【 横浜・逍遥 】 夕景 

                 ★… 【 横浜・逍遥 】 夕景 …★
横浜美術館「源氏絵」を見ての帰り、沈みゆく素晴らしい夕日を見ることが出来ました。哀愁を帯びた太陽は寂しげで源氏物語の「御法の巻や幻の巻」のもの悲しい場面を想像してしまいました。外人墓地でこの夕日に出会ったからでしょうか?
e0039703_23142322.jpg

ゆうやけ
日の入りのとき、西方の地平線に近い空が燃えるような赤紅色に染まる現象。大気中を進む光が空気分子によって散乱されるために生じる。散乱光の強さは波長の4乗に比例するため上層の大気中では波長の短い紫ないし青色光が最も強く散乱され空が青く見えるが・・・。日の出や日の入りの時には、太陽光は厚い大気の層を通過しなければならないため、遅く散乱される赤色光が最も多く観察者の眼に入り空が赤く見える。
e0039703_23145129.jpg

ランドマークタワー
高さ296m、延床面積392,885平方メートル。ランドマークタワーは、日本一高いタワー棟を
中心とするオフィス、ホテル、ショッピングモールを核に、展望フロアや多目的ホール、さらには石づくりのドックを復元利用した広場など、多彩な施設を併設し、魅力ある一つの街を形成します。このタワーの隣に横浜美術館があります。
e0039703_0411210.jpg

ランドマークタワー52階から67階まではホテルになっており、日本で最も高い210m以上に
位置する国際級シティホテルです。インターナショナルサイズの客室からの眺めは絶景で、関東一円を望むことができます。
e0039703_23154172.jpg

港が見える丘公園
眼下に広がる港やベイブリッジの風景は最高です。この一帯は開港当時外国人居留地で、丘の上にイギリス軍、下にフランス軍が駐屯していた場所です。接収解除後、地元の要望により公園として用地の取得が行われ、昭和36年から整備に入り、横浜のエキゾチックなイメージを代表する山手の丘の顔です。
e0039703_0363352.jpg

コーヒーショップも何故かエキゾチック!!!
e0039703_23272834.jpg

昭和37年5月に平野愛子さんの歌う「港が見える丘」のメロディーが公園の生みの親ともいう。
海側の公園からベイブリッジが望める絶好のロケーションです。
e0039703_23181674.jpg

マリンタワーは工事中
e0039703_23185364.jpg

ビルの屋上のクレーンも夕日に包まれて・・・・。
e0039703_23234855.jpg

by hime-teru | 2008-11-04 23:29 | 横浜逍遥 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yasounikki.exblog.jp/tb/8897853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【横浜・逍遥】異国な風采・そして今 【横浜・逍遥】 山手・イタリア山庭園 >>