カテゴリ:陶芸( 26 )

【多目的の鉢・その他】

               ★… 【 多目的の鉢・その他 】 …★
                    撮影は H20,10,6
★【多目的どんぶりー1】 ロクロ仕上げ
☆土…古信楽(高さ8,5㎝…経14㎝)★釉薬…白萩・益子黒釉・織部を薄く吹き付けました。煮物(お豆・若竹煮・きんぴら・切り干し大根)用
e0039703_2359718.jpg

★【多目的鉢ー2】 ロクロ仕上げ
☆土…上信楽(高さ9㎝…経15㎝)★釉薬…黄瀬戸・織部・合成透明をかけ分けしました。ロールキャベツ・茄子の揚げ煮・プロテインサラダ・フルーツサラダに使うイメージで遊んでみました。
e0039703_23593264.jpg

★【壁掛け花入れ】 型作り
☆土…上信楽★釉薬…織部釉・ ★高さ…25㎝ 径…5,5㎝
椿類や蔓植物が似合うかな?
e0039703_00183.jpg

★【シュガー入れ】ロクロ仕上げ
☆土…ミカゲ  釉薬…グリーン呉須吹きつけ・合成透明・益子黒
二人家族には丁度良い大きさです。いかにも素人らしい顔、手捻りっぽい出来が気に入っている。
e0039703_012083.jpg

by hime-teru | 2008-10-09 00:04 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

【 一輪挿&筒型花瓶 】

               ★… 【 一輪挿&筒型花瓶 】 …★
                撮影は H20,10,6  (作成は昨年)
★一輪挿 土…益子 高さ…10㎝ ★釉薬…白萩・黒釉・鉄赤 ★ロクロ
食卓テーブルや玄関に季節を運びます。
e0039703_08712.jpg

★筒型花瓶 左から土…並赤・混合・赤信楽 ★板作り
★釉薬…透明釉&織部釉・白萩・透明釉 ★高さ…28㎝30㎝48㎝ 径…7㎝9㎝10㎝
長めの花や小枝を投げ入れると花瓶が生き生きしてくれます。
e0039703_082834.jpg

by hime-teru | 2008-10-08 00:14 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

【サラダボール・セット】

             ★… 【 サラダボール・セット 】 …★
             撮影は H20,10,6     (久しぶりの陶芸のアップです)
★土 … 黒土 ★釉薬 … 白萩・益子黒釉・織部をかけ分けしました。
ボールの経は26㌢高さ14㌢  取り皿・長幅23㌢ 短幅15㌢。
e0039703_21464610.jpg

板づくり型押し、7㎜の厚さに粘土を伸ばし、半円の石膏の型で、だいたいの形を取ります。反乾きしたところで、形を整えて工作していきます。イメージしていた色合いではありませんが、斬新で面白い色合いに仕上がりました。
e0039703_2148717.jpg

私事が多忙で、この1年間、陶芸の時間が取れずにいましたが、前期に3回ほど土いじりの時間が持てました時に作成した作品です。この秋も予定が多くて、陶芸には集中出来そうもありませんが、ボチボチ、少しずつ、気分転換に土いじりを楽しんで行きたいと思ってはおりますが・・・。気持ちにゆとりがありませんと、作品にも迷いが出てしまいます。今のところは忘れない程度にノンビリと陶芸に関わっていきたいと思っています。
e0039703_21473539.jpg

この器はサラダ用ではありますが、お野菜の煮物(竹の子・里芋やぶり大根)等にも使えそうです。
e0039703_21484895.jpg

by hime-teru | 2008-10-06 21:49 | 陶芸 | Trackback | Comments(4)

【花器】 & 【 丸平皿…5枚 】

         ★… 【 花器 】 & 【 丸平皿…5枚 】 …★
           撮影はH19,3,9 (久しぶりの陶芸のアップです)
【花器】
★土 …上信楽  釉薬…イラボ・黒釉をかけ分けしました。
厚さ7ミリ高さ(扇の1辺)18㌢ 横(最大)25㌢ 幅(最大)13㌢
e0039703_23414034.jpg

*粘土を厚さ7ミリにのばし扇形を2枚、長方形を2枚型抜きします。4枚を底の部分に載せ合わせていくのですが、型くずれしないよう耳たぶよりやや堅くなった頃合いを見計らって丁寧に作業致します。堅いとヒビが入って修正が難しいし、柔らかいと、へたってしまい形が崩れてしまいます。苦労して仕上げても素焼きでヒビが入ったり本焼きで歪になってしまいます。釜の温度や位置によっても焼き上がりが異なります。一つとして同じ物を作る事が出来ないのが陶芸。そういうところが陶芸の魅力でしょう。
e0039703_2342064.jpg

この花器には端午の節句にすらりとした花菖蒲を活けてみたいと思っています。
e0039703_23421586.jpg

丸平皿…5枚】
★土…黒ミカゲ ・ 白泥  釉薬…イラボ・松葉灰
板作り、厚さ5ミリ、直径25㎝。
e0039703_2342351.jpg
 
一筆書きで一気に白泥を置き、コンプレッサーで薄くイラボ釉薬をかけ、両端2カ所に松葉灰を振り、還元で焼き上げました。素焼きを省略して直接還元で焼き上げましたが思いの外、渋いお皿が出来ました。
e0039703_23425053.jpg

トンカツ・天ぷら・スパゲティ等、美味しそうに見えると自負??しています。最高の出来ではありませんが世界に一つしかないと思うと愛おしい。
by hime-teru | 2007-03-09 23:43 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

【角皿】 3種  &  初期の作品

     ☆…… しばらくご無沙汰の陶芸作品です ……☆
1)  【絵皿】  ★土…黒ミカゲ ★板作り、厚さ5ミリ縦25㎝横25㎝  ★釉薬…合成透明
『時には主菓子載せてお茶のお供に使うこともあります』
e0039703_234119100.jpg

2) 【サンドイッチ用皿】  ★土…黒ミカゲ・白泥 黄色の下絵絵の具 ★板作り、厚さ6ミリ縦20㎝横30㎝ ★釉薬…合成透明・織部
『サンドイッチ以外、デザートを載せても!と思い作ってみました』
e0039703_2342392.jpg

3) 【多目的長皿】  ★土…上信楽  ★板作り・厚さ5ミリ縦12㎝横20㎝★釉薬…益子黒・織部 『 お寿司や和え物、よりどりの香の物を載せて楽しみます』
e0039703_23422929.jpg

                 【初期の作品2点です(平成2年)】
※ 陶芸を始めたばかりの頃の作品です。いずれもロクロ作りです。近年の作品と比べると気持ちの入れ方が作品に出ています。ただただ、一生懸命に丁寧に作っていたことを思いだしています。お気に入りの作品ですので手元に残して、今でも初心を忘れないようにと大事にしています。
   【四季鉢】 ★土…ミカゲ荒目、★厚さ5ミリ径23㎝高10㎝
藍色の呉須で四季の花、中に紫陽花、四方にスズラン・片栗・フクジュソウ・カラスウリを描いたのですが、白土ではないのでぼんやり見えますが、そこが何とも言えず気に入っています。
e0039703_23425993.jpg

  【水色中皿】 ★土…益子★厚さ5ミリ径20㎝高3㎝ ★釉薬…先生が作られたオリジナルの水色釉。このような綺麗な釉薬は作るのは難しい。
e0039703_23471013.jpg

by hime-teru | 2006-10-22 23:47 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

【ランプシェード】  夏の花だより

★土…上信楽  ★板づくり ★釉薬…イラボと益子黒の掛け合わせ。
粘土を綿棒で50㌢×50㌢厚さ8ミリ、空気が入らないよう、のし餅のように伸ばします。型紙にあわせて2枚の板状の物をきります。高さ42㌢底辺のサイズ、奥行き(縦)18㌢横幅28㌢になるよう角を合わせて上下のない長方形の筒を作ります。(合わせるのが一苦労でした)
この【ランプシェード】は昨年の今頃(7月)の作品です。大物です。
             横28㌢ 奥行き18㌢ 高さ42㌢
e0039703_2324835.jpg

                    電気を入ると・・・
e0039703_2318624.jpg

粘土が半乾きしませんと、しなってしまいます。耳たぶよりやや硬めに水分が蒸発したのを見計らったところで素早く2枚をつなぎ合わせます。継ぎ目をしっかり綺麗に合わせないとヒビが入ってしまいます。細心の注意を払いながら乾きを待ちます。乾燥しないようビニールをかけておきます。……1日の行程に半日はかかってしまいました
e0039703_23233999.jpg

二日目……半乾き(耳たぶよりやや堅め)乾かないうちに型紙をもとに印を付けておいたデザイン(アヤメとアサガオ)の穴開けをナイフで切り抜きを致します。鋭角のカットは本焼きでヒビが入り割れてしまいますので線の延長の終わりに角を少し丸くするよう気を配る。割れないように光の漏れる穴あけに又半日です。1週間以上乾燥期間をおいて素焼きです。多少いびつになったが仕方ない。
e0039703_23273784.jpg

素焼きが済むとイラボ釉薬と益子の黒釉をかけ分けて吹き付けて本焼きです。
e0039703_2329628.jpg

温度によって形が変化するのでは心配でしたが、なんとか座りよく仕上がってくれました。大物は作るのが大変です。粘土は7・8キロほど使ったでしょうか?
e0039703_23303588.jpg

出窓に飾っております。電気を入れるとそれなりの雰囲気が出て来ます。(世界に一つしかないという自己満足ですが)菖蒲やアサガオはこの梅雨の季節に涼しさを運んでくれます。冬はドライフラワーを投げ入れて花瓶として遊んでいます。裏表の模様を替えてありますので違った雰囲気が楽しめます。
e0039703_2327279.jpg

by hime-teru | 2006-07-13 23:40 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

小皿各種

【足つき角皿】 (1) ★土…大道★板作り厚さ5ミリ縦10㎝横16㎝★釉薬…透明釉・織部釉
e0039703_015336.jpg

【角皿】 (2) ★土…益子★板作り厚さ5ミリ縦12㎝横20㎝ ★釉薬…益子黒・織部・白萩釉 
e0039703_022534.jpg

【足つき丸小皿】 (3) ★土…練り込み(クロミカゲ・益子)★釉薬…透明釉 径…7㎝
e0039703_042357.jpg

【丸小皿】 (4)★土…並赤 ★釉薬…透明釉・織部釉 径…12,5㎝
e0039703_031728.jpg

by hime-teru | 2006-06-26 00:03 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

【 蓋付きボンボン入れ】

【 蓋付きボンボン入れ】…(1)
★土…上信楽 ★ロクロ仕上げ蓋は板作り ★釉薬…灰釉(兎の班…木灰と長石など)を配合して、灰の特質に重点を置いた釉薬で単純な構成でも優れた稚味がある。木の種類、配合比により趣きがかわる。☆釜の温度が適温だったのでしょう。思いがけない色に仕上がりました。
               [ 高さ12,5㎝ 径15㎝]
e0039703_2248385.jpg

【 蓋付きボンボン入れ】…(2)
 ★土…並赤 ★ロクロ仕上げ(風船のように成形して蓋の部分を切り離しました。
 ★釉薬…糠白釉  ☆お香入れとしても使えます。
                [高さ12㎝  径12,5㎝]
e0039703_22532277.jpg

釉薬…陶磁器の表面を覆うガラス質の被膜を釉薬(ゆうやく)といい装飾や防水の目的で施されています。釉薬を掛けることを施釉といい浸し掛け、流し掛け、塗り掛けなどの手法があり、これらの手法や釉薬の成分などにより、その器の景色、特徴に個性が出てきます。
by hime-teru | 2006-06-13 23:00 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

中皿・菓子皿

【呉須絵付け片口多目的皿】 (1)
土…上信楽練り込み(水色) ロクロ仕上げ・白泥 釉薬…透明釉 上絵の具(呉須藍色で絵付け     ★星の世界をイメージ   
                  高さ5センチ 径30センチ
e0039703_065311.jpg

     ●………………………………………………………………●

【貝模様菓子皿】 (2)
土…黒ミカゲ  手びねり・白泥  釉薬…透明釉 
★平皿の裏を貝模様にお洒落をしてみました。
        高さ…高台(4つの渦巻き足)を入れて3センチ 径…23センチ
e0039703_092617.jpg

by hime-teru | 2006-05-16 00:11 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

創作花瓶

 【花瓶】 (1)
★土…上信楽 ★手びねり ★釉薬…左(益子の黒)右(白萩に織部釉)
長い筒を作り二つに折り曲げたものです。
e0039703_23585745.jpg

  …高さ20センチ・幅15センチ・口は横長の6センチ・奥行き5センチ…

    ●―――――――――――――――――――――――‐‐‐●
 【花瓶】 (2)
★土…混合 ★ロクロ仕上げ ★釉薬…イラボ・上下…黒釉・円外の白い部分は白泥をかけて透明釉。
ロクロでドーナツの形を作ります(中は空洞)一カ所にで穴を開けて花瓶の口を取り付けます。台擬きを付け足して倒れないよう安定感を保ちました。
e0039703_011488.jpg

 …高さ20センチ・円外の径20センチ・円内の径10センチ・口の径5センチ・ドウナツの径も5センチです…
◎和洋花、蔓物、ドライフラワー、いずれも可。お花によって趣の変化を楽しんでいます。
by hime-teru | 2006-04-27 00:08 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)