カテゴリ:源氏物語花考察(ゆかりの地)( 50 )

【宇治・平等院 】 

        ★… 【宇治・平等院 】  …★
                 2015.5/16
葵祭で出掛けた京都、駆け足で青紅葉の美しい宇治や嵯峨野を訪ねました。
【平成の世に美しく生まれ変わった平等院】
平安時代、末法思想が貴族や僧侶らの心をとらえ、極楽往生を願う浄土信仰が社会の各層に広く流行していました。時の関白藤原頼通が父 道長より譲り受けた別業を仏寺に改め「平等院」としました。
e0039703_22133159.jpg

専門的な知識と高度な技術を有する職人たちの手によって修繕され美しく生まれ変わりました。
e0039703_22142053.jpg

2008年に訪ねた時は外部の柱も漆喰壁も下の写真のような状態でした。(堂内は今年が修理予定)のようです。阿弥陀如来さまのライトアップされてお顔は9年前の11月の午後の4時過ぎの撮影です。お顔が優しくほほえんでおいででした。ハッキリ見ることが出来ました。
e0039703_22143746.jpg

今年は・・・・。国宝の「阿弥陀如来坐像」は日本独自の寄木造りの技法。円満な顔は表情にやさしさにあふれ、豊かな頬やくっきりした目鼻立ち、稜がある唇など古様な雰囲気を残していますが・・!。内部の工事は今年平成27年6月11日から始められるようです。
e0039703_22151063.jpg

天喜元年(1053)に阿弥陀堂(鳳凰堂)が落慶し、堂内には平安時代の最高の仏師定朝によって
制作された丈六の阿弥陀如来坐像が安置され、華やかさを極めたとされています。約1000年前に建立された建造物や仏像が今に伝えられ、世界遺産にも登録されております。
参道からご案内致しましょう。
e0039703_22161426.jpg

入り口の青紅葉はとても美しい季節です。
e0039703_22172436.jpg

e0039703_22191910.jpg

修学旅行の学生さんの姿は絶え間なく。
e0039703_22184141.jpg

大切な文化財を継承するために鳳凰堂中堂内部の長押(なげし)上の小壁(こかべ)に懸けならべられている52躯の菩薩像も平成27年6月11日~平成27年10月31日彩色、漆塗膜等の剥落止めの工事が始まるようです。
e0039703_22201771.jpg

藤原道真の息子頼通によって寺院として改築されるまでは、別荘として200年余りの長きに渡って平安貴族たちが所有していました。その歴代の主の一人があの「光源氏」のモデルとなった源 融(みなもとのとおる)です。源氏物語の終盤部分では、光源氏が息子の夕霧に譲った宇治のお屋敷が度々登場しています 。

e0039703_22205222.jpg

網代木の小道の桜には沢山の「宿り木」が・・・。
e0039703_2223377.jpg


宇治は源氏物語「宇治十帖」の舞台です。
by hime-teru | 2015-06-05 22:24 | 源氏物語花考察(ゆかりの地) | Trackback | Comments(0)

【葵祭(賀茂祭)】 源氏物語 巻9 『葵の巻』

               ★… 【 葵祭(賀茂祭)】 源氏物語 巻9 『葵の巻』 】…★
                       2015.5/15 京都葵祭にて
漸く思いが叶い今年は京都の葵祭(賀茂祭)に出掛ける事が出来ました。
台風一過の暑い日になりましたが、少し早めの御所の中で待機です。10数年前の「時代祭」見学時は、比較的ゆったり見物が出来たのですが・・、近年の「葵祭」は外国からの観光客が増え、指定席が設けられ沢山の人出で御座いました。(指定席は2.000円なり)
【平成27年度 斎王代】
斎王代は毎年、京都ゆかりの未婚女性が推薦で選ばれ、今年は京菓子老舗・老松(おいまつ)のお嬢さんが選ばれました。
e0039703_1032748.jpg

私は早めの御所でしたので、丁度良い場所で待機しました。警備の騎馬警察の見回り馬の馬糞を拾う人が付き添っています。(このお祭りの主催は上下の賀茂神社のようです)
e0039703_2224319.jpg

e0039703_22254856.jpg

次第は、(1)警護列(検非違使<けびいし・山城使),(2)幣物列(御幣櫃・内蔵寮史生),(3)走馬列(走馬〈御馬〉・馬寮使)、(4)勅使列(牛車〈御所車〉・舞楽人・勅使〈近衛使〉・内蔵使),
(5)斎王列(斎王代・女人・牛車〈女房車〉)の五部に構成されて「斎王代」を中心に御所の玉砂利を踏んで行列が進みます。
e0039703_2229220.jpg

e0039703_2230353.jpg

e0039703_22303822.jpg

e0039703_22311512.jpg

沢山の写真をアップ致しますが、『源氏物語』葵巻などに描かれている賀茂祭の王朝盛儀の模様は、現行の祭りからも十分にしのぶことができました。暫し写真から平安時代をお楽しみ下さいますれば幸いです。
【平安朝の優雅な古典行列は平安貴族そのままの姿で列をつくり京都御所を出発】
※警護列(検非違使<けびいし・山城使)から・・・。
e0039703_22442658.jpg

e0039703_22452849.jpg

e0039703_22454811.jpg


e0039703_22482168.jpg

e0039703_22484510.jpg

e0039703_224911100.jpg

※(2)幣物列(御幣櫃・内蔵寮史生)
e0039703_2251374.jpg

e0039703_22524783.jpg

e0039703_22535243.jpg

e0039703_22541586.jpg

e0039703_22551274.jpg

e0039703_22554144.jpg

※(3)走馬列(走馬〈御馬〉・馬寮使)
e0039703_2258885.jpg

e0039703_22585063.jpg

e0039703_22591998.jpg


次へ・・
by hime-teru | 2015-05-21 10:38 | 源氏物語花考察(ゆかりの地) | Trackback | Comments(0)

【 葵祭(賀茂祭)】 源氏物語 巻9 『葵の巻』 

                ★… 【 葵祭(賀茂祭)】 源氏物語 巻9 『葵の巻』 】…★
                       2015.5/15 京都葵祭にて
※(4)勅使列(牛車〈御所車〉・舞楽人・勅使〈近衛使〉・内蔵使
冠や牛車・桟敷の御簾(みす)などフタバアオイ(賀茂アオイ)とカツラの組合せで飾ってあります。
葵は京都に自生するフタバアオイという種類で、古くから雷除けや魔除けの護符として珍重されてきた。祭りにおいても、そうした邪気を祓うという意味で、この葵の葉がつけられる。勅使がつける葵は葵鬘(あおいかずら)と呼ばれ、鬘のカツラが桂に通じるということで、桂の小枝も使用されるという説もある。
e0039703_23165148.jpg

e0039703_2312552.jpg

e0039703_23124318.jpg

e0039703_2313183.jpg

e0039703_23142844.jpg

e0039703_2315053.jpg

e0039703_23152180.jpg

e0039703_23205714.jpg

e0039703_23243581.jpg

【風流傘】
e0039703_23273784.jpg

e0039703_23203255.jpg

風流傘は重いので交代しながら進みます。
e0039703_2327250.jpg

e0039703_2328272.jpg

e0039703_2329452.jpg

■葵祭の由来とは?
葵祭のその名の由来は、御簾や牛車・勅使の衣冠や牛馬にまで飾られた葵の葉や花。現在では藤の花を牛車の屋根から飾り、その下を山吹の黄色や葵の花が彩っています。薄紫のさした藤の花は涼しげな5月の季節にふさわしく春の風を呼ぶのイメージでしょうか?
【牛車】が進みます。
e0039703_2334559.jpg

e0039703_23475521.jpg

【玉砂利の中を押す供奉者】力仕事です。
e0039703_2350955.jpg

御所車はこんなにも大きいのです。
e0039703_235895.jpg

もしかして・・・玉砂利のくぼみにはまり・・・
e0039703_23594212.jpg

御所からの出口間近
e0039703_025052.jpg


次へ・・・歳王代と女人・牛車〈女房車へ続きます
by hime-teru | 2015-05-21 10:21 | 源氏物語花考察(ゆかりの地) | Trackback | Comments(0)

【 葵祭(賀茂祭)】 源氏物語 巻9 『葵の巻』 

  ★… 【 葵祭(賀茂祭)】 源氏物語 巻9 『葵の巻』 】…★
                       2015.5/15 京都葵祭にて
京都三大祭の一つの葵祭は、古くは京都の先住民である賀茂氏の祭で五穀豊穣を祈願するものでしたが、平安遷都より後、国家的な祭へと変化していきました。平安時代には「賀茂祭」と呼ばれ貴族にも人気でした。 源氏物語に登場する「賀茂祭」は、天皇の命を受けた勅使が御所から下上の賀茂神社へと出向き、神殿において御祭文や祝詞、東遊舞などを奉納する社頭の儀が祭り(儀式)が目的だったようです。
【斎院(斎王)のこと】
『源氏物語』には光源氏の従姉妹の朝顔斎院登場します。歴代の斎院は文雅で名を馳せた人物が多く、選子内親王から何か珍しい物語をと所望された中宮彰子が、紫式部に新しい作品を書くよう命じて生まれたとの伝承があり、『枕草子』にも選子内親王と中宮定子の文の贈答の場面が見られるなど、宮中の後宮と斎院との文化交流の豊かさが伺えます。両賀茂神社に奉仕した斎王を「賀茂斎院」と称する。

※5)斎王列(斎王代・女人・牛車〈女房車〉
国家的な行事として行われてきたので、わが国の祭のなかでも、数少ない王朝風俗の伝統が残されている。
e0039703_21514624.jpg

e0039703_13242214.jpg

e0039703_13245732.jpg

e0039703_13252188.jpg

e0039703_1326635.jpg

【馬上の女人】
e0039703_13275038.jpg

e0039703_13281697.jpg

e0039703_132936.jpg

e0039703_13293826.jpg

【牛車〈女房車〉】飾りつけが少々違ってシンプルですね。
e0039703_1338461.jpg

e0039703_13403263.jpg

e0039703_1339126.jpg

e0039703_13395293.jpg

行列の最後には救急車や催事の車(暑い日でした。熱中症にならないようにと祈りながら御所から見送りました)
e0039703_13433030.jpg

by hime-teru | 2015-05-20 10:10 | 源氏物語花考察(ゆかりの地) | Trackback | Comments(0)

【上賀茂神社(賀茂別雷神社)の晩秋

                              ★… 【上賀茂神社(賀茂別雷神社)の 晩秋  …★
                              2012.11.28 京都にて
【ならの小川の落葉情景】
e0039703_231943100.jpg
e0039703_23202025.jpg

e0039703_2321113.jpg

【御物忌川ならの小川と合流】
e0039703_23225592.jpg

e0039703_23233463.jpg

【紅葉散らす】
e0039703_232437.jpg

e0039703_23244643.jpg

e0039703_23252599.jpg

e0039703_23295037.jpg

【紅葉爛漫】
e0039703_23315595.jpg

e0039703_23325583.jpg

e0039703_23331582.jpg

【一幅の絵の下で】
e0039703_23334541.jpg

e0039703_23341871.jpg

【山茶花と共に】
e0039703_2335799.jpg

by hime-teru | 2012-12-22 00:06 | 源氏物語花考察(ゆかりの地) | Trackback | Comments(0)

【葵祭(賀茂祭)と源氏物語】

    ★… 【 源氏物語と上賀茂・下賀茂神社 葵祭(賀茂祭) 】…★
                      2012.11.28京都にて
◆【上賀茂神社(賀茂別雷神社)と下賀茂神社(賀茂御祖神社)

源氏物語・葵の巻」に記載の賀茂祭(葵祭)の車争い。祭の日は賀茂の斎王の行列を見るために貴族たちが一条大路に飾り立てた牛車を出して見物の場所取りをします。この場面は葵の上と六条御息所の車争い。能「葵上」や舞踊、小説になっています。
5月(旧暦は4月)酉の日に行われる賀茂祭、祭に先立ち選ばれた斎王が賀茂川で御禊を行い祭りの当日は上下両社に参拝し、以後紫野の斎院に入る。
e0039703_029217.jpg

社頭の儀は 勅使が御祭文を奏上し御幣物を奉納、平安調を偲ばせる雅びな雰囲気のなかで、神馬の引き回し、舞人による「あずまあそび」の舞が奉納される。
e0039703_029385.jpg

賀茂祭が葵祭と呼ばれるようになったのは、江戸時代、内裏宸殿の御簾をはじめ、牛車(御所車)、勅使、供奉者の衣冠、牛馬にいたるまで、すべて葵の葉で飾るようになってから、この名があり現在に至ります。
e0039703_030619.jpg

【葵祭】
平安朝の優雅な古典行列は平安貴族そのままの姿で列をつくり、京都御所を出発、総勢500名以上の風雅な行列が下鴨神社を経て上賀茂神社へ向かいます。
【御禊】
e0039703_0314245.jpg

葵祭は毎年5月15日に平安の昔から続く京都の祭で格調高い優雅な祭です。以来、国家的な行事として行われてきたので、わが国の祭のなかでも、数少ない王朝風俗の伝統が残されている。
『賀茂祭』または『北の祭り』とも称し、平安中期の貴族の間では単に「祭り」と言えば葵祭のことをさすほど隆盛をきわめ有名でありました。
e0039703_0321419.jpg


e0039703_033044.jpg

〔お詫び〕この葵祭り見学に行ったのが、10数年前の銀塩カメラの時代、アップするにはしのびない。デジカメ撮影の機会に恵まれましたら追加更新を致したいと存じます。

「葵の巻」を簡単に・・・。
この巻は御代替わり「花宴」巻から二年後のお話です。斉院列見物に出かけた葵の上(光源氏の正妻)と六条御息所(光源氏の恋人の一人)牛車をとめる場所をめぐって争う、通称「車争い」のシーンはあまりにも有名。

閉じこもり気味だった葵の上が、みなの説得で急遽出かけることになりましたが、すでに車をとめる場所は一杯だった。(満車状態)一方、お忍びできていた六条の御息所の車を家人達が無理矢理どかそうとした為に、車争いが起き大騒ぎとなり、結果、六条の御息所の車を後方にけちらされてしまったのです。美しい光源氏(源氏物語中、光源氏が勅使を勤める)の麗姿を、見物人が絶賛する中、六条の御息所は屈辱感と葵の上へ憎しみで苦しみ始めます。

★【葵上】あおいのうえ
左大臣の娘。源氏が元服した際に結婚した正妻。あまり仲の良い夫婦ではなかった。源氏との間に夕霧を生む。しかし、その直後、六条御息所の物の怪にとりつかれ死亡する。
★【六条御息所】ろくじょうのみやすどころ
前皇太子(即位する前に死亡した為に桐壷帝が即位した。)の妻であった人源氏と関係を持つが多くの女性と関係をもつ源氏に嫉妬し、その心が物の怪となって、夕顔や葵上を死に至らせた。後に病で死亡する。

◆角田文衞説では・・・。
斎院御所のあった場所は現在の京都市上京区櫟谷七野神社のあたりに相当するという。
この御所は地名により紫野斎院、あるいは単に紫野院とも呼ばれた。 斎王はここで仏事や不浄を避ける清浄な生活を送りながら、賀茂神社や本院での祭祀に奉仕した。特に重要なのは四月酉の日の賀茂祭では、斎王はあらかじめ御禊の後上賀茂・下鴨両社に参向して祭祀を執り行った。

【下賀茂神社】2007年、春に撮影した写真です。
e0039703_0355630.jpg

【斎院】
『源氏物語』には光源氏の従姉妹の朝顔斎院も登場する。歴代の斎院は文雅で名を馳せた人物が多い。また『源氏物語』は選子内親王から何か珍しい物語をと所望された中宮彰子が、紫式部に新しい作品を書くよう命じて生まれたとの伝承があり、『枕草子』にも選子内親王と中宮定子の文の贈答の場面がれるなど、宮中(とりわけ後宮)と斎院との文化交流の豊かさが伺える。賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の両賀茂神社に奉仕した斎王、または斎王の御所。賀茂斎王、賀茂斎院とも称する。
※近年の斎王代は京都ゆかりの寺社・文化人・実業家などの令嬢(主に20代)が選ばれている。
e0039703_0362757.jpg

この時の斎院の華麗な行列はとりわけ人気が高く、清少納言が『枕草子』で祭見物の様子を書き留めており、また紫式部も『源氏物語』「葵」の巻で名高い車争いの舞台として描いている。

巻10 『葵の巻』ふたば葵もご覧下さい↓
 【双葉葵】
by hime-teru | 2012-12-15 23:18 | 源氏物語花考察(ゆかりの地) | Trackback | Comments(0)

源氏物語と陰陽師

                    ★… 【 源氏物語と陰陽師 】 …★
                       2012.11.28京都にて
紫式部の生きる世と物語の光源氏の生きる世は、陰陽師が駆け巡る時代ミステリアスで不可解な小説でもあります。
【陰陽師】  
平安時代、安部晴明は陰陽師でした。平安時代は闇が闇として残っていた時代です。人々の何割かは妖しの物の怪の存在を確実に信じていた時代でした。遠境の森や山の奥ではなく、人も鬼ももののけも同じ都の暗がりの中に、時には同じ屋根の下に息をひそめて一緒に棲んでいたのがこの時代、源氏物語の中でも代表される六条御息所の物の怪が葵の上を苦しめます。他、数え切れないほど・・・。
【安倍晴明御霊神】
安倍晴明公は幼い頃から非常に賢明な方で、特に天文暦学の道を深く極め、神道を思いのままに操る霊術を身につけられておられた。天文陰陽博士として活躍し、朱雀帝から村上、冷泉、円融、花山、一条、の六代の天皇の側近として仕えられ、数々の功績をたてられます。村上帝に仕えられておられた時には、進んで唐へ渡り、城刑山にて伯道仙人の神伝を受け継がれます。帰国後、これを元に日本独特の陰陽道を確立。 朝廷の政治、日本人のさまざまな生活の規範を決められました。今日、私達の日常生活の基準となる年中行事や、暦術、占法は皆この時に創られたのです。
e0039703_15402938.jpg

晴明公は天体を移り行く星や雲の動きを観察して宮殿での異変の予知、遠方での吉凶を言い当てられ、朝廷を始め多くの人々の信望を寄せられたとされています。一条帝に仕えた寛弘2年(西暦1005年)9月 26日に85歳で亡くなっています。
e0039703_15411593.jpg

晴明御霊神として祀られた後も、我が国の陰陽道の祖として広く世の中の尊敬を集めます。「晴明公にお祈りすれば、不思議な霊の利益を受ける事ができ、様々な災いから身を守り、病気や怪我が治る…」そうした評判が多くの人々に語り継がれています。
e0039703_15473514.jpg

【本殿】
一番奥に晴明公が祀られている。五芒星が随所にあしらわれ独特の雰囲気に包まれています。このあたりの西陣は、応仁の乱はじめ火災には度々遭った地域でもあります。現在の本殿は、明治38年に建てられたものです。
e0039703_154294.jpg

一の鳥居動画.掛っている額に金色に輝く社紋の桔梗印が特徴的です。
(鳥居の額は、通常、神社名やお祀りしている神様の名前をいれることが多いのですが、この鳥居では社紋が入っており、全国的にも非常に珍しいものといわれています)
晴明神社は死後2年の寛弘4年(1007年)に晴明屋敷跡に創建。
e0039703_15415162.jpg

【厄除桃】
陰陽道で桃は魔除、厄除けの果物と言われております。古事記、日本書紀などでも魔物を追い払う様が描かれています。(ご存じの昔話で「桃太郎」で鬼を退治できたのももこれに由来する)
e0039703_15422642.jpg

【一條戻橋】
安倍晴明公とも縁深い一条戻り橋は平成7年に架け替えられ、現在も神社から南100メートルのところの堀川に架かっています。源頼光の四天王の一人で渡辺綱が鬼女の腕を切り落とした場所としても有名です。あの世とこの世をつなぐとされた一条戻橋。現在でも「戻る」を嫌って嫁入りやお葬式の列はこの橋を渡らないのが習わしのようです。先代の橋で使われていた欄干の親柱を境内に移し、昔の風情をそのままに「一條戻橋」を再現してあります。
e0039703_15425464.jpg

【晴明井】
本殿の北寄りに晴明公が念力により霊水が湧出たとも言われる井戸、晴明井です。
(病気平癒を願う人々が現在でも遠方から多数いらっしゃるそうです)水の湧きでるところに注目すると、その歳の恵方を向いており吉祥の水が得られます。恵方は毎年変わり立春の日にその向きを変えます。
e0039703_1543940.jpg

【御神木】
樹齢推定300年。楠はかつて虫除けの樟脳の原料としていました。
e0039703_15433619.jpg

お願い事の絵馬
e0039703_15442661.jpg

【参考までに】
安倍晴明の時代
10世紀には陰陽道・天文道・暦道いずれも究めた賀茂忠行・賀茂保憲父子が現れ、その弟子から陰陽道の占術に卓越した才能を示し、宮廷社会から非常に信頼を受けた安倍晴明が出た。忠行・保憲は晴明に天文道、保憲の子光栄に暦道を伝え、平安末期から中世の陰陽道は天文道・暦道を完全に取り込むとともに文道の安倍氏と暦道の賀茂氏が二大宗家として独占的に支配するようになった。
e0039703_15461712.jpg


明治維新後の1872年(明治5年)に至り、新政府は陰陽道を迷信として廃止させた。

現代は土御門家の開いた天社土御門神道と、高知県香美郡物部村(現在の同県香美市)に伝わる『いざなぎ流』を除けば、暦などに名残をとどめるのみであるが、神道や新宗教などに取り入れられた陰陽道の影響は宗教として存続している。

◆【陰陽師の仕事】
陰陽寮が属している中務省は天皇とその政に関する仕事を受け持つところ。陰陽寮の部門としての陰陽師の仕事は『陰陽五行』の思想を用いて災害などの有無を占ったり土地の吉凶を判断すること。

奈良から平安にかけて二回遷都が行なわれましたが、土地を選び吉凶を判断するのも陰陽師の仕事のひとつでした。

今でいう風水の知識が用いられ、占星術のようなものですが、星ばかりでなく月・大気・風や雲なども観察の対象でした。変化があれば何を意味しているのか、どういう現象が起こるのか?それが天皇や国家にどのような影響を与えるのかといった報告書を中務省に提出します。

陰陽師たちの仕事は公務だけでなく時には朝一番で貴族や官女たちの相談を受けることもありました。陰陽師が夢を凶と判断したら身を清め外出を控える物忌みに入るのです。

女流文学の『更級日記』 『蜻蛉日記』 を見ると、当時の宮廷人が夢解き・夢違えに いかに熱心だったかをうかがい知ることができます。

◆平安中期以降は・・・
律令制そのものの枠も弛んだ為、陰陽師が貴族らを個人的に占うことも。それは基本的に陰陽道に関する知識を持つ官僚のみで、民間人は陰陽道を知る事も学ぶ事も許されませんでした。

◆【陰陽師の身分】
陰陽頭は従五位。天文博士らは七位。平安時代の貴族は五位以上であり貴族でなければ昇殿は許されませんでした。安倍晴明は陰陽頭ではありませんが官位は従四位。身分は固定化されたものではなく力があれば出世する。

◆【陰陽師の出勤】
宮廷の規則にのっとり一般の中級官人と変わりなし。出勤時間は早く大内裏の諸門が開くのは夜が明けてから20分もたたない頃ですから、6月半ばなら朝の4時30分ころ、30分後には仕事開始になります。遠距離の者は暗いうちに家を出て門が開くのを待つのです。
            ◯∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽◯
★近年、出版された内館牧子さんの「十二単を着た悪魔」”異聞”源氏物語を拝読しました。
就活中の内定がことごとく不採用、日雇いの派遣の生活をしていた男の夢を借りて進められています。イベント「源氏物語」の設営を終えた帰途、雷に打たれた一瞬の時間に源氏の世界にトリップして光の当たらない皇妃、弘徽殿女御の陰陽師の職を得て活躍する(物語のあらすじ本があるからですが)侘びしくて、寂しくて、悲しくもあり、やりきれない笑いもありの小説です。
終盤は我に戻る。心身共に物語に入っていけるほど無我夢中になっていたのでしょう。源氏物語の原文版や墨書まで読めるほど入り込み、研究の道を志す。
意表をついて大変面白かったので、歴史に残る陰陽師(安倍晴明)を祀る神社を訪ねて見たくなり今回はコースに入れて訪ねて見ましたのでした。

〓【陰陽師】と【宿曜道】〓 
今風に言えば「占い師」でしょうか。幻術師、拝み屋という言い方も出来ましょう。どれも適確なものではない様な?。陰陽師は星の相を観て人の相を観る。方位も観れば占いもし、呪詛(すそ)によって人を呪い殺すことも出来、幻術を使ったりもする。眼に見えない力、運命とか、霊魂とか、鬼とか、それらに深く通じており、そのようなあやかしを支配する技術を持っていた。

【宿曜道】
平安時代、空海をはじめとする留学僧らにより、密教の一分野として日本へもたらされた占星術の一種。密教占星術、宿曜占星術などともいう。『源氏物語』桐壺にも、主人公・光源氏が誕生した際、宿曜師にその運命を占わせる場面が出てくる。
【陰陽道】
陰陽寮で教えられていた天文道、暦道といったものの一つ。これら道の呼称は大学寮における儒学を教える明経道、律令を教える明法道等と同じ。「おんようどう」「いんようどう」とも。古代の中国で生まれた自然哲学思想、陰陽五行説を起源として日本で独自の発展を遂げた自然科学と呪術の体系である。
◆【陰陽五行説伝来】
5世紀から6世紀頃、陰陽五行説が仏教や儒教とともに日本に伝わり、陰陽五行説と密接な関係をもつ天文、暦数、時刻、易といった自然の察に関わる学問、占術とあわさって、自然界の瑞祥・災厄を判断し、人間界の吉凶を占う技術として日本社会に受け入れられるようになりました。
当初、漢文の読み書きに通じた渡来人の僧侶によって担われていたが、やがて朝廷に奉仕する必要から俗人が行うことが必要となり、7世紀後半頃から陰陽師があらわれ始めた。
律令制がしかれると、陰陽の技術は中務省の下に設置され陰陽寮へと組織化された。陰陽寮は配下に陰陽道、天文道、暦道を置き、それぞれに吉凶の判断、天文の観察、暦の作成の管理を行わせた。
(令では僧侶が天文や災異瑞祥を説くことを禁じ、陰陽師の国家管理への独占がはかられた)

平安以降は、律令制の弛緩と藤原氏の台頭につれて、形式化され宮廷社会での怨霊に対する御霊信仰など陰陽道は占術と呪術をもって災異を回避する方法を示し、天皇や公家の生活に影響を与える指針となっていきます。陰陽道は宮廷社会から法師陰陽師などの手を通じて民間へと浸透して日本独自の展開を強めていった。日本の陰陽道は、日本の神道と相互に影響を受けあいながら独自の発展を遂げていく。密教の呪法や密教とともに新しく伝わった占星術(宿曜道)や占術の影響を受ける。
by hime-teru | 2012-12-07 15:48 | 源氏物語花考察(ゆかりの地) | Trackback | Comments(0)

〔紫式部と雲林院〕 巻10 【賢木の巻】

                   ★… 巻10【賢木の巻】 〔紫式部と雲林院〕 …★
                           2012.11.28 京都にて
文中)大将の君は、宮をいと恋しう思ひきこえたまへど、「 あさましき御心のほどを、時々は、思ひ知るさまにも見せたてまつらむ」と、念じつつ過ぐしたまふに、人悪ろく、つれづれに思さるれば、 秋の野も見たまひがてら、雲林院に詣でたまへり。

意)源氏は中宮を恋しく思いながらも、どんなに御自身が冷酷であったかを反省おさせする気で引きこもっていたが、こうしていればいるほど見苦しいほど恋しかった。この気持ちを紛らそうとして、ついでに秋の花野もながめがてらに雲林院へ詣でる。

が・・・!源氏は雲林院から二条院の紫の君の身の上が心配でならないので手紙を頻繁に出している。静かに落ちついて世の中のことをお考え続けなさると、帰ることも億劫な気持ちになってしまいそうだが、姫君一人の身の上をご心配で心にかかる事なので、出家には踏み切れない。

◆〔紫式部と雲林院〕 なまって「うじい」とも呼ばれた。
かつて雲林院境内にあった大徳寺塔頭の真珠庵に「紫式部産湯の井戸」があるそうです。紫式部はこの周辺で生まれ育ったとされ、一説にはその名も、雲林院の建つ紫野に由来するともいわれています。『源氏物語』巻10帖の「賢木」文中(上記記載)雲林院が登場する。光源氏は雲林院に参籠し天台六十巻を読み、亡き母・桐壺の更衣の兄も籠って修行している。ところから、紫式部は生涯を通じてこの雲林院に親しんでいた様子が伺える。
e0039703_19155141.jpg

◆【雲林院】の案内板の文
e0039703_19234748.jpg

平安時代の紫野の史跡である。この付近一帯は広大な荒野で、狩猟も行われていた。淳和天皇(在位823~833)はここに広大な離宮紫野院を造られ、度々行幸された。桜や紅葉の名所として知られ文人を交えての歌舞の宴も行われた。後に仁明天皇皇子「常康・つねやす」親王に伝えられる。貞観11年(869)に僧正遍昭を招き雲林院と呼ばれ官寺となった。寺としての雲林院は菩提講が名高い。歴史物語「大鏡」は、この菩提講で落ち合った老人の昔物語という趣向で展開する。
「源氏物語」「伊勢物語」にも雲林院の名は現れ、「古今集」以下歌枕としても有名で謡曲「雲林院」はそうした昔をしのんで作られている。
鎌倉時代には、雲林院の敷地に大徳寺が建立された。現在の観音堂は宝永4年(1707)に再建され、十一面千手観世音菩薩像、大徳寺開山大燈国師像を安置している。

「これやきく 雲の林の寺ならん  花を尋ねるこころやすめん」西行法師
                                             京都市

京都市北区雲林院町と言うところは淳和天皇の離宮紫野院が前身、『大鏡』『栄花物語』『源氏物語』『枕草子』など、多くの文学の舞台となったところで御座います。

【雲林院観音堂】
雲林院にただ一堂のみ残された観音堂は、正面3間、側面2間で桟瓦葺宝形造の建物である。
e0039703_1916325.jpg

【雲林院弁財天社】紫雲弁財天
e0039703_19165267.jpg

巻10ー【賢木の巻】簡単に
六条御息所が光源氏に見切りをつけて伊勢下向を決意して、伊勢へ引っ越す場面から始まります。
傷ついた六条御息所は娘の斎宮(=後の秋好中宮)とともに伊勢に下り、光源氏と野宮で悲しい別れがあり、始めて六条御息所と分かち合えるのですが、悲しい別れで終わります。そして、光源氏の父、桐壺帝の崩御(11/1)昨年は妻、葵の上の死去、今年の父桐壺院の崩御を体験し諒闇(りょうあん)の春は寂しく源氏は家に引きこもって暮らしている。

桐壺院が崩御された後は、政治は弘徽殿大后と[右大臣]に握られ、源氏は危うい立場になっていきます。心乱れる源氏は[藤壺中宮]に再び接近するが。藤壺は源氏の恋心を封じ東宮(後の冷泉帝)を守るために出家します。
うちひしがれた源氏は気持ちを紛らそうとして『雲林院』詣で、暫く逗留しますが、出家には踏み切れない。源氏は天台六十巻の教典を読み誦経を行ない、寺にも御誦経の御布施を立派におさせになり、紫の上の元に帰るのである。
e0039703_19181970.jpg

源氏物語の雲林院の説明書きには、
紫野にある寺院『雲林院』。もと淳和天皇の離宮、仁明天皇の皇子常康親王が伝領し出家して寺院となった。村上天皇の時には勅願によって堂塔が建てられ、重んじられた寺」。物語ではそこに源氏の母君(桐壺御息所)の兄君が律師(りっし)でいる。と書いてあります。
e0039703_19185471.jpg

そんな渦中、事もあろうに源氏は朧月夜の姫との密会、右大臣方の怒りをかってしまいます…。自ら招いた大ピンチから次の巻へと続きます。

アップ済みの【巻10-賢木の巻】… 悲しい別れの場所、野宮(ののみや)の風景もクリックしてご覧下さい。
巻10 【賢木の巻】
by hime-teru | 2012-12-03 19:21 | 源氏物語花考察(ゆかりの地) | Trackback | Comments(0)

紫式部の墓所(堀川北大路下る)

                  ★… 【 紫式部の墓所を訪ねる 】 …★
                   2012.11.27 京都堀川通りにて
震災があり、体調不調に見舞われて2年ほど出かけることが出来なかった「京都」無性に行きたくなって、思い切って急遽、出かけてきました。シーズン中なので京都市内のホテルは満室、大阪に宿を取りました。お天気に恵まれました。混み合う観光地ではありませんでしたが、行きたいと思っていたところを訪ねることが出来て本当に幸いでした。

紫式部自身の墓所の伝承地が雲林院近くにあり、彼女が生涯を通じてこの雲林院に親しんでいた様子が伺える墓所にお参りしてきました。
e0039703_2337293.jpg

当時の受領階級の女性一般がそうであるように、紫式部の生没年を明確な形で伝えた記録は存在しないのですが・・・、そのため紫式部の生没年については、さまざまな状況を元に推測したさまざまな説が存在しており、定説が無い状態であるのですが・・・。

紫式部の墓が京都市北区堀川北大路下る西側にあるのです。紫式部の墓の場所については、室町時代に書かれた『源氏物語』の注釈書である「河海抄」に記されており、現在の伝承の場所と一致する。
e0039703_23383478.jpg
 
この地に紫式部の墓が存在するという伝承は、古くは14世紀中頃の源氏物語の注釈書『河海抄』)に「式部墓所在雲林院白毫院南 小野篁墓の西なり」と明記されており、15世紀後半の注釈書『花鳥余情』や、江戸時代の書物『扶桑京華志』や『山城名跡巡行志』『山州名跡志』にも記されている。

紫式部の墓はこの場所に親しんでいたと思われる雲林院の名前が源氏物語文中に出てくるのです。もしかして足げく訪ねた所だったのかも知れません?とはいえ、紫式部の名を聞けば訪ねたくなるのが、式部を尊敬する私の気持ははやるのです。どうしてもお参りしておかなくてはと言う気持が募り行って参りました。
e0039703_23394488.jpg

1989年に社団法人紫式部顕彰会によって整備されており京都の観光名所の一つになっている。

式部の墓は小野篁の墓と隣接して建てられてありました。この場所は淳和天皇の離宮紫野院があり、桜や紅葉の名所として知られ、文人を交えての歌舞の宴も行われた所のようです。
故に歴史物語「大鏡」は、この菩提講で落ち合った老人の昔物語という趣向で展開し、「源氏物語」「伊勢物語」にも雲林院の名は現れ、「古今集」以下歌枕としても有名で多くの文学の舞台となったところ御座います。謡曲「雲林院」はそうした昔をしのんで作られている。

わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟 … 小野篁(百人一首)

◆小野篁(おののたかむら)
平安時代初期の歌人であり、役人(公務員)であり学者とも云える人物。書家の小野道風の祖父に当たり、また小野小町との関係でも祖父になるとも云われます。篁の身長は六尺二寸。180センチを超える巨漢であったそうです。一節に寄れば、日中は内裏に、夜になると冥界に行って閻魔大王に仕えたと云う逸話があります。
e0039703_23434517.jpg

篁と一緒に並ぶ紫式部のお墓は愛欲を描いた咎で地獄に落とされた式部を、篁が閻魔大王にとりなしたという伝説に基づくものである。との話もあるようです。碑文にはお墓と刻んであります。
e0039703_23453179.jpg

by hime-teru | 2012-12-02 23:45 | 源氏物語花考察(ゆかりの地) | Trackback | Comments(0)

【源氏物語-有職故実】 若紫巻、 須磨の巻他 ひいな(雛)遊び

                        ★…【源氏物語-有職故実】 若紫巻- 須磨の巻 他 ひいな(雛)遊び …★
                                        2012.03.01鴻巣にて
◆巻12‐【須磨】
文中)『三月一日に出で来る巳の日、今日はかく思すことある人は御禊(みそぎ)し給ふべきと、なまさかしき人のきこゆれば、海面もゆかしうて、出で給ふ。いとおろそかにぜむじょうばかりを引きめぐらして、この国にかよひける陰陽師めして払へさせ給ふ。舟に、ことごとしき人形(ひとがた)のせて流すを見給ふに』

源氏物語、須磨の巻には、三月上巳(じようし)の日に陰陽師(おんみようじ)を召して祓を行い、その人形(ひとがた)を船に乗せて流したという記載がある。『曲水の宴』は祓いの遊びの宴でもあったのでしょう。この雛流しの起源とされる人形(ひとがた)流しは源氏物語にみるのです。

源氏物語では、『ひいな(雛)遊びが、数巻に出て来ます。

◆巻5‐【若紫】
光源氏が北山で若紫(紫の上)を見つけて連れ出すくだりに、不安におののいている若紫にこう言いました。
『いざ給えよ、をかしき絵など多く雛(ひいな)あそびなどする所に』・・・・源氏君
意) さあ、いらっしゃい。美しい絵などがたくさんあって、お雛様遊びなんかのよくできる私の家へ」お人形遊びなどできる所に。父宮さまのお使いとして参ったのですよ。

雛(ひいな)遊びにも、絵書い給ふにも源氏の君と作り出でて清らなる衣着せ、かしづき給ふ』
源氏と若紫は一緒にひいな遊びをするのである。。

雛(ひいな)など、わざと、屋ども作り続けてもろともに遊びつつ、こよなきもの思ひの紛らわしなり』
お人形なども、特別に御殿をいくつも造り並べて、源氏は藤壷の中宮(義母)恋しさに、藤壷に面影の似た少女を手元に引き取り、藤壺に会えないやるせなさを、幼い若紫と一緒に遊んでは、この上ない憂さ晴らしをしているのです。この巻で源氏は、紫の君に心慰められ、 紫の君も源氏を慕うようになっていくのです。

◆巻6‐【末摘花】
『例のもろともに ひいな遊び し給ふ。絵など書きて、色どり給ふ。よろづに、いとをかしう、すさび散らし給ひけり。我も書き添へ給ふ。髪いと長き女を書き給ひて、鼻に紅をつけて見給ふに、かたに書き手も、見ま憂きさましたり』 

◆巻7‐【紅葉賀】
『いつしか雛(ひいな)おしすゑて、そそきゐ給へる。三尺の御厨子一具に、品々しつらひすゑて、また小さき屋ども作り集めて、たてまつり給へるを、所せきまで遊びひろげ給へり』 

◆巻25‐【蛍の巻】
『(明石姫)まだいはけたる御雛(ひいな)遊びなどのけはひの見ゆれば、かの人(雲井の雁)のもろともに遊びて過ぐしし年月の、まづ思ひ出でらるれば、雛の殿の宮仕へ、いとよくしたまひて、をりをりにうちしおれたまひけり』 
夕霧が明石姫と雛遊びをしながら、幼馴染の雲井の雁を思い出して涙ぐむ場面の描写です。

 『建武年中行事』にも、三月節供の「御燈(みあかし)」行事には「人形」に饗応(きようおう)したあと、それを祓え送るとある。
② 三月上巳の祓行事は、三月節供の雛祭の源流を知る手掛りで、本来、雛祭の人形の原形は、「罪穢(つみけがれ)」をつけて送り流す「撫物(なでもの)」であったという山東京伝(さんとうきようでん)の指摘は的を射ていたように思える。
桃酒や曲水宴を伴う「上巳」の行事は中国陰陽道の習俗の移入であるが、水辺の祓行事が先行習俗として日本にあって、その習合行事として「上巳の祓行事」が生じ、その「撫物」が雛祭の主役にやがてなっていきました。
 そして、工芸技術の進歩で雛人形の製作に巧緻(こうち)を競うに至り、それを保存愛玩しながら連年祭ることにもなり、「流し雛」の古意はやがて忘却されるに至って行きました。

現代では 「桃の節供」
3月3日雛祭(節句)に雛人形を飾り桃花や雛菓子を供えて白酒で祝う習俗をいう。
婦女子主体の祭りで男子の5月節供と対置されているが、雛人形主体の節供習俗の歴史は新しい。
e0039703_19344693.jpg

江戸時代初頭(1630ころ)に宮廷や幕府で3月節供に雛人形にかかわる行事があったと記録があり、寛文年間以降に雛祭の形が定着したとみられる。以後の雛祭は工芸品としての雛人形の生成発達と関連してしだいに華美な形になり、都市から農村へと波及していく一般化は明治以降である。
e0039703_2248720.jpg

江戸時代初期の雛飾りは平壇・立雛の形が主だった。
江戸時代中期になって、紙雛から布で正装した「すわり雛」となり、その後精巧な土焼きの衣装人形の出現で華麗になり重ね壇に高貴な夫婦を表わした1対の内裏雛形式をとって以来、三人官女、五人囃子、随身、衛士などを置き、これに屏風、蒔絵道具、高坏、膳、ぼんぼり、桜と橘をはじめ菱餅、白酒などを供えるという形式が固定していきます。
江戸時代後期には次第に時代の好みを反映して素朴な立ち雛から室町雛、寛永雛、享保雛など
種々なものが作られ、末期には頭や手に象牙を用いた木目込みの贅沢なものも現れた。雛祭が盛大になるにつれて豪華になっていく。

享保雛は、サイズも40cmから60cmくらいと巨大なものも作られるようになり、女雛は唐衣裳姿天冠を付け檜扇を持ち、男雛は束帯様装束白平絹袴をつけ、烏帽子をかぶってを持っていました。巨大なものになると等身大のものまであったそうです。
e0039703_2244401.jpg
 
e0039703_22451065.jpg

明治以降は商店の雛人形売り出しが推し進められ、新生の女児に雛人形を贈る風習へと広がって今日に至ります。
e0039703_22455543.jpg

一方、こうした都市的雛祭とは別趣の古俗をいまに伝える地方もいくつかあるようです。鳥取市周辺の「流し雛」はとくに注目され「紙雛」を祭ったすえ、3月3日夕方、それを桟俵にのせて供物とともに川に流し去る。「祓」の人形送りである。
e0039703_21352148.jpg

また、関東の村々には三月節供に古雛を川へ流し送るといって、白酒を供えて婦人・子供が野外にそれを祭り、泣いて別れを惜しむ風習があったとされる。さらに、三月節供のころ、磯遊び山あがり花見等、春なぐさみなどといって、子供たちが野外に出て終日遊び共同飲食する風習も広く各地にみられる。
長野県南部の「三月場」千葉県の「野あそび」のように雛人形を野外に据えて遊ばせ、その別離を惜しむ風習の伝承は注目されます。
e0039703_21382819.jpg

by hime-teru | 2012-03-03 16:41 | 源氏物語花考察(ゆかりの地) | Trackback | Comments(2)