カテゴリ:横浜逍遥( 15 )

【横浜散歩】

                      ★…【 横浜散歩 】…★
                       2013.02.04
「寒ブリを食べる会」は横浜でした。帰宅時間が夜中になりますので今年はホテルを取りちょっと贅沢をさせて貰いました。夫に感謝です。 翌朝、港に停泊している大型客船、行き交う人々、カモメの水浴びを眺めながら、いつもの何倍もの時間をかけて朝食、朝のコーヒーが活力をくれて優しく背中を押してくれます。時間がゆっくり流れてい行きます、そして、足の向くまま、気の向くままに、横浜の街を歩きました。文明開化の変遷を辿る建物や、碑を見つけては立ち止まり、写真に収めながらのぶらり小さな旅散歩です。

横浜は幕末までは戸数百戸程度の半農半漁の静かな村でした。「開国」によって、その歴史が始まるのです。アメリカと条約を締結後にオランダ・ロシア・イギリス・フランスの5ヵ国と交流も始まり1868年(慶応4年)までの9年間にポルトガル、プロシァ、ベルギー、スイス、イタリア、デンマークといった国々と通商条約を結んで横浜はより異国人と交流を深めます。横浜は貿易港としての町独特の様相を呈していきました。
あかいくつバス】料金100円
e0039703_2155084.jpg

【日米和親条約の締結地】
1853(嘉永6)年 米国ペリー提督が浦賀に来航以後、開港地として名が残り、開港とともに外国人居留地が設けられ、外国商人に雇われる中国人(清国人)も大勢来日します。西洋文化が日本に最も早く入る場所として発展して来ました。1854(安政 1)年 日米和親条約(神奈川条約)締結。
e0039703_21561646.jpg

【旧英国総領事館】
e0039703_2215497.jpg

【横浜郵便取扱所】
郵便制度が創始されたのは1871年(明治4年)(明治6年に日米郵便交換条約の締結の締結を果たし、外国との直接郵便が可能となり外国郵便は完全に日本で取り扱うようになったのである。
それまでは、外国から日本人宛に送られてきた郵便物は外国郵便局の私書籍の一つを駅逓寮が借り受けて配達したり、日本人が海外に差し出す郵便物は、駅逓寮が仲介して外国郵便局から発送していました。
e0039703_2225992.jpg

【日本プロテスタント教会】
(明治5年)に建設。 開港する前の横浜村はキリスト教禁教令が出されていたため教会はまだ一つもなかったようです。
e0039703_2244313.jpg

【教会傍の公園には・・・】
e0039703_2274370.jpg

現在の横浜は、関東大震災や第二次世界大戦による廃墟からの復興の上に築かれた街です。
【神奈川県庁本庁舎】 (キングの塔)
1911(明治44)年 新港ふ頭埋立完成 市役所新庁舎が完成 1959(昭和34)年 現在の市庁舎が落成
e0039703_2284756.jpg

e0039703_2304497.jpg

【開港記念横浜会館】 (現・横浜市開港記念会館)(ジャックの塔
e0039703_2211578.jpg

e0039703_22121293.jpg

【横浜税関】 (クイーンの塔
e0039703_2292992.jpg

小学2年の息子を連れて見学に来たのが、何年前になりましょうか?
e0039703_2294819.jpg

★【横浜市HP参照】
キングが県庁本館の塔(約49m)、クイーンが横浜税関の塔(約51m)、ジャックが(約36m)。ジャックが大正6年、キングが昭和3年、クイーンが昭和9年。時代は昭和9年以前に英語名であることからして、日本がアメリカと戦争に突入する昭和16年以前ということになりますね、トランプカードの絵札から?連想して付けられたとも、又チェスの形からとも言われています。
船が入港する時の目印として呼ばれたなどなど様々な説があるようですが、誰がいつ名付けたか明らかではないとのことです。
by hime-teru | 2013-02-12 22:14 | 横浜逍遥 | Trackback | Comments(0)

【風致公園】

                    ★… 【 風致公園 】初春の山下公園 …★ 
                          2013.02.04 
【山下公園】
1930(昭和5年)開園 。関東大震災の復興事業として、瓦礫などを使って海を埋め立て造成した公園です。広い港を眺めながら見学、お散歩の人々が絶えません。遠くの煙突の煙が真っ直ぐ立ち登る穏やかな立春でした。
e0039703_2339438.jpg

【大桟橋に大きな客船】
e0039703_2343439.jpg

1961(昭和36年 )マリンタワー完成
e0039703_23452942.jpg

【氷川丸】氷川丸が山下公園に係留。
e0039703_23394027.jpg

海運会社、日本郵船が所有していた「氷川丸」の名は、鎖国が解かれてから埼玉県大宮市の氷川神社からその名をもらったのだそうです。30年の長期に渡り太平洋を254回も横断した名船でもあり、戦争中は赤十字を付け、病院船の任に就いたり、満州方面からの引揚邦人輸送のため運航し、復員船の役目を果たした。2003年(平成15年)11月には歴史的価値が認められて横浜市指定有形文化財となり、客船の女王に相応しく優美な姿で訪れる人々を迎えてくれています。
e0039703_23401587.jpg

【赤い靴をはいていた女の子】
この像に関わるお話しを聞いて是非とカメラに収めておきたかったのです。周りが工事中のため探し歩きました。(ホッ♪)
野口雨情の詩、童謡『赤い靴』アメリカでの暮らしを夢見て遠く海を見つめる女の子、名前は「きみちゃん」
e0039703_23404022.jpg

女の子の名前の「きみ」にゆかりのある地は4つあるそうです。
① 北海道虻田郡留寿都村・・・「開拓地の母の像」
② 麻布十番・・・「きみちゃん像」
③北海道小樽市・・・「赤い靴 親子の像」
④山下公園・・・「赤い靴をはいていた女の子」

野口雨情の詩になった女の子「きみちゃん」のお話しは[港七福神]めぐりの時に訪ねました。下記に記してあります。クリックしてご覧下さい。 
【麻布十番・・・きみちゃん像】

そして、文明開化を・・・・・!【理容発祥の地
e0039703_23422212.jpg
 
カモメの水兵さん『歌碑』
e0039703_23471991.jpg


         
   
                   
by hime-teru | 2013-02-12 21:00 | 横浜逍遥 | Trackback | Comments(0)

【街の情景】

                              ★【 街の情景 】 …★
                                2013.02.04
【大さん橋】
1945年 (昭和20) 進駐軍(米軍)が大さん橋を接収したが、昭和27に接収解除されてから、数年、昭和39年の東京オリンピック開催の年に大さん橋旅客ターミナル完成し、「クイーンエリザベスⅡ」初入港 等で話題を呼びました。平成元年、大さん橋地区再整備事業により平成14年に新ターミナル完成し現在に至ります。日本のクルーズ客船「飛鳥Ⅱ」「にっぽん丸」「ぱしふぃっくびいなす」「ふじ丸」や、「ザ・オセアニック」などの海外のクルーズ客船が多数寄港します。水深10~11mとなっており3万トンクラスの客船は4隻、より大きな客船は同時2隻着岸が可能だそうです。大さん橋は海路からの出入国、横浜港や横浜税関を経由する旅客の出入国の場所なのです。
e0039703_21591966.jpg

【日本大通り】
横浜港が開港された時、通りを挟んで外国人居留地と日本人街に分けられたことから名付けられたとのこと。R.H.ブラントンの設計により明治3年にほぼ完成、同8年に命名された日本で初めての西洋式街路です。
e0039703_2204543.jpg

この日本大通りは、神奈川県庁や横浜開港資料館、横浜郵便局、旧商工奨励館、旧市外電話局、横浜地方・簡易裁判所、等があり重要な施設の立ち並ぶ街路です。スタジアムまで続いています。幅13.5メートルと広い。幾たびかの災害を乗り越えながら美しい景観を放っている通りは異国情緒が偲ばれます。
e0039703_227952.jpg

庁舎が道路の上で渡り廊下で繋がっています。
e0039703_22423947.jpg

【岡倉天心誕生の地】
天心の父がいた越前藩、生糸その他を売り込む商店「石川屋」をこの地に出店していました。岡倉天心は1862年ここで誕生し、東京美術学校の創設や日本美術の海外への紹介、日本画家の育成など日本美術界の歴史を担いました。
e0039703_2231284.jpg

横浜港からは生糸や茶が主要な輸出品であったようで、シルクセンターに往時を偲ぶことができる。
e0039703_2234861.jpg

【昭和を留める情景】
懐かしい店構えが残っています。
e0039703_22152395.jpg

スケッチ姿になります。
e0039703_22155539.jpg


【北欧料理の老舗】
異国情緒漂う”スカンディアガーデン”
横浜在住の友人から教えて貰い、北欧料理と人気のスフレ(昔から変わらないお味)を注文。とても良い雰囲気のお店でした。ランチとデザートを完食、とても美味しかったです。店内の皿には、全てスカンジナビア三国の紋章が描かれているのが印象的でした。店先には人魚姫の像(ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話のモチーフ)も人々を呼び寄せます。
e0039703_22173470.jpg

【足をのばすとNHK】
吸い寄せられるように中に入ってしまいました。高い天井、大きなテレビを見入る親子、ドウモ君と番組キャラクター人形があまりにも可愛いのでシャッターを。しばし休憩。
e0039703_22232182.jpg

↑ビルの工事中この地から出たお皿とラムネ瓶です。ガラスケースに展示してありました。
by hime-teru | 2013-02-12 20:41 | 横浜逍遥 | Trackback | Comments(0)

【港横浜の情景を切り取る】

                 ★… 【 港横浜の情景を切り取る 】 …★
                      2013.02.04
度々、訪れる港町横浜、住みたい町『NO-3』は確実でしょう。横浜在住の友人を羨ましく思うが・・・?、いえいえ、こうして、たまに訪れると、そこかしこの風景が新鮮に見える。旅の味わいの良いところでもありますね。ファインダーを覗けば一枚の私好みの絵画を映し出す。パノラマ風景をカメラで切り取り、一瞬を思い出に変えていく。そんな些細なことが今の私の最高のボケ防止?心地よいシャッター音が物言わぬ心の会話?数十年も使っているレンズは手あかでピカピカ(きっと喜んでくれているでしょう)
【心に残る風景】遠くに富士山のシルエット
e0039703_22364852.jpg
e0039703_22371848.jpg

歩道にも歴史が・・・。
e0039703_22384558.jpg

e0039703_22395279.jpg

残っています。古き昭和が・・・?
e0039703_22421640.jpg

影を映して・・・急ぐ足。
e0039703_2243433.jpg

夕日(ねぐらに帰る・・・!)
e0039703_22451353.jpg

赤い靴バスの中
e0039703_2244063.jpg

ベイブリッジ
e0039703_22512534.jpg
e0039703_22501223.jpg

みなとみらい(昼と夕刻)
e0039703_22521421.jpg

e0039703_22523521.jpg

by hime-teru | 2013-02-12 20:00 | 横浜逍遥 | Trackback | Comments(0)

【クリスマスを待つ横浜】

                              ★… 【クリスマスを待つ横浜】 …★
                                    2010.12.20
夫の友人のご夫妻のお誘いで、12月20日(風もなく暖かい日でした)横浜中華街の忘年会に出かけました。約束の時間より少し早く横浜入りをして、”みなとみらい”に立ち寄りました。倉庫街はクリスマス本番の準備中、100%のイルミネーションではありませんが、幻想的な横浜を撮影してみました。2時間ほどみなとみらいから中華街までの散策です。
【キリスト生誕の人形から】
e0039703_2083682.jpg

【クリスマスマーケット 】満月の下で・・・。ヘリコプターも月に照らされて・・・。
e0039703_20101688.jpg

【サンタさんが屋根に・・】
e0039703_20111230.jpg

【沢山の食べ物屋さんが並んでいます】
e0039703_2012136.jpg

【ツリーを見つめるお月様】
e0039703_20131063.jpg

【赤レンガとても幻想的】
e0039703_20143961.jpg

【窓から漏れる室内の幸せ】
e0039703_20153714.jpg

【コスモワールドの観覧車も彼方に】
e0039703_2017819.jpg

【横浜みなとみらいクリスマスイルミネーション】
e0039703_2019249.jpg

【マリンタワーもお化粧して】
2006年末にいったん営業を終了したマリンタワーは、「マリンタワー再生事業」に基づき、横浜市が改修してよみがえりました。
e0039703_20202753.jpg

【青いお月様、氷川丸を優しく見てござる】
e0039703_20212678.jpg

【山下公園の噴水】
e0039703_20241146.jpg

【ウインドウもクリスマスの装い】
e0039703_20251934.jpg

【中華街に着きました】
e0039703_20264056.jpg

【暮れなずむ、みなとみらい】
e0039703_2065214.jpg

by hime-teru | 2010-12-25 20:28 | 横浜逍遥 | Trackback | Comments(2)

【横浜の風景・弥生の景色】 その3

                          ★…【横浜の風景・弥生の景色】 その3 …★
                             撮影は2010年 03.14 横浜港にて
天気良好・風強し、2時頃に出発した船は象の鼻の船着き場に戻る直前、低気圧前線通過、等圧線ぐるぐる 暗灰色をした乱層雲が風を散らす、寒くなってきました。海の上は殊の外・・・・。
窓越しに「みなとみらいのシンボル」を撮り込む。素敵でしょう♪
e0039703_2254238.jpg

船のイカリをズームアップ
e0039703_22573560.jpg

e0039703_2258015.jpg

e0039703_22595862.jpg

移り気なお天気 (乗船時はこんなにお天気が良かったのに・・・)
e0039703_231374.jpg

カモメが群がる船(餌をあげて走行している)バックは山下公園です
e0039703_2343925.jpg

雲行きが怪しくなる。暗灰色をした乱層雲が冷たい風を運んできた。
e0039703_2373396.jpg

e0039703_2381338.jpg

春から冬に一変する”みなとみらい”寒さに震えながらシャッターを押す。
e0039703_2385182.jpg

e0039703_9181724.jpg

e0039703_2392866.jpg

船着き場に着きました(象の鼻)。風が雲を蹴散らし柔らかい日差しが雲間から差し込み始めました
e0039703_2315999.jpg

e0039703_92618.jpg

by hime-teru | 2010-03-23 23:22 | 横浜逍遥 | Trackback | Comments(0)

【横浜の風景・赤煉瓦倉庫】 その2 

                          ★… 【横浜の風景・赤煉瓦倉庫】 その2 …★
赤煉瓦倉庫 後方にランドマークタワーがそそり立つ 
e0039703_22404370.jpg

憩いの公園になっています。
e0039703_22401255.jpg

e0039703_921937.jpg

e0039703_2241592.jpg

窓越しに電灯と映り込み
e0039703_22414392.jpg


e0039703_22422243.jpg

e0039703_22424324.jpg

by hime-teru | 2010-03-23 22:50 | 横浜逍遥 | Trackback | Comments(0)

【横浜の風景・海上から眺めるメリケン波止場】 その1

                      ★… 【横浜の風景・海上から眺めるメリケン波止場】 その1 …★
                                   2010.03.14 横浜港にて
3月14日、CP+(シーピープラス)2010。カメラのエキスポを見に行ってきました。今年は会場が東京から横浜に移り、主催団体が分裂しためか?不況の為か?印象は寂しい物でした。魅力半減と言うところで会場を後に友人を無理矢理誘って!!、横浜港の観光船に乗って撮影をしてきました。「横浜港・みなとみらい」の現在の風景です。
日本郵船(氷川丸)&マリンタワー
e0039703_22143115.jpg

舟の安全を守っています
e0039703_22215112.jpg

第2昭南丸
艦船侵入容疑で逮捕された、反捕鯨団体シー・シェパード(S S)のピーター・ベスーン容疑者を乗せた第2昭南丸が停泊していました。1日前は物々しい警戒態勢で大変だったようです。
e0039703_22251016.jpg

旅客ターミナル
e0039703_22152934.jpg
 
大桟橋と向こう岸、船上からの景色 
e0039703_22181717.jpg

e0039703_22185797.jpg

横浜ベイブリッジ
e0039703_2220249.jpg

山下埠頭の倉庫街
e0039703_22203650.jpg

by hime-teru | 2010-03-23 22:33 | 横浜逍遥 | Trackback | Comments(0)

【暮れなずむ夕暮れ】

                       ★… 暮れ泥む夕暮れ (港町横浜) …★
横浜港では、たくさんの船を見ることができます。
e0039703_22594069.jpg

『氷川丸』↑↓
世界的には傑出した存在ではない中級サイズの貨客船ではあるが、その接客設備とサービスの優秀さによって太平洋を往来する著名人たちに愛用され、数多くの逸話を残した船として知られる。日本商船が喪失された太平洋戦争でも沈没を免れた数少ない大型船で、戦後も1960年まで北太平洋航路で運航を続けた。運航終了後はこの横浜市山下公園前の横浜港に係留されている。
e0039703_2302284.jpg

横浜市指定有形文化財の指定を受ける。 氷川丸マリンタワー株式会社が2006年12月25日営業終了後日本郵船へ管理が移管され 2008年4月25日 リニューアル工事を行った後に一般への公開を再開。遠方に「みなとみらい21」
e0039703_231122.jpg

船内は写真や書籍ほか、歴史資料の展示と様々な貨物船の模型や写真により今日までの外航海運業の歩みを紹介しております。
e0039703_2312310.jpg

横浜港は1853年7月アメリカのペリー提督が4せきの船を率いて浦賀に来航し、日本の鎖国政策を変えさせ港を開くように強く要求してから、1945年(昭和20年)の終戦からの横浜港は苦しい道を歩みました。
アメリカを中心とする連合国軍によって港の施設のほとんどが接収され、軍以外の港の働きは、一時完全に止まってしまったのです。 民間貿易も終戦直後に中止されましたが、昭和24年から再開され、高島、山内、大さん橋、新港の順ににふ頭の施設が返されました。しかし、瑞穂ふ頭や新港ふ頭の一部などは、今でもアメリカ軍によって管理されています。
e0039703_232569.jpg

京成21年の今年は、開港150周年記念事業として「開国博Y150」が開催されました。開国博も無事終え、静かな横浜に戻っていました。本来ならば人出で賑わう年の瀬ですが・・・何故か今年は静かに息を潜めているように見えました。気のせいでしょうか? 大桟橋に停泊の客船。
e0039703_2325349.jpg

風もなく、煙が真っ直ぐ一筋の滝のように空に向かって・・・。寂寞たる風景です。
e0039703_23461.jpg

飛行機雲も夕暮れにもの寂しく消えていきました・・・。
e0039703_2342386.jpg

by hime-teru | 2009-12-28 23:09 | 横浜逍遥 | Trackback | Comments(2)

 【みなとみらいのシンボル】 

              ★… 横浜散歩 【みなとみらいのシンボル・ランドマークタワー】 …★
                             12月ー横浜にて
みなとみらいのシンボルー 『ランドマークタワー』 師走の夕暮れ〓山手の公園から。
e0039703_0305970.jpg

〔芒の向こうに・・・〕
e0039703_0315990.jpg

〔秋色〕
e0039703_0331972.jpg

〔シンボルの威厳〕
e0039703_0352624.jpg

みなとみらいはかつて造船所や鉄道用地で二分されていた横浜の都心部を一体化し、オフィス・商業・文化・アミューズメント・住宅などの多様な機能が集積した地区です。
e0039703_036456.jpg

デザインはアメリカの建築家、ヒュー・スタビンスによる基本設計に基づき三菱地所が実施設計を行った。
タワーの屋上には、NHK、関東広域圏民放キー局およびテレビ神奈川 (tvk) の横浜みなとテレビ中継局がある。
e0039703_03817.jpg

1993年(平成5年)7月16日開業。高さ296m、延床面積392,885平方メートル。山下公園からも・・。
e0039703_0394646.jpg

ランドマークタワーは日本一高いタワー棟を中心とするオフィス、ホテル、ショッピングモールを核に、展望フロアや多目的ホール、さらには石づくりのドックを復元利用した広場など、多彩な施設を併設し魅力ある一つの街を形成します。
by hime-teru | 2009-12-27 00:41 | 横浜逍遥 | Trackback | Comments(0)