<   2016年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

姫路城

                              ★… 【姫路城】 …★
                                 2016.11.20 
【秋の姫路城】
国宝姫路城は平成5年12月、奈良の法隆寺とともに、日本で初の世界文化遺産となりました。
e0039703_858565.jpg

シラサギが羽を広げたような優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城。白漆喰総塗籠造りの鮮やかな白の城壁や5層7階の大天守と東、西、乾の小天守が渡櫓で連結された連立式天守が特徴です。
e0039703_8584591.jpg

姫路城が世界遺産に登録されたのは、その美的完成度が我が国の木造建築の最高の位置にあり、世界的にも他に類のない優れたものであること。又、17世紀初頭の城郭建築の最盛期に、天守群を中心に、櫓、門、土塀等の建造物や石垣、堀などの土木建築物が良好に保存され、防御に工夫した日本独自の城郭の構造を最もよく示した城であること等が評価されたためです
e0039703_8592616.jpg

姫路城は平成27年3月27日にグランドオープンを迎えました。
e0039703_90096.jpg

◎大天守-天守台の東南隅に位置し、外観5重・内部は地下1階・地上6階の造りになってiいる。
最上階の大棟両端には阿吽(あうん)一対の大鯱瓦(しゃちがわら)を飾っています。外観は千鳥破風(ちどりはふ)・大千鳥破風・唐破風(からはふ)を組み合わせ、調和のとれた非常に美しいものになっています。
e0039703_904796.jpg

姫路城の大天守は、慶長14(1609)年に建築。400年以上その美しい姿を残しています。
姫山の地に初めて砦が築かれたのは1333年、赤松氏の時代といわれています。以来、13氏・48代が城主を務め、戦塵にまみれることなく今日にいたっています。
◆まだ、工事中の所もありました。
e0039703_911620.jpg

赤松氏の後、羽柴秀吉、池田輝政、本多忠政が城に夢を託して拡張、全容が整ったのは戦乱の世が落着いた1617年のことです。
e0039703_921047.jpg

地名としての「姫路」という呼び方は、江戸時代初期、池田輝政が姫路城を築き、城下町を整備した当時の文献に見られます。
e0039703_924561.jpg

姫路城生まれの黒田官兵衛にまつわる石垣
e0039703_93813.jpg

◎西の丸長局(百間廊下)千姫に仕えた侍女たちが居たところで、千姫は毎朝この廊下から男山を拝んでいたと伝えられています。
e0039703_93416.jpg

e0039703_941176.jpg

e0039703_944088.jpg


●前ページにて、春の姫路城(2007年)修復前の姫路城もアップです。見比べて見て下さいまし
by hime-teru | 2016-11-30 20:00 | 旅の情景(京都) | Trackback | Comments(0)

春の姫路城(修復前)

                                ★… 【 姫路城 】桜の姫路城 …★
                                 2016.11.20 撮影は2007年春、修復前の姫路城です。 
平成の大天守保存修理工事は平成21年から終了は27年でしたが、まだ、テントで覆われた所も御座いました。私が参りましたのは平成19年、2007年、修復前の姫路城の容姿でしたが、桜に映えて美しいお城で御座いました。
e0039703_16394447.jpg

◎菱の門-櫓門と呼ばれる型式の二の丸の入口を固めた門
e0039703_16405215.jpg

姫路駅前から
e0039703_1641561.jpg

桜、満開の時でしたが・・ゆったりとお城見学が出来ました。
e0039703_16423699.jpg

美しい姫路城の容姿です。桜が映えます
e0039703_16464722.jpg

城内の桜(備前門)太鼓櫓周辺の石垣
e0039703_16512443.jpg

【天守閣から】
e0039703_1654826.jpg

【天守閣】
昨年に秋の見学では、外国の観光客が大勢訪れ、入場まで2時間、天守閣までまた、1時間、時間が許さず断念致しました。この写真は修復前に撮影出来たものです。
【天守閣】
e0039703_1772184.jpg

e0039703_1774233.jpg

by hime-teru | 2016-11-30 10:16 | 旅の情景(京都) | Trackback | Comments(0)

姫路、好古園

                                  ★…【 好古園 】…★
                                  2016.11.20
姫路城大天守閣混雑のため、姫路城西御屋敷跡庭園「好古園」を訪ねました。
e0039703_1732446.jpg

e0039703_1733712.jpg

「好古園」は市制百周年を記念して建造された約1万坪の日本庭園で文化財の保全と活用を兼ねた新しい文化の場として平成4年4月29日に開園しました。
e0039703_17334986.jpg

e0039703_17343695.jpg

庭園の計画は、京都大学教授中村一氏の設計監修、確認された屋敷割や通路の地割を活かした9つの大小庭園群及びアプローチ樹林帯・広場で構成しています。
e0039703_17484991.jpg

e0039703_17352865.jpg

e0039703_1736813.jpg

庭園内には、築地塀・屋敷門・長屋門や渡り廊下で結んだ「活水軒」「潮音斎」、茶室「双樹庵」を配す。池泉回遊式庭園ですが、最大の特徴は世界遺産・国宝姫路城を借景としていることです。
e0039703_17365280.jpg

e0039703_17373164.jpg

e0039703_17391644.jpg

「好古園」の愛称は、藩校「好古堂」に因んで命名されました。
e0039703_17382228.jpg

江戸時代最後の姫路藩主であった酒井家、前任地上野国厩橋(群馬県前橋市)において元禄5年(1692)に藩校「好古堂」を開校しました。寛延2年(1749)酒井忠恭が姫路藩へ移封されたとき、藩校も姫路城内大名町東南総社門内の元藩会所跡に移設されました。
e0039703_17404447.jpg

e0039703_1741882.jpg

その後、好古堂は桜町大手門前南側を経て、天保13年(1842)に酒井忠学は、「好古堂」を大手門西側(現在の好古園入ロ付近)に移転拡張しました。このとき、寄宿舎を私学校「仁寿山饗」から移築し演武場などを新築し藩校の規模を拡充して文武の基礎を固め両道の振興を図りました。
e0039703_17413883.jpg

e0039703_17422399.jpg

e0039703_17424367.jpg

美しいお庭でした
e0039703_17432828.jpg

e0039703_17491564.jpg

by hime-teru | 2016-11-30 08:44 | 旅の情景(京都) | Trackback | Comments(0)

金福寺

                                   ★…【 金福寺 】…★
                                    2016.11.21
【金福寺】
金福寺(こんぷくじ)は、京都市左京区一乗寺にある臨済宗南禅寺派の寺である。山号は佛日山。本尊は聖観音菩薩。
e0039703_1852515.jpg

e0039703_1862085.jpg

詩仙堂の少し南にあるこの寺には与謝蕪村の墓所があり、松尾芭蕉が滞在したとされ、芭蕉を敬慕する与謝蕪村とその一門によって再興された芭蕉庵がある。また舟橋聖一著の『花の生涯』のヒロインである村山たか(村山たか女)ゆかりの寺として知られる。
e0039703_187094.jpg

【お庭】
e0039703_1810221.jpg

e0039703_1885430.jpg

e0039703_1893828.jpg

「芭蕉庵」
e0039703_18111594.jpg

庭園の東側に立つ茅葺き屋根の庵で、内部は千利休が造った待庵に似た三畳台目の茶室となっている
元禄時代に鐡舟和尚と親交の深かった松尾芭蕉が京都を旅行した際に滞在したことで知られ、周辺の住民によって芭蕉庵と呼ばれるようになったが、後に形がないほど荒廃したために、芭蕉を敬慕する与謝蕪村とその一門によって、1776年(安永5年)再興された。
e0039703_18121682.jpg

e0039703_18125269.jpg

裏山に登ると京都市内が一望
e0039703_18144997.jpg

e0039703_181639100.jpg

高台には与謝蕪村とその一門の墓と歌碑
e0039703_1816051.jpg

e0039703_18214424.jpg

by hime-teru | 2016-11-30 07:00 | 旅の情景(京都) | Trackback | Comments(0)

詩仙堂

                                 ★…【 詩仙堂 】…★
                                  2016.11.21
【詩仙堂】
京都市左京区にある江戸時代初期の文人石川丈山の山荘跡。国の史跡に指定されている。
e0039703_2121918.jpg

詩仙堂は徳川家の家臣であった石川丈山が隠居のため造営した山荘である。名前の由来は、中国の詩家36人の肖像を掲げた詩仙の間による。
e0039703_2133770.jpg

e0039703_2145316.jpg

e0039703_216524.jpg

詩仙は日本の三十六歌仙にならい林羅山の意見をもとめながら漢晋唐宋の各時代から選ばれた。肖像は狩野探幽によって描かれ詩仙の間の四方の壁に掲げられている。
四季折々、実りの秋の風情
e0039703_2165644.jpg

e0039703_2127454.jpg

詩仙堂は正確には凹凸? (おうとつか) という。凹凸?とはでこぼこの土地に建てられた住居の意味であり、建物や庭園は山の斜面に沿って作られている。 丈山は詩仙の間を含め建物や庭の10個の要素を凹凸?十境と見立てた。
e0039703_21131985.jpg

秋の晴れ舞台(七色の妖精達)
e0039703_21142867.jpg

e0039703_21165456.jpg

丈山は漢詩をつくるだけでなく庭づくりの名手としても有名。丈山の手がけた庭園は京都市内にも数ヵ所あり詩仙堂の庭も丈山自ら手がけた庭園です。庭園には四季折々の花々や木が植えられ、季節ごとに異なる表情を楽しむことができます。
e0039703_217486.jpg

e0039703_2181779.jpg

■玄関上は3階建の「嘯月楼」
e0039703_219388.jpg

真っ赤なモミジ
e0039703_21124469.jpg

■「ししおどし」発祥の地
当時、詩仙堂が建てられた場所は山のふもとにあり、夜中に頻繁に出没するイノシシや鹿を追い払うために「ししおどし」が考案されました。イノシシたちはその音に驚き、畑を荒らさなくなったのだとか。また、静寂の中でコーンと竹が石を打ちつける響きは、隠居生活を送る丈山の慰めとなったといわれており、彼がつくる庭には「ししおどし」が設置されるようになりました。それがいつしか全国に広まったといわれています。
e0039703_2194342.jpg

e0039703_21244673.jpg

出口の石垣
e0039703_21114889.jpg

by hime-teru | 2016-11-29 22:16 | 旅の情景(京都) | Trackback | Comments(0)

曼殊院

                              ★…【曼殊院】…★
                               2016.11.21
【曼殊院】
京都市左京区一乗寺にある天台宗の仏教寺院である。山号はなし。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は是算(ぜさん)である。竹内門跡とも呼ばれる門跡寺院(皇族・貴族の子弟が代々住持となる別格寺院のこと)であり、青蓮院、三千院(梶井門跡)、妙法院、毘沙門堂門跡と並び、天台五門跡の1つに数えられる。国宝の黄不動画像や曼殊院本古今和歌集をはじめ多くの文化財を有する。
e0039703_22245577.jpg

e0039703_22281325.jpg

境内は比叡山西麓に位置する。入口である勅使門の左右の塀は5本の水平の筋が入った築地塀で、門跡寺院としての格式の高さを表している。
e0039703_22255011.jpg

主要な建物としては玄関、大書院、小書院、庫裏、護摩堂などがある。中心になる仏堂はなく、本尊は大書院の仏間に安置されている。枯山水庭園は小堀遠州の作といわれる。
e0039703_2226319.jpg

曼殊院は平安時代以来、近世末期に至るまで北野神社(現・北野天満宮)と関係が深く、歴代の曼殊院門主は北野神社の別当(責任者)を兼ねていた。
e0039703_2227664.jpg

e0039703_22273094.jpg

曼殊院を東山山麓の現在地に移し、寺観を整えたのは29世門主の良尚法親王であった。
良尚法親王は桂離宮を造営したことで名高い八条宮智仁親王の第二皇子であり、後水尾天皇の猶子であった。
e0039703_2229432.jpg

良尚法親王は天台座主(天台宗最高の地位)を務めた仏教者であると共に茶道、華道、香道、和歌、書道、造園などに通じた教養人であり、当代文化に与えた影響は大きかった。
e0039703_22315048.jpg

文化財は法親王の趣味と教養の広さを示している。
by hime-teru | 2016-11-28 22:29 | 旅の情景(京都) | Trackback | Comments(0)

圓光寺

★…【 圓光寺 】…★
2016.11.21
京都の秋はどこも観光客であふれます。昨今は特に海外からの観光客で有名なお寺さんは身動きが出来ない程混み合っています。混雑を避けて今年は宿の近間を散策してきました。
【圓光寺】
渦を巻き、様々な流れを見せる白砂を雲海に見立て天空を自在に奔るを石組で表した「平成の枯山水」奔龍庭
e0039703_23503593.jpg

白砂の上にモミジが一幅の絵を作っています
e0039703_2355307.jpg

e0039703_094497.jpg

開山 三要元佶(閑室)禅師  開基 徳川家康公、1601(慶長6)年、徳川家康公が文治政策として閑室元佶(カンシツゲンキツ)師を招いて伏見に学問所を開いたのに始まり、圓光寺版と呼ぶ図書も出版、当時の木活字(重文)が現存する。1667年(寛文7)現在地に移転。庭園は新緑や紅葉時に美観を呈し、本堂前には水琴窟が設置され、妙音を聞ける。
e0039703_23581247.jpg

e0039703_2359259.jpg

e0039703_2359305.jpg

境内山上からは眼下に燃え立つ紅葉、遠くには北山や嵐山の眺望も楽しめる。
e0039703_09163.jpg

慶長6年徳川家康は国内教学の発展を図るため、下野足利学校第九代学頭・三要元佶禅師を招き、伏見に圓光寺を建立し学校とした。圓光寺学校が開かれると僧俗を問わず入学を許した。
e0039703_0125159.jpg

苔むした木々にモミジがひらり・・・。
e0039703_014898.jpg

e0039703_0143633.jpg

e0039703_0152495.jpg

庭園は、山門を入ると枯山水「奔龍庭」が眼前に広がり、更に中門を抜けると苔と紅葉で有名「十牛之庭」がある。水琴窟、栖龍池とともに洛北の静寂さをかもしだしている。
「十牛之庭」池泉回遊式庭園。周囲の山々を取り込んだ大らかな作りは「尼寺」として長い歴史の家風そのものです。
e0039703_00379.jpg

e0039703_062554.jpg

e0039703_0113715.jpg

素晴らしい屏風絵
e0039703_071694.jpg

裏山には当山開基の徳川家康公を祀った東照宮や、墓地内には村山たか女(花の生涯のヒロイン)の墓がある。
e0039703_08812.jpg

日本最古の木活字 (重要文化財)あります。
自己と向き合う、圓光寺の禅-明治以降、日本で唯一の尼僧専門道場だった圓光寺の禅堂。近年まで実際に尼僧達が集団で修行にあけくれた処で坐ります。
e0039703_0104669.jpg

「座禅」
身を整え(調身)、呼吸を整え(調息)、心を整え(調心)、無になり切っていく。
本当の自分を探す旅の第一歩でもあります。
e0039703_0194831.jpg

by hime-teru | 2016-11-28 10:16 | 旅の情景(京都) | Trackback | Comments(0)

【関東】54年ぶりの初雪

                       ★… 【初雪】54年ぶりの早い初雪 …★
                            2016.11.24
【大雪】
関東は54年ぶりの早すぎる初雪。冬並みの強い寒気の影響で、関東甲信地方は24日未明から雪となり当地でも積雪2センチと寒い日になりました。
県消防防災課によると、雪の影響で県内では骨折4人を含む12人の怪我人が出た模様です。交通機関への影響、運休、遅れ、見合わせ、変更と大変な1日になりました。
e0039703_1929133.jpg

我が家の積雪の様子です。
e0039703_19293297.jpg

e0039703_19294480.jpg

e0039703_1930074.jpg

e0039703_19302018.jpg

e0039703_19303414.jpg

e0039703_19305719.jpg

e0039703_19312055.jpg

e0039703_1931432.jpg

e0039703_1932417.jpg

e0039703_19322322.jpg

大雪でした。失礼します。
by hime-teru | 2016-11-24 00:24 | 一期一会 | Trackback | Comments(0)

【県民の日】宝登山ハイキング

                        ★…【県民の日】宝登山ハイキング…★
                            2016.11.14
毎年県民の日に4人の仲良しグループで秩父のハイキングを致します。もう何年になりましょうか?続いています。今年は少し手前の宝登山に行ってきました。例年より早めの紅葉、狂い咲きのツツジが鮮やかに迎えてくれました。
e0039703_199136.jpg

e0039703_199311.jpg

標高497メートルの宝登山(ほどさん)ロウバイやシャクナゲ、ツツジが春を彩りますが、秋は紅葉、寒桜が奥ゆかしく、ツツジの狂い咲きは花の異常気象?…花の“狂い咲き”という現象は昔からあったようです。通常は春に咲く花が初冬のころに花を着けることを言い、“二度咲き”とも言う。二度咲きのツツジも楽しめました。
e0039703_19143098.jpg

眼下に広がる秩父の町並みや、秩父のシンボル「武甲山」、鋸状の山容をした「両神山」など眺望抜群です。
e0039703_19145993.jpg

e0039703_19152395.jpg

日本には、サクラの品種は多い。近年の地球温暖化とは関係なしに、異常気象とは関係なしに祖先は変わった新しい品種を育ててきました。その中でも、十月桜は八重で白から薄ピンクまたはやや濃いピンクの花が10月頃から咲き始める。冬桜は秋から春にかけて咲く一重で白色または薄いピンクの花である。
e0039703_19155589.jpg

e0039703_19163192.jpg

ハイキング道も秋色でした
e0039703_1917777.jpg

【宝登山神社】
『御祭神』神日本磐余彦尊、大山祇神、火産霊神で、宝登山神社は、埼玉県秩父郡長瀞町の宝登山山麓にある神社。旧社格は県社で現在は神社本庁の別表神社です。
e0039703_191936.jpg

e0039703_19192972.jpg

秩父には秩父神社・三峯神社とともに秩父三社の一社。宝登山山頂には奥宮が鎮座する。西暦110年、今からおよそ1900年前、第12代景行天皇の御代とつたえられています。
e0039703_19194732.jpg

e0039703_19201284.jpg

現在の御社殿は、江戸時代末から明治初頭に造り替えられた本殿、幣殿、拝殿より成る権現造り(ごんげんづくり)です。欄間には、「二十四孝」を始め多くの彫刻が施されています。
e0039703_19204236.jpg

e0039703_1921946.jpg

境内の紅葉です。今年は1週間ほど早く紅葉は見頃でした。
e0039703_19212571.jpg

by hime-teru | 2016-11-15 00:17 | 徒然散策(関東編) | Trackback | Comments(0)

【こもれび草】 フイランツス

※暫くご無沙汰でした。眼科検診などで更新を控えておりました。負担がない程度で撮りためた花の更新をと思っています。宜しくお付き合い下さいませ。

                    ★… 【こもれび草】 フイランツス …★
                    2016.10/20 日比谷公園にて
【こもれび草】 フイランツス
繊細な銀葉で次々に咲く小さな花です。名前が可愛らしいく何とも言えません(*^_^*)
e0039703_23471166.jpg

細かいシダの様な合歓の葉のような柔らかな銀葉、花はとても小さく葉の付け根に2mm程の小さな小花が鈴なりに咲きます。
e0039703_23473679.jpg

e0039703_23493276.jpg

葉表が光に当たると美しい銀葉になる。ミカンソウ科フィランツス属の非耐寒性常緑多年草。
e0039703_23475999.jpg

開花期:四季咲きのようです。草丈は20cm程。お日様を好みます。
e0039703_23481420.jpg

耐暑性はかなりあるようですが、耐寒性は弱いそうです。冬場は切戻しをして室内で凍結しないように育てます。
e0039703_23544578.jpg

こぼれ種がとても良く発芽しますので、それを育てるほうがきれいに育ちます。
e0039703_2350217.jpg

e0039703_2349716.jpg

by hime-teru | 2016-11-08 23:50 | 【か】行の花 | Trackback | Comments(0)