カテゴリ:サイエンス( 13 )

【スーパームーン 】 今年最大の満月

   ★… 【スーパームーン 】 今年最大の満月 …★
                2015.9月28日 PM18:00~ 撮影
【望(満月)】
1年のうちで月が地球に最も近づくタイミングと満月のタイミング。我が家の傍で撮りました。
十五夜は必ず満月とは限りません。2015年は、9月27日(名月) で、今日、9月28日11時51分 望(満月) です。昨日同様、月の神秘を楽しみました。
e0039703_23122650.jpg

望 (満月) は太陽と月の位置関係だけで決まる。
e0039703_2313737.jpg

神秘的な赤いお月様です。
e0039703_23141892.jpg

by hime-teru | 2015-09-28 23:18 | サイエンス | Trackback | Comments(0)

【十五夜 】 中秋の名月

                         ★… 【十五夜 】 中秋の名月 …★
                         2015.9月27日 PM20:00 撮影
【中秋の名月】
中秋節、芋名月などともいう。旧暦8月15日の夜、月見団子をつくり芋、神酒、すすきなどを月下に供える風習がある。中国にも同様の習俗があった。

中秋の名月は秋分の頃の満月ですから、太陽は秋分点付近、月は反対の春分点付近にいます。
月は楕円運動をしていますので、どこで満月になるかによって距離や見かけの大きさが違ってきます。夏の満月は低く、冬の満月は高い。春と秋はその中間の高さにあります。
【月は低いところでは赤やオレンジ色、高くなるにつれて黄色っぽくなり、やがて白っぽく見えるようになる。 色が変わるのは、朝日や夕日が赤く染まって見えるように、大気による光の散乱が原因です。よって、夏の満月では色の変化が遅く、冬の満月では速すぎる】

★ 月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月 (よみびと知らず)

望 (満月) は太陽と月の位置関係だけで決まる。昨年と今年の2015年は大きな名月が見られました。
2015年は・・・・ 9月27日(名月) 9月28日11時51分 望(満月) です。
e0039703_21499100.jpg

『十五夜』
太陰太陽暦と違い、太陽暦では毎年日付が変わります。基本的には秋分(八月中)を含む陰暦月の15日の夕方に出る月です。

『お月見』
月を拝み賞する年中行事。団子や季節の野菜などを供える。十五夜は里いもを供えることが多いので芋名月,十三夜は枝豆を供えるところから豆名月とも呼ぶ。十五夜と十三夜とは両方とも祝うべきものとされており,一方だけしかまつらないのを片月見といって忌む。
by hime-teru | 2015-09-27 21:49 | サイエンス | Trackback | Comments(0)

【 皆既月食 】 赤銅色に染まった満月

             ★…【 皆既月食 】 「赤銅(しゃくどう)色に染まった”満月” …★
                         2014.10/08
満月が地球の影に入り、暗くなる皆既月食が、8日午後7時25分ごろから始まりました。全国で皆既月食が起きるのは2011年12月10日以来。3年ぶりの”皆既月食”です。
e0039703_2350159.jpg

写真は埼玉(我が家のベランダ)での撮影です。
     ※カメラ ソニー α55,レンズ(ミノルタΑΡΟ200/2.8+テレコン1.4)
e0039703_23503584.jpg

地球の本影に月の全面が入る月食を皆既食といい、一部のみが本影に入る月食を部分食という。
e0039703_2350567.jpg

皆既食になる場合は、部分食のみで終わる場合よりも、長い間ではだいたい2倍ぐらい多い。皆既食になっても月がまったく見えなくなることは少なく、赤銅色に光って見える。しかし、まれには非常に暗くてほとんど見えなくなることもある。
e0039703_23512615.jpg

月食は、月が地球から見て太陽の反対側にきたときにおこるから、かならず満月のときにおこるが、しかしながら、満月のときには、かならず月食がおこるわけではない。月の軌道面は地球の軌道面と約五度傾いているため、月がこの二つの軌道面の交わる方向に近い位置で満月になったときにのみ月食がおこる。太陽が、地球から見て1年に天球を1回りするとき、この交点を2回通過するが、このときの季節に日食も月食もおこりやすく、この季節を食の季節というのだそうです。
e0039703_2351427.jpg

【皆既食中の月の色】
皆既食では、月が本影の中に完全に入り込みます。しかし、皆既食中の月は真っ暗になって見えなくなるわけではなく、「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色に見えます。
e0039703_2352140.jpg

地球のまわりには大気があります。太陽光が大気の中を通過する際、波長の短い青い光は空気の分子によって散乱され、大気をほとんど通過することができません。一方、波長の長い赤い光は散乱されにくく、光が弱められながらも大気を通過することができます。
これは、朝日や夕日が赤く見えるのと同じ理由です。また、大気がレンズのような役割を果たし、太陽光が屈折されて本影の内側に入り込みます。このかすかな赤い光が皆既食中の月面を照らし、月が赤黒く見えるのです。
e0039703_23522268.jpg

e0039703_23531229.jpg

e0039703_23533633.jpg

ですが・・・、皆既食中の月の色はいつも同じではありません。大気中にチリが少ないと大気を通り抜ける光の量が多くなり明るいオレンジ色に、逆にチリが多いと大気を通り抜ける光の 量が少なくなり、黒っぽく見えます。 (国立天文台資料より)

e0039703_23535911.jpg

普通の日食になりました。
e0039703_23541985.jpg


3年前の「皆既月食」です。
  【皆既月食】
by hime-teru | 2014-10-08 22:08 | サイエンス | Trackback | Comments(0)

【 十五夜 】 中秋の名月 9/8

               ★…【 十五夜 】 中秋の名月 …★
                 2014.9月8日

今宵は旧暦の「中秋の名月」の8月15日雲がなければ、日没前に山吹色の月が昇り始めるのですが・・・、午後4時の時点で空は厚い雲です。日本の言い習わしの「餅をつくうさぎ」に夢を馳せたいのですが・・・?。はてさて・・・。

豪雨が続いた今年の夏、いつの間にか涼しい風が頬をなでる初秋、今年は早い名月です。
満月は10月になってやっと巡って来る年もあれば、今年のように9月初旬に早々と訪れる年もある。今年の9月8日の名月は38年ぶりという。昨年は9月19日、一昨年は9月30日でした。

しかし、十五夜が必ずしも満月とは限らないそうです。今夜はやや欠けて明日の夜には満月が見られるようですが、明日のお天気もなんだか怪しそうですね。今年は軌道を回る月の位置が地球に近いため、「大きなスーパームーン」が見られるようですが・・・・?はてさて、雲の間から顔を出してくれれば良いが・・・。

資源への関心から月の探査が熱を帯びている今日、人類で初めて月面着陸に成功した宇宙飛行士の、ニール・アームストロング船長「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」という言葉を残しました。45年前のことです。

着陸したのは月の「静かの海」と呼ばれている。日本人が月にうさぎを見立てているうさぎの顔にあたる部分だそうです。静かの海の近くの小さなクレーターを「アームストロング」と名付けられています。(月の姿は、本を読む女性、かに、ライオンに見える国もありで様々、面白いですね)

そもそも、「月見」は旧暦の8月15日の晩にめでる習わしで(旧暦は7月~9月の間の秋8月は秋の真ん中なので、「中秋の名月」という呼び方が生まれたようです。文献上では平安時代、宮中の「観月の宴」から始まりました。

新月から満月には2日ほど幅があり厳密に言えば今年は9月9日が満月になるのです。秋は空気が澄み気温が下がり水蒸気が少なく澄んでいるので、綺麗な月が見られる。9月8日の夜中の11時8分が最も高くなる。雲の切れ間から少しの時間でも見られたら・・・良いのですが・・・?

科学の進歩で、うさぎのいる月ではなくなったが、自然を愛でる心は今も昔も変わりません、風情を楽しむススキを活けて、里芋を備えて待ちましょうか?

**1日遅れの十五夜」? 9月9日 PM10:30分の月の撮影が出来ましたのでアップします。
肉眼では満月に見えますが・・・地球からちょっと離れてスーパームーンではありませんが、明るく夜空を照らしています。昨日の日没前は山吹色のお月様だったのでしょうね~!。
e0039703_22343866.jpg


2年前撮影の「スーパームーン」も見て下さい。我が家のベランダ、同じところで撮影しています。
山吹色でクレーターの模様も違いますね。
  【スーパームーン】
by hime-teru | 2014-09-08 17:14 | サイエンス | Trackback | Comments(0)

 【天体ショー☆☆☆】 地球-金星-太陽 (一直線)

            ★… 【 天体ショー☆☆☆ 地球-金星-太陽  (一直線) …★
                   2012.06.06  自宅のベランダにて

◆ 今年は金星に関する現象のあたり年だという

5/21の金環日食6/4の部分月食、そして今日、金星太陽の面を通過、7/13は金星が一際明るく輝く「明けの明星」が見られるそうです。(金星最大光度、マイナス4,4等級)7月13日の夜明け前が楽しみですね。また、8/14は「金星触」月が金星を隠してしまう現象だそうです。どのように見えるのでしょうか?

さてさて、今日の金星横断、西日本では、はっきり、観測出来たようですね。
埼玉は朝からあいにくの雨模様、歯ぎしりをしながらスポーツジムに出かけました。
でも~~?、運動を終える12時頃に一瞬薄陽が、雨もやみ、厚い曇りの中に太陽らしきものが、時々見えるような気配です。

もしかして・・・? いても経ってもいられず、はやる気持を押さえながら早急に帰宅
次回に見られるのは105年後・・・。神様に祈りました。

お昼ご飯もゆっくり食べてはいられません(笑)。雲の流れを追いながら太陽を探しました。カメラを空に向けて、シャッターチャンスをひたすら待ちました。

天空は私の願いをかなえてくれました。何と幸運にも。撮れました(^_^) 『金星の黒い影
e0039703_2233335.jpg

オマケに太陽の黒点も映っています。
e0039703_19594482.jpg

 【金星の横断】
金星
は地球の軌道のすぐ内側を運動している太陽系の惑星。水星に次いで太陽に近く、水星とともに内惑星とよばれることもある。内惑星はいつも太陽の近くに見え、火星から外の外惑星のように夜半の空に輝くことはないが、金星は夜明け前の東空や日暮れ後の西空にかなり高く、また、たいへん明るく見えるので、「明(あけ)の明星(みようじよう)」「宵(よい)の明星」とよばれて親しまれてきました。
e0039703_2002336.jpg

また、金星の赤道半径は6052キロメートルで地球の0.95倍、質量は地球の0.815倍、平均密度は水の5.24倍で、いずれも地球よりわずかに小さいだけである。また表面重力も地球の0.91倍である。

西洋では金星を『美と愛の女神ビーナス』との名がある。これもその美しい輝きのためでしょうね。

 太陽の黒点
太陽表面に現れる暗い斑点(はんてん)。単独のこともあるが群をなして現れる場合が多い。黒点自身は約4000Kの放射で輝いているが、黒点を囲む光球が約6000Kの放射で明るく輝いているので暗く見えるのだそうです。

黒点は初め小さな単独の点、または二つが一組となって誕生する。生まれてすぐの黒点は数時間から1日で消えてしまうものもあるが、成長する黒点は直径が大きくなるとともにその周りに黒点が次々と生まれて黒点群となり、数か月間にわたって見える場合もあるようです。その、『黒点』も撮れてびっくりです。

諦めないで良かった♪ こんなに雲が厚かったのに・・・!、雲のベールを被った一瞬の太陽の姿から”宇宙ショーが見られて” し・あ・わ・せ(*^_^*)
e0039703_204309.jpg

私が、天文現象に興味を持つ理由は??? 
小学5年生の可愛い孫の影響です。孫は幼稚園の時から天文に興味を持ち始め、宇宙少年団に入会、天文の本を読みあさり興味津々。夫も息子も天文好きで少しは影響を受けているのかもしれませんが。

私は幼い頃から星を眺めるのが大好きで、寒い冬の真夜中でも毛布にくるまりながら流星を探すこと幾度となく・・・、ですが、『天体ショーの撮影』は今年が初めてです。

孫との会話を楽しむために・・・、撮影は孫から元気を貰っている証しです。

  【 Y君、Rちゃん、ありがとう♪  】 おばあちゃんは頑張っているよ。


※※※なお、天体ショーは、右の”カテゴリー” 『サイエンス』 からも入れます。
by hime-teru | 2012-06-06 19:57 | サイエンス | Trackback | Comments(3)

部分月食!!!

                         ★… 【 月食・月触・げっしょく 】 …★
                        2012.06.04 (月曜日) 自宅、ベランダにて
2週間前の「金環日食」の際に太陽を隠した新月は、今夜には満月。ですが・・・? 雲が・・・?。
37.6度欠ける部分月食が日本全国で見られるはずでしたが、関東(埼玉)は厚い雲に覆われて 朧月?” になり、金環日食のようにはっきり見えません。 残念! 

それでも、空を見上げながらカメラを向けて見ました。テレビニュースでの秋田県で見えたような、くっきり部分月食は見えません。鮮明ではありませんが雲の向こう側にボンヤリと月面の一部が欠けている月にシャッターをきってみました。(雲に覆われた部分月食です)
e0039703_23425331.jpg


写真は、欠け終わり頃の20:44分と20:48分の撮影です。月食は21時07分頃まで続くようですが・・・?
e0039703_23302410.jpg


【月触・月食】
太陽の光を地球がさえぎってできる影に月が入り込む現象。つまりは、月が地球から見て太陽の反対側にきた時におこる。それは満月の時におこるが、月の軌道面は地球の軌道面と約五度傾いているため、月がこの二つの軌道面の交わる方向に近い位置で満月になった時にのみ月食がおこるのである。

月食のときの月面上に映る地球の影は、境界がぼんやりして精度よく観測はできないが、地球上の広い範囲の地域で同時に観測ができるので、東洋と西洋とで独立になされた月食の古記録を比較することによって、記録の信頼性を検証することができ、暦学、年代学上の資料となり、日食の記録よりも有益である場合があるとのことです。
by hime-teru | 2012-06-04 23:11 | サイエンス | Trackback | Comments(0)

世紀の天体ショー

                        ★… 【 世紀の天体ショー 】 『金環日食』 …★
                              2012.05.21 自宅撮影 
※カメラ(ソニーα55) ※レンズ(ミノルタ200/2.8 APO ※テレコン2倍 ※フイルターND8+偏光フイルターで撮影
【金環日食】
国内で観測されるのは昭和62年の沖縄県以来25年ぶり、3大都市圏を含む広い範囲での観測は実に932年ぶり平安時代以来となります。
e0039703_20161227.jpg

埼玉は午前6時15分すぎから太陽の一部が欠ける部分日食が始まりました。
e0039703_20234655.jpg

e0039703_20241633.jpg

e0039703_20244021.jpg

午前7時34分から約4分間ほどの太陽と月のコラボレーションの金の指輪が、クッキリと空に輝いてくれました。素晴らしい天体ショーになりました。
e0039703_202512.jpg

「食の最大」は上1番目の写真です。
e0039703_20282669.jpg

e0039703_20271668.jpg

e0039703_20274771.jpg

e0039703_202864.jpg

太陽の90%が隠れました。ご近所さんと始めて見る天体ショーに息を呑み、思わず笑みがこぼれ感動と感嘆の声 ”綺麗なリング♪”と、幸せを分かち合いました(*^_^*)午前9時過ぎに日食が終わりました。
≪もしかして・・・?≫
「ベイリービーズ?」
拡大してみたら・・・、リングの細い部分が月面の凹凸により途切れビーズが連なったように見える「ベイリービーズ」と呼ばれる特徴的な現象の様な撮影が出来た。違うかな~~~!
e0039703_22214191.jpg

次回の金環日食が都内で見られるのは300年後の「2312年4月8日」だそうです。
雲の切れ間から見える幻想的な部分日食になりました。絵画の世界ですね。
e0039703_20285929.jpg

e0039703_20294839.jpg

e0039703_20301525.jpg

e0039703_2036961.jpg

※参考までに
【日食】
地球から見て太陽との間に月が入ってきて太陽が月の背後にかくされる現象。地球、月、太陽の相対位置により〔皆既食〕〔金環食〕〔部分食〕の三つがある。観測者から見て太陽面の一部または全部が隠される現象をいうのです。

【金環食】
今日の金環食は 日食の際、月の視直径が太陽より小さいため光球を隠しきれず、縁の部分が細い金の環になって残って見える”金環日食”です。地球から月までの距離が比較的遠くなったり、太陽の距離が比較的近くなったりして本影が地表まで届かない場合に見られるのです。
by hime-teru | 2012-05-21 13:10 | サイエンス | Trackback | Comments(0)

【 スーパームーン 】 1日過ぎて・・・ 

                    ★… 【 スーパームーン 】 1日過ぎて・・・ …★
                        2012.05.07  21時 撮影開始
(赤いお月様)『スーパームーン』から1日後の月は赤く夜空を照らしています。
低空に輝く月は暗くて赤っぽく見えることがあります。地球の周りには大気の層があり、月の光は必ずこの大気の層を通して私たちの目に届きます。大気は透明に見えますが、長い距離を考えると塵や埃、水蒸気などの影響により月の光は減光され、波長が長い赤い光が邪魔されにくく遠方までよく届きます。このため月は高度が低いほど暗く『赤っぽい色合い』になります。、
※赤い朝日や夕日同じですね。
地球に接近した今日の月は薄雲(水蒸気)などの影響でしょうか?赤く見えますが明るいですね。
e0039703_23425250.jpg

撮影は我が家のベランダから、スーパーの看板と微かに家並みの屋根(見えるでしょうか?)
月はまだ大きくて明るい♪(*^_^*)。
e0039703_22192983.jpg

by hime-teru | 2012-05-07 22:21 | サイエンス | Trackback | Comments(0)

スーパ-ムーン

                       ★… 【 スーパームーン 】 …★
                          2012.05.06  (望月)
月が地球に接近したときに満月になると 『スーパームーン』 になる。今日が望月(満月)なので撮影してみました。

NASAの報道によると、月が地球に一番近づくのは日本では6日の昼の12時34分ごろとのこと。
日本でスーパームーンとなるのは5~6日の夜「スーパームーン」が見られるとのことでした。
見られました。撮りました
             地球からは普段よりも 14%大きく、30%明るく見える。
                    クレーターもクッキリ見えますね♪
e0039703_2282416.jpg

by hime-teru | 2012-05-06 23:00 | サイエンス | Trackback | Comments(0)

【天体ショー ☆☆☆ 】

                       ★… 【 天体ショー ☆☆☆  皆既月食 …★
                            2011.12.10
  【約3時間半の天体ショー】
◆【皆既月食】
月食において月全体が地球の本影に入り、月面に太陽の光が少しも当らない現象。月食は月が地球から見て太陽の反対側にきたときにおこる。
                                     ↓↓ 『2011.12.10… PM11:05分』 ↓↓  太陽と地球と月が一直線上に。赤銅色のお月様。
e0039703_0143823.jpg

e0039703_235147.jpg

月の軌道面は地球の軌道面(黄道)に対して約5度傾いているため、月がこの二つの軌道面の交わる方向に近い位置で満月になったときにのみ月食がおこる。 ↓◆PM…22:00
e0039703_015789.jpg

e0039703_23133485.jpg

e0039703_0153598.jpg

e0039703_23144054.jpg

太陽と地球、それに月が一直線上に並び、満月の状態の月が地球の影に完全に覆われる。
e0039703_01626.jpg

e0039703_23165045.jpg

↓◆ PM…22:56
e0039703_0162618.jpg

e0039703_2374727.jpg

澄みきった夜空の天体ショー♪
赤銅色に光って見えたる月に感動致しました。右下にはオリオン座も輝いて今年は素晴らしい皆既月食が見られて最高に幸せな気分になりました。
e0039703_0165727.jpg

e0039703_2383379.jpg

因みに月食のはじめから終わりまでを全国で観測できる皆既月食は11年ぶりだそうです。
e0039703_0171422.jpg

e0039703_239070.jpg

大型カメラにはかないませんが、手持ちでの撮影ですが、沢山の星座に見守られながらの”天空の天体ショー”を楽しみました
by hime-teru | 2011-12-11 00:21 | サイエンス | Trackback | Comments(0)