpg

屋根の勾配は60度断面は正三角形に近い、雪が滑り落ちやすい構造になっています。この大きな屋根をを支えるのは根本が曲がった「チョンナ」と呼ばれる太い梁(ナラの木)釘は一切使われていない。縄とネソと呼ばれるマンサクの木が使われています。屋根の葺き替えは15~20年ごと。今は森林組合が中心になって行われているとのこと。
e0039703_233993.jpg

現在の相倉集落には、合掌造りの建物が新旧民家と寺、道場、合掌小屋を合わせて24棟あるのだそうです。そのうち人が住んでいる民家は11棟で、旧民家の空家が10棟もある。
e0039703_23452477.jpg

「合掌造り」の名称は、屋根を構成する主要部材名を合掌と呼び形式を合掌組みということから一般化したのであろう。小屋造り住居を「ナムアミダブツ建て」といっていた。両手を合わせて合掌礼拝する形からのようです。熱心な真宗信仰地帯らしい命名である。
e0039703_23462576.jpg

【相念寺】
塀や生け垣のない開放的な構えとなる。付属屋としては土蔵と板倉がみられる。信仰の中心である浄土真宗の寺院「相念寺」が城端往来をはさんで「西方道場」と相向かって設けられており、また集落の護り神である地主神社がやや高い位置に設けられている。道場とは浄土真宗の布教所として建てられたものであり、当時の公民館的な機能を果たしていたと言われている。
e0039703_23471051.jpg

石垣で組まれた棚田、農耕地で使用する水は西方の谷川(仙道谷)からの導水を利用している。
e0039703_23484189.jpg

合掌造りの魅力は表面的な合掌造りに加えて五箇山の気候から生まれた人びとの生活の知恵から受け継がれてきた伝統、助け合いによって守り続けてきた文化を知ることから魅力をくみ取ることが出来ましょう。
e0039703_23495055.jpg

五箇山には「組」と呼ばれる生活上の相互扶助の組織が古くからあり、草刈り、水路清掃、除雪、神社の出役など現在でも継承されている。さらに、ユイ(結い)やコーリャク(合力)と呼ばれる屋根の普請や茅屋根の葺き替え時の互助制度がある。このような制度成立の背景としては浄土真宗による信仰の篤い結束力と厳しい自然環境下での協力体制などが指摘される。まさに友愛と忍耐、安寧秩序、念仏の教えを中心に共同体としての結束です。厳しい自然条件の中で助け合いながら暮らして来られたからでしょう。
e0039703_092374.jpg

【合掌小屋】
e0039703_0628.jpg

ユネスコは昔ながらの家屋と周辺の棚田、ブナやスギの林が織りなす景観の美しさの中に人が住み続け景観を守っていることが評価され世界遺産の村に登録されたのですが・・・。当時、吉報が届いた時は集落の十人近い小・中学生がくす玉を割り、広場には住民90人とほとんどが集まり、世界が認めた家屋に住む誇りを感じたそうです。
しかし、世界遺産の誇りも、昭和三十年代から続く過疎化を食い止められず、現在、相倉の住民は五十人を切る。小・中学生は一人。四割は高齢者だそうです。昨年、赤ちゃんが15年ぶりに生まれたという朗報もありましたが、八町村が合併した平成16年11月の新市誕生後も過疎の流れは止まらない。一人暮らしのお年寄り二人が、昨年、集落を離れ県外の家族の元に身を寄せられたそうです。それほどに高齢者には厳しい生活環境なのです。
e0039703_0125497.jpg

『暮らしが息づく世界遺産であり続けられるのか』。残された住民たちは、確かな未来を見通せないでいると、新聞の記事を読み、ただ懐かしい、綺麗!、心が癒されると、軽々しく訪れる事が心苦しく複雑な気持ちになりました。(38年の豪雪を体験している私は、山里の五箇山は、毎年、あの様な豪雪に耐えていらっしゃるかと思うと心が痛み言葉もありません)人情が希薄になってしまった現代、五箇山に確かな未来がありますよう祈るばかりです。
※平村教育委員会、北日本新聞の記事を参照に致しました。
by hime-teru | 2009-11-07 23:57 | 故郷の情景(富山) | Trackback | Comments(0)

★…【小さな世界遺産の村】 菅沼合掌造り集落

               ★… 【小さな世界遺産の村】 菅沼合掌造り集落 …★
1970年、国指定史跡となり、1994年重要伝統的建造物群保存地区に選定され、翌年の1995年「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として世界遺産に登録されました。
e0039703_950198.jpg

世界遺産登録後、五箇山には多くの人が訪れるようになりました。
e0039703_9512813.jpg

目に映る景色すべてが昔のまま大切に受け継がれ守られているのです。ここで暮らす人々は、合掌造りと、この菅沼の風景を後世まで変わることなく守り伝えていくために、さまざまな努力をしています。
e0039703_9545364.jpg

この合掌造りの特徴は、急勾配の屋根、五箇山の厳しい気候と、風土によって生まれた暮らしの知恵から生まれたものです。菅沼には現存する合掌家屋は9棟あり、うち2棟は江戸時代に建てられたものだそうです。
e0039703_9553139.jpg

【五箇山民俗館】
改造が最も少なく、五箇山随一の均整美のとれた合掌造り。生活用具や娯楽用具、衣類などが展示されています。
e0039703_9561516.jpg

観光用のお土産なども手作りです。
e0039703_213754.jpg

観光客、景観を楽しんでいます。
e0039703_1024252.jpg

背後には急傾斜の山地が迫りその山腹は木の伐採が禁じられ、雪持林として保存されています。
e0039703_9573448.jpg

険しい山岳地帯ゆえ秘境とも呼ばれ伝統的な合掌造りの景観や文化が今でも大切に守られています。
e0039703_10131979.jpg

by hime-teru | 2009-11-06 21:31 | 故郷の情景(富山) | Trackback | Comments(2)

砺波平野の美しい散居村

           ★…【 砺波平野の美しい散居村の風景 】 …★
砺波平野にはカイニョと呼ばれる屋敷林に囲まれた農家が点在し、緑に覆われた小島が大海原に浮かぶ姿にも似て大変美しく、日本の農村の原風景の一つであるといわれています。
e0039703_23575683.jpg

この風景が見たくて・・・出かけてみました。夕暮れ時です。6割ほどの田んぼに水が入っていました。
e0039703_0095.jpg

散居村とは、碁盤の上の碁石のように、平野一面に屋敷林に囲まれた家々が点在する集落の形態を言います。家々の間には水田が広がっています。砺波の散居村は庄川に広がる扇状地の未開拓地を開発するとき、地形的な制約があまりなく容易に水を引くことが出来たました。開拓者がちりぢりに住居を構えるようになり、砺波平野の散居村は中世末から近世初頭に形成されたと思われます。
e0039703_0103836.jpg

暮れなずむ夕焼け風景です。ほんの一瞬真っ赤に染まりました。
e0039703_0234526.jpg

家を守るための屋敷林(カイニョ)は、スギなどの木々が屋敷の周りに植えられ冬の寒さや夏の暑さに耐えるよう木々の配置や構成には家の人の知恵や工夫がなされています。
e0039703_0143053.jpg

一時間前は、このような風景でした。春霞の中に・・・。
e0039703_0183740.jpg

田おこしされて、1枚ずつ水がはられていきます。
e0039703_0212131.jpg

田植えが終わり早苗が揃う頃の風景は幻想的な風景になることでしょう。
山は初夏の息吹を感じる萌葱色にそまっていました。4月下中の風景でした。
e0039703_030424.jpg

by hime-teru | 2008-05-12 23:56 | 故郷の情景(富山) | Trackback | Comments(8)

【砺波チューリップフェア】 その5 入賞の新種の花たち

        ★… 【砺波チューリップフェア】 その5 入賞の新種の花たち …★
                    『 まとめてみました 』
e0039703_18441787.jpg

e0039703_18445377.jpg

e0039703_18465058.jpg

e0039703_18474486.jpg

 ↓早咲きのようで・・・散りかけておりますが・・・。
e0039703_18481741.jpg

e0039703_1849811.jpg

        ◎~~~~~~~~~~~~~~~~~~~◎
   〓よしえさん、お好みの花をUPプレゼントさせて頂きます(*^_^*)。
e0039703_18461864.jpg

by hime-teru | 2008-05-09 18:51 | 故郷の情景(富山) | Trackback | Comments(2)

【砺波チューリップフェア】 その4 妖艶 そして ほほえみ 

       ★… 【砺波チューリップフェア】 その4 妖艶 そして ほほえみ …★
                   撮影はH、20,4,27砺波にて  
ユリ科チューリップ属の秋植え球根草。小アジア原産。球根は鱗茎、タマネギのように鱗片が4、五枚重なっている。花弁は六枚で一重咲き、八重咲きが一般的であるが花弁が細かく切れ込むフリンジ咲き、花弁全体がよじれて狂い咲きになるパーロット咲きもある。花色は豊富で花弁に斑点が入るものや、花弁の縁が異色となる覆輪のものも多い。
e0039703_18161410.jpg

現在栽培されている品種のほとんどはトルコで改良されたものが16世紀にヨーロッパに紹介され、オランダを中心に改良されたものである。世界的にはオランダが栽培の中心で原球の生産・輸出のほか、切り花の輸出も多い。
e0039703_18164764.jpg

日本への導入は江戸末期の文久年間(1861~64)とされ、当時は鬱金香(うつこんこう)とよばれたが定着しなかった。その後、わずかに家庭で栽培される程度であったが、本格的な球根生産が、行われたのは1919年(大正8)になってからで新潟が初めである。その後富山、京都などで生産された。第二次世界大戦で生産が減少したが、戦後、新潟、富山を中心に島根、兵庫、鳥取など日本海沿岸の各県で生産が盛んになった。
e0039703_18174583.jpg

以下、新種の花たちです
e0039703_18183694.jpg

1985年の球根生産は1億5000万球に達している。このうち約800万球がアメリカや韓国など
に輸出されている。現在、市販されている主要品種は約300品種に上っているが、原球はオランダから輸入したものが多い。開花期、花形、草姿などによって四グループ15系統に分類されている。
e0039703_18203012.jpg

e0039703_1821098.jpg

チューリップが美の対象とされた歴史は古く、紀元前4~前3世紀の黒海沿岸の織物や漢の絹織物にチューリップ模様がみられる。栽培はトルコで始まり、とがった花弁をもつユリ咲きタイプのチューリップが愛培され、宮廷の花ともなっていた。ヨーロッパへは1554年、オスマン・トルコのハンガリー侵略に際し、神聖ローマ帝国が派遣した和平の使者ド・ブスベックがもたらした。
e0039703_1830351.jpg

e0039703_18312946.jpg

オランダへはウィーンの王室薬園から1593年カロルス・クルシウスが伝え、17世紀初めには
船でイスラム圏からオランダに大量に運ばれて大衆化し新品種作成のブームがおこった。
その状況はデュマ・ペール作『黒いチューリップ』に詳しい。珍しい品種や誕生もしない前の新品種が先物取引で投機の対象になり、実在する球根の数以上の売買が行われ、1634年から狂乱状態となった。一時は球根一つと12エーカーの土地とが交換されたり、1万フローリン(約1万ドル)で取引されたりもした。3年後に暴落が始まると一挙にチューリップ相場は崩壊した。
同様に原産地の一つのトルコでもオランダからの品種が逆輸入され、18世紀のアフメト三世の時代にブームが到来しトルコのチューリップ時代とよばれる。
e0039703_18315634.jpg

e0039703_18323375.jpg

チューリップの名はトルコ語でターバンを意味するツリパムから由来した。これは花形が似ることからド・ブスベックが聞き違えた名で、当時トルコでは”ラーレ”とよんでいたそうです。
e0039703_18325192.jpg

富山県と新潟県の県花で、トルコ、アフガニスタン、オランダの国花である。オランダでは代表的な風景の一部として風車とともに紹介され、古くより経済に影響を与えた重要な花のである。
e0039703_1833939.jpg

『オランダの伝説』
ある美しい少女に3人の騎士が求婚をした。一人は黄金の王冠、もう一人は剣、最後の一人は財宝を。しかし、誰とも選べぬ少女は悩んだ末、花の精霊に姿を変えてもらった。王冠の花、剣の葉、財宝の球根をもつ。少女の名からチューリップと名付けられたと言う伝説もあります。
by hime-teru | 2008-05-09 18:39 | 故郷の情景(富山) | Trackback | Comments(0)

【 砺波チューリップフェア 】 その3 花競う

            ★…  【 砺波チューリップフェア 】 その3 花競う …★
                     撮影 H20,4,28 砺波にて
満開の会場には450品種の花が展示されているとのことですが、似たような花があり素人には花の名前を見分けるのは困難です。全てを撮影するには時間にも限りがありますし・・・。足の向くまま撮影してきました一部をUP致します。
e0039703_235710.jpg

チューリップは世界中で何品種?】  
1996年にオランダ王立球根生産者協会から発刊された「チューリップ品種の分類と国際リスト」には約5,600品種記載されています。
e0039703_23141272.jpg

チューリップは早生、中生、晩生及び原種の4つに大別され、その来歴、花型、草姿などによって、さらに15に分類されています。花型では7つが代表的です。
■一重咲き…『種類が最多で色も大きさも様々』
■八重咲き…『バラなどの様に花びらがたくさんつく咲き方』  
■ユリ咲き…『反り返って咲く花びらがユリのようです』
■フリンジ咲き…『花びらのふちに細かくヒダが入る花型』
■ビリデフローラ咲き…『花びらの中央に緑色が入る』  
■パーロット咲き…『オウムの鶏冠のようにふちが切込み反り返って咲く』
■ミニタイプ(原種)…『花も茎も小型の品種』
e0039703_2315147.jpg

e0039703_2315284.jpg

e0039703_23233350.jpg

チューリップの花言葉は?】
◆老若男女問わず、チューリップの花を知らない人はおそらく、いないのではと思います。
広く親しまれる花であるだけにその花言葉も多く存在します。
赤「愛の告白」
ピンク「年頃」
紫 「永遠の愛」
黄「秘めた想い」
オレンジ「照れや」
白 「思い出の恋」
緑「博愛・思いやり」
e0039703_23163414.jpg

e0039703_23174876.jpg

e0039703_231818100.jpg

…………さてさて あなた様は 何色が お好み?…………
by hime-teru | 2008-05-07 23:28 | 故郷の情景(富山) | Trackback | Comments(2)