名もなき池(モネの池)岐阜

                        ★… 【根道神社 名もなき池(モネの池)…★
                              2016.07/12
【名もなき池】
岐阜県関市は根道神社にある名もなき貯水池は、睡蓮のモチーフになった池と似ていることから「モネの池」と呼ばれており睡蓮好き、モネ好きの人が訪れる観光名所となっている様です。透明度が高く、睡蓮やコオホネの根元を錦鯉が優雅に泳ぎます。
e0039703_22525784.jpg

モネの絵画に似てはいないが、素晴らしい景観であることは、この写真で納得されると思います。浅く透明度の高い池は幻想的で、目が点になります。とにかく美しい。睡蓮の季節には少々早かったのですが、一見の価値ありでした。
e0039703_22542057.jpg

季節(四季)や日差しの傾き、池の水量によって池の水の色も刻々と変化しそうですね。
e0039703_22545899.jpg

根道神社は村社、村の氏神様です。池は、雑草が生い茂っていたようで、近くで花苗の生産販売をする「フラワーパーク板取」を経営する小林佐富朗氏が除草を行い、スイレンやコウホネを植えた。
e0039703_22552087.jpg

池で泳ぐコイは地元住民が自宅で飼えなくなって持ち込んだものであり、観光目的で作られた池では無く、偶然が積み重なってクロード・モネの後期の睡蓮連作群と似た池となったようです。
e0039703_23221510.jpg

名もなき池は、テニスコートよりやや大きめで、常に湧き水が流れ込み湧水池となっている。年間水温がおよそ14°C。池の透明度が高い理由は、高賀山の山体が流紋岩類で構成されており、そこからの湧き水には養分が含まれず、微生物が育たないことが原因なのだそうです。
e0039703_232084.jpg

写真雑誌「風景写真 」栄馬智太郎氏が投稿して、最優秀作品賞、フォトコンテストグランプリ受賞が、きっかけでテレビ放映やインターネット(SNS)で有名になり、モネの池と呼ばれる命名の経緯のようです。
e0039703_23192463.jpg

「えさやり禁止」の看板、しかし、ファインダーを通してこの釣り竿は?観光客の仕業か?
水質保護のため、お掃除をされているというのに、心ない人の行為に怒りを覚えます。
e0039703_2257694.jpg

それにしても冬に咲く「コオホネ」は黄色→オレンジ色→赤色と色が変化するとは始めて知りました。
e0039703_22573470.jpg

紫陽花も綺麗に咲いていました。
e0039703_2333047.jpg


~~~~~~~~~~~~
『準備中です』
【郡上八幡】
【白川郷】
【飛騨の高山】
【上高地】
※と順にアップの予定です。
by hime-teru | 2016-07-30 00:04 | 旅の情景(岐阜) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yasounikki.exblog.jp/tb/24561432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by snowdrop-momo at 2016-08-03 05:54
お久しぶりです。モネが嬉しくなりそうな「モネの池」ですね。なぜってフランス、ジヴェルニーの池に日本の鯉は泳いでいませんから…

私もhime-teruさまのブログに嬉しくなりました。今年初めて名前だけを知った憧れの半夏生のお写真や、色とりどりの紫陽花…そして、百合!こちらのササユリの記事はようやく数日前アップしたばかりです。

夏の旅のお写真も楽しみにしております。
Commented by hime-teru at 2016-08-03 14:49
森のアネモネ樣、いつも、ありがとう御座います。
モネの池は睡蓮が咲く頃には、クロード・モネの後期の睡蓮連作群と似た池になることでしょうね。生前のモネがこの池を訪ねたならば・・・?、睡蓮と鯉のコラボを日本の美しい光景として絵筆を取ると思いますわ。そんなモネを想像します。


<< 上高地 【江戸城、歴史散策】 梅雨時の江戸城 >>