タグ:一期一会 ( 152 ) タグの人気記事

京都御所と平安神宮

    ★…【京都御所と平安神宮】…★
                         2016.11.22
『おまけ』

【京都御所の通年公開】
2016年7月から京都御所が一年中、一般に公開されることになりました。
何度も訪れている所ですが、帰宅時間に少し余裕が出来て、少しだけ寄ってみることに致しました。
e0039703_151331100.jpg

土日祝日も参観可能になった御所の見学は西側の清所門から入場し、南側の建礼門のそばを通り、庭園を抜けて退場するコースです。
e0039703_1514960.jpg

平安京の内裏を再現した建物、正殿の紫宸殿、清涼殿、小御所、御学問所などが建ち並んでます。
しかしながら、一般公開は内部の貴重な屏風や襖絵などは閉ざされたまま、残念で御座いました。
e0039703_15143326.jpg

「清涼殿」
e0039703_151577.jpg

小池庭・・中央に池を配した回遊式庭園(紅葉が色づいておりました)
e0039703_15161157.jpg

e0039703_1518842.jpg

   丸い「欅橋」
e0039703_15165578.jpg

御座所・・(様々な儀式がここで行われ、武家との対面も行われました。寝殿造りと書院造りの両要素が混合した様式の建物)
e0039703_15174338.jpg

【平安神宮】
タクシーで降りたのですが、あまりにも広いため、見学は通過です。(内縁の紅葉は綺麗だったかも知れませんね)疲れと時間に追われて・・・、次回のお楽しみに致しました。
e0039703_15212780.jpg

が・・先2010年にアップの一般公開時の御所、下記をクリックしてご覧下さいませ。

★2010の御所の秋の光景です。
【京都御所-1】
【京都御所-2】
【京都御所-3】
【京都御所-4】
by hime-teru | 2016-12-01 12:00 | 旅の情景(京都) | Trackback | Comments(0)

【関東】54年ぶりの初雪

                       ★… 【初雪】54年ぶりの早い初雪 …★
                            2016.11.24
【大雪】
関東は54年ぶりの早すぎる初雪。冬並みの強い寒気の影響で、関東甲信地方は24日未明から雪となり当地でも積雪2センチと寒い日になりました。
県消防防災課によると、雪の影響で県内では骨折4人を含む12人の怪我人が出た模様です。交通機関への影響、運休、遅れ、見合わせ、変更と大変な1日になりました。
e0039703_1929133.jpg

我が家の積雪の様子です。
e0039703_19293297.jpg

e0039703_19294480.jpg

e0039703_1930074.jpg

e0039703_19302018.jpg

e0039703_19303414.jpg

e0039703_19305719.jpg

e0039703_19312055.jpg

e0039703_1931432.jpg

e0039703_1932417.jpg

e0039703_19322322.jpg

大雪でした。失礼します。
by hime-teru | 2016-11-24 00:24 | 一期一会 | Trackback | Comments(0)

 夕焼け

                 ★…【 夕焼け 】 我が家の菜園にて …★
                        2014.8/1 家庭菜園にて
夕暮れの西方の空が赤系統の色で染まる日没前の夕日を見がてら菜園にて西の空を眺めに行きました。ホンの5~6分のドラマです。赤く染まった夕景は菜園の花をも染めていきます(西洋風蝶草 紫馬廉菊)
e0039703_21243936.jpg

e0039703_21245610.jpg

e0039703_21255014.jpg

e0039703_21263395.jpg

e0039703_21271281.jpg

朝や夕方は太陽高度が低く、日光が大気の層を斜めに通過することになり、大気の層が厚くなったのと同じ状態なのです。そのため波長の短い青系統の光は散乱されてしまって人の目には届かないこととなり、波長の長い赤系統の光が目に見える、これが夕焼け朝焼けなのです。
e0039703_21303919.jpg

その色合いは空中の水蒸気量などで変わりますが、台風の中心付近では黒みを帯びるという。ドーナツのようなくもの真ん中は陽が差すのです。見たことありませんか?

【オミナエシ】
オミナエシ科の多年草、秋の七草として有名。東アジアに広く分布し日当りのよい山野に生える。
e0039703_21272176.jpg

高さ1m強。葉は対生し羽状に分裂し裂片は細長くとがる。秋、茎の上部で分枝し直径3~4mmの黄色い小花を多数散房状につける。花冠は短い筒状で先が5裂しおしべ4本、めしべ1本がある。
e0039703_2128640.jpg

近縁のオトコエシは茎がやや太く毛が多く花が汚白色で全体が粗大である。
【ワレモコウ】
バラ科の多年草。ユーラシア大陸に広く分布し日本では各地山野の草地に生ずる。茎は高さ30~100センチ、直立して上部で分枝し茎と枝の先に短い穂状花序をつける。
e0039703_21292741.jpg

全株無毛。葉は互生し根生葉は長楕円形の奇数羽状複葉で長い葉柄がある。茎葉は上部にいくにつれて小形になり無柄となる。暗紅紫色の穂状花序は7~9月、上部の花から開花する。花弁はなく萼は暗紅紫色で4裂し雄蕊(ゆうずい)4個は萼裂片より短く葯は黒色。根茎は太くて横走し多数の細長い根をつける。
e0039703_213001.jpg

【漢方では】
乾燥した地下部を地楡といい、止血、収斂(しゆうれん)、解熱剤として下痢、赤痢、月経過多、喀血、皮膚病、切り傷、湯火傷などの治療に用いる。なお、ワレモコウの漢名も地楡である。
日本では吾木香、吾亦紅とかく
〔文化史〕
吾(われ)も亦(また)紅と解釈する吾亦紅は近代の当て字で、『源氏物語』の「匂宮」には匂兵部卿)が庭に吾木香を植えるくだりがあり、香料の木香(もつこう)との関連を思わせるが、ワレモコウに香りはなく、本来の木香はインド北部のキク科の草本で形態も類似しない。
御簾の上部にかぶせた帽額(もこう)につけられた木瓜(もこう)紋とワレモコウの花やつぼみが似て、割れ目があるので割木瓜(われもこう)から由来したとされる。
by hime-teru | 2014-08-09 21:30 | 一期一会 | Trackback | Comments(0)

【朝の散歩】 田植え

                          ★… 【 朝の散歩 】  田植え …★                             2014.5/7 初夏の風景
主治医に夜はなるべく早く休むようにと注意を受け、5月から友人の誘いもあり、意を決して夜型人間から朝方にと努力中です。とはいえ、目覚ましに助けられて6時起床ですが、わずか1時間半ほど早い起床ですが、やはり眠い。習慣とは恐ろしいものです。日頃の怠け癖!生活が身について・・・!とりあえずは朝の散歩は週3日ほどから!、雨天はお休みでスタートしました。
6時半から歩き始めます。朝の空気はさわやかです(^_^)。
住宅地から、ほんの少し離れたところに遊歩道があり、懐かしい牧歌的な風景が広がります。
e0039703_2325082.jpg

e0039703_234768.jpg

e0039703_2382910.jpg

新緑の葉桜、偽アカシヤの白い花、農家の庭にはツツジ、ぼたん、花菖蒲と花の色が流れていきます。土手は黄色の菜の花、アカツメクサのピンク、赤花夕化粧が川面に映えます。カラスノエンドウの群生は自然の美しい花園、雑草というにはかわいそうすぎる。刈り取られる運命にありますが・・・。
e0039703_23102999.jpg

早起きは。「早起きは三文の得」日替わりで見つける風景や野草達にたくさんの課題をもらっています。
e0039703_23112412.jpg

e0039703_2313792.jpg

e0039703_23135777.jpg

5月は田植えシーズン、遊歩道の両側には田んぼが広がります。いつの間にか、田おこし、水が張られて周りの風景が映り込みます。

幻想的な景色は稲を植えて出そろい根付いた稲の間に溶け込む景色が一番癒やされます。とても美しく足が止まってしまいます。しばらくは、このような風景が見られると思います。早起きの散歩のお陰です。

連休明けに田植えに遭遇しました。近代の田植えはすべて機械です
水田稲作は、通常、苗代に種籾を撒き、育った苗を本田に移し植える移植栽培の田植えが一般的である。種籾を直接本田に撒く稲作の直播栽培も、日本にはごく一部の地域で行われるところもあるようです。近年の考古学の発掘成果で、縄文時代晩期から古墳時代にかけての水田遺構が日本各地で発見され移植栽培の痕跡とみなされる株跡が数多く検出されており、日本でも田植えが古くから行われていたことが裏付けられている。
e0039703_22595997.jpg

田植えは梅雨の季節に集中的に行われ非常に重労働であり、家族労働力だけでは乗り切ることができず雇用労働力を用いたり、結と呼ばれる労働力の交換組織を結成し親類や近隣で助け合ったりしながら行っていた。田植え労働の中心的な担い手は「早乙女と称された女性たち」であり、男性は苗代での苗取りや苗運び、本田での代かき・整地などに従事してきたが、労働の軽減をもたらす移植栽培の機械化は、稲作の栽培過程のなかで最も遅れた作業部門であり、ようやく1970年代(昭和40年代なかば)に田植機が登場した。
e0039703_2302779.jpg

簡単に植えていらっしゃるように見えますが、なかなか大変なことだと思います。稲と稲の一定の間隔はどうなっているのだろうと立ち止まって見ていましたら植えられた横に、一本のゲージ(線)が引かれます。往路はその線をたどって植え込まれますが、かなり熟練が必要ではないかと察します。ゆっくりと丁寧に植えられているのがよくわかります。昔はこの地方も菅笠の早乙女達の姿が見られたのではと想像しながら歩いています。『文中、郷土史大辞典参照』
by hime-teru | 2014-05-22 23:15 | 一期一会 | Trackback | Comments(0)

孫の春休み-江ノ島小旅行

                 ★… 【 孫の春休み-江ノ島小旅行 】 …★
                      2013.04.04 江ノ島にて
今年、ピカピカの一年生になる下の孫Rちゃんを連れて、孫念願の江ノ電を乗りに出かけました。お兄ちゃんは6年生で新入生を迎える準備で一緒することは出来ませんでしたが、夏休みは奈良や京都にと約束。実現できますように。(孫との小さな旅は元気パワーを貰えてとても楽しく、息子夫婦に感謝です)
e0039703_2314657.jpg

【江の島】
奈川県藤沢市の南にある小島。藤沢市に属する。周囲約4キロ、面積0.38平方キロ。
e0039703_23151093.jpg

島が「江」の字の形をしていることが地名のおこりとされるています。
e0039703_23373468.jpg

最高所は標高60㍍で台地状をなし、相模湾をはじめ伊豆、箱根、富士山、丹沢、大山などを広く展望できる。
e0039703_23493864.jpg

史都鎌倉と結んで湘南観光の中心をなし、国際観光ルートに入り、早くから内外人に,親しまれるようになりました。
e0039703_23162310.jpg

江の島の地質は第三紀中新世の凝灰質岩層と集塊岩質凝灰岩または凝灰岩との互層からなり、その上に関東ローム層が重なっている。これら凝灰岩質の諸層は海底火山の噴出物が海底に堆積したものであるが、のち降起運動によって海上に現れ、さらに断層運動によって片瀬の台地と離れて陸繋島となり、その後激しい海波の侵食を受けて切り立った海食崖(がい)ができ、断層による弱線沿いにいくつもの海食洞ができたが、最奥の御窟はその典型。

南岸には海食台(岩礁)も発達している。
e0039703_23485688.jpg

江の島は男性的な海食崖と海食洞、岩礁をあわせてすばらしい海岸景勝をなし古くから画材とされてきました。
e0039703_23483592.jpg

さらに江の島には全島にわたってタブノキ、スダジイ、シロダモ、ヤブツバキなどの緑広葉樹がよく茂り、うっそうとした暖帯樹叢(じゆそう)をなす。

江島神社は島のシンボルで『江島弁天』ともいわれ、民間にも強い信仰をもち、雨乞いのほか音楽と芸能の守護神。(裸弁天は琵琶(びわ)を抱えています)開運、除災、除病などが御利益とされ、江戸時代以後、江戸の歌舞伎(かぶき)役者、木材商、建設業者、薪炭商、花街関者の参拝が多く寄進になる石や銅の大鳥居そうなのだそうです。江島弁天は、厳島(広島県)竹生島(滋賀県)と日本三弁天
に数えれています。
e0039703_23215941.jpg

鎌倉初期以後、江の島は鎌倉鶴岡八幡宮の供僧の管理下にあり、江戸時代には、岩本坊、上の坊、下の坊の三別当がこれら諸宮を管理していました。弁才天座像(鎌倉時代の作)と大太刀は県指定重要文化財。
e0039703_232226100.jpg


江の島は鎌倉時代からの行楽地で鎌倉武士の訪れが多く江戸時代には江戸町民や東海道の旅行者が多く立ち寄り、大山や鎌倉さらに金沢八景、川崎大師とあわせた参拝ルートが形成されて門前町が発達し、いまも参拝講社の宿坊や定宿から続く旅館がある。

第二次世界大戦後、展望塔、熱帯植物園、南方民族館などがつくられ、東部にはヨットハーバーのある湘南港もある。
e0039703_23272114.jpg

e0039703_23283769.jpg

e0039703_2329484.jpg

早速とマリンスポーツ(ヨット)気持ちよさそうです。デモ海風はまだ冷たい。
e0039703_2336129.jpg

砂州上には江の島大橋(1964完成)と江の島弁天橋(1958完成)が架けられている。サザエの壺(つぼ)焼きが名物。
e0039703_2323106.jpg

『吾妻鏡』に、1182年(寿永1)四月五日源頼朝が祈願のため文覚をして、この島に弁財天を勧請したことが伺えるし、江戸時代には徳川家康の崇敬厚く社領の寄進を受けて、例祭は4月初の巳(み)の日、10月初の亥(い)の日。末社の八坂神社の例祭(7月14日)に行われる神輿渡御は有名です。まだ見たこと御座いませんが・・・。
by hime-teru | 2013-04-10 10:00 | 徒然散策(関東編) | Trackback | Comments(0)

H25年今年3度目の雪

              ★… 【 H25年 今年3度目の雪 】 …★
                   2013.02.06
積もるほどの雪ではありませんが、今年に入り3回目の雪です。今年は寒さが厳しく漸く福寿草が黄色い光を見せ始めたところですが、寒さにジッと耐えている姿は愛おしい。
e0039703_11162451.jpg

by hime-teru | 2013-02-06 11:16 | 時事日記コーナー | Trackback | Comments(0)

【和田倉噴水公園】

             ★… 【 和田倉噴水公園 】 …★
                     2012.10.21
今上天皇ご成婚記念につくられた大噴水。公園は今も変わらず庶民の憩いの場所です。
e0039703_040393.jpg

皇太子殿下ご成婚にあわせて整備された緑豊かな公園。
e0039703_0225694.jpg

e0039703_0412295.jpg

『浮遊する水しぶきに太陽の光、主虹と副虹はとても綺麗でした』
e0039703_0233873.jpg

e0039703_024165.jpg

e0039703_024502.jpg

『水の造形』虹に喜ぶ子供達。
e0039703_025749.jpg

e0039703_0293622.jpg

e0039703_029598.jpg

e0039703_0253287.jpg

レストランでは「結婚式」は行われておりました。
e0039703_026538.jpg

e0039703_0304020.jpg

by hime-teru | 2012-11-15 00:30 | 徒然散策(関東編) | Trackback | Comments(0)

「行幸通り」&「丸ビルからの光景」

                    ★… 【 おさんぽ 】東京駅-② 御幸道りから丸ビルからの光景 …★
                        2012.10.21
東京駅と皇居を結ぶ「行幸通り」は、豊かな街路樹が風格のある景観を形成しており、東京の顔となる道路です。
e0039703_08448.jpg

平成24年9月29日(土)~10月28日(日) 30日間 テーマ「緑の風がふきぬける東京」が開催されていました。「全国都市緑化フェアTOKYOニュース」では、『第29回全国都市緑化フェア TOKYO』に関係する協賛会場として、御幸通りも緑のつながりを演出してありました。
e0039703_084855.jpg

御幸道りは東京駅見学の人々で賑わっていました。
e0039703_0103815.jpg

e0039703_0123816.jpg

丸の内ビルディングの5階のベランダから東京駅が一望、
e0039703_0272747.jpg

沢山の見学者が入れ替わり立ち替わり、コーヒを飲みながら、新しい東京駅を眺めている人々。
e0039703_0253313.jpg

e0039703_0255173.jpg

6階からの眺めです。
e0039703_0261297.jpg

高層ビルの狭間に丸の内ビリックスクエアの庭(スペインのパティオのような空間)素敵なところです。
e0039703_0264767.jpg

おしゃれな中通り
e0039703_04742.jpg

荻須画伯風に・・・東京駅
e0039703_0281920.jpg

戦争を乗り越え無傷で残った逓信省(郵便局)の美しい窓の建物です
e0039703_21434372.jpg

by hime-teru | 2012-11-07 00:33 | 徒然散策(関東編) | Trackback | Comments(5)

【 おさんぽ 】東京駅 

              ★… 【 おさんぽ 】東京駅 …★
                2012.10.21 東京駅丸の内駅舎
久しぶりの晴天に"ぶらり散歩”大正時代の開業時の姿に生まれ変わった東京駅丸の内駅舎を見に出かけました。
e0039703_035245.jpg
 
東京駅が開業したのは、98年前の1914年(大正3年)12月。復元工事を終えて10月1日に開業した東京駅。建築工事も含めると今回が3度目の大規模工事でした。
e0039703_2355183.jpg

赤レンガ造りの3階建て駅舎。南北の駅舎にそれぞれ取り付けたドーム形の屋根が目をひく洋風デザインが甦りました。
e0039703_2357460.jpg

関東大震災でもほぼ無傷だったが、終戦直前の45年5月、米軍機による空襲で駅舎が炎上。ドーム屋根と3階部分を焼失した。急きょ行われた修復工事ではドームに代えて八角形の屋根がかけられ、3階部分は再建されなかったのです。今回は赤レンガ造りの3階建て駅舎。南北の駅舎にそれぞれ取り付けたドーム形の屋根が見事に甦りました。
e0039703_2356723.jpg

復元の目玉は、やはり創建当時を再現したドーム形の屋根。高さは約35メートルで、これまでの八角屋根より約2メートル高い。
e0039703_0433127.jpg

駅舎は03年に国の重要文化財に指定されましたため、復元工事は07年5月に開始され5年をかけた工事になりました。
e0039703_2359696.jpg

by hime-teru | 2012-10-27 20:30 | 徒然散策(関東編) | Trackback | Comments(0)

菜園の訪問者

                             ★… 【 菜園の可愛い訪問者 】 一休み …★
                                  2012.07.22 家庭菜園にて。
束の間の休息!、明日からは本格的な夏の到来のようです・・・・。ね。
菜園では涼しい日よりにホッと一息(^_^)
◆大輪のダリアの花弁の豪邸の上で・・・何思う!!!雨蛙・・・何とも可愛らしい。
e0039703_0341957.jpg

e0039703_0344743.jpg

◆ハルジオンの花と戯れる
e0039703_0352814.jpg

トンボ・・・この指とまれ?
e0039703_0355489.jpg

e0039703_0361663.jpg

by hime-teru | 2012-07-22 23:58 | 一期一会 | Trackback | Comments(0)