【足立美術館】

           ★…【足立美術館】…★
           2017.11.20
【足立美術館】
地元出身の実業家足立全康により、1970年11月島根県安来市古川町に設立。
横山大観(約130点)をはじめ、榊原紫峰、竹内栖鳳、上村松園、川合玉堂、伊東
深水、橋本関雪らの近代日本画約1200点のほか、林義雄らの童画を収蔵されてい
ました。
陶芸館には、河井寛次郎(約150点)と北大路魯山人(約200点)の作品が収蔵してあ
ります。

e0039703_23341137.jpg


陶芸館には、河井寛次郎(約150点)と北大路魯山人(約200点)の作品が収蔵してあ
ります。
e0039703_13574339.jpg

【5万坪の庭】・・・(古戦場、勝山、月山を借景した庭園は中根金作の設計)
(白砂青松庭)
e0039703_1357825.jpg

(苔庭)
e0039703_13584328.jpg

(鶴亀の滝)
e0039703_1359982.jpg

◆庭園もまた一幅の絵画
(生の掛軸)
e0039703_13595784.jpg

(生の額絵)
e0039703_1404053.jpg

(枯山水庭)
e0039703_142012.jpg

(池庭)
e0039703_1432113.jpg

(茶室&廊下の紅葉)
e0039703_1451867.jpg

【文化勲章受章の作家達】が秋を憂う◆『主な展示』
横山大観「紅葉」「海潮四題・秋」「乾坤輝く」 竹内栖鳳「雨霽」 川合玉堂「夕月夜」
上村松園「待月」 松林桂月「山泉」 鏑木清方「紅」 小林古径「楊貴妃」
安田靫彦「王昭君」 前田青邨「山路之秋」 川端龍子「愛染」 松尾敏男「彩雨」
(館内)
e0039703_1464386.jpg

もっとゆっくり時間をかけて鑑賞したかったのですが、時間に追われて後ろ髪引かれる思いで・・・美術館を後にしました。いずれまた。
      
# by hime-teru | 2017-12-06 23:34 | 中国地方(山陽・山陰の旅) | Trackback | Comments(0)

【姫路城】

       ★…【姫路城】…★
          2017.11.19
【姫路城】
白鷺城。兵庫県姫路市本町にある平山城。1346年に赤松貞範が築城したのに始るという。以来、室町時代は赤松氏によって保たれ戦国時代には小寺氏が在城した。豊臣秀吉が中国征伐の拠点として、天正8(1580)年ここに3層の天守閣を築いた。
e0039703_22434210.jpg

e0039703_2245130.jpg

現在の規模にしたのは,慶長5(1600)年城主となった池田輝政で、その後入封した本多、赤松、平、榊原の諸氏が三の丸、西の丸を改修し1749年以来は酒井氏の居城として明治にいたった。
e0039703_22455961.jpg

e0039703_22465640.jpg

城郭は姫山を利用し、内・中・外の3重の堀をめぐらし・中・外の3重の郭から成り、東西約635m、南北約1744mの広大なもの。内部は、本丸、二の丸、三の丸、西の丸から成り、本丸には外部5層、内部6階の大天守と西、乾、東の3小天守をおき、これらを渡し櫓(やぐら)で連絡させている。
e0039703_22475194.jpg

e0039703_22482831.jpg

上下左右に多数の櫓、城門、土塀を配し、これに無数の狭間を設けて防備を固くしてある。各櫓は千鳥破風や唐破風によって変化に富み、白漆喰塗りの白壁の総郭は一大美観を呈し、その構造とともに日本城郭史上の粋をなしている。
e0039703_22493382.jpg

e0039703_22501770.jpg

城址は特別史跡、4つの天守閣および渡し櫓は国宝。西の丸にある通称「百間廊下」は、他の城にみられない独特のもので、化粧櫓を起点とし、ヌ、ル、ヲ、ワの櫓と、カ、ヨ、タ、レの渡櫓を連ねたもので、単なる廊下ではなく、廊下の内側に20余の部屋ができているのが特徴である。
e0039703_22505583.jpg


昨年秋の「姫路城」【姫路城】
昨年の「好古園」【好古園】
2007(平成17年)10年前修復前の姫路城です↓
春桜の「姫路城」【春の姫路城】
# by hime-teru | 2017-12-06 22:51 | 中国地方(山陽・山陰の旅) | Comments(0)

【好古園】

       ★……【好古園】…★
        2017.11.19

e0039703_23125112.jpg

e0039703_23132422.jpg

e0039703_23174044.jpg

e0039703_2318921.jpg

e0039703_23182767.jpg

e0039703_23184672.jpg

# by hime-teru | 2017-12-06 21:13 | 中国地方(山陽・山陰の旅) | Trackback | Comments(0)

倉敷】…中国地方の旅

         ★…【倉敷】…中国地方の旅 …★
           2017.11.19 倉敷
倉敷の町は、白壁土蔵のなまこ壁に、軒を連ねる格子窓の町屋、川面に映る柳並木など、情緒豊かな町並みが形作られており、昭和54年に、伝統的建造物保存地区に指定された町です。倉敷は、元々中国・四国地方の物資の集散地として重要な場所でした。関ヶ原の戦い以後、江戸幕府の天領となり、倉敷代官所がおかれていました。
e0039703_2324221.jpg

e0039703_23475.jpg

【倉敷川畔舟流し】
かつて物資を積んだ川舟の往来でにぎわった倉敷川。今は、その風情を味わえる観光川舟が運行されています。
e0039703_2305329.jpg

e0039703_2353538.jpg
e0039703_2362793.jpg

【倉敷の昔】
高梁川下流域の市。内海の湾入部にあたる倉敷は、人工的な干拓、埋立てによる陸化の部分が多い。
近世初頭以来、備中・讃岐などの江戸幕府直轄地を支配する代官所がおかれ、以後、周辺農村の米と綿花の集散地となり児島湾に注ぐ倉敷川の上流端(現在の大原美術館付近)には白壁の土蔵が立並んだ。
e0039703_2382759.jpg

e0039703_2324969.jpg

e0039703_23245624.jpg

西部は備中松山藩の外港として発展した港町で、高梁川とは高瀬通しと呼ぶ運河で連絡し児島半島の南西部にある港町下津井は瀬戸内海航路の港、金刀比羅宮への渡船場として繁栄。味野と琴浦は近世末期以来、綿と塩の集散地となり、現在は学生服、作業服の産地。農村部ではイネ、、サのほかモモ、ブドウ、ミカンや野菜の栽培が盛ん。イグサを原料とする畳表と花莚の生産も盛んである。
「商店街」
e0039703_23125831.jpg



現在の市域内には瀬戸内海国立公園の鷲羽山、六口島、王子ヶ岳のほか、大原美術館、民芸館、考古館、天文台などの文化施設がある。六口島の象岩は天然記念物に指定されている。

『倉敷』とは、荘園から年貢などを輸送する際に一時保管しておく場所。
江戸時代には倉敷代官所わきの倉敷川沿岸に蔵屋敷や問屋が並ぶ商業都市となった。これが地名の由来である。
e0039703_23152612.jpg

【倉敷美観区域】
倉敷では最古の町屋で約300年を経ています。「倉敷窓」といわれる窓に防火用の土塗りの扉をもっている市内で唯一の町屋です。
e0039703_23102410.jpg

e0039703_2395096.jpg

倉敷川沿いは倉敷民芸館、倉敷考古館などもあり、国の重要伝統的建造物群保存地区。倉敷紡績最初の工場はホテルに改装されて人気を集めている。834年(天保5)に倉敷代官所に郷学明倫館が置かれ、1930年わが国最初の西洋近代美術館の大原美術館が設立された。
e0039703_23111956.jpg

e0039703_23114559.jpg

e0039703_23155029.jpg

# by hime-teru | 2017-12-05 23:15 | 中国地方(山陽・山陰の旅) | Trackback | Comments(0)

【皇居散策】

          ★…【 皇居散策 】…★
           2017.11.27
旅行の打ち合わせで皇居前、「噴水公園」でお昼を共にして皇居周辺を久しぶりに散策しました。
快晴の下で、皇居石垣をお掃除光景を見ることが出来ました。
e0039703_22344355.jpg

e0039703_22355851.jpg

e0039703_22364724.jpg

e0039703_22373897.jpg

e0039703_22382143.jpg

e0039703_2238532.jpg

e0039703_22393388.jpg

石垣の間に草が根を張ると石垣が崩れてしまいます。このような手入れをなされていたとは、初めての発見でした.こうして文化財が守られていることに感慨深い思いになりました。

和田蔵門噴水公園
e0039703_22405696.jpg

『噴水の癒やし』見入ってしまいました。

国会前公園まで散策
e0039703_22422871.jpg

e0039703_22425886.jpg

# by hime-teru | 2017-12-05 22:43 | 徒然散策(関東編) | Trackback | Comments(0)

【2017年の軽井沢の紅葉】

            ★…【2017年の軽井沢の紅葉】…★
              2017.10.24~25 北軽井沢
今年は初めての「いとこ会」を開催しました。父が48歳(病死)という若さで黄泉の国へ旅立ち半世紀と数年、盛大な50回忌の法要も記憶に新しい。クラス会の帰省で急遽、いとこ会の集まりが現実になり年齢は65歳から84歳、大変楽しい集いになりました事を亡き父に報告いたしました。

父方のいとこ会(実家は本家)分家、一人娘の婚家、計9人で、本家である我が里風景が鮮明に思い出され、齢の上の従姉兄からの話は知らない事ばかりで新鮮に聞くことが出来、有意義な集いになりました。絆の幸せを噛みしめた嬉しい旅になりました。紅葉もお仲間に引き込んで・・・皆の幸せを祈りながら・・・・。

少しばかりですが今年の軽井沢の紅葉を見て下さい。
e0039703_22213138.jpg

e0039703_2223276.jpg

e0039703_2224132.jpg

e0039703_2225429.jpg

旧三笠ホテル
e0039703_2226459.jpg

e0039703_22263620.jpg

e0039703_22271099.jpg

e0039703_22273795.jpg

e0039703_222888.jpg

軽井沢
e0039703_22284492.jpg

e0039703_22291910.jpg

# by hime-teru | 2017-12-04 22:02 | Trackback | Comments(0)

9月の花-秋明菊

                        ★… 【さ行の花】 9月の花-秋明菊 …★
                             2017.09~10月 我が家の庭
秋明菊、貴船菊
シュウメイギク(秋明菊)キンポウゲ科の多年草。中国原産ともいわれるが、古くから日本で観賞用に栽培され一部では野生化している。
e0039703_2373798.jpg

京都の鞍馬(くらま)や貴船(きぶね)山中に多く、キブネギクの名もある。栽培品が野生化したものである。
e0039703_238179.jpg

e0039703_2385193.jpg

茎は直立してまばらに分枝し高さ約70cm内外。葉は3出複葉で,小葉はしばしばさらに3裂する。
e0039703_2393874.jpg

e0039703_2310155.jpg

花は9~10月頃開き、紅紫色で径5~7cm、外側には緑色の萼片があり、内部には色のついた花弁状の萼片が多数あって平開しキクの花のようにみえる。おしべ、めしべともに多数ある。
e0039703_23103664.jpg

e0039703_23111189.jpg

園芸品種には一重咲きや白色花もあり、これらは新しい渡来品種といわれている。栽培には乾きすぎない半日陰が適地。
e0039703_23114798.jpg

# by hime-teru | 2017-11-23 23:11 | 【さ】行の花 | Trackback | Comments(0)

9月の花-オキナワスズメウリ

★… 【あ行の花】 9月の花-オキナワスズメウリ …★
   2017.09~11月 我が家にて
【琉球オモチャウリ】別名-(オキナワスズメウリ)
ツタを伸ばす一年草雌雄同株で一つの株に雄花と雌花が咲いて結実します。花は目立たない1㎝ほどの小さな黄色の花です。
e0039703_2352532.jpg

e0039703_23523565.jpg

実は緑からオレンジ最後は真っ赤になり、そこに入った白いストライプのコントラスト。ウリボウ(イノシシの子供)のような風情です。
e0039703_23534228.jpg

e0039703_23531815.jpg

カラスウリやスズメウリは雑草として扱われていますが、オキナワスズメウリは主に観賞用として栽培され、カラスウリやスズメウリとは近縁の別種です。
e0039703_23542558.jpg

e0039703_23545610.jpg

e0039703_23581261.jpg

オキナワスズメウリは主に「琉球オモチャウリ」という名前で流通しています。2~3cmほどの白いストライプの入った小さな実がになり、熟すにつれて緑色から黄色になり、最終的には真っ赤に変わっていきます。
e0039703_2355456.jpg

e0039703_23561564.jpg

実実がオモチャのような見た目をしていることからこの名前で呼ばれているようです。
e0039703_2359127.jpg

e0039703_23593117.jpg

# by hime-teru | 2017-11-15 23:56 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

9月の花- 白粉花

★…【あ行の花】 9月の花- 白粉花 …★
    2017.09 家庭菜園にて」
【おしろい花】
オシロイバナは、黒い果実(種子)を割ると、白い粉質のもの(胚乳にあたる部分)があり、それがおしろいの粉のようなのでこの名がつけられています。
e0039703_23424948.jpg

日本には江戸時代に入り、各地で野生化しているものも多く見られます。
タネをまいて容易に育てられるので、一年草扱いにされることも多いのですが、本来は多年草です。
花は夕方4時ごろから開き、翌朝まで咲いています。午前中にはしぼんでしまう一日花です。
e0039703_23432597.jpg

夏から初秋の間ほとんど途切れることなく次々と咲き続けるので長く楽しめます。
夜間に観賞できるような場所に植えると、さわやかな香りを楽しめます。
白花や黄花は暗がりの中でも浮き上がるように花が目立ちます。
e0039703_2344611.jpg

花はろうと形で大きく開き、花径は3cm。筒の部分は細長く5cmくらいあります。
花弁はなく、花弁状の部分は萼片で、つけ根にある萼のような部分は苞にあたります。
e0039703_23451030.jpg

e0039703_23434872.jpg

品種名のないものがほとんどで、花色は赤、オレンジ、黄色、ピンク、白があります。1株の中で花ごとに少しずつ花色が違う絞り咲きや咲き分けの花は咲いてくれてからの楽しみがあります。
# by hime-teru | 2017-11-15 23:44 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

9月の花-クレオメ

                    ★… 【か行の花】 9月-クレオメ …★
                        2017.09~10月 家庭菜園
【西洋風蝶草】
クレオメ。フウチョウソウ科フウチョウソウ属の総称。熱帯から亜熱帯に150種ほど知られ、沖縄に分布する。
e0039703_2328571.jpg

一般に栽培されるのはセイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)の熱帯アメリカ原産の1年草。茎は単生または2、3本立ちで高さ約1メートル。葉は4~7枚の小葉からなる掌状複葉で、基部に刺(とげ)がある。
e0039703_23273140.jpg

6~9月、茎頂に総状に多数の花をつける。花弁は四枚で下半分は細く線状となり、花色は淡桃、紫桃、白色。雄しべは花色と同色で、5~7.5センチ、花外に長く突き出るのが特徴である。
e0039703_23282663.jpg

雌しべは1本で、花期後に15センチほどの細長い莢(さや)となり、長柄をつけて四方に広がり、花とともに観賞される。
e0039703_23321357.jpg

美しい花火のようですね。夕方咲き始め,翌日の昼にしおれる。
e0039703_233068.jpg

4~5月に播種(はしゆ)するが、土質を選ばず、きわめてじょうぶで、翌年にこぼれ種からでも成長する。
# by hime-teru | 2017-11-15 23:32 | 【か】行の花 | Trackback | Comments(0)