カテゴリ:【あ】行の花( 115 )

9月の花-オキナワスズメウリ

★… 【あ行の花】 9月の花-オキナワスズメウリ …★
   2017.09~11月 我が家にて
【琉球オモチャウリ】別名-(オキナワスズメウリ)
ツタを伸ばす一年草雌雄同株で一つの株に雄花と雌花が咲いて結実します。花は目立たない1㎝ほどの小さな黄色の花です。
e0039703_2352532.jpg

e0039703_23523565.jpg

実は緑からオレンジ最後は真っ赤になり、そこに入った白いストライプのコントラスト。ウリボウ(イノシシの子供)のような風情です。
e0039703_23534228.jpg

e0039703_23531815.jpg

カラスウリやスズメウリは雑草として扱われていますが、オキナワスズメウリは主に観賞用として栽培され、カラスウリやスズメウリとは近縁の別種です。
e0039703_23542558.jpg

e0039703_23545610.jpg

e0039703_23581261.jpg

オキナワスズメウリは主に「琉球オモチャウリ」という名前で流通しています。2~3cmほどの白いストライプの入った小さな実がになり、熟すにつれて緑色から黄色になり、最終的には真っ赤に変わっていきます。
e0039703_2355456.jpg

e0039703_23561564.jpg

実実がオモチャのような見た目をしていることからこの名前で呼ばれているようです。
e0039703_2359127.jpg

e0039703_23593117.jpg

by hime-teru | 2017-11-15 23:56 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

9月の花- 白粉花

★…【あ行の花】 9月の花- 白粉花 …★
    2017.09 家庭菜園にて」
【おしろい花】
オシロイバナは、黒い果実(種子)を割ると、白い粉質のもの(胚乳にあたる部分)があり、それがおしろいの粉のようなのでこの名がつけられています。
e0039703_23424948.jpg

日本には江戸時代に入り、各地で野生化しているものも多く見られます。
タネをまいて容易に育てられるので、一年草扱いにされることも多いのですが、本来は多年草です。
花は夕方4時ごろから開き、翌朝まで咲いています。午前中にはしぼんでしまう一日花です。
e0039703_23432597.jpg

夏から初秋の間ほとんど途切れることなく次々と咲き続けるので長く楽しめます。
夜間に観賞できるような場所に植えると、さわやかな香りを楽しめます。
白花や黄花は暗がりの中でも浮き上がるように花が目立ちます。
e0039703_2344611.jpg

花はろうと形で大きく開き、花径は3cm。筒の部分は細長く5cmくらいあります。
花弁はなく、花弁状の部分は萼片で、つけ根にある萼のような部分は苞にあたります。
e0039703_23451030.jpg

e0039703_23434872.jpg

品種名のないものがほとんどで、花色は赤、オレンジ、黄色、ピンク、白があります。1株の中で花ごとに少しずつ花色が違う絞り咲きや咲き分けの花は咲いてくれてからの楽しみがあります。
by hime-teru | 2017-11-15 23:44 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

【7月の花】-アピオス

                ★… 【7月の花】-アピオス …★  
                 2017.07月 我が家にて 
【アピオス】
アメリカホドイモとも。マメ科の1属名。北アメリカおよび中国に6種と日本に1種(ホドイモ)分布する。園芸上はアメリカホドイモをさす。
マメ科の多年草。茎はつる性で2~4メートルとなる。葉は5~7枚の小葉からなる羽状複葉。夏に葉腋(ようえき)から花軸を出し、10~13個の蝶形(ちようけい)花をつける。花は長さ1センチほどの紅紫、淡紫色、芳香がある。地中に長さ3~6センチ、太さ2~4センチほどの塊茎が数珠(じゆず)状に連なり、これを食用とする。
e0039703_2219267.jpg

北アメリカ原産で、アメリカ北東部からフロリダ、テキサスに至る地域でインディアンにより栽培された。日本には明治時代中期に渡来し、おもに花を観賞するために栽培された。現在は青森県南部地方で食用に栽培される。近縁のホドイモは北海道から九州にかけて分布し、このいもも食用となる。
by hime-teru | 2017-09-21 22:19 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

うさぎ苔

                        ★…【うさぎ苔】…★
                                   2016.5月~
弟の家を訪ねた時に、窓辺で小さな植木鉢に咲いていたこの花、「うさぎ苔」と言うのだそうです。5ミリ~1センチ弱ほどの小さな花です。
e0039703_20421135.jpg

よく見ると、ウサギの顔のような可愛い花ですね。
e0039703_20424344.jpg

【ウサギゴケ】
山野草・食虫植物。草原をウサギが跳ね回っているかのような、名前通りの姿の花ですね。
e0039703_20432770.jpg

明るい日陰で育ち、苔ですので上に伸びるのでは無く横に広がる様に増えます。環境があえば1年に2~3回開花し花を長く楽しめるのだそうです。
e0039703_20435716.jpg

春から夏頃と秋から冬にかけて年に2~3回開花しますが、栽培状況により開花時期が大きく変わることもあるようです。
e0039703_2044336.jpg

by hime-teru | 2016-10-13 20:44 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

【イキシア】

     ★…【イキシア】…★
        2016.6月
アヤメ科の秋植え球根草。南アフリカ原産でヤリズイセンともいう。数種の原種が交雑されてつくられた園芸種で、日本で栽培するのはオランダからの導入種。球根は径約2センチと小さく、葉は細い剣状で長さ15~30センチ。4、5月、花茎を30センチほど伸ばし、先端に6~8個の小花を穂状に開く。
e0039703_23533781.jpg

花色は赤、黄、紫、桃、白と変化に富み、夜間や曇天の際は花を閉じる。
e0039703_2354434.jpg

花壇用、鉢植え、切り花用とする。9、10月、5号鉢に5~7球植え、フレーム内で越冬させるが、暖地では戸外でも越冬する。
e0039703_23542367.jpg

花壇では10、11月に植え付ける。花期後、葉が枯れたら球根を掘り上げ、よく乾かして貯蔵する。繁殖は分球による。
by hime-teru | 2016-10-12 23:55 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

紫陽花

                ★… 【紫陽花】  …★
                                    2016.6月~
今年も咲きました。あじさいはユキノシタ科の落葉低木。高さ1~1.5メートルの株立ちになり、若枝は緑色で太い。葉は対生し広楕円、長さ8~15センチ程葉質はやや厚く滑らかでつやがある。6、7月ころ枝先に球状で大形の集散花序に淡青紫色の中性花(装飾花)からなる花を多数つける。
e0039703_18395265.jpg

e0039703_18401955.jpg

ガクアジサイを母種として日本で生まれた園芸品種で奈良時代からあったといわれる。名は青い花がかたまって咲くようすから名づけられた。
e0039703_18412862.jpg


広く公園や庭園に植えられ、名所が各地にある。4、5個ある萼片が大形の花弁状にみえ、縁に鋸歯が出ることもあり、花弁は小さい。雄しべと雌しべは退化して小さく、果実ができない。
e0039703_18421168.jpg

〔種類〕
多種多様、花が青紫色で中性花の萼片が皿形につぼまる『ウズアジサイ』花が八重咲きになる『ヤエアジサイ』ど品種が多い。『セイヨウアジサイ』はヨーロッパでアジサイを改良したものである。
e0039703_1844514.jpg

毎年、撮影している「紫陽花」もご覧下さい。
  【紫陽花】

ヨーロッパへは1789年に、日本から中国に渡っていたアジサイをイギリスのキュー王位植物園に導入したのが初めで、その後ヤマアジサイ、ベニガクなども渡って交雑育種され多くの園芸品種が育成された。
e0039703_18452153.jpg

白、桃、紅、赤、青などの花色や大きさに変化があり、矮生で花が咲く品種もある。日本にも逆輸入され鉢植えや公園などに広く用いられている。
e0039703_18455232.jpg

日本に自生するものは北海道、本州北部に分布する『エゾアジサイ』ほか、アマチャ、ガクアジサイ、ヤマアジサイなどがある。
e0039703_18463037.jpg

e0039703_18465531.jpg

繁殖は株分け、取り木のほか、挿し木も容易である。アジサイの花色は土壌の酸性度によって変わり、酸性土壌では青みが強く、アルカリ性土壌では紅色が強くなる。これにはアルミニウムが深く関係しており、そのほかに土壌に含まれる肥料要素の差異も影響があるといわれている。
e0039703_18492128.jpg

e0039703_1850593.jpg

〔文化史〕
『万葉集』に大伴家持と橘諸兄が詠んでいるが、平安文学に名はみえません。
色が変わることが心の変節と結び付けられ、道徳的でないとみなされて、近世までは目だたない花でした。が、逆に西洋では色変わりが珍しがられて改良が進み、シーボルトが愛人のお滝さん(楠本滝)の名からオタクサを種小名に与えたが、現在は先取権上ツンベルグが命名したマクロフィラが使われている。また、紫陽花は、中国ではライラックとする説が有力である。
by hime-teru | 2016-07-01 18:50 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

【 エーデルワイス 】 西洋薄雪草

                     ★… 【 エーデルワイス 】 西洋薄雪草 …★
                           2016、05/18 友人宅にて
息子の同級生のお母様から”エーデルワイス”が咲いたので写真撮りに来て!と電話が入り、撮影に行ってきました。
風が強くて、なかなか止まってくれませんが、何とか撮影。このエーデルワイスはスイス旅行で種を買って蒔いて二年目だそうです。想像していたより大きなお花でした。おそらく、スイスで改良された園芸種のような気がします。日本の暖かい気温の中で花が咲くことを思えば・・・?。
【エーデルワイス】
ヨーロッパアルプスが生育地として有名ですね。綿毛が密生しており、羊毛を被ったかに見える。開花茎は20-30cmほど。
e0039703_1845812.jpg

花は星のように長くて白い花弁を伸ばしているかに見えるが、花弁ように見えるのは苞葉と呼ばれる変形した葉。花はその中心に径5-6mmと小さく黄色い筒状が花序、5~6輪ある。綿毛は寒さ、乾燥、および紫外線から植物体を保護する為のようです。
e0039703_18453217.jpg

エーデルワイスの名はドイツ語の edel(高貴な、気高い)と weis(白)に由来する。花言葉は純潔。
e0039703_1846642.jpg

エーデルワイスはスイス連邦および非公式ながらオーストリア共和国の国花になっている。
園芸植物としてヨーロッパアルプスの観光地では種子に苗、花や蕾の付いた株が販売されている。成長が早く、きわめて簡単に種子から育てることができるようです。
名前や象徴から受けるイメージから華やかな印象があるのだが、実物は開花してもこのように地味で目立たない。
e0039703_18462497.jpg

高度2000-2900mの高山帯の石灰岩地を好む「エーデルワイス」は現地を散策しても、野生の本種を発見するのはきわめて難しいとのことから推測すれば、友人がスイスで買い求められて種から花が咲いたこの花は、観光地で売られている園芸種だと思います。
e0039703_18463816.jpg

『13世紀頃にはアルプス地方では家畜小屋の薫蒸や薬草として多量に使用しており、腹痛草、赤痢草、肺血草など、多く病気の名を付けて呼ばれていたようですが、牧畜が発展するとエーデルワイス採取の量が急増し、次第に減少していき、具体的な保護策は随分遅れ、スイスで採集禁止になったのは1909年である。現在でも本種の野生株を見ることはきわめて難しく、むしろ観光課の役人やホテルの従業員が客寄せのために栽培したものを見ることの方が多いとのことのようです』・・(電子辞書参照)
by hime-teru | 2016-05-24 18:46 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

【錨草】 イカリソウ

                   ★…【錨草】 イカリソウ…★
                         2016.04月 我が家にて
【錨草】
メギ科の多年草。北海道、本州に分布。花茎は春、横に短くはった根茎は太く短く横に這う。高さ20~40センチ、根出葉は長い柄があり、小葉は卵形で先はとがり、基部は心臓形または矢じり形。
e0039703_22465011.jpg

4、5月に開花。30~50センチほどの花茎に根出葉とよく似た葉を一枚つけ、上には総状花序に4~7花をつける。
e0039703_224775.jpg

花は下向きに開き、径3センチ、白ないし紅紫色。萼(がく)片は八枚で外側の四枚は早く落ちる。
e0039703_22472568.jpg

花弁は四枚で長い距があり四つ爪錨(イカリ)に似ているので錨草という。
e0039703_22475116.jpg

イカリソウの茎葉を漢方では、強壮、強精、止痛薬として陰萎、関節痛、腰痛、四肢麻痺(まひ)、健忘などの治療に用いる。
e0039703_22483234.jpg

by hime-teru | 2016-05-11 22:48 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

【もみじ葉アサガオ 】 沖縄朝顔

★… 【もみじ葉アサガオ 】  沖縄朝顔 …★
                 2015.8/26

【沖縄朝顔】
「もみじ葉”アサガオ」の名前で流通することが多いですが、和名は「モミジヒルガオ」。”朝がお”なのか”昼がおなのか・・・?夕方まで咲き続けるので「モミジヒルガオ」でしょうね。”
e0039703_23455489.jpg

e0039703_23535566.jpg

本種は朝から夕方まで咲き続けるヒルガオ科イポメア属の宿根草です。(ちなみにアサガオもヒルガオ科)1年草のアサガオと比べて格段に丈夫でよく咲き、西南暖地であれば、盛り土やマルチングなどの簡単な防寒により、戸外で冬越しできるようです。
e0039703_235202.jpg

e0039703_23462535.jpg

光沢のある葉は深く切れ込んで掌状を呈し、淡いピンク色から青紫色の花がさわやかで、ノアサガオのような暑苦しい印象がありません。
e0039703_23465471.jpg

花は、6月中~下旬から11月まで咲き続けるようです。最近、蕾が沢山付いてきました。秋の開花が
楽しみです。立秋が過ぎて咲く数も増えてきました。月末頃は薄紫に染まりそうです・・・?。
e0039703_23474437.jpg

咲き始めと萎む夕刻の花
e0039703_2351189.jpg

朝顔のように昼には萎まず、夕方まで楽しめる花、モミジのような葉は涼しく、我が家ではサンフラワーと一緒に日よけのグリーンカーテンにしています。
e0039703_23482581.jpg

e0039703_23491350.jpg

昨年のパッションフルーツは枯れてしまい落ちた種が芽を出してますが、今年はカーテン迄には育たない身の丈で止まっています。実生は5~6年かかるようです。年越しできれば良いと思っています。
by hime-teru | 2015-08-24 23:52 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)

【アマリリス】

   ★… 【アマリリス】 …★
                 2015.5月末に撮影したものですが。
数年前に頂いた花ですが、地植えで今年も大輪の花が咲きました。
【アマリリス】ヒペアストルム
e0039703_15111371.jpg

ヒガンバナ科の多年草。普通この名で観賞用に栽培されるものは熱帯および温帯アメリカ原産のヒペアストルム属の交雑種であるが、本来のアマリリスは南アフリカ原産である。
e0039703_15115644.jpg

ヒペアストラムは地下の大きな鱗茎から幅の広い線形の葉を数枚出し、夏頃中央から太い花茎を
出して頂部にユリに似た赤、橙、白などの花を数個斜め下向きにつける。
e0039703_15122040.jpg

e0039703_15125727.jpg

花が大きく美しい園芸品はすべていくつかの原種の交配改良種で原種のうちキンサンジコやジャガタラズイセンはそれぞれ天保(1830~44)および嘉永年間に輸入されたという記録がある。
e0039703_15133610.jpg

e0039703_1514054.jpg

冬季には温室かフレームで越冬させる必要があると書いてあるが、植えっぱなしでも今年は地植えで見事な花をつけました。

花は葉が出る前に40~60㌢の強い茎を伸ばし、大輪の花を数個以上次々と開きました。
e0039703_15155897.jpg

夏季は休眠する。ヒペアストルムに対し、頂いた花はケープベラドンナとよばれ、品種が導入され、
球根は球周り16センチ以上の大球です。
e0039703_15171786.jpg

英名はネイキッド・レディ(裸の美女)は花の愛らしさに由来する。
by hime-teru | 2015-08-06 15:17 | 【あ】行の花 | Trackback | Comments(0)