タグ:【は】行の花 ( 56 ) タグの人気記事

【半夏生】

                  ★… 【半夏生】 半夏生という植物…★
                       2017.07.02
【半夏生という植物】
今日は雑節の「半夏」・・二十四節気(にじゅうしせっき)を補う「雑節」は季節の移り変わりの目安として特別な暦日のことですね。
「雑節」には土用 ・節分・彼岸・社日・八十八夜・入梅・半夏生・・二百十日・二百二十日・があり、半夏生は太陽黄経100°、太陰太陽暦では夏至より10日後とされていた。今年は7月2日でした。

さてさて、雑節と植物は深いつながりがあるようですね。節分時期に咲く「節分草」・彼岸の時期に咲く花を「彼岸花」。この「半夏生」時期に咲くのは「半化粧(はんげしょう)」 「片白草(かたしろぐさ)」という花があります。半夏生の時期に咲く花からこの名前があるそうです。
e0039703_14542288.jpg

半夏生説には、梅雨の末期、半夏(烏柄杓<カラスビシャク>)という毒草が生える多湿で不順な頃とされています。農家の人達はこの日までに田植えを済ませ、どんなに気候不順な年でもこの後は田植えをしないという習慣があったのだそうです。この烏柄杓(カラスビシャク)も漢名で「半夏」と言われます。毒草ですが薬としても用いられています。
ちなみに、カラスビシャク(烏柄杓は「サトイモ科」畑の雑草、漢方薬の半夏(はんげ)というのはこの球茎のこと。
e0039703_14544719.jpg


ところが半分葉がお化粧する「ハンゲショウ(半夏生)」という植物もあります。
白い花が咲くハンゲショウ(半夏生、半化粧)は「ドクダミ科」葉っぱの一部が白くなり花よりも目立つので“半化粧”?だとも。
我が家の家庭菜園で咲き誇っている”半夏生”です
e0039703_1458029.jpg

e0039703_14582499.jpg

e0039703_1522614.jpg

このどちらにも「半夏生」という名の由来に関わってくるので、ややこしいですね。植物の名前はミステリー!。
by hime-teru | 2017-07-02 10:58 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(0)

【向日葵】

                                 ★…【向日葵】…★
                                   2016.8月
キク科ヒマワリ属の総称。北アメリカ原産の不耐寒性一年草。普通、全株粗剛毛に覆われる。頭花は長花柄上に単生、またはまばらな散形花序をなす。
e0039703_0194645.jpg

e0039703_0165444.jpg

e0039703_0171764.jpg

北アメリカを中心に約160種知られ、花壇、切り花、または鉢植えにして観賞する。
e0039703_0175168.jpg

e0039703_01897.jpg

英語名はサンフラワー。別名ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)ともいう。
茎は太くて単幹直立、高さ1~3メートルに達する。先端に径10~40センチの大輪花を開く。
e0039703_0183517.jpg

e0039703_018542.jpg

品種、変種が多く、八重咲きのサンゴールド、八重咲きで矮性種のイエローピグミー、切り花に多く用いられる太陽、黒竜などがある。観賞用のほか、採油用または家畜用飼料としても重要視される。
e0039703_0201015.jpg

e0039703_0205163.jpg

e0039703_0212585.jpg

元禄のころにヒマワリの名は広がったらしい。その名は、太陽の動きに花がついて回るとみられたことからおこった。
e0039703_022872.jpg

ヒマワリはつぼみの間は太陽の方向に花首を向け、夜の間に西から東に向きを変える。その運動は花弁が黄色く色づくころから鈍り開花期後、多くは東を向いたまま動かなくなる。
e0039703_0223158.jpg

e0039703_0244765.jpg

by hime-teru | 2016-10-13 00:22 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(0)

半夏生

                             ★… 【半夏生】ハンゲショウ  …★
                            2016.7/1 (4月~ 家庭菜園にて)
【半夏生】
太陽の黄経が100°に達する時で、夏至から11日目(今年は閏年で夏至は6/21)従って今年の半夏生は7/1今日になりましょうか?梅雨の末期で農家の休息日?田植はこの日までに終わり、梅雨はこの時から明けるとされる。
e0039703_19175226.jpg

3日ほど早い梅雨入りだった関東、梅雨明けの情報はまだ遠いようですが、家庭菜園でこの「ハンゲショウ」の花が満開を迎えています。
e0039703_19181117.jpg

【半夏生】ハンゲショウ
ドクダミ科の多年草。地下茎は長く横走する。高さ0.5~1メートル、全体に臭気がある。。葉は互生し、卵形で基部は心形、花序の下の2、3枚の葉は白くなる。
e0039703_19184131.jpg

六月末から七月、葉と対生して垂れ下がる穂状の花序をつくり、基部から先端に向かって徐々に白色の小さい花を開き、花序はやがて直立する。
e0039703_19191079.jpg

e0039703_21155394.jpg

包葉は花序軸にはなく、長さ2~3ミリの小花柄の先につく。花は両性、花被はない。雄しべは6本、基部は心皮に合着する。雌しべは四枚、基部は互いに合生する。胚珠は一心皮当り2個であるが、種子は一心皮に1個できる。
e0039703_19204125.jpg

低湿地に群生し本州から沖縄、および東アジアに分布する。
e0039703_19221951.jpg

名は花期が半夏生(7月2日ころ)のころであるからとも、葉の下半分が白色なので半化粧の意であるともいわれる。別名カタシログサ(片白草)ともいうが、これも同じ理由による。
by hime-teru | 2016-07-01 19:21 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(0)

初雪7カズラ

                 ★… 【 初雪カズラ 】 花 …★
                     2016.4月~・・・我が家にて
【初雪カズラ】
テイカカズラの斑入り品種で寄せ植えやハンギング、地面を覆うグランドカバーなどに利用されます。つる性の草のように見えますが分類上は常緑つる性低木。縦横無尽につるを伸ばすテイカカズラに比べると葉は小さめです。葉に白い斑が入りそこから「ハツユキ(初雪)カズラ」の名前があります。
【美しい新芽】
出始めの春先の優しいピンクの葉はとても綺麗です。新芽のときには赤みの強い淡いピンク色で徐々に白みが強くなり、次いで白と緑色の斑点が混ざった姿になり最終的に緑一色になります。
e0039703_1546688.jpg

生長段階で葉容姿が変化していきます。
e0039703_1548060.jpg

今年はこんな可愛らしい花をつけました。
e0039703_1547153.jpg

純白の小さな(径5ミリほど)可愛らしい花です。
e0039703_15485036.jpg

ズームアップしますと・・・
e0039703_1558630.jpg

”スクリユーのようなねじれた容姿です”正面からは”風車”葉も花も変化に飛んで美しい。
e0039703_15491645.jpg

風車のようでもあり
e0039703_15562277.jpg

何よりも、丈夫で、育てやすいのが、何とも手のかからない植物です。
e0039703_1631890.jpg

春~秋にかけて様々な色の変化が楽しめます。カラフルで美しい姿になります。また、緑色の葉は秋~冬に紅葉します。
【 紅葉した姿】・・・初雪の日に撮影した紅葉
e0039703_15573072.jpg

by hime-teru | 2016-06-01 15:58 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(0)

【檜扇 】 ヒオウギ 

                   ★… 【 檜扇 】 ヒオウギ …★
                       2015.8/26
【檜扇】
アヤメ科の多年草。春に短い根茎から短剣状の葉を互生し、名のごとく扇形になり、ややねじれる性質がある。
e0039703_23103035.jpg

夏、葉の間から高さ約1メートルの茎を出し、頂上で分枝し径5~7センチで斑点のある橙黄色花を数個開く。花被片は5センチ、6枚で平開する。
e0039703_23111694.jpg

葉が檜扇に似る
e0039703_23135930.jpg

花期後に果実を結び、秋に熟すと裂開し光沢のある種子が現れる。長い間落ちずに残る、この真っ黒な種子をうばたま(烏羽玉)ぬばたま(射干玉)といい、黒いものや夜を形容する枕詞となった。

〔ぬばたま〕→ 【射干玉】
アップ済みの〔檜扇〕【檜扇】

西日本から中国大陸に分布し昔から庭の草花として植えられ、切り花栽培も盛んである。日当りのよい場所で堆肥(たいひ)を十分施して植え付け、3年ほどで株分けする。
e0039703_23122528.jpg

参考までに・・・
服飾品の檜扇はヒノキの薄板20~30枚をつづり合わせた板扇。平安時代から束帯、冠などの服飾品として用いられ、笏の代用ともされた。近世には板数も3位以上は25枚,4位以下は23枚と区別された。童子は杉横目の扇に彩絵を施したものを用いた。女子の絵扇を衵扇という。

平安時代,男子の⇒檜扇(ヒオウギ)に対して衵姿の宮廷女子が持った衵扇はヒノキの薄板を彩糸でとじ絵を描いたもの。近世には板の数は39枚となり、山水、瑞鳥などの金銀泥絵を描き、親骨からは彩糸の余りを長くたらしそのもとに松、梅、タチバナなどの糸花飾りをつけるようになった。
e0039703_23255537.jpg

源氏物語の紅葉の賀に 「裳の裾を引きおどろかし給へば、かわほりえならず絵かきたるを、さしかくして見返りたる」 と絵が描かれていた。
by hime-teru | 2015-08-24 23:15 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(0)

【千日紅】 センニチコウ 

                        ★… 【千日紅】 センニチコウ …★
                           2015.8月15日
【千日紅】センニチコウ
ヒユ科の一年草で熱帯アジア原産。センニチソウともいう。古く日本に渡来し観賞用に栽培される。
e0039703_19243114.jpg

草丈50~80cmでよく分枝し全株にあらい毛がある。葉は長楕円形で短い柄で対生し節部は太くなって葉柄の基部や節は赤みを帯びる。
e0039703_19395635.jpg

e0039703_19444650.jpg

夏から秋の頃、茎の上部で分枝しその先に径2cmほどの球状の頭花をつける。頭花は色のついた翼のある2個の小包葉に包まれた多数の小花から成る。
e0039703_1940446.jpg

e0039703_19412824.jpg

小花には5枚の線状の萼片と5本のおしべがあり萼は普通紅色、きに濃紫紅色、淡紫色、白色などの園芸品種がある。
e0039703_1942780.jpg

種子は4~5月に播(ま)き、夏の花壇や切り花あるいはドライ・フラワーにする。
e0039703_19425418.jpg

e0039703_19441470.jpg

【文化史】
千日紅は中国名で、日本には中国より渡来。書物の初見には「千日向」と綴(つづ)られ、花を茎とともに切って、陰干しすれば、冬の立花や草とめ、投入れなどに用いられ、色変わりしないので重宝すると載り、日本のドライ・フラワーのはしりである。
e0039703_19432733.jpg

花が長く変わらないのは、ケイ酸が多いからだとされる。退色せず長期間色を保つので千日紅の名がある。
e0039703_19462790.jpg

e0039703_194742.jpg

by hime-teru | 2015-08-20 19:18 | 【さ】行の花 | Trackback | Comments(0)

【 浜木綿 】 ハマユウ 

               ★… 【 浜木綿 】 ハマユウ …★
                  2015.6月撮影 我が家にて
【浜木綿】別名クリナム。
ヒガンバナ科の海浜生の多年草。植物学上の和名はハマオモト(浜万年青)であるが、一般にはハマユウのほうが通りがよい。偽茎は直立し、高さ30~50センチ。
e0039703_1458759.jpg

e0039703_14583423.jpg

葉は鱗茎(りんけい)状に重なり合い、内部は白く、木綿を思わせるので、ハマユウの名がついた。
e0039703_14591033.jpg

e0039703_1459327.jpg

花は7~9月、花茎の先に十数花集まって開き、芳香がある。白色で花筒は長さ5~6センチ、花被片は長さ7~9センチ。秋に花茎が地上に倒れ、やや球状で径2~3センチの種子を播(ま)く。
e0039703_150272.jpg

e0039703_1502685.jpg

分布の北限界は年平均気温15℃の等温線とほぼ一致し、それを結んだラインを小清水卓二はハマオモト線Crinum lineと名づけた。→クリナム
e0039703_150481.jpg

〔文化史〕
古代から目をひいたらしく、柿本人麻呂は『万葉集』で「み熊野の浦の浜木綿百重(ももへ)なす心は思へどただに逢(あ)はぬかも」と詠んでいる。
e0039703_1511514.jpg

『枕草子』では「草は」のなかに浜木綿が四番目に名を連ねる。
e0039703_1513621.jpg

平安時代、大臣の大宴には、この葉で鳥料理を包んだと言う。母長く丈夫である。
(葉柄は乾かすと粗いが強い紐になり、台湾のヤミ族は石灰を入れた壺をそれでぶら下げた。
e0039703_154524.jpg

by hime-teru | 2015-08-06 15:01 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(2)

今日は夏至【半夏生 】 ハンゲショウ

                    ★… 【 半夏生 】 ハンゲショウ …★
                     2015.6/22 我が家にて
今日は夏至(げし)、そして、我が夫の誕生日です。先ずは”??歳の誕生日おめでとうさん”

毎年、父の日と重なりプレゼントはまとめて一つ。今年は季節の和菓子とフェルメールの「天文学者の絵」むろん、レプリカだが嬉しいものです。可愛い孫達に元気を貰っています。

そして、今日は夏至。一年で最も昼が長い日です。日本の大部分では梅雨のさなか。北半球では一年中で一番昼が長く夜が短い日です。

イギリスでは南部の巨大な石が輪のように並ぶ遺跡「ストーンヘンジ」で、夏至を迎えた21日は、日の出を観賞するのだそうです。朝日が石の間から光が差し込む世界遺産のストーンヘンジは、パワースポットとし毎年、夏至の日には日の出を見ようと多くの人が訪れるようです。日本の初日の出と重なりますね。

夏至の頃に忘れずに咲く「半夏生の花」白いお化粧始めました。とても綺麗です
e0039703_18415676.jpg

【半夏生】
ドクダミ科の多年草。地下茎は長く横走する。高さ0.5~1メートル、全体に臭気がある。葉は互生し卵形で基部は心形、花序の下の2、3枚の葉は夏至の頃白くなる。
e0039703_18441177.jpg

e0039703_1845031.jpg

六月末から七月垂れ下がる穂状の花序をつくり基部から先端に向かって徐々に白色の小さい花を開き、花序はやがて直立する。花は両性、花被はない。雄しべは6本。基部は心皮に合着する。雌しべは四枚の心皮からなり基部は互いに合生する。
e0039703_18452734.jpg

e0039703_1845545.jpg

e0039703_18462347.jpg

低湿地に群生し本州から沖縄、東アジアに分布する。
e0039703_18485322.jpg

名は花期が半夏生7月2日ころであるからとも。また、葉の下半分が白色になるので半化粧名がの意であるともいわれる。別名カタシログサ(片白草)ともいう
e0039703_18465080.jpg

ハンゲショウ属は2種あり、もう1種は北アメリカ東部に分布するようですがどのような花なのでしょうかね。

半夏生は七十二候の一つ。夏至(げし)の第三候にあたり、現在は雑節の一つとして残っている。
太陽の位置が黄経100度にあるときと定義されているが、暦のうえの入梅は80度、夏至は90度であるから、半夏生は夏至を挟んで、入梅と対称の位置にあるときにあたり、陽暦では7月2日ごろとなる。
e0039703_1848420.jpg

昔の農事暦では、このころまでに田植を終えるとされていた。迷信的暦注としては、この日毒気が降るので、「前夜から井戸や泉に蓋(ふた)をすべし」といわれたようです。
by hime-teru | 2015-06-22 18:48 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(0)

【 鵯上戸 】 ヒヨドリジョウゴ

                     ★…【 鵯上戸 】 ヒヨドリジョウゴ …★
                      2014.春(花)・秋(実)我が家にて
ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)
毎年、やって来る、ヒヨドリが運んできたと思われる鵯上戸の芽が植木鉢で育ちました。可愛らしい実が付きましたので、アップします。

鵯上戸はナス科の多年草。アジア東部の温帯から熱帯にかけて広く分布する。
8~9月に小さな白い花をつける、花冠は5つ裂けて反り返る。 花径は1cm大程度、ナスの花を小さくした形。 雄しべは雌しべの回りを筒状に取り囲むように並ぶ。茎や葉に柔らかな細い毛がある。
e0039703_22141886.jpg

日本全土の山野に普通にみられるつる草であるが,ときには木本のように前年の枝が地上に残り,そこから新芽を出す。
e0039703_22145456.jpg

全体に腺毛が多く上部の葉は長さ5~8cmの倒卵披針形であるが、部のものはマンドリン形に深くくびれたりスイカの葉のように5裂する。
e0039703_22153247.jpg

e0039703_22161888.jpg

秋にナスに似た小さな白花をつけ果実は赤熟する。この実をヒヨドリが好んで食べるので「鵯上戸」と名づけられたという。有毒植物の一つである。・        
e0039703_22173580.jpg

葉と向き合って、疎らに集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)をつける。実が付く。付き始めは緑色。
e0039703_2220492.jpg

花の後にできる実は球形の液果(果皮が肉質でミニトマトをミニにしたような、液汁が多い実)で、緑色から赤く熟する 直径は1センチに満たない。
e0039703_22224758.jpg

和名の由来は、鵯(ヒヨドリ)が実を好むというところからきている。 古名を保呂之(ホロシ)といい、万葉集にも登場する。
e0039703_2223789.jpg

ひよどりじょうご(鵯上戸)実を沢山つけて冬に美しい。
e0039703_22232772.jpg


  〇~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~〇
『ヨドリ』はスズメ目ヒヨドリ科。全長28cm。背面は灰褐色で頭部はやや白っぽい。腹面は淡く白斑がある。耳羽は栗色。尾は煙黒色で長い。常緑広葉樹林に最も多くすんでいるが,都市のなかにもみられる。

木の実や花蜜,昆虫類を主食とし、かん高い声で「ひーよひーよ」とにぎやかに鳴く。日本、台湾、バターン諸島などに分布する。留鳥であるが、本州中部以北のものは冬季温暖な地方に漂行する。なお,ヒヨドリ科、は15属約120種が知られており、おもに南アジアに分布している。樹木や庭木が多ければ公園や市街地にも現れ、人工の餌(えさ)台にもよく集まる。我が家にもえさを求めてやって来ます。が、めじろのえさを横取りするので・・・、ちょっと困っています。
by hime-teru | 2014-11-07 22:30 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(0)

ホウセンカ 鳳仙花

    ★… 【 ホウセンカ 鳳仙花 】 …★
                         2014.8/15~ 我が家にて
【鳳仙花】
ツリフネソウ科の一年草。属名のインパチエンス、ラテン語で「忍耐しない」という意味。種子が熟すと果皮が破れ種子が飛散することに基づく
e0039703_0142116.jpg

高さ30~60センチ。茎は太く多肉質、下部の節は膨れ、枝条は赤色を帯びる。夏から秋、葉腋に花を2、3個横向きに開く。花色は赤、桃、白、淡桃色のほか、絞りがある。花弁は五枚、または二枚が合体して三枚になる。萼片は五枚または三枚、一枚は大形。雄しべは5本、子房は上位、五室からなる。
e0039703_016988.jpg

e0039703_0152729.jpg

園芸品種としては高性の一重咲き、高性の八重咲き、弁の重ねの厚い椿咲きがある。
e0039703_016271.jpg

この花は頂部に大輪の八重咲き花を開く矮性種のようです。昨年のこぼれ種から芽がでてきました。
e0039703_0171533.jpg

ヨーロッパで育種されたホウセンカの品種が、日本では「インパチエンス」の名で盛んに栽培されておりますね。
e0039703_0173495.jpg

e0039703_0175352.jpg

【文化史】
中国では宋(そう)代から栽培され、ホウセンカは金鳳の名扱ったようです。日本には室町時代に渡来。一条兼良は秋花34種中にあげている。初期のころはいけ花にも使われたと記載されている。

一説に「骨ぬき」の名で毒草に分類されている。(骨が刺さったおり、ホウセンカの種子を砕いて水に溶き、飲み込むと骨が溶けてしまうと言うところから述べているようです)

赤い花を突き砕き、ミョウバンか重曹をすこし加えるか、カタバミの葉をもみ合わせると、薄い茶色の液が出る、それが、爪を染めるのに用いられたので、別名「ツマベニまたはツマクレナイ」といわれたときもある。果実は細毛のあるとがった楕円形の〓果で熟すると黄褐色の種子を勢いよく飛びます。

子供の頃は私の里の、どの家の庭にも鳳仙花が咲いていましたので、爪を染め、種を飛ばして遊んだものです。

余談ですが・・・???
ホウセンカの葉を一夜で食べ尽くす「セスジスズメ」背中側に鮮やかな黄色の眼状紋がならんでいます。毒虫ではないようですが、蛾の幼虫のようです。気がつけば葉を食べ尽くされて鳳仙花が丸坊主になってしまうのです。漸く今日見つけました。おそるおそるのぞき込んで見れば、綺麗なアゲハの幼虫にも見えます。が、害虫の「蛾」この虫はサトイモの葉にもとりつき、畑の害虫なのです。それにしても、なぜ、このように目立つ色をしているのでしょうか?不思議ですが1本の角は害虫の象徴なのでしょうね~。虫のことはあまり良く解りませんが・・・?
e0039703_0192333.jpg

by hime-teru | 2014-08-22 00:18 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(0)