<   2006年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

【花宴の巻】 (2) 京都御所 ‥ 右近の橘・左近の桜

                     ★… 【 花宴の巻 】 (2)  京都御所 ‥ 右近の橘・左近の桜 …★
                               撮影はH18,4,9 

光源氏二十歳春、宰相兼中将時代
文中に如月の二十日あまり南殿の桜の宴せさせたまふ。「南殿」とは紫宸殿の事である。舞楽類など万端御準備あそばして管楽器の伴奏で漢詩に節を付けて声高く歌い舞を舞ったりと花の宴が始まり夜が更けていく。翌日も後宴の催しがあり源氏は箏の琴をお務めになる。優美に興趣が感じられると出て来ます。
四月の初旬、京都に源氏物語のゆかりの地を訪ねて御所(一般公開の期間でしたので)に立ち寄ってみました。
                 【京都御所内】
e0039703_2226277.jpg

                 【右近の橘・左近の桜】
e0039703_222819.jpg

e0039703_22283028.jpg

その昔、平安京が造られた頃後宮に女御・更衣あまたさぶらふた宮城内はどのようであったのだろうか?現代の御所のような大きな木々に囲まれていたのだろうか?当時の人口は15・16万人だと言われている。内裏の奥に紫式部もやんごとなき人(道長の娘、彰子中宮)の後宮に仕えていたかとおもうと・・・。1000年の昔がここに存在していたかと思うと興味深く見学できました。
       【菖蒲、バイモ、ヤマブキ、都忘れ、ツツジ、春のお花を設えて・・・】 
e0039703_22305927.jpg

        【御学問所 親王宣下や御進講や月次の和歌の会等に使われた】
e0039703_22322034.jpg

紫式部というのは女房として宮中に出仕した時に呼ばれた名で、「紫」は「紫上」に関連、「式部」は父が式部の丞であったことから付けられたものだと言われている。
中流貴族の藤原宣孝と遅い結婚をして一女をもうけますが、すぐにその夫は亡くなってしまいます。式部は悲しみと絶望的な気持ちから『源氏物語』を描くことになったと思われます。
                     【舞楽類の数々】
e0039703_2240162.jpg

                    【源氏が務めた箏の琴】
e0039703_22404076.jpg

e0039703_2241138.jpg

e0039703_22414381.jpg

by hime-teru | 2006-04-30 22:55 | 源氏物語花考察(ゆかりの地) | Trackback | Comments(2)

【稚児百合】 チゴユリ

ユリ科の多年草。茎は高さ30~40センチ。地下を横走する。母株は枯死するが地下茎の先端部に形成された娘個体が分離し生き残る。果実をつける有性個体と果実をつけない無性個体がある。5~6月に茎頂に花柄1~2センチの広鐘花を1、2個やや下向きにつける。花は白色で淡緑色を帯びる。6枚の花被片は写真のような星形です。葉は楕円形または長楕円形でササの葉に似ている。
和名は花の姿が小さく可愛らしいことによる。
             撮影は我が家、H18、4,21
e0039703_1028412.jpg

日本全土の丘陵などの落葉樹林の林床に生え、低山帯上部の針葉樹林内にもみられる。南千島から朝鮮半島、中国にも分布する。
e0039703_10293629.jpg

☆稚児(ちご)の語源は乳子(ちご)だから乳児をさすが少し成長した児童を含めて稚児という。
e0039703_1032571.jpg

姿はとても叙情的な画になり写真でも格好の被写体になります。可愛い赤ちゃんを想像しミルクの匂いすら漂うようで抱きしめてあげたいような大好きなお花です。
by hime-teru | 2006-04-30 10:33 | 【た】行の花 | Trackback | Comments(3)

【妖精のろうそく】 プリムラ

ヒマラヤ原産の穂先サクラソウ、蕾の内は赤ですが、開花していくと写真のような美しい青紫色に変化してきます。花は一ヶ月程かけて下から咲き上がって来ます。ロウソクの姿に似ていますので「妖精のろうそく」と名がついたのでしょう。芳香もあります。
                  撮影は家、 H18,4,4
e0039703_23374272.jpg

花を見るかぎりサクラソウの仲間には見えませんね。耐寒性があり越冬可能です。
夏は涼しい場所に置くのが好ましい。
e0039703_23382022.jpg

              近づいて見ると・・・撮影 H18,4,24
e0039703_23401426.jpg

by hime-teru | 2006-04-28 23:48 | 【は】行の花 | Trackback | Comments(0)

【源氏物語文中の花】 巻48  『早蕨・さわらび』 梅

              ★… 【 源氏物語文中の花 】 巻48  『早蕨・さわらび』  

※中君と薫、紅梅を見ながら和歌を詠み交す。
★はかなしや霞の衣裁ちしまに花のひもとく折も来にけり ……… 薫君(意)早いものですね、霞の衣を作ったばかりなのにもう花が綻ぶ季節となりました。和歌に添えて薫は中の君に春の花のいろいろに似た衣服を贈られたのであった。
e0039703_0373878.jpg

★見る人も あらしにまよふ山里に昔おぼゆる花の香ぞする ……… 中君(意)花を見る人もいなくなってしまいましょうに嵐に吹き乱れる山里に昔を思い出させる花の香が匂って来ます。
e0039703_0382790.jpg

★ 袖ふれし梅は変はらぬ匂ひにて根ごめ移ろふ宿やことなる ……… 薫君(意)昔賞美された梅は今も変わらぬ匂いですが根ごと移ってしまう邸は他人の所なのでしょうかと絶えない涙をぬぐい隠してあまり多くは言わぬ薫であった。
e0039703_0393417.jpg

e0039703_0402564.jpg

大君を失った悲しさに身の置き所もない薫は、匂宮と中の君との幸せを願ってはいるものの次第にしだいに中の君に心が傾き未練がましい思慕の情を断ち切れないでいます。
e0039703_0411285.jpg

by hime-teru | 2006-04-28 00:43 | 源氏物語(巻41~巻50) | Trackback | Comments(0)

創作花瓶

 【花瓶】 (1)
★土…上信楽 ★手びねり ★釉薬…左(益子の黒)右(白萩に織部釉)
長い筒を作り二つに折り曲げたものです。
e0039703_23585745.jpg

  …高さ20センチ・幅15センチ・口は横長の6センチ・奥行き5センチ…

    ●―――――――――――――――――――――――‐‐‐●
 【花瓶】 (2)
★土…混合 ★ロクロ仕上げ ★釉薬…イラボ・上下…黒釉・円外の白い部分は白泥をかけて透明釉。
ロクロでドーナツの形を作ります(中は空洞)一カ所にで穴を開けて花瓶の口を取り付けます。台擬きを付け足して倒れないよう安定感を保ちました。
e0039703_011488.jpg

 …高さ20センチ・円外の径20センチ・円内の径10センチ・口の径5センチ・ドウナツの径も5センチです…
◎和洋花、蔓物、ドライフラワー、いずれも可。お花によって趣の変化を楽しんでいます。
by hime-teru | 2006-04-27 00:08 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

ヤマシャクヤク【山芍薬】

春に山地の林の中でひっそりと咲く白い花。和名は、日本で古くから栽培されるシャクヤクに似ており日本の山地に自生することから名付けられました。
            ★撮影は H18,4,20 家にて
e0039703_013899.jpg

華やかな彩りの花は見ただけで元気が出て来ますが、山林の中に咲いている山芍薬は、松風の茶の湯の音を聞きながら茶室で一服のお茶をいただきながら静かに時間が流れていくような、”清く、正しく、美しく”そんな雰囲気を持った花です。
e0039703_035826.jpg

 ボタン科の多年草。根は赤みを帯び肥厚して肉質となる。茎は高さ30~50センチ基部に鱗片状に退化した根出葉がある。4~6月、茎の先に径約5センチの白色花を1個ずつ上向きに開く。萼片は3枚で緑色、花弁は5~7枚あって半開の状態にとどまる。
果実は袋果で秋に裂開し紅色で不稔の小さな種子と大きな黒青色の成熟した種子が露出するようです。落葉広葉樹林の林内や林縁に生え関東地方以西の本州から九州および朝鮮半島に分布しています。
e0039703_071957.jpg

野草園で買い求めて2年目に我が家の植木鉢で開花してくれました。透きとおる純白の美しい花は美人薄命のごとく、たった一日きりの運命の花です。
by hime-teru | 2006-04-26 00:14 | 【や】行の花 | Trackback | Comments(0)

オドリコソウ 【踊子草】 - (1)

★ はかり知れない不可思議な花を先ずはご覧下さい ★
【小さな花に吸い寄せられ植物の不思議な姿に暫く釘付けになってしまいました】
              撮影は H18,4,24 (家にて)
e0039703_23534847.jpg

花名は花の姿が笠をかぶった踊り子に似ているのでオドリコソウと名付けられました。輪になっておどっています。
e0039703_23553177.jpg

     菅笠をかぶり、しなやかなに、お袖の袂が微かにゆれて・・・
e0039703_23581247.jpg

佐渡おけさ?それとも、越中おわらのしとやかな踊り子?に見えませんか?(^^)
e0039703_23592951.jpg

e0039703_022524.jpg

シソ科の多年草。茎は方形で直立し高さ30~60センチになる。基部から細い走出枝を出し葉は対生し広卵形。4月(山地では6月)頃に白色または淡紅色を帯びた花をつける。春の草で初夏には地上部が枯れてくる。山野の道端ややぶ陰に群生する。日本、朝鮮、中国、樺にはえる。萼は五裂し裂片は針状、花冠の筒部は上向き基部はくびれ、上唇は冑形で縁に毛があり下唇は前に突き出して広がり小さい刺の側裂片がある。
e0039703_044174.jpg

★先日、お見舞に伺った時、所望して分けて頂いたオドリコソウ。根付いてくれればと心から願う。
by hime-teru | 2006-04-25 00:05 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(4)

キブシ 【木五倍子・木付子】

キブシ科の落葉低木。山地に広くみられる。高さ2~3m。褐色の樹皮で卵形で先
がとがった鋭い鋸歯のある葉が互生する。春に若葉が伸びる前に黄色花を穂状に垂らす。果実を粉とし、これを五倍子(ふし)の代用として黒色染料になる。雌雄異株。花は黄色の6弁で4本のおしべがある。
e0039703_0281756.jpg

雌木に球形の果実を粉とし、これを五倍子(ふし)の代用品とするので「木ぶし」の名がつけられたという。マメブシの別名もある。材は杖・柄・楊枝などになる。
北海道から九州に分布し花枝はいけ花に用いられる。
by hime-teru | 2006-04-24 00:28 | 【か】行の花 | Trackback | Comments(2)

ヤブレガサ 【破傘】

 キク科の多年草。茎は高さ1メートルに達する。茎葉は柄があって2、3枚が互生し葉身は掌状に7~9裂し裂片は時々中裂する。上葉は葉柄が底着するが下葉は葉柄が盾のようにつく。ヤブレガサの名は破れた傘を広げた形に見えるところから名付けられた。7~9月茎頂に大形の円錐(えんすい)花序をつくり多数の頭花をつけます。花冠は淡紅色を帯びた白色で花後にややよごれた白色の冠毛を出す。(花撮影が出来ましたら追加アップの予定です)ヤブレガサは山地の林下に生え本州から九州および朝鮮半島に分布する。若芽は食用になる。
             ★撮影 H18,3,28 みかも山
e0039703_9173158.jpg

             ★可愛らしい傘に見えますでしょう
e0039703_9175940.jpg

e0039703_9185139.jpg

撮影はみかも山ですが、消えてしまったと思っていた我が家のヤブレガサは2輪ばかり出て来ました花芽はでていませんが来年が楽しみです。
by hime-teru | 2006-04-23 09:20 | 【や】行の花 | Trackback | Comments(2)

ニリンソウ 【二輪草】

日本全土の林の縁や小川の縁などにはえ、しばしば大群落をつくる。キンポウゲ科の多年草。葉は掌状に3裂し柄があって根生する。4~5月20~30センチの花茎を出し頂に3枚の総包葉をつけその中心から2本内外の花柄をのばす。花は柄に単生し径2~2.5センチで白色。花弁状の萼片は5枚おしべ多数で中央に数個のめしべがある。果実は卵形の痩果で白い毛がある。
               ★撮影は家の庭 H18,4,13
e0039703_0303014.jpg

e0039703_0312768.jpg

和名は花が1茎に2個ずつ咲くというところから名付けられたが必ずしも2個とはかぎらない。1~4個の時もある。上向きに開いて花は2個つくことがもっとも多いので1個つけるイチリンソウに対してニリンソウの名がある。
キンポウゲ科は一般に有毒植物が多いが、本種は食用となる。ニリンソウガショウソウとも。
e0039703_0411521.jpg

e0039703_0341313.jpg

写真は我が家の庭で今咲いています。15年ほど前に秩父をハイキングした時に農家のおはあさんに頂いた一株が毎年少しずつ増えて来ました。姫立金花と競い合って咲いてくれます。
e0039703_0354342.jpg

by hime-teru | 2006-04-22 00:40 | 【な】行の花 | Trackback | Comments(2)